posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 オックスフォードブルックス大学 野﨑真理子(2016年5月) 

こんにちは。イギリスのオックスフォード・ブルックス大学に留学中の国際関係学科四年、野﨑真理子です。 五月の半ばに最後の試験を終え、現在は荷造りや友人への別れの挨拶をするなどして残り少ない日々を過ごしています。 荷物は少ないほうだと思っていたのですが、留学期間中思っていたよりも物が増えていたようです。大掃除と、荷物詰めに少し悩まされています。これから留学される方には早いアドバイスですが、帰国準備も計画的にしていたほうが良いかもと、自戒を込めて報告させていただきます。友人との別れの挨拶に時間をかけたいですね。   学期末試験のことについて少し書こうと思います。今学期私は四つの講義を受講していたのですが、その内二つが試験有りのもので、残りの二つはエッセイやレポートの出来具合で評価されるものでした。 イギリスに来て初めて期末試験を受けることになったのですが、二つの試験とも五つある質問の中からどれか一つを選び解答(論述)するというものでした。解答時間はどちらも一時間で、ノート類の持ち込みは不可です。講義によっては試験時間が二時間、三時間のものもあります。講義の初回の内に、試験の詳細について確認しておきたいですね。 試験会場は普段講義を受けている教室とは違う、ジムやスポーツセンターといった場所だったのですが、行ってみると机と椅子が並べられていて、自分の名前が印字された受験票がある席で試験を受けるという形式でした。普段の教室とは違う、行ったこともないキャンパスで試験を受けることになる人もいるかもしれませんが、案内所にいる方のほうから「場所わかる?」と聞いてもらえたりするので、心配はないと思います。 緊張しつつ受けた学期末試験でしたが、最後の試験が終わった後にはやはり開放的な気分になりました。現地の学生ものびのびとした様子で帰っていきました。   改めて振り返るとこの九カ月間は時が過ぎるのが早かったです。日本からイギリスへ送り出してくれた方々、留学先で出会った人々を含め、色々な人に支えられての留学となりました。ありがとうございました。 別れを惜しんでくれる友人に出会えて、初めてとなる経験もすることができて、一言でいうと楽しい留学生活でした。これらの経験から何を得られるかは今後の自分次第となりますが、まずは無事に日本へ帰国したいと思います。 とはいえ、まだまだ楽しみにしていることがあります。帰国まで本当に本当に残り僅かなのですが、最後まで楽しんで、それから元気に日本へ帰国したいです。   写真は、リトアニアへ旅行した時のものです。英語が通じにくく苦労した場面もありましたが、人々は優しかったです。一人での旅行だったのですが、新しい人々との出会いもあって、充実した旅行になりました。 ここまでお読みいただきありがとうございました。
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 オックスフォードブルックス大学 隈井かおる(2016年4月) 

こんにちは。オックスフォードブルックス大学に留学している英米学科の隈井です。留学生活も残り少なくなった、そんな4月の体験記を担当させていただきます。   3月の末から4月の始めにかけてこちらではEaster Breakとよばれる休暇がありました。大学も約2週間のお休みがあったので、それを利用して周りの留学生がイギリス、ヨーロッパの国へと旅行へ行っていました。私は授業が再開する直後に課題の提出があったので、あまり休暇らしいことは出来ませんでした、、、。 それでもせっかくの休暇なので日帰り旅行でブライトンに行ってきました。ブライトンはイングランドの南東部にあり、リゾート地としても有名な場所です。海辺なので私が行ったときはすごい強風でした(笑)ですが、晴れていてとても綺麗な景色を楽しむことができました。また、海辺の町はおいしさが違うということで、お決まりの(?)Fish and Chipsも食べてみました。下の写真は(上から順に)Brighton Pier、The Royal Pavilionです。 Brighton Pierは建物の中はゲームセンターになっています。コインゲームは日本とは違い本物のコインが使ってあったので驚きました。その奥には遊園地があり、ゴーカートやジェットコースター、観覧車、メリーゴーランドなどと充実しているので、結構楽しめます。 桟橋の上にはクレープ、アイスクリームやドリンクなどを売るお店もあります。The Royal Pavilionはジョージ4世が別荘として建築させた王室の離宮です。私は時間がなくて外観しか見れませんでしたが、中は外観とは違って中国的な内装になっているそうです。       今月末でレクチャーが終了し、エッセイなどの締め切りが迫る時期です。Headingtonのキャンパスは図書館が24時間開館しているので、最近は遅くまでパソコンや本と向き合っている学生を沢山見かけます。 少しストレスがたまる時期ではありますが、春が来て暖かくなり道端で植物や木々が花を咲かせているのを見ると少し癒されます。先日は近くの花畑や森で綺麗な花を見て少し元気をもらえました。     残り少ない留学生活ですが、こちらでしかできないことをまだまだ経験していこうと思います。最後まで読んでいただいてありがとうございました。
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 工藤冬稀

こんにちは。今月のレポートを担当する国際関係学科3年の工藤冬稀です。朝晩はまだまだ冷え込みますが、こちらでも様々な花が咲き始めており春が来ているなと感じます。   今回は私が今学期履修している科目と、旅行について書いていこうと思います。 まず授業についてですが、基本的に学部に所属している留学生は4つ授業を登録します。興味のある授業が多い留学生たちは聴講という形で登録していない授業に参加しているので、聴講したい場合はその授業を担当しているmodule leaderに聴講可能か聞いてみてください。 私はCore Language, Superpowers, The Rise of the Modern World, Understanding Cultureという授業を履修しています。自分が北九大で専攻している国際関係学を中心にとっています。授業の形態は様々で、レクチャー(話を聞く)のみのものもあれば、セミナー(少人数で話し合う)とセットになっているものもあります。私もセミナーのある授業を1つ履修していますが、やはりセミナーがある授業は他と比べてかなり大変だと感じます。しかし現地の学生たちの考えや意見を聞くことができるので、学ぶこともたくさんあります。 また、Tandem Language Learningという授業は日本に留学していた現地学生と1対1で日本語と英語を交えて会話をするという内容ですので、スピーキング力を上げたい人やイギリス人の友達を作りたい人にはおすすめの授業だと思います。私は人数制限があり履修できなかったのですが、北九大から留学している人の多くが実際に今履修しているので気になる人は話を聞いてみるといいかもしれません。   次は旅行についてです。旅行はヨーロッパ圏に留学した場合の楽しみの一つと言えるのではないでしょうか。 実際に休みはたくさんありますし、お金に余裕があればたくさん旅行できると思います。 前期が12月の前半に終わって2月までは冬休みですし、3月末から2週間程度イースター休暇、そして授業がある期間でも時間割の組み方によっては土日と合わせて4連休を作ることも可能です。格安航空会社もたくさんあるので、みんないろんな国に行っていますよ! イギリス国内だと日帰り旅行が毎週末あります。私は先日ツアーに参加して世界遺産であるストーンヘンジ、そしてバースに行ってきました。   ただ旅行において一つ注意点を上げるとすると、前期にUniversity Englishコースをとった場合はビザが1月半ばまでなので、それまでにイギリス国内に戻ってきてビザを申請し直す必要があります。申請中はパスポートが手元にないので国外旅行には行けませんし、手元に戻ってくる期間もバラバラです。早い場合は1か月弱くらいで戻ってきますが、遅い場合だと2か月以上かかったりもします。ですので、学業面の充実だけでなく、休暇を最大限利用してヨーロッパをまわりたいと考えている人は、UEにも良いところはたくさんありますが、1年間UG(Undergraduate=学部)コースに行くことを目指して頑張ってください。 最後に、私の留学生活も残すところあと2か月になりました。残りの期間も自分なりに充実させていき、後悔のないようにしたいと思います。 留学を考えている人や次に留学する人たちにとって、このレポートが少しでも役に立てば嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: 2015秋, オックスフォードブルックス大学, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 大村梓(2016年2月)

こんにちは、オックスフォードブルックス大学の留学レポート2月を担当させていただきます、国際関係学科3年の大村です。 留学生活は早くも5か月半が過ぎ、折り返しとなってしまいました。 12月頃は16時になるともう暗くなってきて外出するのも億劫な日々が 続いていましたが、だいぶ日が長くなり季節の変わり目を感じている2月の終わりです。   まだまだ寒いOxfordですが、こんな景色に遭遇しました。       Oxford中心部のメインロードに桜が咲いています。  この風景が大好きで、通るたびに幸せをもらっています。   さて、今回のレポートではオックスフォードブルックス大学について、そして今学期取っている授業についてお話ししたいと思います。 Oxford Brookes大学は2015年に創立150周年を迎えました。当初はアートの学校として始まり、今ではホスピタリティやマネジメント、エンジニアリング、アーキテクチャーなどの分野が国内外から多くの学生を惹きつける学科となっています。あの有名なOxford大学は神学や哲学などの古典的な分野で知られているのではないかと思いますが、比べてOxford Brookes大学は現代的な科目、そしてそのモダンな外観が特徴的です。アニバーサリーイヤーを盛り上げるたくさんのグッズが販売されています。今は翌年ということもあり多くが半額になっているのでお買い得です(笑) こちらの大学はそれぞれが自分たちのブランドの商品をプロデュースしていて、それを学生や教授が使用しているのが、とても自分たちの居場所に愛着があっていいなと思います。     (校内。ちょうど写っていませんが右手にはスタバがあります。)   やはり総合大学と言うだけあって、学生が専攻している分野は多岐に渡ります。例えば私のフラットはみんなバラバラで、数学、歴史、文学、スポーツサイエンスを勉強しています。そのお隣は、地理学、法律、メディカルサイエンス、ホスピタリティ、と言った感じです。 受講登録の際、交換留学生には登録できない科目があったり、前学期に特定の授業を履修しておかないと登録できない科目があったり、制約はありますが、だいたい自分の興味がある授業にはなんでもアプライできます。もし登録できなくても、科目担当の教授にメールをして聴講の交渉ができます。学生は年間を通して8個の授業を履修し、前期4後期4というふうに取っています。一学期に12~15個受講していた北九大とは大きくシステムが異なります。私は今期登録している4つの科目の他に、興味がありどうしても我慢できなかった科目を3つ聴講しています。わたしは北九大の所属は国際関係学科ではありますが、こちらでは今回歴史科の授業を多く取っています。イギリスで学ぶ、英語で勉強する、イギリス・アイルランドの歴史はとても面白いです。   また大学のポータルサイトも充実しています。PIP (Personal Information Portal) という、履修登録をしたりこれまでの授業の成績が見れたり、個人情報を管理しているページと、Moodleと呼ばれる履修中の授業についてのページがあります。そのページでは、授業ごとに毎回の講義のパワーポイントが管理されていて、週の課題やその科目全体の参考資料が整理されています。成績評価の課題の提出などもそのページを通して行います。印刷したものを提出したりしません(笑) 紙のものがいいかオンラインがいいかは一概には言えませんが、こちらは多くの学生がラップトップでノートテイキングしていたり、授業中に先生がオンライン上の資料を参考するように催促したりなど、コンピュータ化が進んでいるなと思いました。あとスーパーなどのレジはほぼセルフなのもそう感じさせる理由の一つです。   まだまだお伝えしたいことはたくさんありますが、長くなってきましたのでこの辺りで。 最初はとにかく大好きなイギリスに行ければいい、‘留学’ができればいいと思っていましたが、半年経って感じるのは、Oxford Brookes大学、とっても魅力的な大学です。どういう科目に挑戦できるか、何を勉強している学生たちと関わることかできて、何を吸収したいのかをもっと考えてくればよかったと感じています。イギリス全土から、そしてアメリカやヨーロッパ、アフリカ、中東、アジアなどいろんなところから学生が集まっています。2つの大学をはじめ、語学学校もあり、本当にOxfordは国際色豊かで、学生の多い、若いエネルギーが満ちている街です。迷っている暇はなく、チャンスがあればどんどん飛び込んでいかないと、いろんな出会いや経験の場をのがしてしまいます。残り数か月、これよりももっと生産性のある日々を過ごしていきたいと思います。     最後に、本文とは関係ありませんが、私の弟が今年20歳になるためバースデーカードを探していた時のことです。「1~17、18、、、21?!あれっ20がない!!!」の瞬間です。     ちなみに19も見当たりませんでした。ワーーーイッブリティッシュピーポーー、、、 18で成人となるイギリス。次の大きな誕生日は21のため、その中間の年齢のカードは需要がないのでしょうか。  
カテゴリー: 2015秋, オックスフォードブルックス大学, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォードブルックス大学 中村奈津子(2016年1月)

  こんにちは。 今月の留学体験記を務めさせていただきます、比較文化学科4年の中村奈津子です。せっかく投稿させていただきますので、ここではこれから留学する方・留学に興味をお持ちの方のお力になれるような話をしたいと思います。   イギリスに来て早くも4ヶ月目。振り返って、先ず思うことは「最初は何もかも必死だったな」です。 食文化が違い、物価も高い。フライパンや布団なども買い揃えなければならない。「色々することがあるけれど、でも現地の友達作りもしなくては!」と生き込んでいたのを覚えています。 なので、こちらへ来た当初はほぼ毎日のように買い物に行き、そしてIECやESNなどの留学生のためのイベントに積極的に参加していました。色々な各地から来た人と話し、フラットメイトとも話し…それでも当初はなかなか仲の良い友達ができませんでした。けれど、周りには既に現地の友達ができた人もおり、「私も早く友達を作らないと!」と焦るばかりだったのを覚えています。そんな私から、今後留学をするかもしれない方達に一言。 焦る必要はありません! 同じ日本人同士でも、合う・合わないがあるのと一緒です。マンションで部屋が隣だからと言って必ずしも仲が良くなるわけではないのと一緒です。ただ、気の合う友達に会えるかどうかの問題なので、「自分のペースでやればいい」ということを忘れないで欲しいです。現に、なかなか仲の良い友達ができなかった私ですが、最終的には香港から来たカトリーナやガーナ出身のアフィア、ベトナム出身のバオ、(出身忘れたけど)マリカやマムナなどの仲のいい友達ができました。スペイン語の授業では休み時間にたわいもない話を皆でして、時々外にご飯を食べに行ったりもしました。  だからと言って受け身でいてはなりません。その気の合う人に会えるかどうかは、運も勿論関係あるでしょうが、自分がどれだけ積極的に行動したかによると思います。仲を深めれば一緒に過ごす時間も多く作れるだろうし、色々な人と会う機会を自ら作ればイベントも発生します(笑)例えば、スコーン作りをしたり、サンクスギヴィングの食事会に招待されたり、一緒にクリスマスクッキーを作ったりなどなど…です(美味しかった)。また、オックスフォードでは様々なイベントが頻繁に行われているので、Facebookでそういった情報を積極的にチェックするのも良いかと思います。楽しいだけでなく、人との繋がりも増えるのでお勧めです。 取り敢えず、私が一番伝えたかったことは「焦らないで、自分のペースでやること」です。人それぞれなので、私のように他の人と比べて落ち込むような真似をしないでください(笑) 本当は私も明るくイギリスの生活について書こうかと思ったのですが、 「今の自分から、留学が始まったばかりの自分へ送る言葉って言ったら…」 と考えた時に出てきたのが上記の内容でしたので、恥ずかしながらも赤裸々に打ち明けさせていただきました。今後、これが少しでも留学する人達に元気を与えられたらと思います。   それでは、長くなってきましたのでここらで締めようかと思います。 今月はまるまる冬休みな為、12日から約2週間かけてドイツ・チェコ・イタリアへ旅行に行く私ですが、後期が始まったらまた友達作りも勉強も頑張ります。またとない機会なので、後悔のないようこの留学を充実したものにし、6ヶ月後には成長した姿で無事帰国したいと思います。 ありがとうございました。
カテゴリー: 2015秋, オックスフォードブルックス大学, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 能登仁美 (2015年12月)

オックスフォードブルックス大学に留学中の英米学科2年能登仁美です。 12月の最初の2週間は期末のテストとエッセイに追われる日々でしたが、何とか乗り切り冬休みを迎えることができました。   今学期私は留学生向けの英語科目を取ったので、ライティングやプレゼンテーション、ディスカッションなどを通して基礎から英語を学ぶことができました。English Core Languageという授業では、オランダ、スペイン、イタリアなどヨーロッパの国々の学生と一緒に様々な活動ができました。イギリスの文化や地方ごとのアクセントについて学んだり、ミュージカルの曲を使って発音の練習をしたり、ただ授業を聞くものとは違いとてもおもしろくためになるものでした。また、ヨーロッパの学生たちは間違いを恐れずどんどん発言していて、授業は常にディスカッションのような感じでした。この授業のおかげで、自分の意見をしっかりもって積極的に発言していく練習ができました。学部生と一緒に受けるその他の科目は、授業についていくのに必死ではありましたが、最終レポートが完成したときは達成感がありました。   私の寮では、キッチンとリビングを共同で使うフラットメイトが4人いて、最近はよく夕食の時間に一緒に映画やドラマを見ています。最初の頃は、ほぼ全員ネイティブのフラットメイトたちと打ちとけられるか不安でしたが、今はいろいろ話もできるようになり楽しく過ごしています。テスト期間の終わりには、イギリス人の2人がクリスマスディナーを作ってくれました。   また、日本に興味をもってくれている学生は思った以上に多く、Japanese Societyという日本語専攻の学生や日本人留学生が集まるSocietyもあります。そのイベントで出会ったイギリス人の友達とは、会うときにお互い英語と日本語の宿題を教えあったりしました。英語で日本語を教えるのは難しかったですが、良い経験にもなり楽しかったです。   この写真は、オックスフォードのクリスマスマーケットと街並みです。       1学期を終えてみて、自ら積極的に行動していくことが本当に大切だと実感しました。この留学生活をもっと有意義なものにするためにも、これからも色々なことに挑戦して楽しみたいと思います。  
カテゴリー: 2015秋, オックスフォードブルックス大学, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォードブルックス大学 二瀬楓(2015年11月)

オックスフォードブルックス大学に留学している英米学科三年の二瀬楓です。 イギリスにきて早くも二か月がたちました。とにかく今は毎日が寒いです。暗くなるのもとても早く、16時半にはもう真っ暗です。ただやっぱり街並みや景色がとってもきれいで、いまだに感動させられます。   まずは授業について書きたいと思います。私は前期は語学コースに通っているのですが、授業はみっちり四時間で課題は毎日たくさんでます。なので毎日膨大な量の課題と向き合っています。私のクラスは少人数で七人しかいないのですが、そのため仲が良く毎日楽しく授業を受けています。   フラットは私以外全員イギリス人なため最初は緊張したのですがみんなとてもいい人たちで、休みの日はpuntingに行ったり夜一人の部屋に集まって映画を見たり一緒に料理をしたりと楽しんでいます。 また、フラットメートとは別に、同じブロックに住んでいる女の子たちと仲良くなってその子たちと主に過ごしています。ただ、みんなネイティブな中に私一人だけ外国人なので、会話についていくのにやっとなのですが、みんなとても優しくて、深いガールズトークもできたりして楽しいです。ほかの日本の留学生はJapanese societyにはいったりしている一方、私は色々のがしてしまってなんのsocietyにもはいっていないのですが、本当にいい出会いに恵まれていてsociety(サークルのようなもの)にはいっていなくてもたくさんのネイティブの友達を得ることができました。   Oxfordは毎日たくさんのイベントがあるので、休日は友達とそのイベントに参加したりロンドンに遊びに行ったりしています。Oxfordは学生街なので学割も多く、とても暮らしやすい街です。日本とは良くも悪くも異なる考え方や文化に触れることができ、毎日刺激的で自分のことについて深く考える時間が最近増えました。この留学期間、ただ学校に通うとか、そういう与えられたことだけをするのではなくて、なにか自分から新しいことを始めて、このイギリスでの貴重な時間をもっと充実したものにできたらと思っています。  
カテゴリー: 2015秋, オックスフォードブルックス大学, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 榎園まい(2015年10月)

こんにちは。英米学科4年の榎園まいです。オックスフォードに来て一カ月が経ち、生活にも段々と慣れてきたところです。今のところ晴れの日が圧倒的に多く、風は少し冷たいですが、過ごしやすい気候です。   今回は、私が一カ月間、イギリスで過ごしてみて食について思ったことを伝えたいと思います。私がイギリスに留学に行くことになったと友人やバイト先の人に報告したとき、「イギリス!?飯が不味いと有名な国ね?」とほぼ100%の人に言われましたが、個人的にはイギリス飯は美味しくはないけど、不味くもない、と思います。今のところ。   かの有名なFish and Chipsですが、魚が油っこいです。フライドポテトは普通です(笑) Mash and Sausageというのも有名なので食べてみたんですが、かかってるソースの味が濃いです。   Pieを売っている店も多くて、食べてみたんですが、これもまた濃かったです。      否定的なことを書きましたが、美味しいものもちゃんとあります! スコーンです!これもイギリスならではですね。 スコーンは、クロテッドクリームというクリーム(脂肪分いっぱい)とベリー系のジャムをつけて食べます。クロテッドクリームはスーパーでも£2くらいで売ってます。スコーン、クロテッドクリーム、ジャム、紅茶のセットをCream Teaというので、イギリスに来たら是非カフェでCream Teaを注文してみてください。 スコーンが美味しすぎて週末は美味しいスコーン探しの旅をしているくらいです(笑)   オックスフォードには、エスニック料理屋も多いので、色んなお店に行って色んな料理を食べてみたいなと思っています。この前タイ料理を食べたけど、美味しかったです!   最近は課題に追われて忙しい日々ですが、オックスフォードは凄くいい街だし、日本とはまた違った景観で素敵なところだと思います。この貴重な留学期間を活かして色々な体験をしたいと思っています。  
カテゴリー: 2015秋, オックスフォードブルックス大学, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 大竹里和(2015年9月)

こんにちは。外国語学部英米学科4年、大竹里和です。 今、私はイギリスのオックスフォードブルックス大学に留学しています。 留学生活はまさに始まったばかりです。今週はたくさんのオリエンテーションがあり「いよいよ学校が始まるのか~」といった感じですね。   この写真はフレッシャーズフェアという新入生歓迎イベントの模様です。北九大でいう、サークル勧誘テントのようなものでしょうか。学校の部活動の勧誘だけではなくレストランやバス会社が割引券を配布するなどとても賑やかでした。   寮のフラットメイトはなんと私以外イギリス人・・・。一番幼くみえるわたしが一番年上というなんだか不思議な状況・・・。悲しいです・・・。 なかなかイギリス人の輪に入るのは難しいですが、キッチンでの飲み会に誘ってくれたり、そこで英語のスラングを教えてもらったり、優しい人たちで少し安心です   スラング講座です。きわどい言葉はピー線を入れました(笑) 全然知らない言葉ばかりだったのですがみなさんはどうでしょうか。セルフィーは日本でも言いますね。   休日には、1年前に北九大に留学していたブルックス大学(彼女はもう大学を卒業したのですが)の友達にも再会することができ、彼女の友達とともにロンドンを案内していただきました。とても楽しかったです。人との縁とはすばらしいものです。     迫力のビッグベンに感動しました。   話は変わり、わたしは北九大で合気道部だったのですが、こちらの合気道道場の稽古にも参加してみました。とても親切な方たちばかりで楽しかったです。私の今の英語力では現地の人が何を言っているのか聞き取りづらく、もっと勉強しなくては・・・と少し焦っています。 稽古でも「ウキミ」と先生がおっしゃっていたのを「え・・なんだろう」と思っていましたが、稽古中盤で「受け身」であることが分かりました。   まだまだこちらの生活には慣れていませんが、自分のためにも、交換留学という機会を与えてくださった母校のためにも、援助してもらっている家族のためにも、充実した留学生活になるようがんばって参りたいと思います。ありがとうございました。
カテゴリー: 2015秋, 留学レポート
{z[
カテゴリー