posts archive
ブログアーカイブ

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉谷 誠吾(2016.9月派遣)

  皆さんこんにちは。11月のレポートを担当させていただきます、英米学科2年の谷誠吾です。こちらに来て2カ月が経過し、生活にもだいぶ慣れてきたと同時に日本食がとても恋しく感じてきました。また、大いに盛り上がったアメリカ大統領選挙は一昨日、ドナルド・トランプ氏の当選で幕を閉じました。しかしながら連日、全米各地で「反トランプ」デモが相次ぎ、その勢いはとどまりそうにありません。さて、このレポートでは私がこれまで経験した中で感じたことを伝えていきたいと思います。   まず、TCCはイベントが数多くあり、日々の生活がとても充実していて刺激的です。先日はハロウィンパーティーがありました。みんなとてもユニークな仮装をしていて終始笑いが絶えませんでした。あと、お化け屋敷がとても怖くて泣きそうでした。また、1週間程前に「Night to Ignite」というイベントに参加しました。そこでは世界中から集まったグローバルリーダー達が各地に存在している社会的問題の悲痛さを私たちに訴えかけました。彼らやその他の国々の人たちの意見を聞く中で、「自分は何のために英語を学んでいるのだろう。」と改めて考えさせられる大変貴重な機会でした。 次に、ホームステイの紹介をします。まず私のホストは仲がとても良いです。私が目の前にいてもホストファザーとマザーはよくイチャイチャしています。正直今でもどんな顔をしていたらいいのか困惑しますが、にっこり笑って見届けるようにしています。また私にはウガンダから来ているルームメイトがいるのですが、先日彼と話していて驚いたことがあります。それは今でも彼の国では日常的にマラリアなどの深刻な病気が発生しているということです。彼自身も過去に何度もマラリアにかかっており、自国の衛生状態の悪さ、医療環境の不良さを嘆いていました。このように他の国の文化、情勢を知れるという意味でもホームステイは非常に有益であると感じています。 次は、教育方法についてです。アメリカ教育と日本教育の大きな違いは「アウトプット」の方法にあると、この2カ月で痛感しました。日本教育の場合は覚えたことをそのままアウトプットするだけですが、アメリカの生徒たちは答えを知る前に自分自身で考えたことをアウトプットしています。先日English 101という講義でブレインストーミングを行ったのですが、同じ10分という時間の中で私の隣に座っていたネイティブの生徒は私の2倍の量の内容を記述していました。その創造性の差に驚かされたと同時に、「負けへんで」というやる気がみなぎりました。 さて、嬉しいことに明日は私の誕生日です。アメリカで20歳を迎えることを大変嬉しく思うと同時に、いよいよ20代がスタートするので大人としての自覚を強めなければ。と身の引き締まる思いです。TCCでの生活も残すところ4カ月半です。UKK生同士お互いに切磋琢磨し合いながら意識を高く持ち、残りの日数を有意義なものにしていきます。         
カテゴリー: News, イベント, タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(17期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉渡辺有希(2016.9月派遣)

こんにちは。比較文化学科2年の渡辺有希です。2ヶ月が経ち、なんとかアメリカでの生活にも慣れ、日々を楽しく過ごせています。私は学校、家、休日のことについてお話ししようと思います。 私は毎日9時半から授業が始まり徒歩で登校しています。そして、昼食はカフェテリアで食べ、午後からの授業などに向かいます。カフェテリアにはTCCの学生がたくさんいるので現地で友達を作るチャンスの場です。私も実際にここで友達をたくさん作れたので行くことをお勧めします! 次に、家のことです。私のホストはマザー1人だけで、あとインドネシア人とベトナム人のルームメイトの2人と過ごしています。マザーは今までにもUKKを受け入れたことがある方なので私の拙い英語も理解してくれ、困ったことや嫌なことは無いか、楽しいことはあったかなどいつも気にかけてくれて、本当に優しく接してくれます。ルームメイト達とも仲良くなり、楽しく快適に過ごせています。朝食と昼食は家にあるものを使い自分で用意し、夕食はマザーが作ってくれます。マザーがオーガニック志向でベジタリアンなので健康的な食生活を送れていると思います。 最後に休みのことです。休日は家で課題をするか、遊びに出かけています。やはり課題は多いのですが、きちんと取り組めば出来ます。家で勉強する習慣付けになるし、何より自分の学びに繋がるので毎日励んでいます。そして遊ぶにはシアトルがお勧めです。シアトルにはバスで1時間で行け、何でもそろっています。日本の物を売っているスーパーやダイソーまであります。個人的には小倉から天神に行く感覚です(笑)先日のHalloweenではみんな仮装し、TCCでのパーティーに参加しました。 また、当日は多くの子供たちが家にお菓子をもらいに来て、本場のHalloweenを体験することができました。これからはThanks giving 、Christmasとイベントが続くので、アメリカの文化を直接体験できることが嬉しいです。タコマは快適な環境で英語を学べ、文化を体験できる場所です。もし少しでも関心があるのであれば、行動に移さないともったいないと思います。それでは最後までありがとうございました。  
カテゴリー: Event, News, タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(17期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉清水励(2016.9月派遣)

こんにちは、英米学科の清水です。気づいたらタコマに来てもう一か月です。私は日々の生活のことと授業についてお話ししたいと思います。初海外というのと旅行慣れしていないので最初のうちはほとんど寝られませんでしたが、今では夜10時には基本寝ています。他の17期の友達もそんな感じでアメリカに来て以来とても健康的な生活リズムになりました。またホストマザーの料理がとってもおいしくて毎日お腹いっぱい食べてしまって、最近は食べ過ぎてお腹痛いので自制しようと頑張ってはいます。こちらに来るまでは食に頓着がなく夏バテとかで自分でも引くほど痩せてたのですが、今は毎日の楽しみである夕食のおかげで食欲がすごくて、こっちにいる間に様々な美味しいものを探求したいです。私の家には香港からの留学生がいるのですが自分より年下なのに自分よりも遥かにしっかりしています。英語力もそうだし、探求心がすごくて、先日日本の通貨のこととか大学のシステムのこととかを話していい会話の練習になったし、異文化を知れて楽しかったです。また大のアメフト好きでよくキャッチボールしようと誘われてちょっとしたいい運動になっています。次に授業についてですが私の場合は週2日しかないです。火曜日と木曜日に3つ全部詰め込まれていて正直きついです。特にAmerican History という授業の後にEnglish101というのがあるのですが両方130分ありTCCのネイティブの学生に交じって授業が行われるので内容も濃くて特に101は今まで授業を受けた先生の中で一番早口じゃないのかという感じなので聞き取ることに全神経を注いでいます。聞いていた通りアメリカの学生はどんどん手を挙げて発言しいっぱい質問します。そして生徒の話すスピードはとっても速いので何言ってるかわからないことが多々あります。聞き取れるようになって発言できるように頑張りたいです。宿題の量に圧倒されてなかなか遊べないですが、もっと計画的にこなしていろいろ経験していろんな意味で成長したいです。とりあえず今月のハロウィーンを思いっきり楽しみます。最後まで読んでいただきありがとうございました。  
カテゴリー: News, イベント, タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(17期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉蔵本涼香(2016.9月派遣)

こんにちは。文学部比較文化学科2年の藏本涼香です。アメリカに来て早くも1か月が経とうとしています。まだこちらでの生活に完全に慣れたわけではありませんが、生活する中で感じたことを皆さんにお話ししたいと思います。私のホストファミリーはファザーとマザー、そして高校生の子供の3人家族です。これまでに何人ものUKKの生徒を受け入れており、日本の文化や考え方などを理解してくれているのでとっても居心地がいいです。友達の多くはルームメイトがいて、英語で会話をしたり一緒に遊んだりしていてうらやましいなと思っていましたが、今ではホストファミリーが私のルームメイトのような感じで、彼らとの時間を楽しんでいます。そしてTCCのみなさんは本当に親切で、私たちのことをサポートしてくれるので心配はいりません。課題の多さに多少驚きましたが、自分の英語力をのばすいいチャンスだと思って日々取り組んでいます。またお昼休みには、学校のカフェテリアで友達とゲームをしたりおしゃべりをしたりしています。様々な言語が飛び交っていてとても刺激的で、毎日学校に行くのが楽しみで仕方がありません^^ 最後まで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: News, タコマ・コミュニティカレッジ(17期), 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー