posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 済州大学校 外国語学部国際関係学科3年 Y.Y 2019年6月

        こんにちは。6月の留学レポートを担当する、国際関係学科4年吉村優壱です。今回のレーポートがとうとう最後になります。留学生活終了まで残すところ3週間となりました。最後に期末試験やレポートなど残っておりますが、最近はチェジュでの留学生活を振り返ってみたり、ここで出会った人達と日本に帰る前に会って遊んだりと存分に楽しんでいます。         さて今回は、留学に興味がある方や行きたいけど迷っている方が一歩を踏み出すことが出来る後押しがしたいと思い、私が好きな本田圭佑選手の言葉を借りてお話したいと思います。本田選手は若い世代の人に次のような言葉をかけます。  “成功にとらわれるな、成長にとらわれろ”  “世界に出て多様な思考を感じて身につけろ” 僕もそうでしたが、留学に対しての期待感と不安は誰もが持つものです。例えば留学に行けばネイティブレベルになれるのか、TOEICやTOPIK などで良い点数取れるようになるのか、このような考えをすると思いますが、はっきり言って100%の保証は無いです。言語を学ぶ環境は日本にいるよりも整っているのは間違っていないですが、結局やるかやらないかは自分にかかってます。環境もとても大事ですが、もっと大事なのは強い意志と努力です。しかし、自分なりに努力はしていても言語の壁はとても大きいです。その壁に当たった時に本田選手の言葉を思い出してみましょう。努力すれば成功するかわからないけど、成長は100%します。そもそもたったの8~10ヶ月程度で完璧な言語取得を求めるのが間違っているし、ゴールなんて無いので、昨日の自分より今日で成長できたと思えることが重要ではないかと思います。 言語の話をしましたが、正直に言うと言語習得よりも、この留学生活で学び、感じ、経験したことが一番の財産になっています。留学生活の中で韓国人やその他の国から来たたくさんの人に出会い、多様な考えや文化に触れ刺激を受けました。それは日本では感じることのできなかったものでした。留学の本当の利点はそこにあると思います。自分が持っている固定概念を壊し、comfort zone から抜け出すことで広い視野で物事を見るようになり、そうすることでかえって自分のアイデンティティも見つけることができるようになると思います。 ここまで偉そうに語りましたが、私は韓国語も上手く喋れないし、日本に帰ったら友達から何して来たのかと言われるかもしれないですが、確実に成長して来ました。それは目に見えるものもあり見えないものもあるし、これからに活きてくるものかもしれないです。私は留学に来て、そしてチェジュに来て良かったなと心から思えます。 長くはなりましたが、皆さんが少しでも何かを感じて頂ければ幸いです。 今まで読んでくださりありがとうございました。   写真はチェジュにかかった大きな虹、ルームメイトとの一枚、学祭の公演の様子  
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 済州大学校, 留学レポート

【留学レポート】 大連外国語大学 外国語学部中国学科2年 N.O 2019年6月

皆さんこんにちは。大連外国語大学に留学中の中国学科2年の大城凪紗です。 最近はとうとう大連にも夏がやってきてだいぶ熱くなってきました。ちなみに今日の気温は25度、とても過ごしやすい日でした。 季節のあいさつはこのくらいにして、今回のレポートでは普段の授業について話していこうと思います。八時半から始まる午前中の授業は毎日必修の中国語の授業を受けます。この授業は大学に到着して数日後に軽いテストを受けて、レベル別でクラスを振り分けられます。そのあと一週間ほど他のクラスも見られるお試し期間を経て、自分が受けるクラスを決定しました。クラスメイトはみんな外国人ばかりなのでいろんな国の人たちと中国語でコミュニケーションをとっています。ちなみに交換留学生は教科書を無料でもらえました。午後には様々な選択授業があり、私は書道と正音とHSK5級対策の授業をとっています。この授業に必要な道具や教科書は自分で買いました。選択授業は一人二つまで選ぶことが出来るのですが、私はどうしても三つ受けたい授業があったので事務の先生に相談して受けさせてもらっています。とまあ、私の授業はこのような感じです。皆さんの参考になればいいなと思います。それではまた。  
カテゴリー: 2018春, 大連外国語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 仁川大学校 文学部比較文化学科3年 A.I 2019年6月

遂に今期の仁川大学レポート最後の月、6月を書く日がやってきました。文学部比較文化3年市島采華です。今回は交通・遊び関係について紹介します。 やはり韓国に来たからにはソウルに行きたい人がほとんどだと思います。仁川大からソウルに行くにはバスと地下鉄の二つの方法があり、①バス(1時間40分程度):大学最寄りのバス停からバスに乗る→5分ほどで着くバス停で乗り換え→ホンデ(ホンデから帰る時はホンデから1本で大学最寄りのバス停まで帰ることが出来る。)②地下鉄(1時間20分程度):バスに乗り「仁川大入口駅」に向かう→地下鉄に乗る→1度乗り換え→ホンデ(帰りも同様、)…といった感じです。私は少し時間は掛かりますがよくバスを利用します。バスは乗っておけばホンデまで行ってくれるので楽です。色々行ってみたいけど地理が…という人は「カカオマップ」がおすすめです。バスの乗り換えなども教えてくれます。(私の場合、Googleマップは韓国では対応していませんでした…。)地下鉄の時刻表や所要時間が知りたい場合は「Subway Korea」というアプリです。これはオフラインでも使えるのでかなり便利です。韓国の良いところは交通費が安いことです。距離が長いと20円30円ほどはかかりますが、ほとんどは乗り換えが無料です!地下鉄→地下鉄はもちろん、地下鉄→バスも無料です。特にバスは一回乗る=125円(普通のバス)なのでいくら遠くに行っても125円です。韓国に慣れたらバスを沢山利用してみてください! 次に仁川大生がよく遊びに行く場所についてです。仁川大の周りには何も、何もありません…。なのでバスに乗り10分くらいしたところに「ヘギョン」というところがあるのですが、そこでよく外食をしたり飲み会をします。あとは地下鉄に乗り「仁川ターミナル駅」で降り、「クウォルトン」という場所にもよく行き、食べたり飲んだりします。私のおすすめは「プピョン」です。地下鉄で「プピョン駅」まで行き、駅に到着したら地下街が有ります。そこは世界1大きい地下街で、「これぞ韓国!」という雰囲気が感じられると思います。ホンデやイデに行かずとも服や化粧品、雑貨が買え、そしてネイルまででき、価格もソウルより安いものが多いのでとてもおすすめです。地上に出ると、ご飯屋さんが多いのでぜひ行ってみてください! これから仁川に来る方々に、役立つ情報をシェア出来るようなレポートを今まで書いてきましたがどうだったでしょうか?ぜひ参考になったら嬉しいです。ではこんな感じで6月のレポートを終わりたいと思います。ありがとうございました。  
カテゴリー: 2018秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 文藻外語大学 外国語学部中国学科3年 Y.K 2019年6月

こんにちは、文藻外語大学に留学している3年の北山です!台湾に来て3か月半がたとうとしています。僕にとって台湾に来てから今に至るまでの時間はとても早いと感じています。その理由としては、台湾での生活に慣れてきていろいろな友達と知り合い、楽しい生活を送ることが出来ていることもあるのですが、まもなく半年がたとうとしているにも関わらず、台湾人の話す中国語がまだはっきり聞き取れない、自分の中国語を表現する能力が足りないと感じ、焦りを感じるということがあるからです。焦りがあると書きましたが、実際は来た時よりも確実にレベルが上がっているという実感はあります。それは僕と一緒に来た他の北九大の留学生もそのように感じていると思います。ただ僕の場合、今のレベルは必ずしも高い水準にあるわけではありません。自分がどう留学中に意識したり行動するのかによってこれからどれだけ伸びるのかは大きく変わってきます。 他の留学先の大学のことはあまりわからないのですが、少なくとも文藻外語大学には台湾の学生と触れ合う機会がとても多くあると思います。授業や宿舎生活以外でも仲良くなるきっかけは全然あります。心配しなくても、台湾人と話すとき、わからなかったら別の表現で教えてくれたり、自分が話す言葉を必死に理解してくれようとする姿勢もよく見られます。僕も最初は留学先での人間関係を不安に感じていましたが、僕と同様、すぐにその悩みは台湾人の優しさで解消されると思います。あとは、その台湾人とどれだけ知り合えるか、どのくらい同じ時間過ごせられるかが大事だと思います。今までの自分を振り返ってみると、やはりまだ積極性が足りなかったと思う部分はあります。 今までの留学レポートに比べてあまり面白みのない内容になってしまいましたが、今僕が一番痛感していることを書かせてもらいました。留学の不安要素は主に環境の心配や、本当に語学が上達するのかだと思いますが、環境はすぐに慣れます。語学の面に関しては、過ごし方次第でレベルをかなり伸ばすことが出来る可能性は大いにあります。これを見て、少しでも留学の参考になることが出来たらうれしいです。語学を習得する環境としてはいい大学だと思うので、ぜひ文藻外語大学で留学することを考えてみてください! 最後に、僕が高雄で観光した中で一番印象に残っている佛光山仏陀紀念館という場所の写真を張り付けてレポートを締めくくりたいと思います。  
カテゴリー: 2018春, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科2年 H.K 2019年6月

こんにちは。6月の留学レポートを担当します、中国学科2年のH.Kです。北京での留学生活もあっという間に3か月がたとうとしており、時間の流れの早さを実感しています。今月の後半からは期末テストが始まり、その後すぐに夏休みに入り、あっという間に今学期が終わろうとしています。今回は北京語言大学での時間割について紹介しようと思います。 1回(1教科)の授業は途中10分の休憩をはさみ2コマに分けて行われます。私は必修の授業のほかにいくつか自由選択の授業をとっています。毎日同じ時間に始まるのではなく、早いときは8時半から始まりますが、最初の授業が10時半から始まる曜日もあります。午後にも授業があるときは、4時に終了します。そのため、授業のない空き時間を復習や予習のために使っています。時間割はそれぞれのクラスなどによって違うので、すべての人がこのような時間割というわけではありません。毎朝8時半から始まり、午後からは全く授業が無いという方もいるようです。 最近は最高気温が37度など、暑くなってきているので体調管理に気を付けながら、期末テストに向けて勉強にもしっかりと力を入れていきたいと思います。 写真は、5月に行われた文化祭での1枚です。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 文学部比較文化学科3年 R.A 2019年5月

こんにちは。文学部比較文化学科3年の新梨歩です。タコマに来て2か月が経とうとしています。こちらでの生活にも慣れてきて、胃袋も確実に大きくなりました(笑)。 毎日元気に過ごしていましたが、5月の初めに体調を崩し、感染性胃腸炎になりました。そのときの話を少し書きたいと思います。当時私は高熱と腹痛、異国で体調不良になった不安で心身ともに弱ってしまい、日本にいる家族や友達が恋しく、一瞬だけ日本に帰りたいとも思っていました。自力では回復できないと思い、マザーに病院に連れて行ってほしいとお願いして、Urgent Care(軽度・中度の症状に対応している急病診療所)に連れて行ってもらいました。一通り検査を受けましたが、症状の原因がはっきりと分からないし、ここでは十分な治療ができないと診断されたので、Emergency Room(救急センター)で診てもらうことになりました。Urgent Careでは日本語の通訳の方がいて安心していましたが、Emergency Roomでは通訳の方がおらず、自分で症状を説明しなければならなかったので、それも本当に大変でした。携帯電話で英単語を調べたり、調べても発音の仕方が分からないものは画面を見てもらったりして、必死に伝えたことを今でも覚えています。最終的には感染性胃腸炎と診断され、薬も処方してもらい家で安静にするようにと言われました。ファミリーもとても心配してくれて、早く回復するようにとお腹にやさしいご飯を作ってくれたり、果物を買ってきてくれたりしました。また、UKKの子たちも励ましの連絡をくれたり、休んでいた分の課題を家まで届けてくれたりして本当に感謝しています。数日で回復することができたのは、周りの人たちの優しさやサポートのお陰です。私がこの辛い経験を通して学んだことは、体調が悪くなったときには我慢をせず、周りに助けを求めるということです。部屋で安静に過ごしたいのか、病院で診てもらいたいのか、遠慮せず自分の意志をきちんと伝えてください。そして病院に行く場合は、ファミリーにお願いするのが一番だと思います。これからタコマへ留学する方が現地で体調不良になったとき、少しでもこの話が役に立てば嬉しいです。 大変だった話はここまでにして、ここからはファミリーと学校生活について話したいと思います。学校が始まって課題がだんだんと多くなり、自分の部屋にこもってしまいがちだった私は、家での会話を増やすために、課題はなるべく学校で終わらせるようにしました。みんなで料理をしたり、食後は映画を観たりして、家ではファミリーと過ごす時間を大切にしています。休日はガーデニングやDIYをしたり、教会に行ったりと日本ではこれまであまりしてこなかったことを経験しています。また、4月の終わりにはキャンプに連れて行ってもらい、キャンプファイヤーをしました。そのときに私は人生で初めてスモアと薪用の木の伐採を体験したのです(笑)。夏になったらまた皆でキャンプに行く予定なので、今からとても楽しみにしています。 学校では、休み時間にTCCの友達とUNOやトランプをして遊んでいます。同じカードゲームでも日本とはルールが異なるものもあるので、時々戸惑いますが、それも楽しいです。学校が始まってすぐの頃は、友達はできるのかとても心配していましたが、勇気を出して自分からも積極的に話しかけました。みんなフレンドリーで明るいし、すぐに名前も覚えてくれます。緊張すると思いますが、自分から現地の人に話しかけることも大切です。これからも1つ1つの出会いに感謝し、友達の輪を広げていきたいと思います。留学生活も残り3か月ほどになりました。時間が経つのは本当にあっという間です。何事にも挑戦し、得られるものはすべて吸収して、悔いのないようこれからも全力で楽しみたいと思います。最後まで私の拙い文章を読んでくださり、ありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(22期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科3年 K.H 2019年5月

こんにちは。外国語学部英米学科3年の日置栞奈です。タコマでの生活がスタートしてから既に2か月が経ち、Spring Quarterも終わりが近づいてきています。私は今回タコマで経験したこと、感じたことについて書きたいと思います。 まずは授業についてです。過去のTCCの留学生やQuarter初めの頃から先生方にアメリカンヒストリーはきついと聞いていましたが、実際に課題がとても多い授業ではあります。先日も4個の課題が同時に出たため、友人と必死に10枚程書き終えたばかりです。個人的にはレポート類は日本の時も少しやっていたし、友人や先生方のサポートも思ったほど苦しまなかったのですが、授業の流れの一部であるディスカッションが私にとってはチャレンジです。この授業は現地の学生も交じってするので話の流れがとても速く置いていかれます。まだ一度も発言できていないのでQuarterが終わるまでには頑張りたいと思います。 次に勉強以外の学校生活について書きたいと思います。TCCでは留学生やほかの学生に向けてたくさんのイベントがあります。この前はマリナーズの試合を見に行きました。結果は14対1でマリナーズのぼろ負けだったのですが、自分ではいかないであろう経験ができて楽しかったです。他にも歴史博物館で折り鶴を教えるボランティアやフィルムフェスティバル、BBQなどがありました。こういったイベントを通して友人や地域の人などと会話する機会もあります。他にも、自分たちで休日にシアトルへバスで行ったりすることもあります。 最後に今私が感じていることを書こうと思います。アメリカで実際に生活していく中で、自分の英語力のなさに情けなくなりふさぎ込んだり正直、他の22期生の子たちに嫉妬したりするようなこともあります。こちらに来てリスニングとスピーキング能力の低さを痛感している最中です。会話しているときにとっさに英語で言葉が出てこず沈黙が続いたりすることも日常茶飯事です。しかし、まだ3か月ほどあります。ネガティブな気持ちを引きずらずに、残された時間を大切にしていきたいと思っています。せっかく渡米したのだから一つも無駄にすることなく吸収して日本に持って帰る意気込みで過ごしていこうと思います。もう少しでカリフォルニア旅行も待っているのでくじけている暇なんかありません。こんなたくさんの経験ができることに感謝しながら、後悔のない生活をしたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(22期), 新着情報, 留学レポート

★2019年度夏期語学研修(キングモンクット工科大学トンブリ校)の募集要項をアップロードしました★

★2019年度夏期語学研修(キングモンクット工科大学トンブリ校)の募集要項をアップロードしました★ 詳細は、以下国際教育交流センターHPをご確認ください。参照URL: http://international.kitakyu-u.ac.jp/j/download 皆さんのご応募をお待ちしています!
カテゴリー: 新着情報

★春の留学相談会(フェア)を開催します!!★

お知らせ★春の留学相談会(フェア)を開催します!!★ 日時:Day1 2019年5月20日(月)12:30-15:00Day2     5月21日(火)14:30-16:30Day3             5月22日(水)12:30-15:00 場所:国際教育交流センター 大学公式留学プログラムに関する相談や留学アドバイスなど、留学経験者から直接話を聞くことができるチャンスです。また、事務局ブースでは奨学金や各種留学プログラムの紹介などを行います。 海外留学に興味のある方や、とりあえず話だけでも聞いてみたいという方も大歓迎です。是非この機会に足を運んでみてください。 入退場は自由です。 皆さんのお越しをお待ちしています!!  
カテゴリー: 新着情報

【留学レポート】 済州大学校 外国語学部国際関係学科4年 Y.Y 2019年5月

こんにちは。5月の留学レポートを担当する国際関係学科4年の吉村優壱と申します。済州島も朝晩は少し冷え込みますが、日中はぽかぽか暖かい済州らしい気候になって来ました。         さて、この留学レポートも数回書いて来たのですが、これを見た皆さんがチェジュの良さを知り、留学に行って見たいと思えるようにと情報等を発信しましたが、今回は皆さんが期待するような情報ではなく、この留学生活で感じたことをアウトプットする場にさせて頂きます。         留学生活を送る中で、語学やその他の勉学に励んで来ましたが、それ以上に、人と人との繋がりの大事さ尊さを実感しました。同じ韓国語の授業を受ける留学生には様々な国の人がいて、それぞれ留学に来た動機も違う中で偶然同じ部屋で授業を受け仲良くなり、お互いに関心を抱くようになり、留学が終わる頃にはこの先、一生の大事な人となることでしょう。留学生だけではなく先生や韓国人学生の友達、チェジュで出会った日本人、偶然出会った社会人のお兄さん、学校外のイベントに参加して出会ったおじちゃんおばちゃん達、4.3のフィールドワークで日本から自分のルーツを探しに来た在日同胞の兄弟達、行きつけの店のおばちゃんまでもが自分にとって大切な縁であったと思っています。この人達と出会い、会話を交わすことによって多種多様な考えや意見を取り入れることが出来ました。これは留学に行かなくても、皆さんの身の回りでも同じことで、自分は周りの人から良くも悪くも影響されていて、同時に自分も周りの人に良くも悪くも影響を与えることが出来ます。これからもたくさんの人と出会うと思いますが、なぜか出会ったその人が後にとても貴重な出会いだったと気づくことがあります。今ある、そしてこれから来る出会いが貴重なものであると感じられるような人間になりたいと留学生活で様々な人と出会い実感しました。         長くはなりましたが、留学生活は残り1ヶ月と少しなので残りのチェジュでの1日1日を存分に楽しもうと思います。皆さんも人との繋がりを大事にしながら学校生活を充実させましょう。         写真は10kmマラソンとサイクリングと4.3遺族地フィールドワークでの1枚です。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 済州大学校, 留学レポート
{z[
カテゴリー