posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 サラワク大学 外国語学部国際関係学科4年 K.K 2018年5月

皆さんこんにちは、ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしょうか。今月のレポートを担当させていただきます、Kです。今月からは個人情報の関係で実名をふせての投稿になるそうで。因みにマレーシアは日本よりも個人情報がオープンな印象があります(笑) あくまでも個人的見解です。はい。早いものでマレーシアに来て7ヶ月、授業もラストスパート、帰国まで1ヶ月弱となりました。4月は中休み明けということもあり、課題、プレゼン、そしてテストで忙しかったです。特に私は何でも物事を後回しにしてしまう性格ということもあって、ひいひい死にそうになっていた印象があります。また、先月は特に学内のイベントに関わらさせて頂く機会が多かったです。サラワク大学では、ほぼ毎週といってもいいくらい様々なイベントが開催されております。その中で私は自分たちの住んでいる寮の学生自治体による日本文化を広めるイベントとインド系のイベントに参加いたしました。前者のイベントでは、日本人学生が中心メンバーの一員となって、開会式の司会、パフォーマンスをしたり、ワークショップで折り紙、習字、日本の歌や踊りを披露したりしました。後者のイベントは、インド系の学生がパフォーマンスを通じてインド文化を発信するものですが、そこで私は、伝統衣装のサリーに身を包んで、おもてなしをさせて頂きました。といっても、にっこり立って、VIPを出迎え、そして見送るだけでしたが。まあ、両者のイベントを通じて、自国や他国の文化と改めて向き合い、そしてより多くの学生と触れ合うことが出来たように思います。このようにマレーシアでは充実した留学生活を送ることが出来ていますが、勿論色々な事にも苦しめられました。特にVISA取得に大学が全く動いてくれなかった事がきつかったです。私たちサラワク大学の外国人学生のVISA取得は大学の責任下にあります。私達北九大生組は去年の6月にVISA申請を行いましたが、結局VISAを受け取れたのは10ヶ月後の先月でした。VISAはまだかと事務所に行って尋ねるたびに「大丈夫だよーーー、君たちのVISAが出来次第、すぐ連絡するから。そんなに心配しないで、そして落ち着いて(私が事務所に行った場合)」と言われますが、結局待っても連絡は無く、また事務所に通う…もうこれが我々のルーティーンと化していました。全く大学が積極的になってくれず、出国日が遅れて1学期の履修登録や授業に遅れるわ、観光ビザの更新のためだけに出国しなければいけなくなるわ、そして税関で不法滞在扱いされて日本に強制送還されそうになるわ…様々な不都合が生じました。そして無事にVISAを受け取れた今、ほっとしています。今回はネガティヴな内容が主になってしまいましたが、こればかりは不満に思っていましたし、皆さんにお伝えしたいと思い、書かせていただきました。でもこれだけでマレーシアやサラワク州に対して悪い印象を持たないでください。場所自体はとても素晴らしいし、人々はフレンドリーだし、特にサラワク州は自然が豊かだし、多民族共生社会で面白いし、そして何よりコモドドラゴンを運が良ければお目にかかれます。とても素敵な場所です。サラワク州の魅力がより伝わるレポートを6月担当者が書いてくださると思うので、皆さん期待してください。長文失礼しました。写真は私達が関わった日本文化を広めるイベントの一場面です。
カテゴリー: 2017秋

【留学レポート】サラワク大学 三好萌子 2018年4月

みなさんこんにちは。今月の留学レポートを担当させていただきます。国際関係学科、三好萌子です。今回はこちらでの学校生活の様子について書かせていただきたいと思います。まず授業ですが私の場合、今学期は3つの授業をとっています。国際関係における交渉や外交についての授業、現代における国際関係の問題を学ぶ授業、そして就職活動のために必要な英語(レジュメの書き方など)の授業です。どれもとても興味深いです。またどの授業でもグループ課題や個人課題が課されます。個人でのレポートは2,500字やそれ以上を課され私にとってはきついですが何とかこなしています。次に留学生について紹介します。ここUNIMASに来ている留学生はあまり多くありませんが、日本に居てはなかなか会う機会の少ない国の人々と友達になることができます。私の友達は、リビア、ヨルダン、スーダン、ケニア、アフガニスタン、インドネシア、バングラデシュ、パキスタン、ウズベキスタン、ブルネイといった国から来ています。みんなとても優しく、兄弟のようです。彼らと過ごす中で、それぞれの国の文化も知る事が出来ますし、何より彼らとの時間はとても楽しいです。このように授業や課題をこなし、友達との交流を深めながらこちらでの学校生活を送っています。残すところあと少しの留学生活、沢山学び、楽しみたいと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。 写真は友人を訪ねてブルネイに行った際のもの。  
カテゴリー: 2017秋

【留学レポート】 サラワク大学 植田祐介 2018年3月

こんにちは、今月の留学レポートを担当するサラワク大学に留学中の英米学科二年植田祐介です。早いものでもう三月に入り、あと留学がおよそ三カ月しかないということに驚いています。サラワクでは先月中旬まで雨続きだったのが信じられないくらい晴れの日が続いており、毎日汗が噴き出すような暑さです。今回のレポートではまず、旧正月のことについてお伝えしたいと思います。 マレーシアでは新暦の正月も勿論お祝いしますが、中華系の人も多く住むマレーシアでは旧暦の正月も一月のものと同様かそれ以上に盛大に祝います。特に中華系の人にとってはこの二月下旬あたりの正月は特別なものです。サラワク大学がある町のショッピングモールや商店では正月セールをやったり梅の花や大きくて華やかな装飾を施したりしてすっかりお祝いムードになっていました。今年の旧正月は暦の関係で二月の下旬の二日しか公式になかったそうで、ちょうど新学期一週目の週と被ってしまったため、学部によっては全ての授業の開始を一週間遅らせるところもあり、中華系の学生のなかには旧正月を故郷で祝う間はまったく帰ってこない人もいました。(笑)旧正月の間は、それぞれの家を訪問しあい、お菓子を食べたりするそうです。 続いて、ちょうど新学期が始まったので、今学期自分が履修する授業を中心に紹介したいと思います。まず、私が今学期履修している科目を紹介したいと思います。英語系は「English for Professional Communication」「Academic English 2」という二つの授業をとっています。前者は実際に就職の面接を受けるときの練習や、オファーレターをどのように書くかというような実践的な内容です。Academic Englishでは正しい引用のやり方やリーディングの練習などをしています。引用のやり方はアカデミックな文書を書くときにとりわけ必要になるので、この授業でしっかり身に着けて帰りたいと思っています。他にも前学期から受けているマレー語と、中国語の授業を受けています。どちらも受講生の大半は他国出身で、毎回の授業ではいろいろな答えや疑問がでてきてとてもおもしろいです。それからもう一つ、Language Variationという授業をとっています。この授業ではマレーシアで標準語として扱われている「bahasa melayu」以外の、それぞれの地域で使用されている言語を学んでいます。この授業をとっているのは私がこちらの大学の言語関連の学部に所属しているからで、内容は決して易しくないですが、先生がとても親切で常に気にかけてくださるのでなんとかやっていけそうです。さらに周りの学生も親切で、とても居心地がいいです。これが最後の学期なので、悔いのないようがんばりたいと思います。 次に最近のイベントを紹介したいと思います。二月の中旬から下旬にかけて、宇都宮大学の学生が二十人、サラワク大学に英語を学びに来ました。私はそのプログラムにバディとして参加し、一緒に市内を散策したりご飯を食べたりと楽しい時間をすごすことができました。ここサラワクでは同世代の日本人と接する機会がなかなかないので、よい思い出になりました。最後の閉会式には自分も少しばかり参加し、音楽やステージを手伝いました。二週間というとても短い間でしたが、とてもよい経験になったと感じています。最後に私がこの留学をとおして感じたことを簡単に書きたいと思います。正直にいってこれまでの留学生活は本当に楽しいことも盛沢山でしたが、逆に苦しいことや思い通りにいかないこともありました。そんなときにまわりの友達に助けてもらったり、逆の時は助けたり、いろいろなことを話したりといったことを通して日本にいたときと同じくらいかそれ以上の友達ができたと感じています。英語や勉強の面でも鍛えられたと感じていますが、なによりそのような友達をもてたことがとてもうれしいです。自分にとっては初めての海外ということもあり当初は不安も大きかったですが、今振り返るとやはり留学してよかったと実感しています。今留学しようか迷っていらっしゃる方は、可能ならば是非挑戦してみることをおすすめします。
カテゴリー: 2017秋

【留学レポート】サラワク大学 吉村風薫 2018年2月

こんにちは、文学部比較文化学科2年の吉村です。今回のこのレポートでは、私が実際に体験したトラブルについて書きたいと思います。  こちらに来てから携帯電話は日本で使用していたSIMロックを解除したiPhone、SIMカードはマレーシアのキャリアのものを使用しています。お店には沢山のsimカードがあり、自分で好きな番号を選びます。私は何も気にせず1番上にあったものを選んだのですが、恐らく最近手放された番号だったようで間違い電話が多々かかってきます。朝方にその電話で起こされることもあったので、電話番号選びは意外と慎重にしたほうが良いのかもしれません。また、こちらで携帯本体とsimカードを購入しても日本の契約の仕方とは異なるので、紛失した場合自力で探すしかありません。  次に東南アジアでのカード決済についてです。現在3週間の休暇中で、東南アジアを旅行をしています。LCCを利用すれば航空券が安く手に入るためここ1ヶ月で10回程飛んでいます。マレーシアは屋台以外ではカード決済ができることが多いですが、周辺の国ではそうではないことが多いようです。ホテルでもカードが使用できないところが多いように感じました。ネットで予約をした際にはカード使用可と書かれていても機械が古かったり、スタッフが扱い方を知らず私が操作したりすることもありました。また日本ではあり得ませんが、当たり前のように手数料を取ってきます。カードが使用できないことを考えて多めに現金を意外と持ち歩かないといけないので一層注意が必要です。  このような問題にあうこともありますが、マレーシアの人たちは声をかけてくれ、良くしてくれる人が多いので、充実した生活を送ることができています。あと10日ほどで2学期が始まるので少し憂鬱ではありますが、残り半分の留学生活で沢山吸収して帰りたいと思います。 写真は学内で行われた光のお祭りの様子。  
カテゴリー: 2017秋

【留学レポート】 サラワク大学 三好萌子 2018年1月

 Selamat Petang! みなさんこんにちは。国際関係学科3年、三好萌子です。 今月の留学レポートを担当させていただきます!マレーシア、サラワクへ来て三ヵ月が経ちました。時が経つのは本当にあっという間です。ここへ来てから今まで想像できなかったような事を沢山経験することができています。 今日は、こちらでの生活について紹介していきたいと思います。私たちはDahliaという寮に住んでいます。トイレ、シャワーは共同ですが洗濯機も完備されており想像以上に快適な生活を送っています。私のハウスメートはブルネイからの留学生で、時々部屋で会う度声をかけてくれ、困った時はいつも助けてくれます。私にとって初めての寮生活ですがハウスメートたちの優しさのおかげで今のところ全くホームシックにならず暮らしています。 次に、ご飯についてお話していきます。私たちの寮にはキッチンがないため、外食をしなければなりません。学内にも多数ご飯を食べる場所がありますし学外に食べに行く事も増えました。一食当たり飲み物も含めRM10(約300円)ほどでおいしいご飯を十分に食べることができます。食いしん坊の私にとっては、安くおいしいご飯を沢山食べることができるここでの生活はとても幸せです! マレーシアへ来て、一番驚いている事、日本と違うと感じることは宗教に対する考え方やあり方です。マレーシアの国教はイスラム教で、一日5回お祈りの音楽が学校中に流れます。友人もムスリムの子たちが多く、一日数回お祈りをしています(個人差がある)。また、ここにはイスラム教徒以外にもキリスト教徒(主に中国系)の方も沢山います。私は運よくモスク、教会の両方に行く事ができ、考えることが沢山ありました。彼らのSNSの投稿も宗教に関するものも多くとても興味深いです。マレーシアに留学して、宗教について考える機会が増えました。このように授業だけではなく、ここでの生活そのものが私に沢山の事を学ばせてくれていると実感する毎日です。ここでの毎日はとても充実していて、日本では会う事のないような国の人たちと沢山会うことができ、本当に幸せです! 長くなりましたのでこの辺で。お付き合いありがとうございました。Terima Kasih.   写真は、イベントでマレーシアの民族衣装を着たときのものです!“One Malaysia”
カテゴリー: 2017秋, サラワク大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 サラワク大学 小佐井薫子 2017年12月

 今月のサラワク大学の留学レポートを担当させていただきます、国際関係学科3年の小佐井薫子と申します。所々お見苦しいところがあると思いますが、どうかお見知りおきを。    今、日本は10度前後の寒い日々が続いておりますでしょうが、12月でもマレーシアは20度後半で、しかも雨季の時期なので、暑くじめじめしております。日本とは違う気候や環境というせいもあったのか、私の身体は悲鳴をあげ、ここ数週間は病院や薬にお世話になる日々でした。ちなみに、病院は大学内にあり、学生は診察も薬も無料で、至れり尽くせりです。    ここでの課題ですが、日本よりも大掛かりなものが多いです。直近なものだと、昨日までは日本だったら卒論並みの膨大なレポートを書くのにひいひい言っておりました。また、ビデオ課題が多い印象です。他の友人は、現地の学生への自分たちの文化についてのインタビュー光景や、現地のフードコートに行ってサラワク州の料理の食レポ光景などを撮っていました。ちなみに今度私はジェンダーをテーマにした劇を撮る予定で、ヒジャブをかぶっていないのと髪が短いことから男子役に抜擢されました。    また、サラワク大学ではいろんなイベントが行われます。11月は、卒業式が行われることもあって、より盛大だった印象があります。学内に移動販売の車や屋台が多く集まり、1週間ほど盛り上がっていました。また、ランタンを飛ばすイベントもあって、とても綺麗だったのを覚えています。今後も色んなイベントが催されるみたいなのでとても楽しみです。   写真は、1週間ほどの休暇中に訪れた、大学から車で1時間ほど離れたビーチリゾートです。ここで泳いだり、マリンスポーツを楽しんだりして、思い切り日焼けしました。とても楽しかったです。    本当にここでの生活は怖いくらい充実しています。正直今はまだ日本に帰りたくありません。では、また来年にレポートを書く予定なので、皆さん楽しみにしていてください。  
カテゴリー: 2017秋, サラワク大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 サラワク大学 植田祐介 2017年11月

 皆さんこんにちは。サラワク大学に留学中の英米学科二年植田祐介です。  今月の留学レポートを担当させていただきます。今回のレポートでは、おおまかにこちらの大学の雰囲気や授業の様子を紹介できればと思います。  ここ、サラワク大学は大陸半島ではなくその東の島に位置しているので、基本的には田舎です。車で行ける距離にいくつかショッピングモールがあり、別段不便も感じていません。しかし、十年ほど前は大手ショッピングモールすらも、無かったそうです。それはさておき、ここサラワク大学は、北九大の十倍以上あるのではないかというほど広々としていて、敷地内にはゴルフ場やテニスコートなど様々な施設があります。それぞれの建物が離れているので、北九大の距離感に慣れていると、キャンパス内の移動は最初きついかもしれません。留学生はあまりおらず、バングラデシュなどインド系の留学生が多い印象です。こちらの学生は本当にフレンドリーで、色々と質問してくれたり気にかけてくれたりして、とても親切にしてくれています。  次に授業の様子についてお伝えしたいと思います。私が履修している科目は先生が説明して学生が聞く、という日本と似たようなものが多いのですが、課題はプレゼンテーションやビデオ作製など、自分で作るものが多いです。また、日本では基本先生が説明している間は静かにしていて、後に質問するのが普通ですが、こちらでは話の合間合間に学生が分からないところをバンバン質問します。生徒が質問して先生がその場で回答し、その回答にさらに他の生徒が質問し、となることも多く授業はいつも活気で溢れています。聴講型の授業しか受けたことがないと、圧倒されます。  最後に、こちらのお金事情についてお話したいと思います。クチン市内のモールではクレジットカード等は使えますが、大学内の食堂などでは使えません。ですので、ある程度は現金を持ってきて換金するか、もしくは現地通貨で下ろせるカードを事前に作っておくとよいと思います。
カテゴリー: 2017秋, サラワク大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー