posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 オックスフォードブルックス大学 徳利祐美 2017年12月 

 12月の留学レポートを担当します、外国語学部英米学科3年の徳利祐美と申します。これから留学を目指される皆さん、特にオックスフォード・ブルックス大学への留学を考えている皆さんの、少しでも助けになれば光栄です。今回のレポートでは主に普段のオックスフォードでの生活と大学での勉強について書きたいと思います。  まず日常生活についてですが、多くの皆さんが心配されているのが食生活についてだと思います。私個人の意見ですが、イギリス料理自体は正直あまり美味しくないです。日本人にとっては味が薄いと感じる人が多いと思います。ですので、少し値段は高いですが、日本米や日本の調味料も手に入りますし、歩いて行ける距離にスーパーもあるので基本的に自炊をしています。でも、もちろん美味しいレストランやパブもあり、自分のお気に入りの店を見つけるのが楽しいです。  住んでいる寮はClive Boothのpostgraduateというところです。21歳以上の人や院生が住んでいるので、比較的静かで大学にも近いです。フラットメイトはドイツ、香港、ドバイ、タイの子たちで、男女6人でキッチンを共有しながら一緒に生活しています。買い物や外食をするときは大学の無料バスを使って、大学からバスで10分ほどのシティーセンターに行くことが多いです。11月に新しいショッピングモールもできて、ユニクロや日本食レストランも入っています。  次に勉強について、私は今学期4つの授業を取っています。基本的に週に1コマ3時間で、わたしの場合は学校で授業を受ける日が週に2日だけという奇跡的な時間割になっています。大学や図書館は24時間空いてるので、課題の締め切りが迫っているときは真夜中まで残って勉強することもしばしばです。最近はテストや課題提出期間が近いので多くの学生が大学で勉強しています。日本の大学に比べて課題の量も求められる質も高いので、正直本当に大変です。  留学したら誰もが一度は経験することかもしれませんが、留学は楽しいことばかりではありません。気分がふさぎこんでしまったり、落ち込んだりすることもあります。しかし、そんなときに助けてくれるのが家族や友人、先生や先輩後輩など応援してくれている人たちの存在です。イギリスに来て三か月が経とうとしていますが、わたし自身何度もたくさんの人に救われました。海外に留学しているからこそ経験できたり、悩んだり、築ける人間関係があると思います。人によって感じ方は異なると思いますが、留学を通して、異文化体験をはじめ、日本では経験できないことをぜひ多くの人に経験してほしいです。そして、困ったり悩んだりしたときは周りの人に頼って相談してみてください。きっと力になってくれると思います。留学する目的は人それぞれであり、自分次第でいかようにも変えられます。皆さんの留学が実りの多いものとなることを祈るとともに、心から応援しています。   (写真はオックスフォード大学のニューカレッジから見たオックスフォードの街並みです。ぜひ自分の目で見に来てくださいね!)
カテゴリー: 2017秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 杉山由芽 2017年11月

 こんにちは。11月の留学レポートを担当させていただきます、外国語学部英語学科3年の杉山由芽です。早いものでイギリスに来て1か月半になりました。来た当初は、異なる文化の中で戸惑ってしまったり、自分の英語の拙さから、フラットメートや学校の先生に話しかけるのに勇気を要したりしていましたが、最近では話しかけるのもあまり緊張しなくなり、フラットメートとも大分打ち解けることができました。週末には一緒に出掛けたりもしています。  また、授業や生活にも慣れてきたので落ち着いた毎日を過ごすことが出来ています。オックスフォードは日によって変わりますが、格段に寒くなり、急いで新調したダウンが手放せなくなりました。これからもっと日も短くなり、寒くなるのを考えると先が思いやられます。  さて今回は、学校での授業について紹介したいと思います。私は昨年の夏にタコマコミュニティカレッジでの留学を終え、そこからIELTSの勉強を始めました。交換留学に応募するまでに2回受験しましたが、残念ながらライティングのみ規定のスコアを取ることが出来ませんでした。ですので私は9月から12月のセメスターはUniversity Englishと言うファンデーションコースを取り、1月に始まるセメスターから学部授業に入ります。  University Englishのコースでは、月曜から木曜まで毎日4時間のクラスが1つあり、金曜日は2時間のレクチャーがあります。それぞれライティング、リスニング・スピーキング、リーディングと、リサーチという自分でトピックを決め、文献を引用してペーパーを書く練習をする授業です。レクチャーは毎週違う先生が違うテーマの講義をしてくださり、それを元に、少しディスカッションをしたりもします。毎日の授業で基礎からきちんと学べ、また先生も親身になって相談に乗ってくださるので不安もなくすごく助かっています。けれど、少し基礎すぎる部分もあるのでIELTSの対策をしっかりとして、スコアを取っておけばよかったなと思う時もあります。ですので今留学を考えている方は、IELTSの対策をしっかりすることをお勧めします。  余談になりますが、少し前に週末を利用してBathに日帰り旅行をしてきました。オックスフォードから電車を乗り継ぎ、2時間弱で行けます。Bathにはテルマエ・ロマエという映画の元になった、温泉の博物館があります。大昔にこんなに凄い設備を備えた施設があったという事実にとても驚きました。展示物もたくさんあり、大変興味深かったです。    また、街並みも大変綺麗で、あいにくの強風と雨でとても寒かったですが、歩くだけでも楽しかったです。また時間を見つけて、近くの街に日帰り旅行に行きたいと思っています。  あっという間に1か月半経ってしまいましたが、両親をはじめ、たくさんの人のおかげで行けることになった留学なので、後悔のない充実したものにしたいです。そのために、これからもしっかりと勉学に励みつつ、色々なところに出かけ新しい人と出会い、たくさんの事を経験し吸収したいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: 2017秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 オックスフォードブルックス大学 片山彩香 2017年10月

こんにちは。今月の留学レポートを務めさせていただきます、国際関係学科3年の片山彩香です。早いもので、イギリスに着いてから二週間が経過しました。そんな中での現地リポートなので今回は、到着してから起きたハプニングについて話します。まずはクレジットカードについてです。通常日本でカードを使う時にはサインのみで済ませるのが主流ですが、海外では基本的にPINコードという暗証番号を入力して決済されます。私はキャッシュ機能つきのクレジットカードだったので、当然そのPINコードもATMからお金を引き出す時の番号だと思っていました。しかしその番号ではエラーになってしまい、挙句の果てには三回間違えてしまったためにカード自体にロックがかかるという大惨事になりました。ロックを解除するのは本人が窓口に行く必要があったためクレジットカードをこちらで使用するのは不可能になりました。結局銀行口座の開設手続きをしていますが、一週間ほどかかりそうです。カードの海外での使い方とPINコードなど、事前にきちんと調べておくことが大切です。私みたいに考え足らずで渡航すると後々面倒なことになります。二つ目は、身分証明についてです。クラブに入るには身分証明としてBRPやパスポートが必要になります。人混みでのスリなどを警戒して、私はBRPと最低限のお金だけを持って行ったのですが、なんと私のBRPの顔が違うといわれて、他の身分証明を持っていないなら入るなと言われたのです。当然私は他の証明を持っていなかったのでクラブに入れず、友達と一緒に渋々帰りました。BRPは大概すべての証明に使えると思っていたので、顔で引っかかるとは想定外でした。お店によってセキュリティの厳しさに差があるので、皆さんも一応BRPと他の証明カードを持ち歩くことをお勧めします(私の場合写真移りが悪すぎというのもあるのですが…)。そして最後は緊急事態についてです。先日友達が包丁で手を深く切ってしまい、救急病院へ行くという出来事が起こりました。着いて間もないこともあり、タクシーの呼び方が分からず病院へ行くまでに時間がかかったことに加え、病院についてもそこから三時間も待たされました。イギリスではNHSのおかげで、ほぼ無料で医療を受けられるのですが、風邪などの緊急性のない病気は基本的に三日後とかに診察され、緊急時でさえも長時間待たなければなりません。いつ病気や事故に遭遇するかわからないので、あらゆるケースに対応できるよう、到着後なるべく早くにタクシー会社への登録や病院の場所、緊急電話番号などを把握しておくと安心です。今、一生懸命IELTSを勉強している人が多いと思います。私もまさか自分が交換留学できるとは思っていませんでしたが、最後まであきらめずにやり続けた結果が今です。皆さんも頑張ってこのオックスフォードで夢を叶えましょう!
カテゴリー: 2017秋, 新着情報
{z[
カテゴリー