posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 外国語学部英米学科3年 C.Z 2020年2月

皆さん、こんにちは。2月の留学レポートを担当します、外国語学部英米学科3年の瀬々千聖です。留学も折り返し地点を過ぎ、時の流れの早さを実感しています。英語にも慣れ、現地の友人との会話にも困ることがなくなってきました。今回は、前期の期末テスト、約一か月間の冬休みの過ごし方、後期の履修登録、についてお話したいと思います。 まずは、12月の前半に行われた前期の期末テストについてですが、私の取っていたUniversity English(以下、UE)というコースのテストは、講義ごとにプレゼンテーションやテスト、エッセイ、バイバ(教授から投げかけられるたくさんの質問に時間の許す限り答えていく面接テスト)など様々でした。エッセイに追われている期間は、フラットメイトの騒ぎ声やほんの小さなことに苛立ってしまうほど余裕が持てず辛かったですが、その分、最後のテストが終わった瞬間の達成感とこれから冬休みに入るぞ!という喜びは大きく、今でも覚えています。そして、待ちに待った冬休み。日本人の学生は滞在する人が多く見られましたが、フラットメイトも含め他のほとんどの学生は帰省や帰国をしていました。私は、オックスフォードからバスで3時間ほどのところにあるバーミンガムや、ビートルズで有名なリバプール、近場のロンドンなどを日帰りで訪れました。イギリスで最大のイベントとも言えるクリスマスには、あちこちでクリスマスマーケットが開かれ、町全体がお祝いムード一色で素敵な雰囲気に包まれていました。また、帰国せず寮に残っていた友人らを集めて、フラットメイトのいない空っぽの寮で3日連続でクリスマスパーティを開きました。年末年始は、現地の友人たちにパーティに誘われ楽しく過ごしました。今までは毎年家族で年を越すのが当たり前だったので、そういう意味では今回の年越しは少し寂しくもありましたが、家族が集合して日本から電話をくれた時はとてもほっとました。 また、1月の半ばにはビザの切り替えのためにロンドンのビザセンターに行きました。UEの学生は後期にUndergraduateの学生として現地の学生と講義を受ける際にビザを切り替える必要があるためです。冬休み中に大学側が詳しい説明をしてくれるのでそんなに心配はいりませんが、私は確認不足で日にちを間違えてしまったので予約料金を2回も払うことになってしまいました。今はビザが届くのを待っている段階です。 最後に、後期の履修登録について話します。基本的には北九大と同じようにパソコンで行うのですが、今年度からブルックス大学は新しいシステムを導入したこともあり、今までのシラバスと時間が違っていたり番号が変わっていたりとトラブルが多く、何度も質問をしに行く必要がありました。講義のスケジュールや教室などはGoogle Calendarで管理しているのでそこにも問題が起き、明確な担当部署のないトラブルもあるので私も何度も色んなデスクをまわったり、電話やメールをしたりしています。同時に、授業も始まり、講義やグループワークは難しく大変ですが、人より予習を徹底して遅れを取らないよう学びを深めていきたいです。今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 今回載せている写真は、順に、ロンドンのWinter Wonderland、リバプールのThe Beatlesの銅像、バーミンガムのクリスマスマーケットです。    
カテゴリー: 2019秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 外国語学部英米学科3年 S.U. 2020年1月

こんにちは、1月の留学レポートを担当するS.Uです。新年あけましておめでとうございます。怒涛の期末を乗り越えて留学生活の半分が終わろうとしています。本当に早いものです。  今期の授業において、私は4つとも全てエッセイを最終課題としているものを選びました。そのためそれらの締め切りがほとんど同じ週に集まり、こなすにあたってまさに文字通り寝ずの生活をしていました。エッセイを書く際、自分にとって参考になる文献を図書館や大学のホームページから見つけその中からどこをどのように引用するか、北九州市立大学にいた時はほとんど機会がなく慣れてない事もあり、こちらではエッセイを完成させる上で一番時間がかかった気がします。4つの締め切りのうち、1つは数週間ほど前もって締め切りが設けられていたのもあり、何とか終わらせることが出来ました。前期の授業を経て、何事も早めに準備するに越した事はないと痛感しました。後期では締め切り直前に焦らなくてもいいように余裕を持って取り組んでいこうと思います。なにはともあれ、あとは成績評価を待つのみです。 さて、イギリスでは期末週間が終了した12月中旬から1月の下旬手前の約一か月間は休みに入ります。なのでその間にたくさん予定を立てることをお勧めします。特にここのクリスマスは日本と違い家族と一緒に過ごすところが多いため、その時期は、私の寮からも中国人のフラットメイト以外みんな帰省してしまいとても静かです。全てのエッセイを提出した後、私は友達とロンドンやバーミンガム、リバプールとイギリスのいくつかの場所に遊びに行きたっぷり楽しみました。クリスマスの時期はあらゆる所にクリスマスマーケットが立ち並んでおり夜になるとライトがつき買わずとも見るだけでもわくわくします。そしてクリスマス当日はオックスフォードに残った人たちとパーティをしました。以上が私のイギリスでの12月の過ごし方です。イギリスに来て既に3か月が経ちましたが、まだ知らないことや見たことない景色がたくさんあり新鮮な日々を過ごしています。現時点で留学を考えている人や迷っている人は遠慮せずいつでも尋ねてきてください。ここまで読んでいただきありがとうございました。 (写真は1枚目より、BirminghamのChristmas marketの様子、London bridge、そしてクリスマスパーティの様子です)
カテゴリー: 2019秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 外国語学部英米学科3年 Y.A 2019年12月

こんにちは、12月の留学レポートを担当する英米学科3年の安部です。今回は主に寮生活について書きたいと思います。私は大学から徒歩15分ほどのところにあるClive Booth Postgraduate Centreという寮に住んでいます。ブロックによって部屋や寮内の構造は多少異なるようですが、私の場合は他にフラットメイトが3人、合計4人でキッチンを共有しています。冷蔵庫が2つあり、どのスペースをどれだけ使うかは早い者勝ちなので寮に到着したその日に冷蔵庫のスペースをさっさと確保してしまうことをお勧めします。私は出遅れました。夜になると、外から酔っぱらった学生たちがクラブに行く声が聞こえてきます。彼らは日本の祭りを彷彿とさせる賑やかさでどこかへ出かけて行くので郷愁をかきたてますが、勉学に励むため24時間空いている大学の図書館へ行きましょう。静かです。フラットメイトはイギリス人だけでなく他の国からの学生が多いため国際的な人間関係を築くことが期待できます。 まとまりのない文章となってしまいましたが、最後まで読んで頂き有難うございました。(写真:1枚目、TESCOで買ったピザを寮のオーブンで焼きました。 2枚目、ハロウィンの時期に突然フラットに現れたカボチャたち。ハロウィンを過ぎて1週間ほどでやはり突然消えました。)
カテゴリー: 2019秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 外国語学部英米学科3年 C.Z 2019年11月

皆さん、こんにちは。11月の留学レポートを担当します、外国語学部英米学科3年の瀬々千聖です。こちらオックスフォードでは、日に日に寒さが増して風邪が流行っているように感じます。私も先週、発熱のため数日間寝込んでいましたが、クラスメイトや先生にも体調不良が見られてとても心配しています。 さて、今回は私が受講しているコースと、クラス外の時間の過ごし方についてお話したいと思います。私は前期にUniversity English(以下、UE)というコースを、後期には学部生として、ビジネス関連の授業をとる予定にしています。UEとは、交換留学へ応募した際にIELTSのスコアが条件に満たしていなかった学生が英語に慣れるために受講するコースになります。週4日は朝9時から4時間、金曜日のみ2時間のクラスになっていて、授業ごとに毎日課題が出るので、どれだけ早くこなして自分の時間を確保できるかが大切になってきます。先生も学生もアクティブに授業に向かっていて一体感があるので発言もしやすく、常に楽しみながら向上心を保つことができています。このような雰囲気は少なくとも私にとって今までとはかなり異なる環境なので、毎日多くの刺激を受けています。このコースをとっている学生には特に日本人を中心としたアジア出身の学生が目立ちますが、授業の休憩時間も周りの学生が理解できるよう、基本的に英語で会話をして盛り上がっています。 次に、クラス以外の時間の使い方についてですが、先程話したように平日は課題をしていることが多いです。それ以外にも、同じクラスの友人や現地で知り合った学生たちとランチをしながら話したり、夜はイギリスの代表的な文化であるパブで交流を深めることもしばしばあります。大学から徒歩30分以内(学生無料のバスなら5分程度)で行けるシティには、大型ショッピング施設や様々な飲食店が立ち並んでいて常に多くの人で賑わっており、若者が遊ぶメインの場所になっています。イギリスと言えばクラブが有名ですが、特に毎週金曜日は寮の周りが騒がしくなり、多くの学生がクラブに行って楽しんでいます。私も一度だけチャレンジしましたが、バーのスタッフとの会話も成立しないほどの大音量の音楽と、ノリノリで踊る人々。見る光景全てが初めてで、新鮮で、かなり楽しむことができました。治安がそれほど良くなく、女性が夜遅くに出歩くのは危険と言われるので、男性の友人も誘うなどして対策をしています。また、ロンドンはバスで10£(=1404円、10/31現在)、1時間半ほどで行けるので、週末に旅行感覚で遊びに行く友人もたくさんいます。 今回は、私がとっているコースとクラス以外の時間の過ごし方についてお話しました。まだ到着して二か月も経っていないのですが、前期の半分が過ぎようとしています。日本に帰るまで一日も無駄にしないよう勉強に遊びに毎日励みたいと思っています。最後まで読んでいただきありがとうございました。(写真は上から順に、毎日見られるたくさんの飛行機雲と、ロンドンの大英博物館です。)
カテゴリー: 2019秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 外国語学部英米学科3年 S.U  2019年10月

 こんにちは、10月の留学レポートを担当する外国語学部英米学科3年のS.Uです。イギリスに着いて約2週間が経ちました。自分がイギリスにいる事が信じられず、毎日新鮮な日々を過ごしています。今回のレポートでは、私がとっている授業や、少し困ったことを紹介していきます。  初めに私が履修しているmoduleについて紹介したいと思います。現在私は、Understanding Media、Introduction to Social Anthropology、Essential Academic Writing、そしてIntroduction to Chinese Culture & Societyと4つの授業をとっています。ここの授業を受けてみて驚いたことは、学生たちの授業に対する積極性です。自分が疑問に感じる事であれば、先生から質問の有無を聞かれる前にすばやく手を挙げて発言をし、授業に対する理解を深めています。日本ではほとんど見ない光景で少し戸惑いや焦りを感じますが、自分も負けないように頑張ります。  最後に、私がイギリスに来て困ったことについて紹介したいと思います。それは、北九州市立大学で使うメールアドレスがこちらでは使えなかったという事です。というのも交換留学が決まってこちらの大学とやり取りをする際、私はいつも電話番号でサインインをする北九州市立大学のメールアドレスを使用していたのですが、イギリスに来てから電話番号が変わりサインインが出来ずメールを開くことが出来なくなりました。メールアドレスの変更の仕方を聞くためオックスフォード・ブルックス大学へ行きましたが、学生の人数が多いせいか対応が遅かったりと、中々できず時間がかかりました。【※ですが、渡航前に携帯電話に設定をすればイギリスでも使えるので、事前にしっかり確認しておくことが重要です!】また、そういった時のためにパソコンで使えるメールアドレスを何個か用意しておくこともお勧めします。  大きな目標であった留学生活を実現できていることに感謝し、限られた時間の中でその時でしか出来ない事をどんどん経験し、あらゆる事を吸収していきたいと思います。留学を考えている人の役に少しでも立てれば嬉しいです。 (1枚目はPembroke squareにあるChrist Churchのエントランス、2枚目はCornmarket street 3枚目はBroad streetで開かれていたマーケットの様子です。全てオックスフォードで撮った写真です。)  
カテゴリー: 2019秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー