posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 カーディフ大学 仮屋沙季(2016年5月) 

みなさん、こんにちは。 カーディフ大学に留学している文学部比較文化学科の仮屋です。   講義は先月末に終わり、今はテスト期間です。試験がある人は試験が終わった順に夏休みに入ります。私は学期中に試験が二つありました。今月はレポートを一本終え、来月の試験に向けて準備をしているところです。私のフラットメイトは何人か試験を終えたので実家に帰り、少しさびしい気持ちになりました。 私はこちらで卒業論文にも取り組んでおり、スコットランドやロンドンに行って文献を探したり、人に会いに行ったりしました。スコットランドで訪れた場所はアバディーンという所で花崗岩の産地として知られており、灰色の建物が多いのが特徴的です。グラスゴーやエディンバラに次ぐスコットランド第三の都市でもあります。               大学での勉強以外の時間は友人と劇場に行ってミュージカルやオペラをみに行ったりもしました。カーディフにはWales Millennium Centre, New Theatreといった劇場があるので興味がある人はいろいろみるといいと思います。 ちなみにロンドンではシェイクスピア・グローブ座で「A Midsummer Night’s Dream」とVictoria Palaceで「Billy Elliot」をみました。シェイクスピア・グローブ座では立ち見もできます。役者さんを間近でみられますが、ずっと立っているのはつらいかもしれません(笑)           私の留学先ではヨーロッパからだけではなくアジアの地域からもたくさんの学生が学びにきているのでいろいろな国籍の人と出会う機会に恵まれ、様々な価値観にふれることができました。 来月で日本に帰ると思うと、10ヶ月という期間は長いようで意外と短いと感じました。 イギリスに来て初めての寮生活、そして授業やサークル活動などを通じて学びの幅も広がったと思います。 特に交換留学は誰でもいけるわけではないので、チャンスをもらった人は最大限に活かしてほしいです。悩むことも多かったですが、それが私を成長させてくれたのだと思います。最後まで読んで下さってありがとうございます。
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 市村友理 2016年4月

こんにちは、英米学科の市村友理です。今回はイースター休暇について、日本語クラスについて、カーディフ大学に関する情報を書こうと思います。   今回のイースター休暇にはイタリアのローマとフィレンツェを訪れました。イギリス留学の大きな魅力の一つはヨーロッパ諸国に比較的簡単に旅行できることだと思います。パリ、オランダなどへ行く際は夜行バスやヨーロスターを使って安価に行くことも可能です。ヨーロッパは国によって異なる文化、建物、町並み、言語が存在するため、行く国によって全く異なる体験をすることが出来ます。また、美術館が多く歴史や文化を学ぶには最適です。イタリアのローマは特に訪れることをお勧めします。    バチカン美術館     フィレンツェ   また、大学生活に関しては今学期から週に一回日本語クラスの補助ボランティアに参加しています。会話の練習をしたり、授業の補助をしたりするのですが能動的な授業で非常に楽しいです。カーディフ大学には日本語を大学の主専攻(日本語学科)として勉強している方、主専攻とは別にLanguage for allというプログラムを通して勉強している方、夜間に大学が学生以外にも提供している授業を通して勉強している方などたくさんいらっしゃいます。日本語を勉強されている方々に会う機会も多くありますし、もともと日本に興味を持っている方々が多いので友達にもなりやすいです。     カーディフ大学の現代言語学部では翻訳学、メディア、ヨーロッパの文化や歴史、ヨーロッパ言語を選択して学ぶことができるのでそれらの科目に興味のあるかたは特におすすめです。私の受講しているEuropean CinemaではCinemaの細かい部分の研究やヨーロッパ文化との結びつきを学習でき、非常に興味深いです。ヨーロッパに興味の強い方はヨーロッパに関することを多く学ぶことが出来、実際に旅行できるイギリス留学をおすすめします。特にカーディフという町は大きすぎず、小さすぎない規模と物価の安さを考えると住むには最適の町だと思います。     留学生活も残すところわずかとなりましたが、残りの生活を楽しみたいと思います。読んでくださりありがとうございます。       カーディフ大学 Main Building       アフタヌーン・ティー  
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学 仮屋 沙季(2016年3月)

みなさん、こんにちは。 カーディフ大学に留学している仮屋です。   先日は私が所属しているMalaysian Societyの一番大きなイベント、FOD (Festival of Diversity) があり、カーディフのCity Centreにある劇場で劇をしました。劇中にはダンスも含まれており、私はIndian Danceに参加しました。ダンスは他にもChinese Dance, Malay Dance, Broadway Dance, Dikir Baratがあります。Autumn Semesterからキャストやスタッフの人たちとともに一生懸命準備してきました。カーディフ大学にはマレーシアから来ている学生が比較的多く、Malaysian Societyも大きなサークルの一つです。サークル活動を通じて、たくさんの素敵な仲間に出会うことができてとても嬉しく思います。マレーシアの文化にたくさん触れつつ、一つのプロジェクトをみんなで長期間にわたって作り上げるという貴重な経験ができてよかったです。     ↑ Indian Dance       次にイギリスでの留学生活に役に立つ学割のサイトを2つ紹介します。イギリスに留学に行く方はぜひ活用してみてください。   1. NUS extra (1年で£12) http://www.nus.org.uk/ 例えばMegabus, National Expressといった高速バスをよく利用される方はとても役立つのではないかと思います。 電車については、16-25railcard (http://www.16-25railcard.co.uk/) をつくると良いと思います。NUS extraのサイトを通じてつくるとさらにディスカウントされます。 ここでは旅行関係について少し紹介しましたがその他幅広いジャンルのものが学割の対象になっています。   2. UNiDAYS (登録無料) https://www.myunidays.com/ 洋服や靴を中心に取り扱っている学割のサイトです。   私がカーディフ大学で履修している授業の中で一番面白いと思うのはJapanese Historyです。講義はもちろん英語ですが、日本で自分が習った日本史とはまた違った視点で学べて興味深いです。こちらの大学の授業の進め方としては、現代から遡って歴史を見ていっているので、個人的には分かりやすいと思っています。ちなみに今は平安時代についてちょうど学んだところです。この科目は通年で私はとっており、Autumn Semesterはエッセイ、Spring Semesterは試験で評価するというスタイルです。今までエッセイしか書いていないので試験がどういう感じなのかは分かりませんが、エッセイでは、いくつかEssay Questionが与えられてその中から一つ選んで書くという感じでした。   最後まで読んで下さってありがとうございます。日本に帰国することに対しても楽しみですが、残りの留学生活も最後まで楽しんでいこうと思います。
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学 市村友理(2016年2月)

こんにちは、英米学科二年の市村友理です。秋学期、テスト週間が終わり、今は春学期真っ只中です。今回は私のとっている翻訳と英語の授業のこと、イギリスの食べ物などについて紹介します。   イギリスの学部の授業は基本的に50分間レクチャーが週2回という形式で、Discussionを主にしたセミナーも加えて行われます。私の選択している翻訳の授業( Introduction to Translation Theory, Introduction to Translation Methods: Japanese )は話し合いをする場が多く授業を通して友達もできやすいです。日本語翻訳のセミナーは私を加えて2人しかとっていないので、毎回細かい点まで話し合いができます。評価はエッセイや翻訳課題、テストです。   初めの頃は、授業の内容が上手く聞き取れないこともありましたが、学期の終わりにはかなり聞き取れるようになりました。またコミュニケーションもだいぶスムーズに取れるようになったと感じています。   私は学部の授業に加えて追加でとれる英語のプログラムを受けています(1学期分で5000円程度)。Academic WritingやReading Strategiesといった10個程度のプログラムの中で1学期間に2つ選択し取ることが出来ます。生徒の国籍は本当にバラバラで先生はとても気さくで自由に発言できる雰囲気です。なかでもAcademic Writingはエッセイを1対1で見てくれますし、内容も非常に役立ちました。   カーディフの魅力の1つといえば物価の安さだと思います。食べ物や寮の費用などロンドンと比べると非常に安いです。また大学から徒歩10分程度の場所には映画館、劇場、図書館やショッピング街などが集まっているcity centreがあります。   食べ物に関しては、外食するときはイギリス料理というより他国の料理に特化したレストランに食べに行くことが多く、外食すると平均2000円程度かかるのでみんな自炊をします。友達との集まりやサークルの集まりはパブが多いです。イギリスのご飯はまずいとずっと聞いていたので来る前は不安に思っていましたが、個人的には全然問題ないレベルです(個人的にサンドイッチやケーキ系はあまりおいしくないですが、笑)   カーディフ大学はイギリス人以外にも他国から来ている学生がたくさんいます。そのためそれぞれの国が持つ異なる価値観や考え方に触れることができ、教育制度や歴史など幅広いことについてコミュニケーションを通して学ぶことが出来ます。一方で日本について、日本語という言語について今まで知ることのできなかった多くの気付きが生まれました。   写真はクリスマス休暇に10日間かけて回った北欧(デンマーク、ノルウェー、スウェーデン)の様子や週末に訪れたイギリスの町です(^^) 残りの留学生活も残すところ約4か月となりましたが皆さんのお役に立てる情報を少しでも発信できたらと思います。     ノルウェー オーロラ     デンマーク 人魚姫の聖地     スウェーデン 地下鉄     イングランド ウィンザー
カテゴリー: 2015秋, カーディフ大学, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学 仮屋沙季(2016年1月)

みなさん、こんにちは。文学部比較文化学科4年の仮屋です。 あっという間に2016年ですね!   私は、カーディフで大晦日、正月を過ごしました。 こちらでは新年を迎えたら花火が打ち上げられます。ロンドンで新年を迎えようか迷ったのですが、せっかくなのでカーディフで迎えることにしました。       クリスマスからNew Yearあたりの期間はイギリスではいろいろな都市でWinter Wonderland (仮設遊園地のようなもの) があり、こちらも楽しめました。 スケートリンク、観覧車やメリーゴーランド、ちょっとスリルのあるような乗り物等ありました。実際造りがちょっと雑で、乗り物に乗っている間に壊れたらどうしようかと思ったりもしましたが、普通に大丈夫だったのでよかったです(笑)   クリスマス休暇は約一ヶ月あります。私は、BristolやOxfordに行って、友人に会いにいきました。 カーディフとはまた違った雰囲気で興味深かったです。観光も楽しみつつ、久しぶりに会った友人とゆっくり話す機会があり、パワーをたくさんもらいました。クリスマスの時期はいろいろなところでクリスマスマーケットが開かれているので、より楽しめると思います。   【Bristol】                【Oxford】       今は休暇も終わり、試験期間に突入しました。図書館には学生がたくさんいます。 (私は今回エッセイだけで、試験はないのですが) Spring Semesterは今月の最後の週からいよいよ始まります。   最近、カーディフ大学への留学に関心のある複数の後輩たちから連絡をもらい、相談に乗ったりもしました。去年の今頃は自分も出願の準備をしていたと思うと、時が経つのは早いなと感じます。それと同時に残りの約半年の留学生活をより充実したものしたいと思いました。   最後まで読んで下さって、ありがとうございます。 みなさんにとって素敵な年になりますように!  
カテゴリー: 2015秋, カーディフ大学, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 市村友理 (2015年12月)

こんにちは、英米学科2年の市村です。さて、12月にもなり、christmas休暇も始まりました。カーディフはこのようにクリスマス一色です。       今回は授業の紹介としてlanguage for allという言語習得コースについて、これまでの休暇の過ごし方やカーディフ大学の特徴について書こうと思います。   Language for allとはどの学部の学生も自分のレベルに合わせて学びたい言語を取得できるというコースです。私は、中国語のelementaryを履修しているのですが、少人数でどちらかというと参加型の授業なので楽しみながら学習できます。他学部の学生と一緒に学べる事、英語で他の言語を学べる事は非常に魅力的です。   それに加え、language for allで日本語を学習している生徒をサポートするため週1回ずつ個人で会って復習したり、授業の補足をしたりするチューターのような役割もさせてもらいました。私はシンガポール人とイギリス人の日本語を学習している生徒の担当につかせてもらいました。私自身人に何かを教えることが好きなのでとても貴重な体験です。   また、学ぶ言語の中にはウェールズ語も選択肢にあります。カーディフはウェールズの首都なので興味深いことにウェールズ語は、このように寮の張り紙、また看板や標識などどこにでもありふれています。   カーディフ大学の特徴としては、とにかくイベントが多いということです! Student Union主催のクラブイベントはほぼ毎日、day tripはほぼ毎週、また数日間の旅行企画も多くあります。人と出会う機会が多いというのはカーディフ大学の規模の大きさの魅力だと思います。   私は休暇を使ってOxford Brooksにいる友達に会いにOxfordを訪ねたり、フランス人の友達とLondonへ旅行したり、今月はBathとEdinburghへ行きました。イギリスには訪れるべき美しい場所がたくさんあります。   この3か月間は英語を通して日本の文化を伝えること、他の文化に触れることの素晴らしさを体験できとても濃い毎日でした。   皆さん、よいクリスマスとお正月をお過ごしください。 読んでくださりありがとうございます(#^^#)     London ( Oxford Street )       Edinburgh (Calton Hill)       Christmas dinner  
カテゴリー: 2015秋, カーディフ大学, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学 仮屋沙季(2015年11月分)

みなさんこんにちは。こちらに来てからあっという間に2ヶ月が過ぎ、だんだん寒くなってきました。カーディフでの生活にもだいぶ慣れてきたと思います。 今回は授業やサークル、その他activityについて少し紹介したいと思います。   まずは授業についてですが、カーディフ大学に交換留学をする際は自分の学部(Business schoolもしくはModern language)から最低3分の2、他学部から最大3分の1、授業が取れるという仕組みになっています。カーディフに興味がある人は、それぞれの学部でどんな授業が取れるのかをまず調べてみるといいのかもしれません。 私はこちらに来てからフランス語を学び始めました。日本語ではなく英語で言語を学ぶというのはまた違った感じで面白いと思います。授業についていくのは大変ですが、フランス人の友達に授業で分からなかったところを質問したりして頑張っています。   また、学部の授業とは別に’In-Sessional Programme’ といってinternational student用の授業も受けています。そのプログラムでは私はAcademic Writingを受講しています。他にもListening & Note-taking, Pronunciation Skills, Reading Strategies, Seminar Skills等もあるので、留学生活において役に立つのではないかと思います。   次にサークルについてですが、以前レポートに書いた通り種類が豊富なので、私はどのサークルに入るかすぐには決められなかったです。なので、Taster Sessionに参加して決めました。Taster Sessionというのは体験入部のようなもので、それぞれのサークルの雰囲気などを知ることができます。ちなみに私は4つのサークルに入りました。先日は自分が所属しているOperatic Societyのコンサートがありました。オペラのサークルは音楽を専攻している学生が多く、イギリス人がほとんどですがみんなとても親切です。初めてのコンサートは少し緊張しましたがとても楽しめました。   最後に大学が運営しているactivityについて少し紹介して締めくくりたいと思います。私は最近、’Brecon Beacons Waterfalls Walk’というハイキングのイベントに参加しました。自然に囲まれ、とてもリフレッシュできたのでよかったです。他にもFilm nightといって学生のみんなで映画を見て楽しむものやday tripもあります。今度あるday tripはBathのChristmas Marketを体験するというイベントで、とても面白そうです。   写真はBrecon Beaconsに行った時に撮ったもの、週末にロンドンに行った時の写真です。  
カテゴリー: 2015秋, カーディフ大学, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学 市村友理(2015年10月)

こんにちは。英米学科2年の市村友理です。 私は今年からビジネススクールに加え新しく提携されたカーディフ大学の現代言語学部に所属しており主に翻訳を学習しています。 今回は初めてのレポートなので全体的なカーディフ大学での生活を簡単に紹介しようと思います。   私の寮は個人の部屋はありますが4人のフラットメイトとキッチンを共有するスタイルです。   フラットメイトはイギリス人、ケニア人、ギリシャ人、マレーシア人です。英語が母国語という人が多いので英語が早すぎて聞き取れないこともありますが、みんな親切で話しやすいので居心地がいいです。   Modern Languageにはアジアの学生はほぼいません。ヨーロッパ諸国(フランス、イタリア、ドイツなど)から留学しに来た学生がほとんどです。いろんな国の人と友達になれてとても楽しいです!またヨーロッパ諸国から来た学生はネイティブなんじゃないかと思うほど英語を流腸に話します(笑) 私はJapanese society、Photograph society、Anime society、Table Tennis Clubに所属しています。カーディフ大学には200のサークルと50の部活があり、イベントを通して思い出せないほど多くの人と出会えました!中にはPoker SocietyやHarry Potter Societyなど独特のサークルもあり、Society Fairはとても興味深かったです。 私自身海外に行くのが今回初めてだったので、出発前は不安でいっぱいでしたが、カーディフでの生活はとても新鮮で人々はとても温かく充実しています。1ヶ月の留学生活を通して、自分から積極的に人と関わったり英語を使う機会を増やしたりすることが大切だと感じました。次回のレポートではより細かいことを書こうと思います。読んでくださってありがとうございます(^^)   カーディフ大学内の公園   National Museum Cardiff付近   Cardiff Bay     City Centre
カテゴリー: 2015秋, カーディフ大学, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学 仮屋沙季 (2015年9月)

みなさんこんにちは。文学部比較文化学科4年の仮屋です。私はカーディフ大学ではModern Languageに所属しています。Modern languageは今年から選択肢に加わり、Business schoolかModern languageのどちらに所属するか決めるという形になりました。こちらに来てもうすぐ二週間ですが、みなさんにとって役に立つ情報を発信できればと思います。   私はカーディフに行くとき、’Coach collection service’ を利用しました。Coachというのは長距離バスのことを指すのですが、これはカーディフ大学のスタッフが空港に迎えに来て大学までバスで送ってくれるサービスです。ちなみに今年は9月16日と17日でした。私はイギリスに来たのが初めてで不安もありましたが、このサービスがあってとても安心しました。これを通じて友達もできたのでとても心強かったです。なので、飛行機を取る際はCoach collectionに合わせてとるといいのかもしれません。   最近はFreshers’ Weekといって、Societies / Sports Fayre(サークル紹介)、キャンパスツアーやバスツアー、その他イベントが行われました。サークル紹介ではそれぞれブースがあり、興味のあるサークルを見てまわりました。サークルの種類はとても豊富なので、新しいことに挑戦するよい機会になると思いました。会場は人が多くてまわるのが大変でした(笑) また、自分が所属している学部のInduction / Welcome EventでModern languageを専攻している学生にたくさん出会い、「どこ出身?」「何の授業をとるの?」といったことを話したりして仲良くなりました。   授業も今週から始まりましたが、この交換留学を通じていろいろなことを学んでいきたいと思います。写真は大学のMain buildingの一部、私の寮、寮から大学までの道のりです。    
カテゴリー: 2015秋, カーディフ大学, 留学レポート
{z[