posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 マカオ大学 大畑穂乃花 2018年1月

あけましておめでとうございます。今月は英米学科2年の大畑穂乃花が担当させて頂きます。よろしくお願いします。12月の1週目から3週目にかけての期末試験も終わり、その後は1月の2週目まで冬休みです。今回は前期の授業と期末試験について書きたいと思います。私が前期に受けていた授業はChinese for non-native speakers①、introduction to literary studies①、introduction to the study of language、Asian philosophy: an introduction、classroom Englishの5教科です。Chinese for non-native speakers①の授業はほとんどのクラスメートが留学生、もしくは外国人学生でとても国際的な授業でした。授業内容は中国語の基礎的な最初の部分です。第2言語で中国語の授業を受講した私にとっては2回目の内容でしたが、そのときやったのとは比べ物にならないくらい身についたなと思っていて、私はこの授業を受けてよかったなと思っています。この授業は中国語がほぼ全く話せない人向けの授業だと思います。あと、授業は主に英語で行われるので、英語で中国語を学ぶというのがなんだか新鮮でおもしろかったです。Introduction to literary studies①の授業内容はポエムと短編小説でした。授業では表現方法の技法や効果を学ぶことができ、30以上の作品の内容を深く考えました。授業中、急に先生に指名されて自分の意見を言わないといけない機会が多く、文学系の読み取りが苦手で、英語能力も高くない私にとっては結構ハラハラする授業でしたが、グループワークもたくさんあって、発言する機会も多いので、頑張れば頑張るほど力がつく授業だと思います。予習の質で授業の質もすごく変わってくる授業です。Introduction to the study of languageではいろいろな国の言語を比較したり、言語の文法や成分について考えたり、脳言語学を学んだりと幅広くたくさんのことを学ぶことができました。この授業ではよく、日本語についてみんなの前で説明してほしいと言われることがあり、日本語についても深く考える良い機会になりました。また、授業のはじめに議論のお題が出されて、授業の最後にグループでプレゼンテーションをするという日が4回に1回くらいあり、最初は短期間の準備に慣れてなくて大変だったけど徐々に慣れてきて、日本人という立場を活かしてグループに貢献できるようになっていったと思います。Classroom Englishはほとんどのクラスメートが教職を取っている4年生だったのでレベルがとても高かったです。内容はマカオの小中学生向け英語教育においてどのような教育方法が効果的かなどで、ロールプレイをその場で自分たちで考えて行ったりして学びました。このロールプレイや、授業内での発表が難しくて、日々の授業は本当に自信がありませんでしたが、その分期末テストの勉強をすごく一生懸命やって、なんとか単位をとることができました。私が前期に受講した授業の概要は以上です。マカオ大学の期末試験はとる授業にもよりますが、試験時間が3時間あります。教科によっては1時間で全部解き終わったり、逆に3時間ずっと書き続けないといけないくらいの内容量のものもあったりします。覚えないといけないこと、身に付けないといけないことが多いのですごくハードに感じました。でも頑張った分、終わったときの達成感と得たものは大きかったです。だから2学期も限られた時間の中でたくさんのものが得ることができるように頑張ります。長文読んで下さりありがとうございました。  お好み焼きづくり  クリスマスの様子  トイレメートとのお別れ  期末試験の日程  新年カウントダウン  中国語のクラスメイト  日本人留学生、日本語学科の学生とのおでかけ
カテゴリー: 2017秋

【留学レポート】 マカオ大学 中郷実夢 2017年12月

 こんにちは。中国学科3年の中郷実夢です。中間試験を終え、いよいよ今月は期末試験です。まだマカオはさほど寒くなく過ごしやすいです。  今回は、主に学内について書かせていただきます。まず、マカオ大学はとても広いです。そのため、私はバスで移動することが多いです。大学内には10の寮があります。寮では毎日のように、散歩、ヨガ、映画鑑賞、料理対決などたくさんの活動が行われています。私も日本の紹介のイベントをさせて頂きました。また、大学全体でもたくさんのイベントが行われています。最近では、「校服日」という、学生が高校の制服を着て登校する日がありました。私が高校時代セーラー服を着ていたと伝えると、セーラームーンと呼ばれるようになりました。笑 また、大学内で実施されている献血に協力すると、マカオ名物エッグタルトがもらえたのが面白かったです。食事は1週間に15回寮で食べる事ができます。日替わりのメニューでバイキング方式です。基本的に中華料理で、揚げ物、炒めものが主で、生野菜には出会えません。気を付けないと太ります。部屋は、ベッド、学習机、クローゼット、冷蔵庫、エアコンがあり快適です。トイレ、お風呂は4人で1つを共用です。各階に、パントリー、学習部屋、洗濯機、乾燥機があります。  また、日用品は学内のスーパーでほとんど手に入ります。日本の商品が半分を占めている気がします。学内には、スーパー、セブンイレブン、サークルケー、図書館、銀行、郵便局、本屋、パン屋、カフェ、レストラン等があり、とても便利です。  また、マカオ大学は自然豊かで、川や花、芝生がたくさんあり、晴れた日はとても綺麗です。しかし、紫外線がきつすぎるので通学に日傘が必須です。  その他、マカオ内でも、ハロウィン、ポルトガル、フードフェス、カーレースなど様々なイベントがあります。特に今年のフードフェスは、日本がテーマで、多くの日本の店舗が出店しており、沢山の素敵な出会いがありました。さらにゲストとしてピコ太郎が来ていました。日々、素敵な出会いや、おもしろい発見の連続でとても充実した毎日を過ごしています。  以上で今回のレポートを終わります。期末テスト全力で頑張りたいと思います。     校服日(制服の日) インターナショナルナイト ハロウィンイベント ポルトガルのイベント マカオカーレース 校舎のひとつ 寮のごはん
カテゴリー: 2017秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 マカオ大学 大畑穂乃花 2017年11月

 今回の担当は、英米学科2年の大畑穂乃花です。よろしくお願いします!  10月はインターナショナルフードフェスティバル、ハイテーブルディナーを中心にイベント盛りだくさんの1か月でした。インターナショナルフードフェスティバルでは、日本チームとして、おにぎりを浴衣で提供しました。他のチームはアメリカ、ポルトガル、インド、マレーシア、韓国、ティモールなどの国が参加していて、各国でそれぞれ特色があり、とても面白かったです。結果はポルトガルに1票差で負けてしまいましたが、留学中ならではの良い経験ができました。  ハイテーブルディナーは寮ごとに行われる、きちんとした服装をして、コースで出てくる料理を食べるというようなものです。いつもより豪華な料理を食べて、友達と写真を撮ったりして、すごく新鮮な感じがしました。  他にも、学校外で行われているOKTOBERFESTに行ったり、隣の部屋に住んでいて、お風呂とトイレを共有している友達2人の誕生日を祝うためにルームメイトのみゆさんと4人で出かけたりしました。本当に本当に盛りだくさんで、素敵な思い出がたくさんできて、最高の1か月でした。授業にも慣れ、1か月後に始まる期末テストにドキドキしています。  私はずっとサッカーをやっていて、サッカーが大好きなのですが、つい先日、マカオ大学のサッカーチーム、マカオの女性のナショナルチームに参加できることになったので、今はそれを1番楽しみにしています(^O^)限られた留学期間を充実させられるように、できることは何でもチャレンジしていきたいです!最後まで読んでいただきありがとうございました。     【フードフェスティバル アメリカチームと】     【フードフェスティバル ポルトガルチームと】       【フードフェスティバル 日本チーム集合写真】             【フードフェスティバル 全体集合写真】   【ハイテーブルディナー①】     【ハイテーブルディナー②】     【oktoberfest】     【誕生日のお出かけ①】   【誕生日のお出かけ②】
カテゴリー: 2017秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 マカオ大学 中郷実夢 2017年10月

皆さん、初めまして。8月からマカオ大学に留学しております、外国語学部中国学科3年の中郷実夢です。留学を考えている方にとって、少しでも参考になるような情報を共有できればいいなと思います。 マカオ大学ではFaculty of Social Science(FSS)のGovernment and Public Administrationという学科を専攻しております。私は英語系を1つ、中国語系を2つ、国際関係系を1つの、計4つの授業を履修しております。これに加え、広東語の授業も土曜日に履修しています。現地の中国学科の人達と学ぶ、文学の授業には、正直全くついていけておらず、周りの友達に英語に翻訳してもらいながら受けています。また、中国語でのジョークが理解できず笑えないのが悔しいです。前期のうちに少しでも笑えるようになりたいです。 マカオ大学に来て驚いたのは、生徒の英語力の高さです。授業中は、すごい速さで英語が飛び交います。同じ、英語を母語としないアジア人なので、これには大変刺激を受けました。 正直、アメリカ、イギリスなどの英語圏への留学の憧れもあり、留学先を最後まで悩んでいましたが、英語も中国語も同じくらい伸ばすことができ、東洋、西洋両方の雰囲気を味わえるマカオに留学できたことを本当に幸せに思っています。残り9か月、1日1日を大切に充実した留学生活を送れるよう努力しようと思います。      
カテゴリー: 2017秋, 新着情報

【留学レポート】 マカオ大学 大畑穂乃花 2017年9月

 初めまして!8月からマカオ大学へ交換留学に行っている英米学科2年の大畑穂乃花です。これから交換留学期間である5月まで、同じ北九州市立大学の中郷実夢さんと交代で情報を発信していきます。少しでも役に立つ情報を伝えられたら良いなと思っています!  まだマカオにきて1か月も経過してないので、今回はマカオ大学を簡単に紹介します。マカオ大学には様々な専攻がありますが、私はFAH(Faculty of Arts and Humanities)のEnglish studiesに所属しています。他の日本の大学から来ている留学生は現在14人で、その中にはFSS(Faculty of Social Science)やFBA(Faculty of Business Administration)などに所属している方もいます。 今学期の私の時間割は添付している写真の通りです。Introduction to the study of language、Introductory to literary studiesの2つの英語系の授業に加え、Asian philosophyや教育系の授業であるpractical classroom English、また私は第二言語で中国語をとっていたので外国人向け中国語の授業も受講しています。台風の影響でまだあまり授業を受けてないので、授業についてはまた詳しく紹介します。  マカオ大学には寮が多数あり、私はCKLCという寮で生活しています。寮には食堂、ジム、卓球場やバトミントンコートなどがあり、かなり施設が整っています。  寮ごとにイベントもあり、団結力を感じます。部屋は2人部屋でお風呂とトイレは隣の部屋の人と4人で共有します。部屋の様子の写真を載せています。周りの人たちがとっても温かくて、毎日充実した、刺激的な日々を送っています。マカオは想像していたよりもすごく良いところです!!   時間割   部屋の写真   寮の集合写真   エッフェル塔のレプリカ  
カテゴリー: 2017秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー