posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】クイーンズランド大学(金子光)2014年12月

オーストラリアでの留学生活も終わりを迎えつつあります。今はただ、色々な人と会うのが最後になっていくのがとても残念です。 2月に試験を終えてすぐブリスベンに来たのが、ついこの間の事のようでもあり、もう長いことここに住んでいるような気分でもあります。もっともっとここに居続けたいという気持ちと、達成感と共に久しぶりに日本に帰れる嬉しさと、この経験を絶対に将来に活かしたいという強い思いが共存しており、なんだか不思議な感じです。  テストをすべて終えてから、10日間余りのニュージーランド一人旅行に行きました。ブリスベンには友達もいますし、ありがたいことに困ったことがあっても助けを求められるハウスメイトもいますが、今回あえて一人きりで国をほぼ縦断したことによって、改めてこの留学中に自分の英語力が磨かれたんだなぁと感じることが出来ました。   Wanaka, NZ  Lake Pukaki, NZ 運転中に遭遇した羊の群れ   オーストラリア・ブリスベンに留学することの大きなメリットのひとつは、この「旅行」にあると思います。 以前写真付きで紹介したように、ブリスベンからはシドニーやメルボルンといった都市に加え、ケアンズやウルル、タスマニアという自然豊かなエリアにも行けます。サンシャインコースト・ゴールドコーストの2大ビーチも近くです。是非ニュージーランドにもチャンスがあれば行ってみてほしいですし、バリやシンガポールへも、航空券のセールを狙えば日本からより比較的安く行けます。休暇を利用してオーストラリアの大自然に触れられることは、誰にとっても醍醐味になるはずです。またそういった中で、安定した気候に恵まれていることはとても大きいと思います。振り返ってみると、天気の心配をほとんどしなかったことに気が付きました。もちろん雨が降る日もありますが、スカッと晴れている日が多いという事は、精神的にもプラスだと感じました。(ただしヒュージャックマンが言うように日焼け止めは塗りましょう)  そしてもうひとつ、オーストラリアが「多国籍文化」を推奨する国だという点は、ここでの生活を語る上で欠かせません。キャンパス内だけではなく、街中でもいろいろな国の人と会うのは当たり前です。オーストラリア人であっても文化的背景は人それぞれであり、見た目がアジア系だからといってアジア出身とは限りません。アボリジニの文化も学べば、より一層オーストラリアの文化について深く知ることが出来ます。こういったことから、グローバル思考はかなり磨かれると思います。多くの人が他の文化に興味を持ち、それを当たり前のように尊重する。そんなことは今の日本では残念ながらなかなか経験できません。 また多くの人が「オーストラリア英語ってちょっと違うしな」と思っていると思いますし、実際かなり違います(笑)最初の頃、オーストラリア人のハウスメイトが何を言っているのか半分以上聞き取れなくて、かなりショックを受けました。今では友達に「オージー英語しゃべってるよ」と指摘されてしまうこともありますが、ここで学べたのはオーストラリア英語だけではありません。様々な国出身の様々な母国語を持つ人々が、それぞれ異なるレベルの英語力、アクセントやイントネーションで英語を話し、コミュニケーションをとる。そんなことが当たり前に感じられるようになりました。英語を本当のグローバルツールとして使うことができるようになるには、とてもいい環境だと思います。  この10か月間、クイーンズランド大学での留学を通して学んだこと、経験したことは、間違いなく一生に残る経験になったと思います。WasabiやUQ Taiko, UQ Acoustic等を通して友達もたくさんできました。いつになるかは分かりませんが、また戻ってくるのがとても楽しみです。これまでの現地からのレポートがうまくできたかは自信ないですが、このレポートを読んでくださった方の参考に少しでもなったら幸いです。校内での留学フェア等があれば出来るだけ参加しようと思っているので、その時はなんでも聞いてください!読んでくださった方、ありがとうございました! 遅くまで勉強した図書館 UQ Taiko 小学校での演奏&ワークショップ Besties!  
カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】クイーンズランド大学(金子光)2014年11月

留学も残りわずかですが、まだまだ思い出づくりを続けています。 宮城さんもレポートに書いていたSpring Flareでは、日本文化を代表してUQ Taikoが太鼓のパフォーマンスで参加したり、オーストラリア人学生を対象に日本への留学フェアを主催したり(また焼きカレーを作って北九州を宣伝しました。笑)、世界最大の砂で出来た島、フレーザー島で4WDを初めて運転したり・・・と、おかげさまで充実しています。 Spring Flare, UQ Taiko      留学フェアにて。以前北九大に来たKentさんと来年派遣のSusan      Fraser Island   ブリスベン2014年最大のイベントといえば、11月15日から開催されたG20でしょう。 世界中から注目を集めるこのフォーラムがここブリスベンで開かれるとあって、街に巨大オブジェが設置されたり、建物がライトアップされたり、文化的なイベントがたくさん開催されたりと街全体が「ブリスベンを盛り上げよう」という活気に溢れていました。 G20に合わせて登場したモニュメント またG20ですから当然、アメリカからオバマ大統領も来豪していたのですが、なんとここUQでスピーチを行うということで学生は盛り上がっていました。残念ながらスピーチの傍聴はほぼ招待制だったため、限られた生徒しか生で聞くことはできませんでした、というよりキャンパス全体が立ち入り禁止になっていました。テスト期間だったということもあり、街やキャンパスの交通規制によって大変な思いをした生徒もいたと思いますが、個人的には貴重な体験ができたので、この年に留学に来てよかったなーと感じています。  そして無事にテスト期間も終わり、とうとうUQでの学生生活は終わってしまいました。履修結果は12月まで分からないので気は抜けませんが、すべての授業・課題・テストから解放された時の達成感はとてつもなく大きかったです。先学期と合わせて、様々な分野の授業を選択したので、時にはまったく異なるエッセイスタイルや課題内容に戸惑ったりもしましたが、いろんなことを吸収できたのでとても有意義だったと思います。これまでのレポートで肝心の授業について触れていなかったので、ここで受講した科目についてざっくりと書いておきたいと思います。   Writing for International Students 点数の取れるエッセイを書くため、また授業に慣れるためにとっておいて良かったです。内容の組み立て方から参考文献の記し方まで、丁寧に教えてくれました。   Contemporary Australia オーストラリアに来たからには、歴史や文化を学びたいと思って受講しました。ただのポピュラーカルチャーだけではなく、もう1,2歩踏み込んだオーストラリアを知れました。    Popular Music 1950s Onward – From Elvis to Madonna 一番ユニークな授業内容であり、一番テストが難しかったです。60分で選択問題とショートエッセイx4と1000文字のエッセイは楽しい授業内容からは想像できない辛さでした(笑)    Global Cultures & Tourism 文化の違いをツアリズムと結びつけて考えることで、より実用的な考え方を学びました。    Crossing Bridges – Communicating between Cultures こちらはより異文化間のコミュニケーションに重点をおいていました。チュートリアルの先生が日本に住んでいたことがあり、やたらと日本を例に出していたのが印象的でした。    Japan and the World 日本の歴史をオーストラリアの観点から学びました。特に生徒からの意見や質問を聴くのが興味深かったです。    Introduction to Film & Television Studies 毎週映画を見て、その内容や技術を研究する授業でした。授業自体はそこまで難しくないはずなのに、自分のチュートリアルには映画好きの精鋭たちが集まっていて、なかなかついていくのに苦労しました(笑)    さて、授業等は全て終わりましたが、もう少しブリスベンに滞在する予定なので 次のレポートでオーストラリア、ブリスベンでの留学で感じたことをまとめたいと思います。  
カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】クイーンズランド大学(宮城万智)2014年11月

今回も写真が盛りだくさんで申し訳ないです。百聞は一見に如かずって言いますからね。ええ。さてさて、先月中は何をしていたかというと、、、、といってまずスケジュール帳を見直さないと覚えてないです。ああ、あれも先月だったか、と思い出したりします。留学中はマメにスケジュール記録をつけること、日記を書くことをおすすめします。箇条書きでもいいので、その日何をして何を思ったか。いろんなことが日々ありますから忘れてしまわないうちにメモメモです。最近はそれ用に良いアプリがあるので割と続けやすいですよ。飽き性の私もなんと八ヶ月ほど続けることができました(﹡ˆᴗˆ﹡)、、できまし、、、た、、、、。そうですある日ぱたりと止まってしまったのです、、私としたことが!!!!つい忙しくて後回し後回ししてたらね、いつのまにかもうここ数ヶ月書けてないです。だめですね。そろそろ残りの留学生活も後少しのなってきたのでまた再開したいと思います。iPhoneのカメラロールで日付ごとに写真が見れるのは非常にありがたいですね、何をしたかすぐに思い出せますから。1日1写メを心がけてます。笑 で、話を戻しますと、先月上旬にロードトリップを終えて、その後その仲間たちとピクニックをしたり、10月18日貧困撲滅デーには仲間たちとそれぞれの友人を招待してFilm screening partyを行いました。ロードトリップ中に制作された映像をみんなで見て、貧困について語りました。 ロードトリッパーたちと再会ピクニック International Anti-Poverty Day それからUQ主催のカラーフェスティバルに参加したり親友とフリーマーケットに行ったり、思い出作りに励みつつ、10月は課題大量発生の時期でもありましたからそれはもうパソコン画面と向き合う時間も長かったです。今はもう課題もプレゼンも終えたので参考資料として読むためにダウンロードしたジャーナル記事など一気に削除してパソコン内を掃除したいと思います。最近動きが重くなってきたので困ったものです。 UQ主催の祭りSpringFlare  SpringFlare  そんな忙しい中でもUQASの何人かにJamming Sessionがしたいと言われたのでStudy Break Jamming Session Under Jacarandaと題しまして2時間だけ行いました。来てくれた人はそんなに多くなかったけど楽しみました。これを楽しむために朝四時起きで課題を終わらせた甲斐がありました。 Study Break Jam それから10月といえばなんといってもHalloweenです!日本と同じでオーストラリアでは元々そんなにハロウィンを祝わないそうです。日本はコスプレ文化の影響か、ここ数年で一気にもはやお祭りと化しましたがオーストラリアではそこまでの盛り上がりはまだないもよう。とはいえそこそこハロウィンイベントはありました。私は課題もあってでかいイベントに行けるか微妙だったのですが友達と小さなハロウィンパーティーを開けてピザ食べたりしてそれなりに十分楽しみました。コスチュームにあまり力をいれない私は普通の黒いドレスに借りた猫カチューシャと買ったステッキ、黒い翼でもはや何かよくわからないものになってしまいましたが堕天使になった猫ということで落ち着いて満足です。では今月もまだまだ気を抜かずに(今割と気抜いてしまっている、、)試験勉強に向けてがんばります!ハロウィン集合写真   セクシーナースとマレフィセントと堕天使になった猫 気の合う親友 マッサージトレイン(私のポジションがベスト) ジャカランダの季節です    
カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】クイーンズランド大学 (宮城万智) 2014年10月

九月二十八日から本日十月四日まで私が何をしていたかといいますとずばりRoadtripです。いわゆるバス旅です。しかしこれはただのバス旅ではありません。END POVERTY ROADTRIPというものでオーストラリア国内最大規模のNPO青少年団体、Oaktreeによって企画された旅です。目的は簡単にいうと、人々に飢餓に対する意識を高めてもらうこと、今年ブリスベンで開かれるG20にむけて租税制度の見直しと外国援助の予算を引き上げてもらうための署名を集めることでした。いろんなところに立ち寄り、署名集めだけでなく、フラッシュモブを行ったり公園に落書きしたりしました。このバス旅、目的地は首都キャンベラで、クイーンズランド州からは約40人が参加し、その他オーストラリア国内各地からもそれぞれ出発しました。キャンベラにはおよそ400人の若者が集まりました。そのときの一体感といったらもう、、、たまりませんな!!!!!!!みんなそれぞれ情熱を持ってこのキャンペーンに取り組んでいました。私たちの世代でExtreme Povertyを終わらせよう!という意気込みでいっぱいでした。またみんな本当に叫ぶことやダンス、ゲームが大好きで、私もこれでもかというくらい叫び踊り遊びました。ダンスなんて苦手なのに、、、あんなに楽しいとは、、!特にTaylor SwiftのShake It Offでみんな狂います。笑本当に楽しくてビデオもたくさん撮りました(340くらい撮りました。そろそろ容量が、、、笑)。一人が携帯を出してSelfie!!!というとみんな集まってきます。笑バスの中でも歌ったり踊ったり、ゲームしたり、笑顔が絶えませんでした。一方で彼らの飢餓撲滅に対する意識に大変刺激を受け、毎日将来のことや貧困のこと等あらゆることを考えさせられました。目的地のキャンベラでは州議事堂に行き、いくつかのグループに分かれ、政治家の方たちに直接お話を持ち込みに行きました。私がお話をした政治家の方はとても私たちの運動にも協力的で、ツイートに写真ものせていただきました!他にも多くのメディアが私たちの運動を取り上げてくれました!その一つがこちら、http://www.northerndailyleader.com.au/story/2595513/group-hits-highway-to-highlight-poverty/ 私、ジャンプしております。笑シャワーが二つしかなかったり、水しか出なかったり、寝袋で寒かったり、ペン二本なくしたり、あんなことやこんなことありましたが、それでも私はこのバス旅を、THE BEST TRIP EVER!!!!と呼びたいと思います。最高の仲間達に出会えましたし、自分の考え方も変わりました。これからの課題も、やりたいことも見つかりました。G20が開かれるこの年に留学に来れたことを本当に幸運に思います!最後のセッションではお互いに一人一人伝えたいことを伝え合い、私、なんと泣いてしまいました。良い人ばかりで困ったもんですほんと!みなさんも少しでも興味があればぜひこちらのサイトを見てみてください。http://www.oaktree.org/endpoverty まだまだ署名も集めています。と、つい今日の午前中に約16時間のバス旅を終えてキャンベラから帰ってきたためRoadtrip中心の話になってしまいましたが、、九月はシドニーのジョブフェアに参加もしました。そこでなんとパスポートをなくしました。けれどめげずにその後生ガキを食べに行きました。シーフードが大好きな方はシドニーに行く機会があればぜひFish marketへ立ち寄ってみてください!最高においしい生ガキが待ってます!ですがパスポートをなくした際はすぐに警察へ行くことをお勧めします。再発行のためにはポリスレポートナンバーとやらが必要になります。私はそのポリスレポートナンバーより生ガキを優先したために、ブリスベンに戻ってからニューサウスウェールズ州警察に電話する羽目になりました。あと必ずパスポートのコピーは用意しておきましょうね!!再発行の手続きがとっても楽になります!ではではMid Semester Breakももうすぐ終わり、課題地獄に突入する頃ですがいっちょ気合い入れてがんばって行きたいと思います!                 出発直前の集合写真   日の出と海と私、いい感じ。の図  ゴールデンギターの前で記念写真  公園に落書き  ジャンプ!  州議事堂にて  ツイッターに     せるふぃぃいい!!の図    せるふぃぃいい!!の図2      
カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】クイーンズランド大学(金子光) 2014年10月

こんにちは。金子です。オーストラリアは春になりました。 課題の波を乗り越えて10日間ほどの休暇に突入し、ひさしぶりにのんびりとした日々を過ごしています。   それまでの1か月はとても忙しく過ごしました。 UQTaikoはおかげさまでたくさんのイベントに呼んでもらっています。先日も小学校へ出向いて子供たちの前でパフォーマンスをしてきました。みんなとても興味を持ってくれたしかわいかったです。今学期からは新しく横打ちの曲に挑戦しているので、小倉祇園を思い出しながら練習に励んでいます。UQAcousticの方も初ステージに立ちました。ひょんなことから宮城さんと1曲セッションすることになったので北九州代表で頑張りました(笑)さらに、有名アーティストのコンサートにも2回ほど参戦し、今月は音楽漬けの毎日でした。 中旬には就職フェアに参加するために再びシドニーへ。留学中にも少しだけですが就活できたことはとてもよかったと思います。また、オーストラリアでやっとラグビーを観戦したり、Riverfireと言う大きな花火大会を観に行ったりと、ブリスベンも満喫しました。 気付けばここでの滞在期間も、もう残り3か月を切ってしまい、自分の中ではカウントダウンが始まったように思います。まだコアラとも触れあっていないのに…!早!という気分ですが、残りの期間も有意義に過ごせるようにしたいです。   とりあえず、明日からサンシャインコーストに行ってきます!
カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】クイーンズランド大学(宮城万智) 2014年9月

こんにちは。九月、ということで春の訪れです。8月はこれまたいろいろありました。まずは今更ですがコアラサンクチュアリーに行ってきて念願のコアラだっこしました!かわいかったです!かわいかったのですがコアラの後ろ姿とお尻を見ているとなんだか凶暴化したカオナシを思い出しました。ちょっとよくわからないですね、すみません。でもかわいかったです。 それからUQASの方も順調に進んでおります。Jamming Sessionを二回行いました。またまた人数が増えました。特にこちらに戻ってきたKentさんは毎回本当に楽しみにしてくれています。このイベントを通して毎回新しい人たちに会えるのもまた楽しみの一つです。さらにいつも必ず最後に何人かが「次のセッションはいつ?」と私に聞いてきてくれるので、いろいろとまだ改善点は多いですが本当にやりがいがあります。そしてついこの前、日本サークルのwasabiと共同でBBQを行いました!(なぜ共同で行ったかというと大人の事情があったのです費用とか費用とか費用とか)またこのBBQの際に部長、秘書、会計の投票を行い、30人の署名を集めて大学に提出しなければなりませんでした。公の場で話すのは苦手で緊張しましたが、大きな声で元気よく”Hiii!!! Thank you for coming today!! Welcome to UQ Acoustic Society!!!”と切り出すと自然と緊張も飛んでいきました。笑無事に満場一致で部長も秘書も会計も確定したのでよかったです。これで最終的な手続きも終え、サークル用の銀行口座も開けます。笑秘書のシャーロットには本当にお世話になってます。とても優秀で私が「あ、あれやらないといけないな、伝えないといけないな」って思ってることを伝える前にやっておいてくれてたり把握していたりするのでもう私は自分が何をやっているのかよくわからなくなります。。。が、せめて部長として心がけていることはジャムなどでちょっとひとりぼっちだったり、初参加できた人たちに笑顔でHi!と話しかけるようにしております。笑 日本にいたときの受け身の自分とは考えられないほど自分が変わっていっております!わーい!                                                                                                                                                                                                                                                 JAMMING SESSION                                                                                                                                                                                                             BBQ                                                                                                                                                                                                                       シャーロット 後は、、マレーシア人の友達に、ラマダン明けのお祝いパーティーにお呼ばれしたこともまたこちらでしかできなかった経験かなと思います。イスラム教というといろいろと規則がありそうなのでマナー等きちんと調べてから参加しました。笑 いい経験でした!また昨日は私が所属しているもうひとつの写真サークルのピクニックがあったので参加してきました。初めてソロモン諸島出身とデンマーク出身の友達ができました!楽しかったです!日々出会いに感謝です!                そんなこんないろいろと楽しい行事がたくさんありましたが、八月はエッセイが3つもあったのでそちらも大変でした。。全部締め切りも近くて、、、、。でも計画立てて締め切り早い順から1週間に1つのエッセイを終わらせながら、三週間かけて計画通り進めました!なのでひとまず課題の山場も超えましたー!決してエッセイの出来はよくないかもしれないけれど、、やはり達成感があります!!大学の授業も楽しいです。今期とっているのはコミュニケーションや異文化関係の科目ですが、講義やチュートリアルでよくアクティビティが多いことから、クラスでも結構友達ができ、とても充実しております!特に月曜は12時から6時までみっちり授業を入れたのですが、楽しくて講義内容もInterestingなのであっという間に一日が終わります。前期の反省も活かしながら、確実に前期より楽しく、悩み少なく過ごせているなと感じます。 ついでにフチ子さんの写真もつけておきます。ご存知ですか?コップのフチ子さんを!最近のコップのソコ子さん、なんてのも発売されたと聞きました。とにかくこのフチ子さんを外に連れ出して写真を撮るのが密かな趣味なのですが、これまたこちらの人たちに大人気です。特に写真サークルでは、みんなフチ子に興味津々です。かわいい!と大人気でフチ子の撮影会が始まったりします。どこで手に入れたの?とよく聞かれ、日本から持ってきたというと、いいなー!日本行きたいなー!といわれます。うれしい限りです。             ではでは、今月もこの調子で元気にがんばっていきたいと思います!今月はMid semester breakがありますがThe end poverty road tripというオーストラリア中の1000人の生徒が参加するキャンベラまでのバス旅に参加する予定です。 宮城 万智
カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】クイーンズランド大学(宮城万智) 2014年8月

近況報告ついに二学期という後半戦が始まりました。七月中は何をしていたかというとメルボルンに旅行したり友達とマーケットに行ったり割とのんびり過ごしてしまった感じがします。が、七月後半はちょっと忙しくなりました。というのも、ついに例のアコースティックギタークラブ、UQASが本格始動です。署名集めやプレジデント会議、新歓に備えての繰り返し部会や準備、そしてついこの前30日は新歓でした。まだ仮公式クラブという位置ですが公式になるのはほぼ確定なので新歓に参加させてもらえたのです。そしてなんと今のところ113人集まりました。今でも新歓行き損ねた!という人たちからメッセージが来ているのでまだ増えそうです。これだけ需要があったということで、いろんな人からこんなサークル探してた!ありがとう!という声をいただけてすごく嬉しい反面まだまだ自分がプレジデントらしくないのでいろいろと不安です。でもcommitteeメンバーには金子さんや頼もしい秘書や会計がいるし、成長するチャンスなので楽しいサークルにできるよう精一杯頑張ります! ではでは!日本は猛暑と聞きましたので熱中症にお気をつけてくださいね。私も体調管理気をつけます!  
カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 クイーンズランド大学(宮城万智) 2014年7月

 こんにちは。試験を終えて以来(つまり一人牛タン以来)、テーマパークやWhale watchingなど毎日予定があって、良い意味で忙しく、楽しく過ごしています。 先日はフレーザー島へのキャンプツアーに参加して来ました。海も綺麗でしたが、何より島にある湖が本当に綺麗でした!水が透明!感激でした。ちょっと寒かったけどここで泳がなかったら一生後悔すると思って泳ぎました。満足! そして実は私、今新しいクラブを設立しようと試みてます。その名もUQ Acoustic(UQA)です。主にアコースティックギタープレイヤーのためのクラブです!UQほどの規模だからありそうなのになかったんです。大きな吹奏楽みたいなクラブならあるんですけどね。なんとなくギター弾く友達欲しいなって思ったので、そうだ作ってしまえばいいんじゃないか!となって勢いでUQ生たちのFBページに軽く投稿してみたところ大きな反響がありました。私と同じように、そんなクラブを探してたんだよって人がたくさんいたので、まずはFBでグループを作りました。今のところ72人くらいメンバーがいます。 そして今日はUQAの記念すべき第一回目のmeet & greet jam sessionでした!グレートコートでギター持ち寄って音楽を楽しみました。 これからこのクラブをUQで公式化するためにいろんなことをしなければいけないのですが、とりあえずできるとこまでやってみたいと思います!公式化すれば教室を借りたりしてライブやworkshopができるので!私は全くリーダータイプじゃないのですがここにいる間は頑張ってpresident務めてみます(笑)Wish me luckです。 では!                      
カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 クイーンズランド大学(金子光) 2014年8月

こんにちは。UQの金子です。日本ではもうすぐ夏休みだと思いますが、こちらは冬休みが終わり、2学期がスタートしたところです。オーストラリアにきてからの半年間で、あちこち旅行することができたので、今回は改めて、オーストラリアの都市(シドニーは以前書いたので割愛)についてお伝えしようと思います。   クイーンズランド大学があるのはBrisbaneというオーストラリア第3の都市です。SydneyやMelbourneほどの都会ではありませんが、Gold CoastとSunshine Coastという2つの有名なビーチが近く、Sydney, Melbourne, Cairns, Canberraの各都市へは、いずれも飛行機で2時間圏内です。その他にもPerth, Darwin, Alice Springs(ウルルで有名), Tasmania, New Zealandへの直行便もあります。11月には、ここBrisbaneでG20が開催されることもあり、今まさに活気づいています。   Brisbaneから車で30分ほどのGold Coastは、サーファーが集まるビーチとビーチ沿いに並ぶ高層ビルの景観で観光スポットとして有名ですが、電車もあり、週末に気軽に行くことが出来るので学生にも人気です。オーストラリアの3大テーマパークも近くにあります。ムービーワールドという、日本でいうUSJ的なパークでは、バットマンやウィリーウォンカにカタコトの日本語でさらっと挨拶されました。さすがオーストラリア(笑)      Cairnsは日本人にも大人気の観光地ですね。Great Barrier Reefでのダイビングやシュノーケルツアーがやはり人気です。間近で見られる綺麗なサンゴ礁にはとても感動しました。その他にもKurandaという熱帯雨林が有名で、海と山の両方を存分に堪能できます。       Melbourneは、オーストラリアの文化の中心であり、景観も他の都市とは異なっていました。独自に発達したカフェ文化が有名で、大体どこのカフェに入ってもおいしいコーヒーが飲めると思います。多くの歴史的建築物があり、街中をトラムが走っている景色はとてもユニークです。個人的には「世界一美しい海岸道路」とも言われるグレートオーシャンロードを、レンタカーでドライブできた事が最高に気持ち良かったです。     というわけで、各都市への簡単な旅行記をお送りしました!
カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 クイーンズランド大学(金子光) 2014年7月

クイーンズランド大学に留学中の金子です。あっという間に、留学期間のちょうど折り返し地点になり、こちらは冬休みに突入しました。さすがにオーストラリアでも真冬にさしかかると、特に夜は冷えるので、温泉が恋しくなるこの頃です。とはいってもさすがオーストラリア、太陽の日差しが強い昼間は結構暖かいです。先日ゴールドコーストに行きましたが、25℃を超えていたので半袖で過ごしたほどです。こんなにサンダルとTシャツが活躍する1年はいままでにありません。   さて冬休みになったわけですが、テストから解放された僕たちは、旅行したりバイトに勤しんだりと、各々自由な時間を満喫しています。学期中はなかなかの忙しさなので、仲良くなった友達を誘って出かけるのにももってこいのチャンスです。BBQやピクニックをしたり、レストラン、バーなんかに集まったりするのがこちらの学生の定番ですね。シェアハウスに友達を呼んでパーティをすることもしばしば。先日は友達を招いて日本食を振る舞いました。お好み焼きはオージーに安定の人気を誇ります。焼きカレーも作ってみたんですが、これが意外と大人気だったのが北九州市民としてうれしかったです(笑)   また、勉強がひと段落したこともあり、クラブ活動や学外での活動にも本腰を入れ始めました。UQではWasabi(過去レポート参照)だけでなく、UQ Japanese Taiko Drumming teamに在籍しており、週1回の合同練習に励んでいます。このチームは4か月前に結成されたばかりで、メンバーのほとんどが太鼓未経験者ですが、練習を重ねてついに先日初めてのパフォーマンスを成功させたばかりです。今現在15以上の国と地域出身の仲間たちと、日本文化を共有できることが本当にすばらしいと感じますし、練習もとても楽しいです。僕自身もオーディエンスの前で演奏するチャンスが近々あるので、日本人として伝えられることを考え、さらに練習を頑張りたいと思っています!   もうひとつ、UQ Acoustic Societyという非公式の音楽クラブにも加入したのですが、こちらは我らが北九大の、牛タン大好き宮城さんをリーダーとして、今まさにUQの正式なクラブにすべく着々と準備を進めています。これが達成されれば、校内でコンサートを開けたりワークショップを開催できたりします。僕もCommitteeの一員として活動をサポートしつつ、メンバーとの音楽を通じたコミュニケーションを楽しみたいです。   写真はW杯期間中ナショナルカラー(ゴールドとイエロ―)にライトアップされていた、ブリスベンのストーリーブリッジと、UQASの練習風景、そしてパフォーマンス前のUQ Taikoメンバーと僕です。         
カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー