posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 2014.4.7

こんにちは。オックスフォードでは、3月の中旬ごろからたくさんの桜が咲き始めました。今回は、オックスフォードにある三つの有名な博物館を紹介します。 オックスフォードは町全体にオックスフォード大学のキャンパスや図書館が点在しているのが特徴ですが、そんな土地柄なのか、とても大きな博物館があります。そのうちの一つがThe Ashmolean Museumです。17世紀に創設されたこの博物館は大学によって運営される博物館の中では世界一のコレクションを所有しているそうです。展示品はエジプトのミイラ、アジアの工芸品、アンティーク食器・時計、絵画、古いバイオリン、古代の硬貨など、挙げればきりがないほどさまざまなものが展示されていて、オックスフォード版大英博物館のようです。三つの博物館の中では、一番モダンで美術館のようでもありました。 二つ目は、自然科学をテーマにしたOxford University Museum of Natural Historyです。恐竜や動物、類人猿の化石を中心に、海の生物のホルマリン漬け、鮮やかな鉱石が展示してあり、わくわくしてしまうこと間違いなしです。そして建物も個性的でした。入り口を入るとだだっ広い部屋がひとつだけで、天井全体はガラス張りになっていてとても明るく、開放的なところが特徴的です。その博物館に扉ひとつで隣接しているのが、Pitt Rivers Museumです。ここは変わった博物館で、様々なジャンル、時代の展示品が一緒くたに寄せ集められています。広い部屋に、文字通り所狭しと、本当に人ひとり通れるぐらいのスペースだけ残して小さなショーケースが数えきれないほど並んでいて、日本の能面、見せしめに会った敵方の頭蓋骨の飾り物、狩猟の角笛、古い船の模型、纏足のスケッチと靴、アフリカの各民族の装飾品、銃や縦、槍、など、なんでも展示してあります。隣接している前者の博物館とは打って変わって部屋は薄暗く、見たこともない不気味なものがざっくざく、雰囲気満点で、何回でも通いたくなる面白いところでした。 これらの博物館はすべて無料なので、気兼ねなく入れます。また、熱中して一生懸命見て回ると目まいがしてくるので、カフェで甘いものを補給してくださいね!  The Ashmorean Museum  Oxford University Museum of Natural History  Pitt Rivers Museum
カテゴリー: 2013秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 2013.3.4

こんにちは、佐藤です。オックスフォードはあちらこちらに小さな花が咲きだして、春らしくなってきました。今回は、日本文化を紹介しに近隣のレディング大学に訪問した体験を紹介します。 二月の後半に、縁あってレディング大学のJapanese Society(大学のサークルのです。)に日本文化を紹介してほしいというお願いを受け、私たち北九大生5人でおりがみをテーマに、プレゼンテーションと交流を行いに訪問しました。日程がひな祭りに近かったので、折り紙とひな祭りの歴史を紹介し、鶴とひな人形を一緒に折りました。その後はサプライズプレゼントとして用意していた千羽鶴を渡し、「上を向いて歩こう」の曲を歌って贈りました。プレゼンテーションの後は、私たちをレディング大学に招いてくださったマレーシア人の方々にフラットに招待していただき、おいしいマレーシア料理をいただきました。(^^)ホスピタリティーとフレンドリーさにとっても感激しました! 限られた時間の中でできる限りの日本文化の紹介をし、また生徒の皆さんと会話を交わしたことはとても貴重な経験となりました。この一連の出来事の始まりは、私たちのうちの一人が偶然レディング大学の学生とブルックスの図書館で知り合い、フェイスブック上で友達になったことからだったので、どこで何がきっかけになるかわからないなぁ、と改めて感じています。残りのイギリス生活もあと2か月ちょっと、と短くなってきていますが、これからも新しい出会いに期待したいと思います。   
カテゴリー: 2013秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 2014.2.10更新

こんにちは。みなさん、2014年の幕開けはどのようにすごされましたか?今回は、年始と新学期についてお話ししたいと思います。  私の年越しは、毎年家族で祖母の家で過ごすというのが定番なのですが、今年は大人数でロンドンのカウントダウンに参加しました。人生でこれ以上の人ごみにもまれることはもうないだろうな、という驚愕の混み具合でしたが、新年が開けた瞬間の盛大な花火で最高に盛り上がることができたので、いい思い出となりました。来年参加されたい方は、防寒具と雨具とお酒をお忘れなく!^^  約二カ月の冬休みが終わり、1月の下旬から五月の上旬までの二学期が始まりました。北九大とは全く違う区切り方なので、すこし不思議な感じがします。私は、先学期の留学生対象の語学コースを終え、晴れて今学期からイギリス人の生徒と一緒に学部の授業に参加することになりました。選んだ授業はUnderstanding Culture, Introduction to Ethics, Museum and Society とHigher Academic Englishの四つです。このほかにも経済学、法学などはもちろん、ホスピタリティや心理学、人類学など多様な選択肢から選ぶことができますよ。ここでひとつだけアドバイスがあります。ネイティブの学生も大変と感じる授業についていくのは決して楽ではありません。ですので、日本で予備知識を蓄えておくことをお勧めします。私は当初、詩の授業を選択していたのですが、基礎知識がなく難しすぎたので断念してしまいました。^^;ちなみに、こちらで習得した単位を北九大のものに変換できる制度もあります。気になる方は国際交流センターに尋ねてみてください。♪   (写真は年明けのテムズ川沿いからの花火と、旅行で訪れた湖水地方にあるグラスミアという村の風景です)
カテゴリー: 2013秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス           大学      2014.1.6更新

こんにちは。寒さが本格的になってきましたが、オックスフォードはよく晴れる日が多い印象です。イギリスは雨が多いというイメージがいりますが、友達に聞いてみると、オックスフォードはロンドンよりも断然天気がいい、とのことでした。 今回は、私の冬休みについてお話しします。ホリデーは12月の中旬から1月の下旬までで、だいたい留学生以外のすべての生徒は自分の実家で過ごします。フラットはすっからかんで、寂しい気持ちと好き放題に生活できるという嬉しさの半々です。 ホリデーが始まってすぐ、私は日本人の友達とドイツ旅行に行ってきました。格安な交通機関がたくさんあるので、お金はあまりかかりません。特に、帰りはケルンからロンドンまで夜行バスを使ったので、15ポンド(三千円以下くらい)しかかかりませんでした。ラッキー! クリスマスイブとクリスマスは、同じくフラットに残っている日本人たちとたくさんの料理とお酒を買い込んで楽しみました。クリスマスの当日は、交通機関もお店もほぼストップするので、外には出られないのです。笑イギリス人の友達は、クリスマスは家族水入らずで過ごすもので、昼の3時ごろからゆっくり夕食をとると言っていました。ちなみにクリスマスの翌日、26日はBoxing dayといい、大セールが行われます。私はロンドンに行きましたが、人が多すぎてくじけました。。お買い物好きな方は、ぜひこの日のセールに行ってみてください!^^   写真はケルン大聖堂と、ミュンヘンのクリスマスマーケットの様子です。
カテゴリー: 2013秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 2013.11.28更新

こんにちは。オックスフォードは5時になると外が完全に暗くなるまで日が短くなりました。今月は、11月にあった二つのお祭りと、一つの記念日について紹介します。 一つ目は1週目にあったBonfire Nightです。これは‘たき火’を意味し、17世紀に企てられた国会議事堂爆破事件が未遂に終わったことを祝う祭りのようです。オックスフォードでは、大きな公園で盛大な花火と迫力のある大きなたき火が上げられ、多くの人で賑わいました。寒い中の花火は少し不思議な感覚でした。 二つ目は、3週目のChristmas Light Festivalです。その名の通り、一足も二足も早くクリスマスの雰囲気たっぷりのお祭りが開かれ、子供たちが人や動物、星の形をした手造りのランタンのようなものを持って、音楽隊の演奏に合わせて町中を行進しいていました。街全体はとってもロマンチックで、私はホットワインで温まりました。^^ 記念日は、Remembrance Dayといい、2週目にありました。これは二つの世界大戦の戦没者を記念する日で、その日を迎えるまでたくさんの人々が(学生も!)胸に赤いポピーの花のブローチを付けていました。これは、あるひどい戦場の墓場の周りにたくさんのポピーが咲いたという言い伝えから来ているそうです。幅広い世代の人々がポピーを付けている姿を見るのは、どこか感慨深かったです。 (Christmas Light Festival とBonfire Nightのクライマックスのたき火の写真です。)
カテゴリー: 2013秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報

【留学レポート】オックスフォードブルックス大学

はじめまして。比較文化学科の三年生、佐藤由佳です。私はイギリスのオックスフォードブルックス大学に留学しています。9月の中旬にロンドンへ飛び、そこからオックスフォードのキャンパスに着いた時の第一印象はとにかく「寒い!!」でした(笑)。そして、薄く霧がかかった中に広がる緑の芝生と、大きな木がとても印象的だったことを覚えています。キャンパスはモダンなデザインで、目の前の大通りにはバス通りに面しています。また、キャンパスからほど近いCowley Roadはスーパー、パブ、レストラン、輸入食品のショップなどのたくさんの店でにぎわっています。 私はイギリス人の一年生と一緒にフラットという学生寮に住んでいます。フラットは、ブロックごとにキャンパス周辺に点在し、まるで学生だけの楽園のような場所です。ここの学生たちは大人数で集まってパーティを開いたり、みんなでパブやクラブに行くことが大好きなので、毎晩どこかから賑やかな騒ぎ声が聞こえてきます。 キャンパスからバスで10分ほどのシティーセンターという街の中心部は、これぞオックスフォード!!といった魅力的な場所です。どの建物も古くから残っているもので、その一階を改装して都会的なお店が入っている、というイメージで、多くのストリートパフォーマーも街を盛り上げています。そして、その中でひときわ威厳を放つオックスフォード大学のキャンパスもあちこちにたたずんでいます。 このように、オックスフォードは自然と近代的な要素、伝統が融合しているように思います。というのも、「外国人」だからこそ、特にそのように映るのかもしれません。 (写真はブルックス大学の周辺の風景と、シティーセンターにあるオックスフォード大学のキャンパスです。)
カテゴリー: 2013秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー