posts archive
ブログアーカイブ

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉井上莉沙(2016.3月派遣)

こんにちは。外国語学部英米学科2年の井上莉沙です。タコマ留学が終わって半年前までの日本での生活に戻り、今は少し不思議な感覚です。今回は、私がタコマに派遣された3月から帰国した9月までの生活と、その中での私自身の変化を書いていこうと思います。まず、タコマに到着して数週間、時差ボケだったというのもありますが、日本の環境との違いや、これから始まるホストファミリーとの生活への不安などから、毎日気持ちがはりつめていたのを覚えています。ホストファミリーとなにを話そう、友達はできるかな、と色々なことをぐるぐると考えながら過ごしていました。一か月後は、学校生活に少しずつ慣れてきて心に少し余裕を持つことができるようになっていったように思います。UKKの皆と、留学生をサポートしてくれる現地の学生と一緒にシアトルに出かけたり、友達とショッピングモールに行ったり、店員さんに話しかけるのに緊張しながらも毎週どこかに出かけるのを楽しみに生活していました。学校生活に関しては、毎週提出しなければいけないレポートに日々悩まされていました。授業を重ねるごとに難易度があがって大変でしたが、徐々にコツをつかんでいき、1学期が終わって課題を全部こなした後には達成感があり自分に自信を持つことができたので、課題に苦しんだ時間全て無駄ではなかったと思います。 また、私はこの留学中、ホストファミリーにも多く助けられました。私のホストファミリーは、私のことをいつも気遣ってくれて、一緒に食事に行ったり、遊園地に連れていってくれたり、私がアメリカ生活を楽しめるよう考えてくれました。そのおかげで私は毎日充実した生活を送れたと思います。そして、日本に帰る日が近づくにつれて、帰りたくない、このままアメリカで生活したいと思うようになり、残りの日々をより充実させようと考えるようになりました。また、これまでの日々を振り返りながら、日本に帰ったらどんな事を始めよう、自分はこの半年間で何が変わったか、など、いっそう考えるようになりました。私はこの半年間で英語の勉強でけではなく、自分に自信を持ち努力し続けることを改めて学びました。タコマで過ごした時間は、確実に私の人生の中で大きな意味があったと思います。これからの大学生活で今回の経験をしっかり生かしていきたいです。最後までよんでくださりありがとうございました。
カテゴリー: Event, News, イベント, タコマ・コミュニティカレッジ(16期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉末廣美波(2016.3月派遣)

こんにちは。外国語学部英米学科の末廣です。今回私はサマークオーターの最終日にあったフェアウェル・セレモニーから帰国までについて書こうと思います。フェアウェル・セレモニーとは卒業式のようなもので、授業でお世話になった先生方やホストファミリーと一緒に食事をとったり、卒業証書のようなものを受けとったりしました。タコマ・コミュニティカレッジではかなりの課題や小テストを乗り越えなければいけないのですが、フェアウェル・セレモニーの時にそれらを無事終わらせたことを実感し、自信や大きな達成感を得ることができました。フェアウェル・セレモニーが終わった後帰国までは、待ちに待った夏休みが始まります。この期間私は、タコマ・コミュニティカレッジで仲良くなった友達と海に行ったり、ディズニーランドリゾートやユニバーサルスタジオハリウッドに遊びに行ったりと、帰国前最後の思い出作りをしました。私はこの留学中合計5回旅行をしたのですが、このようにほぼ毎月頑張れば旅行ができるという点もこの留学の良いところだと思います。                       タコマでの約半年の留学は“とにかく楽しかった”の一言に尽きます。もちろん課題に追われたり、自分の言いたいことを英語でうまく伝えることができずもどかしい思いをしたりする日々であったことも事実です。しかしホストファミリーをはじめ、タコマで知り合った人たちはみんな優しく、私のつたない英語にもいつも耳を傾けてくれました。留学してすぐの頃、私はアルバイトのない生活がうれしくて帰国したくないと思っていました。しかしそのようなつまらない理由はすぐに消え、タコマにいる人たちと離れたくないからという人間味あふれる理由から帰国したくないと思うようになりました。現在帰国して数日が経ちましたが、今すぐにでもタコマに戻り、そして彼らに会いたいです。長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: News, タコマ・コミュニティカレッジ(16期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉角田希帆(2016.3月派遣)

こんにちは。外国語学部英米学科の角田希帆です。無事にサマークオーターも終了し、夏休みが始まりました。今回私は、サマークオーターの期末試験とアメリカでの夏休みについてお話ししたいと思います。  サマークオーターの授業数は4つと少ないのですが、その一つ一つから出される課題の量が多かったため、決して楽ではありませんでした。なかでも一番大変だったのは、multicultural communication という授業です。この授業では5、6枚のレポートとプレゼンテーションをしなければなりませんでした。提出期限も同じ時期だったため、みんな苦労していたように思います。また、この授業には現地の人も半分くらいいたのでその中でのプレゼンテーションはとても緊張しました。他の授業でもレポートやプレゼンテーションがありました。このように筆記テストというよりは課題が多かったです。  期末試験が大変だったぶん、今は夏休みがすごく楽しいです。友達と旅行に行ったり、イベントに参加したりと毎日が充実しています。先日、ポートランドという町に行ってきました。ポートランドはオーガニックの食材を使ったお店が多く、食べ物がおいしかったです。また、少し町を離れると滝があり、自然を感じることもできるとても素敵な場所でした。                   家族や友達へのお土産を考えていると日本に帰るんだなという実感がわいてきます。あと約2週間ですが、残りの時間も楽しみたいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。    
カテゴリー: Event, News, タコマ・コミュニティカレッジ(16期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉吉田香穂(2016.3月派遣)

 こんにちは。英米学科の吉田です。留学についてまとめて書くのは本当に難しいので、私は率直に思ったこと、感じたことを書きたいと思います。                          まずは、街について!タコマについてから、ホストファミリーにいろんな場所を案内してもらったのですが、まず思ったのは、綺麗だなってことでした。私のイメージだけかもしれないですが、日本は世界で一番清潔っていうイメージがあって、アメリカなんかはもっと汚いと思っていました。実際は、思っていたより、落ちているごみも少ないし、自然が多いし、空が広い気がするし、ぶっちゃけ北九州よりは、全然雰囲気がいいと感じました。さらにシアトルや、ポートランドに行ったときは、とても驚きました。街並みが素敵すぎます。街に音楽が溢れていて、おしゃれなカフェがいっぱいあって、目があったら人が挨拶してくれて。                                        次は、授業について。EAPの授業ではエッセイの書き方や発音、歴史などを学びました。ほとんど日本人だけの授業なので、理解が難しいことはありませんでした。課題は少なくはありませんが、しっかり取り組めばちゃんと身になります。特に、サマークオーターでは、エッセイを書くことに力を入れてくれていて、週に一回のペースで様々な種類のエッセイをこなしました。おかげ様で、いまでは、日本式のエッセイを書くより、英語のエッセイを書くほうが得意になったと思います。苦戦したのが、スプリングクオーターのヒストリーと、サマークオーターのコミュニケーションでした。ヒストリーでは、正直に言うと、先生がいうことが90%理解できていませんでしたが、真剣に映画を見て、必死に毎週2回くらい出るレポートに取り組んできました。でもこれは苦痛だけの作業じゃなくて、歴史についてなので、おもしろかったです。今まで自分が知っていた常識に知識が加わって、根拠づけられていくのがわかりました。また、コミュニケーションでは、現地の生徒と先生の間で、会話のように授業が進んでいくので、とても理解するのが難しかったです。たまに日本人の意見を求められても、あまり理解できていなかったので、いい返事をすることができませんでした。しかし、先生も現地の生徒もとてもいい人だったので、私たちが理解できるように助けてくれました。この授業では、日本人にとっては、かなり難しい課題がかなりでたので気合で乗り越えました。  この6か月間、風のように過ぎていって、あと10日ちょっとで帰るのが信じられません。いまでは、こっちで友達もできて、思い出作りに忙しいです。タコマも、ホストも友達もみんな大好きです。離れたくありません。修了式では、その思いが募ってたくさん泣いてしまいました。英語に関しては、まだ課題が山積みです。むしろこっちにきて増えましたが、いまでは、やる気に満ち溢れています。私がお勧めするのは、ほんとになんでもやってみることです!日本では常識外れのように思えることもこっちでは関係ありませんから。
カテゴリー: Event, News, タコマ・コミュニティカレッジ(16期), 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉草川みのり(2016.3月派遣)

 こんにちは、英米学科2年の草川みのりです。クォーター間の休暇も終わり、いよいよサマークォーターが始まりました。そこで今回はサマークォーターの授業についてお話しようと思います。  サマークォーターも授業自体はスプリングクォーターとあまり変わらず、先生もスプリングクォーターと似たような形式の授業にしてくれているので助かります。一つ目の授業は小説を読んで要約をグループごとに作ったり、イディオムや単語を学んだりします。二つ目はmulti cultural communicationという授業で現地の生徒も交えて講義を聞いたり、グループに分かれてディスカッションをしたりします。この授業はとても難しく内容理解が追いつきません。なので授業後に現地の友達に質問をしたり宿題を手伝ってもらったりしています。三つ目は発音を学ぶ授業です。詩を読み内容理解、発音練習、また会話もします。四つ目はアメリカ、特にタコマの歴史を学ぶ授業です。この授業は特殊で授業中に調べ学習として現地の生徒に質問に行ったり、フィールドトリップにみんなで出掛けたりしてとても楽しく臨めます。  スプリングクォーターは1日に二限しかなかったのですが、サマークォーターは三限あり、昼休みも短いです。その分大変ですが同時にとても充実しています。一つ残念なことに、TCCのほとんどの学生はサマークォーターに授業を取らず夏休みに入っています。カフェテリアは閑散としていてとても寂しいです。  タコマでの生活も残す所あと2か月となりました。光陰矢の如しという言葉が身にしみてわかります。3月にタコマに来てから毎日が新しく貴重な時間でした。残りの2か月も楽しく有意義に過ごしたいと思います。写真は旅行で行ったグランドキャニオンの朝日とラスベガスとルート66です。    
カテゴリー: News, タコマ・コミュニティカレッジ(16期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉川畑鈴奈(2016.3月派遣)

こんにちは。経済学科2年の川畑鈴奈です。こちらに来て、3か月が経とうとしています。日本にいる時より月日の流れが早いように感じます。留学生活の充実の証拠です。さて、今回は半年留学の一区切りであるスプリングクオーターの学期末試験についてお話します。最後の約1週間を使い4つの授業それぞれにテストがありました。1つ目は文法の理解や語彙、読解、記述が必要になりますが、与えられたインターネット教材を使って練習し、授業を聞いて真剣に取り組んでいれば心配いりません。。2つ目は映画を観てスラングやジョークの意味を考えるというテストです。これは提出期限がありパソコン上で提出する仕組みでした。普段の授業でもそのような解説があり、スラングや文化的背景の理解によって生きた英語を学ぶことができます。また、どうしてもわからないところはネイティヴの方に聞いてみると理解が深まってより良いです。3つ目は好きな都市についてのスピーチです。パワーポイントを用いて、聞いた人がそこに行きたくなるように話します。私はクォーター間の休みの旅行先に決めていたサンフランシスコについてその下調べも兼ねて、スピーチしました。各々が違う都市を選んでいたのでアメリカの様々な見所が学べました。ちなみにクォーター間の休みでサンフランシスコとロサンゼルスにいってきました。アメリカは場所によって全く違った雰囲気が味わえます。特にこのふたつは有名な観光地のため様々な言語が行き交っていました。この雰囲気の違いはぜひ、足を運んで皆さんご自身で味わってもらいたいです。さらに色々な場所に行ってみたいと興味をそそられますよ。笑   4つ目はhistoryですが社交ダンスをしました。ダンスになるかペーパーテストになるかは私たち生徒の頑張り次第なので毎回のレポートは大変ですが、しっかりこなしておくことをお薦めします。また、正しい書式や表現が回を重ねるごとに身についていくのを実感できますし、最後のレポートを出し終えたときの達成感はすばらしいものです。このように、スプリングクオーターで得た知識や経験を活かし残りの2か月で更なる飛躍を遂げたいと思います。最後までご覧頂き有難うございます。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ(16期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉牛島沙椰(2016.3月派遣)

こんにちは。英米学科の牛島沙椰です。タコマ・コミュニティカレッジでの留学が始まり約2か月が経ちました。今回は、主に大学の授業についてお伝えしたいと思います。  春派遣のタコマ留学では、春のクオーターと夏のクオーターに分けられます。春のクオーターでは、4つの授業があり、月水金、火木、で同じ授業があります。4つのうち3つは留学生向けの授業のため、先生方も私たちが聞き取れるように英語を話してくれます。プレゼンテーションの仕方、発音や日常会話など、英語力を向上させるための様々な授業があります。そして、もう1つのヒストリーという授業は現地の生徒も受けている授業で、ナチュラルなスピードで授業が進んでいくので慣れるのに少し時間がかかります。授業自体は、毎週映画を観てレポートを提出していくものです。また、ディスカッションもあり、授業への積極的な態度が大切です。もし不安なことがあれば、サポートをしてくださる方がたくさんいるので、安心して勉強することができます。毎日、授業の終わる時間が早いので、課題をしたり、友達とおしゃべりをしたりすることができます。日本と比べると課題が多く、大変なこともありますが、充実した生活を送っています。   残りの留学生活も有意義なものにし、成長できるように頑張っていこうと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
カテゴリー: Event, News, タコマ・コミュニティカレッジ(16期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉野田香凜 (2016.3月派遣)

 こんにちは。アメリカのタコマコミュニティカレッジに留学中の英米学科3年の野田香凜です。こちらに来てもうすぐで2ヶ月になります。アメリカに来た当初は時差ボケが激しく生活に慣れるのに大変でしたが、ホストファミリーやTCCの友人のおかげでだんだんとこちらの生活を楽しんで過ごすようになりました。   今回は学校生活外での活動について少しお話ししたいと思います。TCCでは基本的に授業は2時から3時までの日が多いので、午後から自由に過ごすことができる機会が日本に比べて多いです。日本にいるときは休日のほとんどをアルバイトに費やしていたので、課題も集中して取り組めます。  またタコマコミュニティカレッジに留学する最大のメリットはホストファミリーと生活ができるということです。なぜなら学校外での日常的な会話を学ぶことができるからです。私のホストファミリーはマザーとファザーの二人です。子供も娘と息子が2人いますが既に結婚しているので別々に暮らしています。イースターの際には、息子宅でいつもより豪華な夕食をとりました。娘宅にも先月に訪ねて、私のホストファミリーはたくさん素敵な家族がいるんだなと思いました。また、マザーは既に定職を迎えていますが、とてもアクティブな人で週に3、4日はジムに通うほどです。毎週火曜は映画デーと決めてマザーとマザーの友人とその友人の家に住んでいるタイ人の留学生と一緒に映画を見に行っています。いつも行っている映画館が5ドル(普段は約11ドル!)と安いので、とてもお得です。日本の映画館と違って、アメリカでは上映中でもお客さんが大きい声で笑ったり、手を叩いたり、上映後には拍手をしたりなど思いっきり映画を楽しめるのでとてもお気に入りです。あまりリスニングに自信がないな..という人も映画は映像があるのでなんとなくでもストーリーが分かることが多い上に、映像があることでこの場面でこの表現を使うんだなということも分かるので、オススメです。   4月には3連休を利用して友人と一泊二日でポートランドに旅行しました。ポートランドの一番の魅力といえばtax freeな所です!そこで買い物をメインに楽しみました。私たちが行った古着屋さんはかなり広くて安く、見尽くせないほど種類も多かったです。食べ物もどれも美味しくて街の雰囲気もとても良く魅力的でした。スプリングクォーターとサマークォーターの間には1週間ほどの休みがあり、カリフォルニアに旅行する予定を計画中なのでとても楽しみです。  気がついたら、もう3か月と時間は限られているので、休日は思いっきり楽しみながら授業は切り替えて後悔のない残りの留学生活を過ごしたいと思います。ご精読ありがとうございました。
カテゴリー: News, タコマ・コミュニティカレッジ(16期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉加藤翔子 (2016.3月派遣)

     こんにちは。アメリカ、タコマコミュニティーカレッジに留学中の国際関係学科3年の加藤翔子です。アメリカに来てから約3週間が経ちました。今回は初めにタコマの町について紹介したいと思います。タコマは北海道よりも高緯度に位置しますが、すでに半袖を着られるくらい暖かい日もあります。冬は天気が悪い日が続き、鬱になりそうだったということを聞いたことがありますが、私がここに来た3月下旬からはほぼ毎日快晴で、毎日すがすがしい朝を迎えることができます。タコマコミュニティーカレッジからはマウントレーニアという標高4394mの山がきれいに見え、あまりの美しさにいまだに毎朝感動しています。(笑)日本とは比べ物にならない広さの公園や、眺めの良い海も学校から歩いて行ける距離にあります。また、学校の隣には大きなス-パーマーケットやファストフード店があり、いつでも寄ることができるなど、タコマコミュニティーカレッジは最高の立地です。小倉から博多に行く感覚で、タコマからシアトルに遊びに行くこともできます。(小倉‐博多間約73キロ、タコマ‐シアトル間約55キロ)公共交通機関の料金はとても安く、バスで片道3.75ドル(所要時間1時間弱)です。シアトルではショッピングや観光、シアトルマリナーズの野球観戦を思い存分楽しめます。 次に学校について少し紹介したいと思います。タコマコミュニティーカレッジは国際色豊かで、様々な国出身の生徒がいます。アメリカ人はもちろん、中国、韓国、台湾、ベトナム、インドネシアなど各国出身の友達とご飯を食べたり、遊んだりしています。本当に毎日楽しく充実した生活を送っていますが、実りのある半年にできるようこれからの5か月はさらに精進していこうと思います。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ(16期)

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉堀内菜那(2015.3派遣)

皆さん、こんにちは。現在タコマコミュニティカレッジに留学している外国語学部英米学科の堀内菜那です。アメリカに来て、あっという間に約二カ月が経過しました。まだ二カ月という短期間しかタコマに滞在していないので、現時点で分からないことも多々ありますが、簡単にタコマでの留学生活について説明します。  ・タコマ  タコマは、非常に住みやすい街です。自然が豊かなので、公園に遊びに行くと、綺麗な湖や緑、海などを楽しむことができます。その一方で、タコマには大きなショッピングセンターもあるので、週末には友達とショッピングを楽しんだり、ファミリーと公園へ出かけたりしています。現地の人々はとてもフレンドリーで親切な人たちばかりです。                 ・タコマコミュニティカレッジ(TCC)  初めてTCCに来たとき、とにかく広いという印象を受けました。TCCにはたくさんの建物、広場、グラウンド、駐車場などがあり、北九大とは比べ物にならないほど広いです。学校の端から端まで移動するのは、なかなか大変です。また、TCCは日本以外にも韓国、中国、ベトナム、インドネシアなどさまざまな国からの留学生を受け入れているため、現地の人とだけでなく他の国の人とも友達になることができます。 ・学習面  私は現在スプリングクオーターの授業を履修しています。一日に受ける授業の数は二つから三つで、早いときには15時前に全ての授業が終わります。授業に関しては、どの先生も親切で面白い人たちばかりなので楽しく学習することができています。ただ、宿題の量が日本と全く違います。基本的に、平日は最低2時間ほど宿題に時間を費やし、休日にはレポートなどのまとまった宿題に追われます。   ・生活面  私は今までのアメリカでの生活で、特に困ったことはありません。私のホストファミリーはホストマザー1人だけなので、一緒に料理をしたりお出かけをしたりして楽しく過ごしています。自分の部屋にトイレやシャワー、洗面台などがついているので、家にいるときには自分のペースでゆっくりと過ごすことができます。食事に関しては、アメリカは移民大国ということもあり、さまざまな国の料理を食べることができるので、自分が好きなものを必ず見つけることができるので安心して下さい。アジアンマーケットのようなものもいくつかあるので、もちろん日本食も食べられます!      私が現在伝えられることはこのくらいです。この二カ月の間に自分の成長を多く感じることができました。私がタコマコミュニティカレッジを選んだ理由は、私は教職課程を履修しているため、交換留学や私費留学だとどうしても四年で卒業できなくなるのですが、タコマコミュニティカレッジであればそれが可能だからでした。しかし、今ここで生活していて、私の理由以上のものを日々得ているのを実感していますし、自分の視野や夢が大きく広がりました。タコマコミュニティカレッジへの留学を少しでも考えている皆さん、私はこの留学を強くおすすめします。
カテゴリー: News, タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(16期), 新着情報, 留学レポート
{z[