posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 文学部比較文化学科3年 R.A 2019年5月

こんにちは。文学部比較文化学科3年の新梨歩です。タコマに来て2か月が経とうとしています。こちらでの生活にも慣れてきて、胃袋も確実に大きくなりました(笑)。 毎日元気に過ごしていましたが、5月の初めに体調を崩し、感染性胃腸炎になりました。そのときの話を少し書きたいと思います。当時私は高熱と腹痛、異国で体調不良になった不安で心身ともに弱ってしまい、日本にいる家族や友達が恋しく、一瞬だけ日本に帰りたいとも思っていました。自力では回復できないと思い、マザーに病院に連れて行ってほしいとお願いして、Urgent Care(軽度・中度の症状に対応している急病診療所)に連れて行ってもらいました。一通り検査を受けましたが、症状の原因がはっきりと分からないし、ここでは十分な治療ができないと診断されたので、Emergency Room(救急センター)で診てもらうことになりました。Urgent Careでは日本語の通訳の方がいて安心していましたが、Emergency Roomでは通訳の方がおらず、自分で症状を説明しなければならなかったので、それも本当に大変でした。携帯電話で英単語を調べたり、調べても発音の仕方が分からないものは画面を見てもらったりして、必死に伝えたことを今でも覚えています。最終的には感染性胃腸炎と診断され、薬も処方してもらい家で安静にするようにと言われました。ファミリーもとても心配してくれて、早く回復するようにとお腹にやさしいご飯を作ってくれたり、果物を買ってきてくれたりしました。また、UKKの子たちも励ましの連絡をくれたり、休んでいた分の課題を家まで届けてくれたりして本当に感謝しています。数日で回復することができたのは、周りの人たちの優しさやサポートのお陰です。私がこの辛い経験を通して学んだことは、体調が悪くなったときには我慢をせず、周りに助けを求めるということです。部屋で安静に過ごしたいのか、病院で診てもらいたいのか、遠慮せず自分の意志をきちんと伝えてください。そして病院に行く場合は、ファミリーにお願いするのが一番だと思います。これからタコマへ留学する方が現地で体調不良になったとき、少しでもこの話が役に立てば嬉しいです。 大変だった話はここまでにして、ここからはファミリーと学校生活について話したいと思います。学校が始まって課題がだんだんと多くなり、自分の部屋にこもってしまいがちだった私は、家での会話を増やすために、課題はなるべく学校で終わらせるようにしました。みんなで料理をしたり、食後は映画を観たりして、家ではファミリーと過ごす時間を大切にしています。休日はガーデニングやDIYをしたり、教会に行ったりと日本ではこれまであまりしてこなかったことを経験しています。また、4月の終わりにはキャンプに連れて行ってもらい、キャンプファイヤーをしました。そのときに私は人生で初めてスモアと薪用の木の伐採を体験したのです(笑)。夏になったらまた皆でキャンプに行く予定なので、今からとても楽しみにしています。 学校では、休み時間にTCCの友達とUNOやトランプをして遊んでいます。同じカードゲームでも日本とはルールが異なるものもあるので、時々戸惑いますが、それも楽しいです。学校が始まってすぐの頃は、友達はできるのかとても心配していましたが、勇気を出して自分からも積極的に話しかけました。みんなフレンドリーで明るいし、すぐに名前も覚えてくれます。緊張すると思いますが、自分から現地の人に話しかけることも大切です。これからも1つ1つの出会いに感謝し、友達の輪を広げていきたいと思います。留学生活も残り3か月ほどになりました。時間が経つのは本当にあっという間です。何事にも挑戦し、得られるものはすべて吸収して、悔いのないようこれからも全力で楽しみたいと思います。最後まで私の拙い文章を読んでくださり、ありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(22期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科3年 K.H 2019年5月

こんにちは。外国語学部英米学科3年の日置栞奈です。タコマでの生活がスタートしてから既に2か月が経ち、Spring Quarterも終わりが近づいてきています。私は今回タコマで経験したこと、感じたことについて書きたいと思います。 まずは授業についてです。過去のTCCの留学生やQuarter初めの頃から先生方にアメリカンヒストリーはきついと聞いていましたが、実際に課題がとても多い授業ではあります。先日も4個の課題が同時に出たため、友人と必死に10枚程書き終えたばかりです。個人的にはレポート類は日本の時も少しやっていたし、友人や先生方のサポートも思ったほど苦しまなかったのですが、授業の流れの一部であるディスカッションが私にとってはチャレンジです。この授業は現地の学生も交じってするので話の流れがとても速く置いていかれます。まだ一度も発言できていないのでQuarterが終わるまでには頑張りたいと思います。 次に勉強以外の学校生活について書きたいと思います。TCCでは留学生やほかの学生に向けてたくさんのイベントがあります。この前はマリナーズの試合を見に行きました。結果は14対1でマリナーズのぼろ負けだったのですが、自分ではいかないであろう経験ができて楽しかったです。他にも歴史博物館で折り鶴を教えるボランティアやフィルムフェスティバル、BBQなどがありました。こういったイベントを通して友人や地域の人などと会話する機会もあります。他にも、自分たちで休日にシアトルへバスで行ったりすることもあります。 最後に今私が感じていることを書こうと思います。アメリカで実際に生活していく中で、自分の英語力のなさに情けなくなりふさぎ込んだり正直、他の22期生の子たちに嫉妬したりするようなこともあります。こちらに来てリスニングとスピーキング能力の低さを痛感している最中です。会話しているときにとっさに英語で言葉が出てこず沈黙が続いたりすることも日常茶飯事です。しかし、まだ3か月ほどあります。ネガティブな気持ちを引きずらずに、残された時間を大切にしていきたいと思っています。せっかく渡米したのだから一つも無駄にすることなく吸収して日本に持って帰る意気込みで過ごしていこうと思います。もう少しでカリフォルニア旅行も待っているのでくじけている暇なんかありません。こんなたくさんの経験ができることに感謝しながら、後悔のない生活をしたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(22期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科2年 M.M 2019年4月

こんにちは。外国語学部英米学科2年の森万純です。タコマでの留学が始まって約二週間が経過しました。今回のレポートではタコマコミュニティカレッジでの学校生活や、ホームステイの様子などについて書きたいと思います。約二週間前私たちは日本を出発しました。私にとっては初めての海外ということもあり全てが英語の環境を目にして、到着した当初はとても不安でいっぱいでした。しかし、大学の先生方とホストファミリーが温かく歓迎してくださり、不安とともにこれからの生活への期待もうまれていったのを覚えています。 一つ目に大学生活について書きたいと思います。大学では最初の二日間オリエンテーションが行われました。北九大以外の大学から来た留学生や現地の学生たちと一緒に食事をしたり、ゲームをしたりして交流する機会が多くありました。その後も大学で見かけたら手を振って挨拶をしてくれたり、困ったら相談に乗ってくださるので短い期間でも人脈を広げられたことがとても嬉しかったです。そして四月に入って、いよいよ授業が始まる時期となりました。授業は一日あたり多くても3コマしかありません。15時過ぎには学校が終わり、家に帰ることができます。だからと言ってとても楽というわけではなく、特に予習の際に分からない単語や関連する情報を調べたりまとめたりすることに時間がかかってしまうため、むしろ今までよりも学習量は増えたのではないかと思います。 二つめにホームステイについて書きたいと思います。私のホームステイ先にはホストマザー、ファザー、そしてタコマ・コミュニティカレッジに通う同い年のホストシスターがいます。ファミリーは全員親日家で、私の振る舞いや文化、考えをとても尊重してくれます。また、ファミリーと話しているときに日本とアメリカの文化の違いなどについて比較したり考えをシェアできることは私にとって日常会話の中の一つの楽しみにもなっています。 最後に、これは学校生活でもホストファミリーと過ごしているときでも言えることなのですが、アメリカではとにかく自分の意見を求められます。授業中はもちろん、日本にいたときは「普通」という感想で流してしまっていた些細なことでも、自分がどう思うのかをはっきり伝えなければいけません。また、私は考え事をしていたり他の作業をしていて英語を聞き取ることに集中していなかったりすると、ただ英語が流れていくだけで自分が話しかけられたことにすら気づかない時があります。ついつい癖で曖昧な表現で話そうとしないこと、意識を常に英語に向けることが今の課題だと考えています。 まだまだ始まったばかりの留学生活ですが、英語を存分に味わえるこの貴重な時間を大切に、様々な活動にも参加して充実した5ヶ月にしたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(22期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科2年 K.K 2019年4月

こんにちは。外国語学部英米学科2年の古賀こころです。タコマに来て2週間が経過し、生活にも慣れてきましたが、まだまだ初めて知ることもたくさんあり、あっという間に時間が過ぎていきます。最初の数日間のオリエンテーションでは、他の留学生たちと一緒にシューティングゲームをしたり、シアトルトリップにも行きました。シアトルでは、Gum Wallや世界で最初のスターバックスに行ったりして、とても楽しかったです。 1週間前から学校も始まっていて、毎日課題や予習を頑張っています。大変ですが、きちんとやっていれば授業をより理解できます。現地の学生も一緒に受けるHistoryという授業は、映画を見て、それを歴史と関連付けて毎週レポートを書かなくてはいけません。他の授業の先生方もみんな口をそろえて「History大変だよ」と言うくらいです。でもHistoryの授業をサポートするための授業もあるので、あまり気負わないでください。今週初めて授業を受け、今レポートを書いているのですがとても難しいです。私のホストファミリーは映画が好きなので、授業のことを話したら少し手伝ってくれました。しかし、私はWhy?やHow?という質問にうまく答えることができず、今までそういうことを考えてこなかったなと思いました。授業中も現地の学生は積極的に手を挙げて質問したり、発言したりしていて、日本人とアメリカ人の違いを感じました。アメリカでは、自分がどう考えているのかを表現する力がとても重要視されています。私は今までただ覚えるだけ、ただ書くだけ、読むだけの勉強をしてきたんだなあと思い知らされました。 また、アメリカの人たちは日本人よりもコミュニケーションを大切にしているとも思いました。例えば、バスに乗る際は運転手にGood morningと言い、降りる際はThank you!とほとんどの人が言います。シアトルでは、知らない人に「その服いいね!」と話しかけているのも見かけました。 このコミュニケーション力や、先ほど述べた自分で考える力をこの5か月間で身につけられるよう努力したいと思います。これから、サッカー観戦に行ったり、カラーランというイベントに参加したり、楽しみなことがたくさんあります。いろんなことに挑戦して、意義のある留学にしたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(22期), 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー