posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 フォートルイス大学 文学部比較文化学科3年 H.A 2019年12月

こんにちは!アメリカ・コロラド州にあるフォート・ルイス大学(FLC)に留学中の文学部比較文化学科3年の有吉花香です!今回は、Thanksgiving につい紹介していきたいと思います。  ご存知の方も多いと思いますが、アメリカには11月の第4木曜日にThanksgivingという行事があり、アメリカに住む方々は家族みんなで集まり、ターキーやマッシュポテト、パンプキンパイなどのThanksgiving の伝統的な料理をたくさん作って楽しく食事をします。フォートルイス大学では、11月の第4週は学校がお休みで、土日も含めると約10日間くらいの大型連休になりました。学生たちの多くが地元に帰って、家族との時間を過ごしていたので、学校はとても閑散としていました。日本人にとってのお正月という感じの雰囲気で、アメリカに住む方々にとっては、とても大切な家族行事のようです。こちらに留学に来るまではこんなにも大きくて大切にされている行事だとは知らなかったので、とても驚きました。そして、私も伝統的な料理をホストファミリーのお家でいただきました。(写真1) その次の日にはホストファミリーの方々と一緒に映画を見に行き、本当に家族と過ごしているような温かい時間を過ごして、アメリカでのThanksgivingをしっかり味わえました。Thanksgivingの大型連休が始まるとともに、雪もたくさん降り始め、今ではもう窓の外が真っ白い世界になっています。(写真2) 気温は寒い日では最高気温がマイナス1℃になっていました。これでまだ11月なので、12月以降どうなるのかすごく気になります。フォートルイス大学に留学しようと考えている方は、冬はすごく寒いので覚悟してきてください!笑  厚いコートやスノーブーツなどは、こちらでも手に入れることができるので、無理にスーツケースに詰め込まなくても大丈夫です!  そして、もう一つ!私はこの大型連休の前半を使って、テキサス州のヒューストンという都市に行ってきました。ヒューストンでは、ヒューストン宇宙センターや美術館、博物館、動物園などの有名な観光地を回ってきました。(写真3) テキサス州はメキシコに近いので、地元のマーケットに行くとスペイン語が飛び交っていました。スペイン語で話しかけられることも多かったですが、それでもなんとか地元の人たちとコミュニケーションがとれてすごく楽しかったです。アメリカといっても、場所によって町の雰囲気も人の様子も景色も本当に全く違うので、アメリカにいるうちにアメリカの国内を旅行をするのはとても面白いと思います。Thanksgivingの大型連休や、冬休みなど旅行する時間はたくさんあるので、旅行することを考えて留学が始まる前にたくさん貯金をしておくことをお勧めします!  それでは翌々月の留学レポートでまたお会いしましょう。
カテゴリー: 2019秋, フォート・ルイス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 フォート・ルイス大学 文学部比較文学科3年 A.S 2019年11月

こんにちは。FLCに留学中の園田采加です。 こちらは9月9日頃から寒くなり、10月11日にキャンパス内の全てのアパートと寮の暖房がつきました。今では毎日最低気温は氷点下を記録しており数日前は雪が少し降りました。寒さ対策と乾燥対策が必須です。 北九大は2学期が始まって1か月と少し経過しましたが、皆さんどうですか。今月はFLCで私がこれまでに受けたテストとレポート課題について書きます。履修する科目によってテストやレポートの有無、形式は異なりますが、少しでも将来の留学生の参考になれば嬉しいです。今まで受けたテストでは、教科書やプリントが持ち込み可のものはありませんでした。会計やミクロ経済で計算が必要なテストの際には電卓の持ち込みが認められていました。それでは、授業を1つ1つ振り返ります。 Introduction to Financial Accountingでは、10月18日にMidterm examを受けました。留学先で初めてのMidterm examだったので不安でしたが、テスト前に配られた練習問題やこれまでの授業プリントを復習して臨みました。練習問題で分からない問題は、先生に直接聞きに行ったことで正しい回答が分かり、テスト本番で自信をもって回答出来ました。是非Office hourで授業中に分からなかった内容や課題でつまずいた箇所は質問してみて下さい。 Principles of Microeconomicsでは、Midterm examはありませんでしたが、これまでにクイズ(小テスト)を9回と大きなテストを3回受けました。クイズは、授業に入る前に10分程時間を取り実施され、範囲はchapter2つ分程で予習の理解度を確認することが出来ます。毎回選択問題が4問出題されます。大きなテストは、制限時間が約80分で、選択問題に加え記述問題やグラフを書く問題もありました。授業中に習った内容とその応用問題、予習のreading課題から出題されました。 Principles of International BusinessではMidterm examを受けました。選択問題が15問出題されました。テスト範囲がテキストブック約300ページ分あり勉強するのが難しかったので、授業中に習ったことをその日又はその週のうちに復習してしっかり頭に入れておくとより良い点が取れたと思っています。この授業では、異文化理解に役に立つ内容を多く習います。そのため、将来ビジネスに携わる時に活かせるだけでなく、毎日異文化と接している留学生にとって即生活で活かすことが出来たり、目に見える文化の違いが生じる背景を認識出来たりするためおすすめの授業の一つです。 Foundations of Adventure Educationでは、Paper(レポート)課題とMidterm examがありました。Paperは、9月末に授業で行ったField tripで感じたこと参考文献を用いてまとめるというものでした。これまで書いたことがない形式(APA形式)で書かなければならず、必要な項目や引用の仕方が不安だったため教授の所に行き教えて頂きました。書き終わった後に、Writing Centerという場所に行き、英語の添削をして頂きました。ここでは、英語の添削だけではなく、履歴書添削、構成チェック、ブレインストーミングのサポートなどをして頂けるので、皆さん是非活用して下さい。Midterm examに関してはテストがある週にTA(Teaching assistant)主催の勉強会がありました。テスト範囲の復習や質問が出来たため、勉強会がある場合は日程が合えば是非参加して下さい。 Recreational Gamesでは、第一回目のテストが11月の第4週目で、既に授業で取り組んだ種目のルールや名称等が試験に出ると言われています。頑張ります。FLCには魅力的なPEのクラスがたくさんありますが、この授業のおすすめポイントは、日本ではメジャーではないスポーツも含め様々なスポーツを経験出来ることです。PEの授業は、友達作りの面でも体をリフレッシュさせる面でも良いので秋学期に1つ履修することをお勧めします。 FLCの授業は、予習を中心に授業が進んでいきますが、私の場合、予習を頑張っていても授業が理解出来ないことがあります。そういう時は、TA(Teaching Assistant)や教授の所に行って質問をしています。受講者の質問に答える時間と場所を設定しているTAさんもいれば、受講者とメールで相談して時間を設定しているTAさんもいます。また、メールで分からないことを質問することも出来ます。どの授業のTAさんも学生の視点で丁寧に教えてくれます。TAさんとも是非連絡を取って質問や相談をしに行って下さい。 今月の写真は普段授業を受けている教室です。読んで下さりありがとうございました。また1月にお会いしましょう。
カテゴリー: 2019秋, フォート・ルイス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 フォートルイス大学 文学部比較文化学科3年 H.A 2019年10月

こんにちは!アメリカ・コロラド州にあるフォート・ルイス大学(FLC)に留学中の文学部比較文化学科3年の有吉花香です!これから、こちらに一緒に来ている園田さんと交互に留学レポートを担当していきます。今回は、FLCのホストファミリープログラムを紹介していきたいと思います。 とてもありがたいことに、FLCにはホストファミリープログラムというプログラムがあり、大学周辺に住んでいるご家族が私のホストファミリーとなって、一緒にご飯を食べたり、お出かけをしたりして、私たちの生活を助けてくださいます。このプログラムを通して出会った私のホストマザーはすごく素敵な方で、まだ出会って1ヶ月しか経っていませんが、本当の家族のように感じています。2週間前には、隣町のSilvertonに連れて行っていただき、一緒にハイキングをしてきました。(写真1)その後に、Silvertonの街を散策し、帰り道には有名な蜂蜜のお店に連れて行っていただきました。(写真2)毎日勉強ばかりしているので、こうしたお出かけがすごく楽しく、とても良い息抜きになっています。私のホストマザーは週に一度、私と話すための時間を作ってくださり、その時間のおかげですごく落ち込むこともなく、毎日頑張れているように感じます。このように、心を許せる家族のような存在の方がいるのといないでは、留学生活が全く違うと思います。ぜひフォートルイス大学に留学することが決まった際には、利用してみてください! それでは、翌々月の留学レポートでまたお会いしましょう。
カテゴリー: 2019秋, 留学レポート

【留学レポート】 フォートルイス大学 文学部比較文化学科3年 A.S 2019年9月

こんにちは。フォート・ルイス大学(FLC)に留学中の文学部比較文化学科3年の園田采加です。今年は北九大から2人FLCに留学しています。毎月の留学レポートを交互に書くので楽しみにして下さい。 8月29日にデュランゴ空港に着きました。車で30分程の場所にあるFLCまでホストファミリーが送って下さいました。私は、大学内のCentennialというアパートに住んでいます。(写真参照)アメリカ人のルームメイトが1人いて寝室が一緒です。リビング、お風呂、トイレ、キッチンを共有で使っています。大学内にCentennial以外のアパートや寮もあります。人気の建物はすぐ埋まってしまうので留学が決まったら出来るだけ早く一部屋の人数やキッチンの有無、個室の有無、費用を確認して自分に合った部屋を申し込むことをお勧めします。 今学期は、北九大生2人に加え早稲田大学から6人、スウェーデンから1人、フランスから1人留学生が来ています。8月30日、31日にFLCの学生が主体となり留学生のためのオリエンテーションをしてくれました。30日は、朝からびっしりと日程が組まれていました。まず大学のSan Juan Diningで朝食を食べ、パレードに参加し、Whalen Gymという大きな体育館で学生全体のオリエンテーションに参加しました。このオリエンテーションは入学式と始業式が一緒になったようなものです。その後、キャンパスを歩きながらどこに何の建物があるのか、授業を受ける教室はどこか等案内してもらいました。昼食を食べた後は、学生証(SkyCard)を受け取ったり、留学生支援担当者に話を聞きに行ったり、コンピュータールームで学内サイトの見方や課題の確認方法を教えてもらったりしました。また、過去の留学生が残してくれた物が置いてある倉庫に行き、ドライヤーや食器、台所用品など様々なものを貰いました。夜はホストファミリー達と夕食を食べ、学生企画のKick-Off Partyにも参加しました。31日は大学の外を案内してもらいました。バスで市場に行ったりWalmartという食料品から日用品まで何でも揃っているスーパーマーケットで買い物をしたりしました。FLCに留学される方は、今後のFLCでの生活に必要なことがこの2日間のオリエンテーションで随分と分かるので安心して下さい。 今は、9月2日から授業が始まりちょうど1週間授業を受けたところです。留学する学生は、留学前にFLCで勤務されている日本人の先生や過去の留学生と相談して受講科目を決めオンラインで申請します。実際に受けてみて違う科目に変更することも可能です。私は、Introduction to Financial Accounting、Principle of International Business、Recreational Games、Foundations of Adventure Education、Principles of Microeconomicsの計5コマを履修しています。前半の3つは55分授業で月曜日と水曜日の週2日あります。後半の2つは85分授業で火曜日と木曜日にあります。北九大にも先生と学生が対話をしながら進めていく講義がありますが、こちらは全ての授業で学生が質問や意見がある際に手を挙げて当てられたら発言し、先生が応答し授業を進めていくスタイルのため新鮮です。まだまだ英語にも環境にも慣れていないので不安に思うことが多いですが、徐々に慣れていきたいと思っています。 最後に、デュランゴは非常に日差しが強いので、日焼け止めとサングラスを持ってくることを強くお勧めします!!再来月の留学レポートでまたお会いしましょう。
カテゴリー: 2019秋, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー