posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 フォートルイス大学 外国語学部英米学科3年 A.H 2018年11月

皆さん、こんにちは。今月もフォートルイスからの情報をお届けしたいと思います。学習面での大きなイベントとしては、mid-term examがありました。上手くいった科目もそうでない科目もありますが、何とか乗り切ることが出来ました。テストの形式は科目によって異なりますが、記号問題だけの場合もあれば、記号問題と記述問題(作図や計算の場合もあり)の組み合わせもありました。日本と同様に、レポート提出の場合もあるかと思います。フォートルイスでは、学校のホームページ上でいつテストがあるのか、何日が締め切りで何の課題を提出するかも全て見られます。それらの情報を踏まえて上手く勉強を進めていけると良いかなと思います。ここからは前回書ききれなかった各科目でどんなことを学んでいるのかについて説明していきたいと思います。 <経営学/Management Principles> 経営の基礎、理論が学べます。本当にベーシックなのでビジネスについて学びたいけど、何から始めたらいいか分からない人にもおすすめです。実社会に根差しているので理解しやすいです。 <会計/Intro to Financial Accounting> 馴染みがないので想像しにくいと思いますが、家計簿の企業バージョンと考えてください。企業の収入や支出をどのように記録するかを学んでいきます。社会人になっても役立つかと思います。 <ミクロ経済/Principles of Microeconomics> どちらが需要曲線でどちらが供給曲線か高校時代に暗記した記憶はありませんか?この授業を受けると、暗記する必要なんてないんだ!と実感します。目から鱗です。 <ジェンダー/Intro to Gender and Women’s Studies> 日本でもLGBTについては耳にすることが多いですが、例えば、agenderやcisgenderって聞いたことありますか?なぜ自分自身を女性だと思うのかなど自分自身について考えることもあり、とても奥が深いです。 <社交ダンス/Social Dance> ダンスの経験がなくても大丈夫です!皆優しく教えてくれます。リラックスした雰囲気なので、友達もできやすいかなと思います。 来月もお楽しみに 写真はニューメキシコ州でおこなわれたBalloon Fiestaでの様子と、ハロウィンでかぼちゃのジャック・オー・ランタンを作った時の様子です。
カテゴリー: 2018秋

【留学レポート】フォートルイス大学 外国語学部英米学科3年 A.H 2018年10月 

 こんにちは。現在フォートルイスに留学中の英米学科3年の堀之内綾音です。え、また、あなた?と思う人もいるかもしれませんね(笑)今年は、北九大からフォートルイスに行っているのは私一人なので、毎月私が留学レポートを書くことになります。  留学生活が始まってから一ヶ月が経ち、少しずつ慣れてきました。今月は実際に授業を受けてみて感じたことをお伝えしたいと思います。ちなみに、履修登録の段階ではシラバスは出ていないので、初回の授業で配布されるシラバスを見た結果科目を変更しました。変更することも想定して、初回の授業は履修登録している科目は勿論興味のある科目全て出席するようにしましょう。  今学期は経営学・会計学・ジェンダー・社交ダンス(体育)・ミクロ経済など北九大ではあまり学べないものを履修しています。ビジネス以外にも、音楽やアート、理系の科目もあります。ただし、科目によっては単位の読み替えができないものもあります。留学生は、基本的に4つか5つ授業を取ることになります。少ないと思うかもしれませんが、日本と違って、同じ授業が月水金の週3回もしくは火木の週2回あり、その都度課題や小テストの時準備をすることになるのでとても忙しいです。どちらかというと、予習メインで課題として出されたリーディングに基づいて授業は進んでいきます。同じ講義形式の授業でも、アメリカの場合は先生の説明中に生徒がどんどん手を挙げて質問したり、意見を述べたりしてディスカッションのような形で授業が進んでいきます。ここが日本と大きく違う点かなと思います。私も、授業中に発言できるようになるのが今の目標でもあります。  長くなってしまいましたが今回はこの辺で。次回もお楽しみに!! 写真は学校によく現れる可愛い鹿とナイトハイキングです。ちなみに、鹿もちゃんと横断歩道を渡ってました(笑)
カテゴリー: 2018秋, フォート・ルイス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 フォートルイス大学 外国語学部英米学科3年 A.H 2018年9月

こんにちは。フォート・ルイス大学に留学中の英米学科3年堀之内綾音です。 ここでの生活が始まって1週間が過ぎました。まだ分からないことも多いですが、到着してから学校生活が始まるまでについて書いていきたいと思います。 これはめったにないとは思うのですが、私が現地へ向かうときデンバーからデュランゴへのアメリカ国内線が搭乗10分前にキャンセルになり、デンバーのホテルに一泊したため大学への到着が遅れました。特に今年は北九大からの留学生は私一人だったので、航空会社のカウンターへ行って話をして、ホテルに向かうまで不安な気持ちで過ごしました。今後、皆さんがこのようなことを経験するかは分かりませんが、もしこのようなことがあれば、落ち着いて航空会社のカウンターで話をして、分かるまで何度も聞きましょう(笑)そして、人を捕まえて聞きましょう。大学への連絡も忘れずに! そうして、一日遅れでデュランゴに到着しました。大学があるデュランゴは朝晩は寒くて、昼は暑いという気候です。また、湿度がないのでからっとしています。大学は、北九大と違って広いです!!そして、自然豊かで開放感溢れるキャンパスです。私はこのキャンパスをとても気に入っています! 大学に着いてからは、オリエンテーションがありました。キャンパスが広いので自分の教室への行き方を案内してくれたり、教科書の買い方を教えてくれたりウォルマートという日用品も食料も揃うスーパーに連れて行ってくれたりしました。オリエンテーションとは別に毎晩何かしらの歓迎イベントがあります。ぜひ行ってみてください。とても楽しいですし、緊張もほぐれます。 2日ほど前からちょうど授業が始まったところです。次回は皆さんが気になる授業についてお伝えしたいと思います。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報
{z[
カテゴリー