posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】カーディフ大学 安東哲志 (2015年6月)

カーディフ大学での生活も終わりを迎え、寂しいですが、この回が最後の留学レポートとなります。最後ということで、まとめ役が苦手な私ですが、この留学生活を少し振り返りたいと思います。 タコマ留学を経験した上での大学生活でしたが、留学当初はやはり、不安や焦りで頭が一杯でした。休み明けの後半から、何か新しいことに挑戦しようと決め、近くの劇場でボランティアとして働き始め、興味のあるミュージカルや劇を見ることができ、またそこで沢山の人に出会うことができました。この経験を通じて、さらに自信が湧き、もっと何か日本ではできないことをやろうと、残りの3か月間、毎週近場のパブで歌い, このおかげで、色んなミュージシャンやお客さんと知り合うことができ、この留学生活の中でも特別な経験となりました。自信が生まれると共に、不安や焦りもなくなり、留学生活にも満足できるようになりました。 今回が最後ということで、個人的な経験話となりましたが、これから留学を考えている方、留学中の方の参考になればと思います。 日本へのフライトの日を目前に、最後のウェールズ観光をしているところです。実際に訪ね、素晴らしい自然に囲まれたこの地方にまた戻ってきたいと感じさせる、ウェールズの魅力を堪能して帰りたいと思います。
カテゴリー: 2014, 2014秋, カーディフ大学, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学(安東哲志)2015年3月

あっという間に2月も終わってしまいました。英米学科3年の安東です。2月の初めは、第二のフレッシャーズウィークで、サークル勧誘や生徒主催のイベントが再び行われました。ということで今回は大学でのサークルについて少しお話したいと思います。カーディフ大学はサークルの種類が豊富で, ハリウッドダンスクラブ、フェンシングや実弾射撃サークルなどがあります。留学の楽しみのひとつはやはり、日本ではできないことを経験できることです。今月は映画サークルのイベントの一つで、ベルリン国際映画祭に行ってきました。2月初旬のカーディフもかなり寒く感じていましたが、ベルリンは凍える程で雪も少し積もっていました。(結局カーディフに雪はほとんど降りませんでした。) ベルリンまでは飛行機で2時間かからず、日曜の夜に帰ってきて、授業に戻ることが可能でした。イギリスに住んでいる特権です!カーディフ大学はインターナショナルな生徒が多いので、私たち留学生向けの企画が多く、サークル内の旅行以外にも、大学主催でイギリスやフランス等の週末旅行が提供されています。旅行プラン立てが苦手な私のような方はぜひ参加してみてください!今回初めて応募し、3月初めにスコットランドに行く予定です。余談ですが、大学の近くに劇場があり、有名なミュージカルやドラマなどが上演され、映画館よりも安いチケットが買えます。芝居好きはぜひ通ってみてください!!        
カテゴリー: 2014秋, カーディフ大学, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学(井澤優哉) 2015年1月

英米学科2年の井澤です。 今回は12月から1月にかけてのクリスマスホリデーについてお話します。 12月13日から冬休みが始まりました。12月にはクリスマスディナーや、アドベントカレンダー、シークレットサンタなど、日本にはないイベントがたくさんありイギリスの文化を経験することができました。友達とシークレットサンタというプレゼント交換をして、とても楽しかったです。 イギリスはヨーロッパの国々と、とても近いので旅行ができる機会がたくさんあります。12月はドイツ、デンマーク、ノルウェー、フィンランドに行きました。クリスマスマーケットで有名なドイツでは、毎日ワインやソーセージをたべてとても幸せでした。デンマークは初めての北欧で物価の高さにビックリしました。クリスマスはノルウェーの家族と過ごし、予想もしてなかったプレゼントをもらえたり、いっぱい食べたり、家族と遊んだり、とても楽しかったです。そしてフィンランドでは3年ぶりに友達と再会することができました。その友達がフィンランド文化をおしえてくれたり、色々な場所に連れて行ってくれました。この冬休みで北欧の大自然を満喫することができました。   Germany   Denmark  Norway    Finland 年越しはロンドンでカウントダウンをしました。イギリスの年末年始は日本に比べると大きな日ではなく、特別な行事もありません。なので花火をみた後、友達とパブに行き、ワイワイ騒ぎお酒を飲みながら新年を祝いました。  London  カーディフに来てから約4ヶ月が経ちました。英語力に関しては、少しずつ向上していると思いますが、3人以上のネイティブとの会話になると会話の中に入ることができません。4ヶ月を通して、イギリス人の笑いのツボや、話すコツなどに気付いてきました。もっともっと友達と話し、本当に英語が話せるようにがんばっていきたいです。 1月末から2学期が始まるので、残りもがんばりたいです。 Let’s make 2015 our best year:))
カテゴリー: 2014秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学(志波かおり)2014年12月

  はじめまして。カーディフ大学に留学している英米学科2年の志波かおりです。 12月に入りカーディフも本格的に寒くなってきました。毎日コートとマフラーは 欠かせません!今学期の授業もいよいよ終盤を迎えています。あっという間です ね~私は今学期はエッセイ4つでテストがないので、1カ月ちょっと冬休みがあ りますが、テストがある授業をとると、年明けからがテスト週間になります。冬 休みになるとイギリス出身の人はもちろん、ヨーロッパからの学生は実家に帰省 するので、寮に残るのも私ひとりになってしまいます…。せっかくの長い冬休み を利用して私はヨーロッパに旅行します!格安の飛行機やバスを使えばとても安 く旅行ができます。早めに予約しておくことをおすすめします。   さて、今カーディフのシティーセンターではクリスマスマーケットがあっていて、 おいしそうなホットドッグやドーナツなどを売っているかわいい屋台がたくさん 並んでいます。夜はライトアップされているのでとてもきれいです!!また、遊 園地のようなアトラクションやスケートリンクもあります。ぜひ、足を運んでみ てください!  カーディフのクリスマスマーケット  先週末にはブリストルというイングランドにある町に行ってきました。ブリスト ルはカーディフよりも少し大きな町でバスを使えば1時間くらいで行けます。そ こではヴィンテージフェアが開催されていて、1キロ=£15で洋服が買えました♪ とても安いです!ヴィンテージ好きにはたまりませんね~カーディフからロンド ンまではバスで3時間半かかるので、少し疲れますが、ブリストルまでならすぐ に着くのでオススメです!  ブリストルのヴィンテージショップ  また、今週末はお友達の家でクリスマスディナーを頂きました!これぞ、イギリ スのクリスマス!ボリュームがすごいですが、とても美味しかったです。話がい ろいろ飛びましたが、それではみなさんよいクリスマスをお過ごしください!!  クリスマスディナー
カテゴリー: 2014秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学(相澤里咲)2014年11月

 こんにちは、初めて留学レポートを書きます。 他の方のレポートをみるととてもおもしろくて色々ためになるようなことがいっぱいで、私もそんなレポートができるか不安ですが、とりあえず次にカーディフに来る方たちや、留学を考えている人達にとって少しでも役に立つようなものにしたいなと思います。 安東君が前回カーディフの街並みを紹介したみたいなので、今回私は、実際の学生生活、特に授業や課題などについて紹介します。  まず、これはよく言われていることですが、課題は多いです!もちろん人によってとる授業が違うので一概には言えませんが、少なくても私は毎週Readingがあり、そしてEssayの提出があります。正直大変です(笑)毎週なので一つエッセイを提出しても、すぐに次のエッセイがやってきます。いつ終わるんだろうという感じです。ですが実際、自分でもすごく楽しんでると思います! 実は私はカーディフで主に哲学の授業を取っています。もともと興味があったことで、やりたいことがやれているので、課題が大変でもすごく充実している感じです!授業は基本的に、少人数でのディスカッションで意見をまとめたり、またクラス全体での意見の出し合いが毎回あります。ただ授業を聞いているだけではなくて、自分から授業に入っていくことが重要です。そのために、来年留学を考えている人は、今ある授業でも積極的に参加しておくといいかなと私は思います。 また、こっちの大学で学びたいことが決まっていると、留学生活自体、すごく充実するのではないかと思います!色々な人と出会いますが、大体最初の会話では”何を勉強してるの?”、”専攻は?”と聞かれることが多いです。そこから会話も広がっていくと思うので、自分のやりたい科目があるとそういった質問にもはっきり答えられると思います(もちろん今すぐ決めておくとかではなく、こっちでの専攻があると共通の興味から友達もできやすいし、学生生活も楽しくなるのではということです!)。 また、授業中は、メモを取ったり、wordやレコードで授業を記録したりという学生が多く感じます。たぶん、大学に来て勉強する、ということを真剣にとらえている人が多いからではないかと思いました。もちろん、勉強した後は遊びます!!!パブ行って、パーティして、飲む!という感じです。ですが、こちらの学生は遊びと勉強とですごくメリハリがあるのでみんな本当にカーディフでの学生生活を楽しんでいるように感じます!  カーディフは、ロンドンやオックスフォードのように観光地とか都会的な感じとは少し違うかもしれません。人それぞれ好みや合う合わないがあると思いますが、私はカーディフが大好きです!街も景色もきれいで、個人的にはご飯もおいしいと思います。そして周り人々が本当にみんないい人達で、私にはすごくあっていると感じています! 北九大ではイギリスの他にもたくさんの選択肢があって迷ってしまうかもしれませんが、留学先を決める前にたくさん調べて自分に合う大学を見つけてください! 今回は少し真面目な感じにのレポートになってしまったので、次回はもうちょっとわくわくするようなレポートにしたいと思います(笑)!
カテゴリー: 2014秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学 (安東哲志)2014年10月

こんにちは。9月からカーディフ大学に留学中の英米学科3年の安東哲志です。 授業も始まりやっと2週間が経ちました。それまではfresher’s weekといいサークル紹介イベントや事務手続きサポートブースといったものが開かれ、賑やかで楽しいものでした。(ドミノピザの無料スライス提供など付近の店々が無料でサービス!)今回は初回ということで少しカーディフの街並みについて紹介したいと思います。 私の住んでいる寮から歩いて30分くらいにショッピングセンターやマーケットの集う中心地があります。土日になると様々な国や地方のマーケットが開かれたりし、たとえばイタリアのスイーツやパン、一品料理といったものを手に入れることができます。観光名所であるカーディフ城もすぐ側にあり、天気のいい日には城壁の側でのんびりと時間を過ごす人をよく見かけます。10月に入り、雨の降る日が多くなり、太陽の下でくつろぐことも少なくなりましたが、中心地にはいつも人で賑わっています。ロンドンへ観光は電車で2時間、バスで3時間30分ほどかかりますが、格安バス(しかも2階建て)にも関わらず座席の心地よさは中谷号より上です。そんな感じで11月初めに迫るレポートにドキドキしながら楽しんでいます。カーディフ大学はまたの名をパーティー大学とどこかで聞いたことがありましたが、噂通り、耳を澄ますと今もpub帰りの人の歌が聞こえてきます。  
カテゴリー: 2014秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート
{z[