posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 カーディフ大学 桑原加奈子 2017年4月

こんにちは。桑原です。カーディフはすっかり春らしくなってきました。出国前は、冬は日本より冷え込むだろうと身構えていましたが、実際は日本より少し暖かかったと感じます。二月の中旬からカーディフの国花である水仙の花がちらほら咲き始めていましたが、今は桜も満開です。 3月は、St David’s Dayがありました。イギリスはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの四つの国で構成されています。それぞれの国に守護聖人がおり、聖デイヴィッドはウェールズの守護聖人です。3月1日は聖デイヴィッドの記念日で、St David’s Dayとして盛大にお祝いします。私も、日本語のチューターをしている中国人の学生と一緒にパレードに参加してまいりました。上記の通り、ウェールズの国花は水仙ですので、ウェールズ対イングランドのラグビーの試合の時の様にウェールズ人が一致団結するときに水仙の被り物やカチューシャを身に着けている人や、またウェールズシンボルで国旗にも描かれている赤いドラゴンのフェイスペイントをしている人を良く見かけます。St David’s Dayは、水仙の被り物等以外にも更に伝統的なウェールズの衣装に身を包んだ人もたくさんおり、かなりいの盛り上がりを見せていました。 また、月末にアイルランドでワーキングホリデーをしている友人が訪れてきてくれたので、カーディフとグロスターの観光をしました。(グロスターはあのチーズ転がし祭りで有名な所です。)カーディフでは、主にカーディフ城の観光をしました。私はカーディフ城の年間パスポートを持っているので今まで何度もカーディフ城を訪れており、カーディフ城の知識が少々あるので、友人に少し部屋や要塞の説明をすることができたのは我ながら嬉しかったです。グロスターでは、ハリーポッターと賢者の石のワンシーンが撮影されたグロスター大聖堂、ビアトリクスポターのピーターラビットの「グロスターの仕立て屋」、またその他遺跡や街の探検をしました。グロスター大聖堂は細かいデザインやステンドガラスが本当に美しく、大聖堂や遺跡が好きな私としては旅の一番の思い出になりました。また、グロスターの仕立て屋がある小さな通りは、通りに入った瞬間思わず息をのむほど可愛らしい通りでした。グロスターの仕立て屋の中は、これまた可愛らしい空間でした。一階は売店、二回は展示場となっているので、ピーターラビットが好きな方には是非お勧めしたいところです。 ここが、ハリーとロンがトロールに追いかけられたあの廊下です。 あと一週間ほどで一か月のイースター休暇が始まり、休暇明けには試験やエッセイの締め切りが待っています。楽しむときはしっかり楽しんで。有意義な時間を過ごしたいと思います。
カテゴリー: 2016秋

【留学レポート】 カーディフ大学 藩 華蓮 2017年2月

こんにちは。藩 華蓮です。12月上旬からの長いChristmas holidayもおわり、Spring semesterが始まりました。今回の留学レポートでは、Christmas holidayと大学の図書館について書きたいと思います。Christmas holidayはとても長く、1か月以上あったので、海外旅行に行きました。 わたしは、ミュンヘン、アムステルダム、コペンハーゲン、アイスランドに行きました。初めての一人旅行が海外だったので、とても不安でしたが、どの国でも英語が通じ、多くの人が助けてくれました。ドイツの駅では、正しい電車に乗っているかわからず、スタッフに尋ねるとドイツ語で説明されました。私はドイツ語を勉強していないので全くわかりませんでしたが、それでもジェスチャーなどを使って親切に助けてくれました。他にも、デンマークの駅では、おばあちゃんがハグをしてきて、スリの被害にあいかけましたが、持ち物の管理には気を付けていたので大丈夫でした。問題もたくさんあった旅行でしたが、少し成長できた旅行になったと思います。イギリスに留学すると、ヨーロッパ中を簡単に、安く旅行することができるので、イギリスやヨーロッパの国を訪れる際には、近くの国も見てみると面白いと思います。 年越しは、ロンドンの花火を見に行きました。チケットは発売後すぐに売り切れてしまうので、チケット発売の瞬間はとても緊張しました。私は、Oxford Brookesから北九州市立大学に留学していたイギリス人の友だちと、Oxford Brookes大学に留学中の先輩と一緒に行きました。現在日本に留学中の学生や、これから留学する日本人学生と仲良くなっておくことも、留学生活をより楽しいものにするきっかけになると思います。 次に、大学の図書館について紹介します。Cardiff Universityには16の図書館がありますが、私は主にArts and Social Studies Libraryを使っています。24時間利用可能なので、時間を気にせず立ち寄ることができます。また、飲食の制限等も特にないようなので、ランチなどを食べながら勉強している人もたくさんいます。本の貸出期間は、基本的に1-2週間ですが、その期間を過ぎても、次に借りたい人が予約をしていなければ自動的に貸出期間が延長されます。すべてオンラインで確認でき、返却日が近づくとメールで知らせてくれるので、とても便利です。また、エッセイの書き方や、エッセイに適した本の探し方のチュートリアルなど、サポートも充実しています。ただ、気を付けなければならないのは、クリスマス休暇中には、図書館も閉まってしまうということです。日本と比べ、ヨーロッパは対応が柔軟なのでとても助かります。その反面、日本と異なり、エラー等も多く、ほとんどが自己責任なので、早めに行動することが重要だと感じています。 イギリスやヨーロッパの国々で生活してみると、それぞれの国の違いを発見することができ、とても面白いと思います。留学だけでなく、インターンや語学研修など、機会はたくさんあるので、ぜひチャレンジしてみてください。 London New Year’s Eveの写真です。年越しまで4時間以上外で待たないといけなかったので、とても大変でした。 ミュンヘンのクリスマスマーケットでは、オーナメントなどを売っているお店がずらりと並んでいました。 人気の観光地も、早朝に訪れると人が少なく、自由に写真を撮ったり、見て回ることができました。 コペンハーゲンのクリスマスマーケットでは、さすが北欧、ミュンヘンのクリスマスマーケットとは異なり、毛皮がたくさん売られていました。 アイスランドの首都であるレイキャビクはとても小さく、アートで埋め尽くされたかわいい町でしたが、写真からもわかるように、一度市外にでると、360°大自然でした。
カテゴリー: 2016秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 桑原加奈子 2017年1月

あけましておめでとうございます。桑原です。  カーディフ城で行われた新年の花火です。 時の流れは早いもので、日本を発ってから約三ヶ月半、イギリスで新年を迎えることになりました。2016年は留学に関すること、そうでないこと、全て含めて実に濃い一年でしたが、どんな時でも支えてくれた友人に感謝しつつ今年も邁進してまいります。 今月の留学レポートは、大学の寮、そして前期に履修した授業について書きます。 まずは寮についての説明です。私は、Talybont Southという比較的人気のある(らしい)寮に住んでいます。大学までは徒歩約15〜20分、シティーセンターまでは約30分です。Talybont Southのエリアの中に沢山ハウスがあり、各ハウスの中でもフロア毎に2つのフラットに仕切られています。私のフラットには、イギリス人がおらず、ギリシャ人、アイルランド人、中国人、マレーシア人、インド人、そして日本人の私が住んでいます。寮によっては風呂トイレも共有のところもありますが、Talybont Southではキッチンのみが共有です。多国籍なフラットなので、キッチンでたまにギリシャ料理や中華料理、インドのお菓子などをおすそ分けしてもらえます。個人の部屋は、たまにトイレの水の流れが悪い時がありますが(フラットメイトの1人はシャワーから水しか出ないと言っていました。もう修理済みかもしれませんが)それ以外は特に不便もなく生活できています。季節が季節ですのでヒーターを使うこともあるのですが、こちらで使われているヒーターは日本で見たことがないもので、初めは使い方がわかりませんでした。また、所謂クーラーに相当するものはなく、イギリス人の知人曰くイギリスは夏クーラーが必要なほど暑くならないからだそうです。色々と書きましたが、私のフラットは、プライバシーが程よく確保された、1人の時間も大切にしたい私にとっては過ごしやすいフラットです。 次に、前期に履修した授業について説明します。私が前期に履修していたのは、At the Roots of European Cultures, Introduction to Translation Method, Contemporary Japanese Society, Specialised Language Programme, Introduction to Modern British Politicsですが、前期に履修した授業の中で特に思い出深いのが、At the Roots of European Culturesです。この授業は中世のヨーロッパ諸国についての授業なのですが、すでにある程度の知識のあるヨーロッパ圏の学生に比べ、授業の内容は私にとってはほぼ全く新しいことばかりでした。また、「留学に行けば山ほど課題が出る」と戦々恐々とイギリスへと赴いたのですが、カーディフ大学のModern Languageでは課題が少ない授業が多く、出欠は授業に出ているかの確認のために取られますが成績に反映されることはありません。ですので、テスト一発やエッセイ一本で成績が決まることが多いのですが、At the Roots of European Culturesもエッセイ一本で成績が付けられるので、エッセイを書いていた11月中旬から12月初めまではまさに修羅場でした。なぜ中世のイスラム諸国の医学はヨーロッパのそれよりも進化していたのか、文献を漁り、時に自分の英語に失望しつつ、エッセイを提出した後に待っているクリスマス休暇を楽しみにしながらなんとか書き上げました。前回の留学レポートで山口さんがビジネススクールについて書いてくださいましたが、この「課題の量の違い」は、Mlangとビジネススクールの大きな違いの1つだと思います(Mlangにも定期的に課題が出る授業もありますが)。 また、Introduction to Modern British Politicsという授業も興味深い授業でした。授業前の予習は欠かせませんでしたが、何よりヨーロッパ圏の学生たちはイギリスの政治情勢に精通していると感じました。私もこれではいけないと思い、またイギリスにいるのだからイギリスについてもっと学びたいと感じたので、楽しんで受講することができました。 あっという間に三ヶ月半経ってしまいましたが、休暇明けからまた気合いを入れ直して今年も頑張っていこうと思います。 最後に、12月31日に行ったGlastonburyの写真を載せておきます。素晴らしい所でしたので、皆さんも機会があれば是非訪れてみてください。それでは、今年もよろしくお願いいたします。
カテゴリー: 2016秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 山口修人 2016年12月

こんにちは。カーディフ大学に留学している外国語学部3年の山口修人です。12月の留学レポートを担当させていただきます。最近いきなり寒くなってきて、噂には聞いていたけどイギリスの冬は厳しそうだなと感じています。書くべきことはたくさんありますが、今回は今まであまり情報を得られていなかったビジネススクールのことについて書きたいと思います。カーディフ大学での留学は現在2つの学部の選択肢があり、桑原さんと藩さんが現代言語学部、私はビジネススクールで勉強しています。 カーディフ大学のビジネススクールは世界的にいい評価を受けているだけあって設備がすごいと感じました。授業のほとんどが1コマ110分(10分ほどの休憩含む)で前期後期続けて受講するものが多く、私は現在6つの授業を受けています。結論から言うととても難しいです。個人的に専攻がそもそも違うのはもちろん、現地学生と現地学生のレベルで学ぶということは得られるものが多い一方で、とても大変です。予習復習を毎回しっかりしてやっとついていけるレベルだと思います。授業のほとんどが秋・春学期の2回(エッセイやテスト)で評価する形で、個人的に今学期の少し生活に慣れてきたあたりから少し怠けてしまった部分があったので、11月提出の4つのエッセイにはかなり苦労しました。ただ留学中はもちろん、留学前からしっかりやることをやればここで得られるものは多く、またイギリスだけでなくたくさんの国から学生が学びに来ているのでとてもいい刺激になります。次のレポートでは主に勉強以外のことに触れたいと思います。最後まで読んでくださった方ありがとうございました。 写真はビジネススクールが持つ3つの建物の1つ(Postgraduate Teaching Centre)です。
カテゴリー: 2016秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 藩華蓮 2016年11月

こんにちは。外国語学部英米学科2年の藩 華蓮です。現在は、イギリスのカーディフ大学に在籍しています。今回は、留学を目指している方へのアドバイスを含め、カーディフでの生活について紹介します。  カーディフでは、大学の寮で生活しています。私のflatには、私のほかに5人のflatmateがいます。私のflatmateは、私以外全員イギリス人で、Englandの様々な地域からきているので、アクセントの違いなどを見つけることができ、とても面白いです。実は、私は交換留学に応募するにあたり、最後までOxford Brookes大学と迷っていました。迷っていた理由の一つがWalesのアクセントでした。Walesのアクセントを聞き取ることができるか、また、日本でいう”標準語”を話せるようになったほうがいいのではないかなど、とても悩んでいました。しかし、実際にカーディフで生活してみると、Wales出身の人ばかりではありません。私のflatmateも全員England出身で、みんな異なるアクセントを持っています。カーディフに着いて数日後に初めてレストランでWelsh Englishを耳にしました。Welsh Englishは歌のようで、私たちが普段耳にする英語とは異なり、違いを比較してみると、とても面白いと思いました。Walesでは標識やメールなど、すべて英語とウェールズ語の表記があります。英語圏の国であるにもかかわらず、2つの言語が利用されているというのは、とても興味深く、今では英語とウェールズ語を見比べ、どの単語がどの単語なのかなど考えだしたら止まらないほど、ウェールズ語に興味を持つようになりました。ちなみに、最初に英語、その次にウェールズ語という順番での表記が多いのですが、National Museumなどに行くと、ウェールズ語のほうが先に表示されているのを見つけることができます。イギリス英語とアメリカ英語、オーストラリア英語の違いだけでなく、イギリス英語の中でも、より深く方言などについて知りたいという人には、Cardiffはとてもおすすめの場所です。   私はflatmateに恵まれ、毎日楽しい日々を送っています。私にイギリスの文化を知ってもらいたいとfish & chipsのお店に連れて行ってくれたり、お酒を飲まない私のために水をショットグラスで頼んでくれたり、寂しくならないようにと’JAPAN’と書かれたポスターを買ってきて私の部屋に飾ってくれたり、とても親切にしてくれます。先日、私が夜に迷子になってしまった時には、みんなが車で迎えに来てくれました。パジャマで駆けつけてくれたのを見ると、ただでさえ申し訳なかったのですが、flatに戻るとキッチンには食べかけのごはんが並んでおり、さらに申し訳なくなりました。先日も、出会って1ヶ月を祝うためにみんなでクラブに出かけました。既に家族のような存在です。   カーディフの人は皆とても優しく、’Thank you.’ と ’Sorry.’ をよく言い合い、日本人以上に丁寧であると感じることも多いです。カーディフに来てまだそれほど時間が経っていないはずなのに、既に家にいるかのように感じるとflatmateとも話していました。イギリス人にとっても、カーディフは住みやすい場所のようです。スーパーマーケットやショッピングモールには、ハロウィン前からクリスマスコーナーが設けられていました。スーパーマーケットなど身近なところでも日本との違いを見つけられるのは、とても興味深いことだと思います。    最後に、2017年の秋派遣に応募する方は、12月のIELTSが募集期間前に結果を受け取ることができる最後のチャンスだと思うので、ぜひ受験することをお勧めします。私も先輩方にたくさん質問して留学の準備をしたので、わからないことや、知りたいことがあれば、いつでも相談してください。
カテゴリー: 2016秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 桑原 加奈子 2016年10月

 皆さんこんにちは、はじめまして。北九州市立大学外国語学部英米学科3年の桑原加奈子です。現在イギリスはウェールズのカーディフ大学にて留学しています。  9月14日にヒースロー空港に到着してから二週間、授業もそろそろ本格的に始まろうというところですが、カーディフに到着してからしばらくは全く新しい土地で右も左も分からず、さらに生まれ持った方向音痴も合い重なり一人では家に帰れないという状態が続きましたが、最近はなんとか道やお店の場所も覚え、ようやくここでの生活に慣れてきました。たった二週間、されど二週間、スタートの二週間は新しい出会いや体験、そしていつまでも終わらない手続きなど、なかなか濃いものでした。   まずは、カーディフの街について書きたいと思います。私のカーディフに対する今のところの印象は、「緑が多く安全で程よく都会な住みやすい街」です。カーディフにはBute ParkやRoath Parkなど、自然豊かな大きい公園があります。公園にはリスが沢山おり、また、放し飼いで犬の散歩をしている人も本当に多く見かけます。散歩をするのもよし、木陰でベンチに座ってリスが何かをかじっているのを眺めるのも良し、かなりリラックスできる空間です。          カーディフに到着したその日に行ったRoath Park。川の向こうに見える風景を見て、「イギリスに来たんやなあ」と思いました。          Roath Parkには様々な種類の鳥がいます(白鳥も!)。人間を見ると餌をもらえると思って追いかけてくるので怖いです。            Bute Park内にある川です。放し飼いの犬がたくさん川で遊んでいました。 また、カーディフの中心街も近く、何度か買い物や散策に出かけました。   このメリーゴーランド、一度は乗ってみたいのですがなにしろ小さい子供しか乗っていないので20歳の大人は乗れません。残念。 まだまだ紹介したいことは沢山ありますが、長くなりそうなので残りは来月のレポート担当者に委ねることにします。 次は、簡単に大学の紹介をしたいと思います。私はカーディフ大学ではModern Language(以下MLANG)を専攻しています。しかし、授業はMLANGのビルディング以外に、メインビルディングや他のビルディングで行われることもあります。授業は他国からの留学生と受けるものも多く、多国籍の授業となっています。どの授業も活発な雰囲気で、参加することが楽しいので、授業そのものも楽しむことができると感じます。 また、学内には数々のカフェやパブがあります。   写真は、Students Union内にあるパブThe Taffです。よくここでお昼ご飯を食べます。値段もお手頃で、学生にはありがたい存在です。 カーディフでのこれまでの二週間をざっと振り返ってみるとこんな感じです。しかし、何もかもまだまだ始まったばかりですので、これからも多くの出会い、困難等様々なことが待っているだろうと思います。私は現在20歳ですが、20年間の中で一番頑張るときだと思っています。  長々と拙い文章で書いてしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。
カテゴリー: 2016秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート
{z[