posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 マカオ大学 梶原茉佑子(2016年5月)

皆さんこんにちは、マカオ大学に留学している国際関係学科3年の梶原です。長い間更新を怠ってしまい申し訳ありません。   最近マカオはとても蒸し暑く、半袖で過ごす日々が多くなりました。今回は、新しく越した寮についてと後期に取っている授業を中心にお話ししたいと思います。   まず、寮についてですが、私は後期からResidential College (通称RC)という大学生が住む寮に移動しました。   これが新しく住み始めた東亜書院です。大体500人くらいが住んでます。   寮の中には中庭のようなものがあります   この寮の最大の魅力は寮に付いている食堂で3食食べることができること、またアクティビティがだいたい週に1回は行われており、生徒同士また、寮に住んでいる教授と交流ができるという点です。   私が好きなアクティビティの一つにHigh Table Dinnerというディナーがだいたい月に一回寮で開かれます。このディナーでは、みんなフォーマルな服を着て参加します。そして普段は見ないような料理を食べながら、professorの話を聞いたりピアノの生演奏を聴くことができます。マカオ大学に留学を考えている皆さんは黒か紺の少しフォーマルな服を持っていくことをお勧めします!     High Table Dinnerの様子   好きな料理、好きな飲み物を選ぶことができます。   次に、授業も終盤の方になってしまいましたが、後期に私が取っている授業でおすすめの授業をいくつか紹介したいと思います。   まず一つ目がAsian Politicsという授業です。この授業では毎回の授業ごとにトピックを変えて、マレーシアやシンガポールなど、とくに東南アジアの政治のやり方について学びます。授業自体は専門用語が多く、少し難しいですがいろんな国の政治の在り方を学ぶことができるので興味深い授業だと思います。   二つ目はMacau Societyという授業です。この授業では主にマカオの歴史やマカオ人のアイデンティティーついて、またマカオ人の生活についてなど、マカオに特化した興味深い授業だと思います。また、グループを組んで1グループ2回のプレゼンテーションをしたり、マカオの世界遺産にフィールドトリップにでかけたり、学期末には先生とクラスメートの子達と一緒に中国に旅行に行ったりすることができます。   これはMacau Societyの授業のField Tripで世界遺産のギア灯台と協会に行った時の写真です。   灯台からの眺め  
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】マカオ大学 梶原茉祐子 (2015年11月)

皆さん、お久しぶりです。マカオ大学に留学している国際関係学科2年の梶原です。早くも更新を怠ってしまいすみません(笑) マカオは11月に入りましたが、まだ25度以上を超える日もしばしばあり、日差しが強い日々が続いています。また、大学はmid-termの期間内で、授業で課された2500字のレポートとプレゼンの準備に追われる日が続いてました。今回は授業のことと、マカオのことについて話したいと思います。  まず授業のことですが、マカオ大学では一つの授業が一週間に75分×2コマあります。私はFSS(faculty of social science)という学部に所属し、前期は自分の専門である国際関係の授業と中国の移民の授業、英語はスピーチの授業とアカデミックライティングの授業の4つを専攻しています。 ↑これが前期の時間割です。 私が先行している”China east Relations”という国際関係の授業は毎回違う視点から中国の国際関係(日中関係、米中関係など)を見ていくという内容で、毎回内容が異なりとても興味深いです。また“speaking fluency ”という英語のスピーチの授業では、毎回違った種類のスピーチをやります。でクラスメートが優しく、先生が丁寧に教えてくれるので毎回こなすことができています。最初の頃に比べると、人前でスピーチをすることに自信が持てるようになったと思います。この授業はとてもタフな授業ですが、やりがいのあるじゅぎょうだと思います。 この四か月間こっちの授業を受けて個人的に感じたことは、まず、専門の授業を英語で受ける難しさです。国際関係の授業を英語で学び、英語で文献を読むことは難しく、辞書を引きながらの予習、復習が欠かせません。二つ目は、現地の子の英語のレベルの高さです。ほとんどの子は第一言語が中国語(広東語/北京語)であるのにかかわらず、英語を当たり前のように話し、英語でのプレゼン、スピーチをこなすことができます。そのためいつもクラスの子からいい刺激をうけています。三つ目は、授業内で積極的に意見を求められることが多いように感じます。例えば、私が受けている移民の授業では、留学生はクラスの中で私一人なので、“じゃあ日本はどうなの…?”と授業中に先生やクラスメートから、主に日本人としての意見を求められることが多いような気がします。そのため、もうちょっと日本のことについて知っとけばよかったな…と最近感じることがしばしばあります。なので留学を考えている皆さんはニュースや新聞などを見て、まず日本のことについてしっかりと知ることをお勧めします。 次にマカオのことについてですが、マカオはもともとポルトガル領であったため、文化的にも中国的な部分と西洋的な部分二つを持ち合わせており、マカオ中心部の方に行くとポルトガル領時代の世界遺産を多く見ることができます。 またマカオには、ポルトガル料理、マカオ料理、広東料理など様々な国の料理があり、最近はおいしい料理、デザートを見つけることが一つの楽しみになってます。(笑) ↑(ポルトガル料理) ↑地元の子達と遊びに行ったときの写真  またマカオ大学では留学生が参加できるアクティビティがたくさんあります。これは10月に行われたinternational food festivalの様子。(日本チームはチラシ寿司を作りました) 最後まで読んでいただいてありがとうございました!
カテゴリー: 2015秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】マカオ大学 (梶原茉祐子)2015年9月

皆さん初めまして、マカオ大学に留学している国際関係学科2年の梶原です。 これから約一年間マカオ大学に関する情報を発信していきたいと思います。 マカオに来て早くも約1か月が経ちました。マカオ大学と協定を結んで2年目なので、まだまだ大学に関する情報が少ないこと、また今期マカオ大学に行くのは一人しかいなかったので、来る前はすごく不安でしたが、今ではこっちの生活に慣れて充実した生活を送っています。今回はキャンパスの様子と授業についてお話ししようと思います。 まずキャンパスについてですが、マカオ大学は去年建て直されたばかりなのでとてもきれいでとても広いキャンパスです。端から端まで歩くと30分くらいはかかります。なので私が住んでいるpost graduateという寮から教室まではいつも送迎バスを利用して通っています。また、キャンパス内にはジム、プールが設備されていて生徒はいつでも無料で使うことができます。 ↑住んでいる寮post graduateの写真 次に授業についてですが、私は北九大と同様に国際関係を専攻しています。こっちの大学の授業の印象としては、group discussionやpresentationなど積極的に授業に参加する授業が多いとということです。私が取っているglobal issue in hisoryという授業では毎週グループディスカッションをするので、そのための準備がかかせません。また、国際関係学の授業では毎週約30ページほどの英語の文献を読んでこなければならないのでそれをこなすのに必死です。しかし、現地の学生は当たり前のように英語を話して、授業では積極的に発言し、予習をこなしてくるのでいい刺激をもらっています。          ↑キャンパス内の様子 ↑キャンパス内には大きな川があります ↑授業の様子  
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー