posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】クイーンズランド大学 田原明希 2017年8月

 こんにちは。外国語学部英米学科の田原です。クイーンズランド大学の冬休みは、6月下旬から7月上旬までの約1ヶ月間です。苦しかった授業やテストも終わり、この1か月間は全力で楽しむことができました。    休暇前半には、人生初のスキューバダイビングに挑戦しました。友人と挑んだのですが、これが壮絶な体験になるとは想像もしませんでした。格安で、しかも優雅なクルーズ付き(と思い込んでいた)のツアーを見つけ、期待を胸に船に向かいました。しかし乗り込むと優雅とはかけ離れた光景が広がっており、他の観光客と押し合い圧し合いしながら船が進み始めました。揺れが大きく皆次々と嘔吐し始め、一瞬にして地獄絵図と化しました。それでもアクティビティを楽しみ、ツアーは終了したのですが、そのあと悲劇が待っていました。友人はツアー後も吐き気に苦しみ、船酔いにならなかった私もその晩嘔吐が止まりませんでした。宿泊先では順番にトイレに駆け込み、翌日まで症状が続きました。後で調べると、船酔いではなく「減圧症」という、酸素の調整ミスなどにより起こる症状でした。ひどい場合は死に至ることもあるようで、ぞっとしました。マリンスポーツはオーストラリアならではの魅力的なアクティビティですが、何も知らずに挑むと危険です。格安ツアーにも注意です!それでも、あのグレートバリアリーフで綺麗な魚や生きたサンゴ礁が見られたこと、友人と共に苦しんだことさえも、今となっては良い思い出です。    休み後半は、高校時代に留学していた南オーストラリアのマウントガンビアを訪れ、お世話になったホストファミリーや友人と残りの休暇を過ごしました。4年ぶりの再会は涙が出るほどうれしく、懐かしい気持ちになりました。長期間にもかかわらず、再びステイを快く許してくれたホストファミリーに感謝しています。帰りにはメルボルンで観光もでき、充実した時間が過ごせました。さて、マウントガンビアはアデレードとメルボルンの間にある小さな町です。娯楽は少ないですが、ブルーレイクという湖があり、11月頃になると絵具で染めたように真っ青になり、とてもきれいです。かなりマイナーではありますが、王道の観光地では物足りないという方にお勧めです。    今は2学期が始まったばかりで緊張していますが、今回も何とか乗り越えるつもりです。新しいルームメイトも迎え、残りの留学生活も楽しく頑張れそうです。     <メルボルンの Flinders Street Station> 時計はそれぞれの電車の出発時刻を指しています。     <Brighton beach のカラフルな家> 中にはこんなユニークなものもあります。
カテゴリー: 2016春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 クイーンズランド大学 内海佑珠 2017年7月

 こんにちは。7月の留学レポートを担当させていただきます、外国語学部英米学科の内海です。  日本はこれから暑さが増す時期だと思いますが、こちらブリスベンは一年で一番寒い時期を迎えています。と言っても日中は20度まで気温が上がり、朝晩の最低気温は10度程度なので、日本で言う、秋です。ですが、これまで約4か月間Tシャツ一枚で過ごしていた私にとっては寒く、早く温かくならないかなと思っています(未だにノースリーブと短パンで出歩く人も見かけますが)。そんなブリスベンから、今回は食事情についてお伝えします。    まずは、ブリスベンに来たばかりの時驚いた出来事です。   かき醤油をご存じですか? 私の地元広島の牡蠣から抽出されたうま味エキス入りの醤油です。ブリスベンの日本食スーパーで見つけました!かき醤油(公式HP https://www.asamurasaki.co.jp/item/?category=1&ref=top) 小倉のスーパーでは売っておらず、帰省する度に購入し、北九州でも使っていたくらい大好きだったのですが、まさかこんな場所で出会うとは!感動です。食卓に欠かせない存在として、大活躍中です。何ともみじ饅頭も売っています。ここはもう広島でしょうか…?(笑)この日本食スーパーは、私は普段、ラーメンやだしを買いに月に一回ほどお世話になっています。おかげで、日本食には困りません。    ブリスベンはさまざまな国籍を持つ人々が生活する都市ですが、レストランも多国籍です。中華やイタリア料理は小倉でもよく見かけますが、ここでは人気のある日本食レストランに加えタイ、ベトナム、インド、メキシコ、ギリシャ、さらにはカンボジアなどあまり日本では見かけることのない国のレストランもあります。 中華街とは別に、アジア料理レストランが集まる地域もあり、友人と外食する時は、今日何を食べる?というように何料理食べる?と話します。    こちらは、私が一番好きなインドカレー。20種類以上もある本場のカレーとナンを楽しむことができ、平日でも夜は満席になるほど人気のお店です。    続いて、ブリスベンのカフェを簡単にご紹介します。カフェといえばオーストラリア南部のメルボルンが有名ですが、ブリスベンも負けていません。グルテンフリーやビーガンに対応したメニューが充実していて、見た目も華やかで食べるのがもったいないです。   カラフルなラテアート。   ブリスベンでは、ほとんどのカフェでコーヒーにラテアートを描いてくれます。   週末に友人と出かける時は食事も楽しみの一つです。    このように、ブリスベンには様々な種類の料理が日常に溢れていて、飽きることがありません。今後も引き続き、食も楽しみながら過ごしていきたいと思います。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
カテゴリー: 2016春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 クイーンズランド大学 内海佑珠 2017年5月

 こんにちは、今月の留学レポートを担当させていただきます、英米学科の内海です。ブリスベンには最近やっと秋がやってきました。日中はまだ半袖で過ごすこともありますが、特に朝晩は肌寒くなり、羽織り物が欠かせません。今回はブリスベンが運営するイベントと休日の過ごし方についてお話しさせていただきます。   English Conversation Class 図書館で開かれている英会話クラスです。ブリスベン内のいくつかの図書館で開かれており、私が参加した図書館では週に3回開かれています。この会話クラスを通じて英語力を向上させたい人、友達を作りたい人などが集まり、トピックに沿って4,5人の輪になって約1時間話します。参加者はクイーンズランド大学以外で勉強している留学生やワーキングホリデーで来ている人など、普段大学では出会わない人たちに会って話をすることができるので出会いも広がり、英語を話すいい機会になると思います。   Yoga ブリスベンの至る所で教室が開かれており、誰でも気軽に無料で参加することができます。私はブリスベン中心部にある公園で行われているヨガに参加してきました。屋外で芝生の上で行うヨガは心地よく、途中で眠くなるほどでした。   今回紹介したものはほんの一部で、ブリスベンには自分の好きな時に気軽に参加できるイベントが充実しています。この他にも、music liveやcultural festivalなどが毎週のように開催されています。またブリスベンの公式HPではさまざまなイベントが紹介されているので、見るたびに街の新たな発見があり、楽しいです。   川沿いから見たブリスベン中心部   話が変わりますが、先日約1週間のMid-semester breakを利用してMoreton Islandへ小旅行をしてきました。ブリスベンからフェリーで1時間15分という、気軽に出かけられる距離にあります。主にマリンアクティビティを楽しむことができるのですが、私はシュノーケリング、イルカの餌やりなどを体験し、時間を忘れてゆったりとした時間を過ごすことができました。 都会から少し離れるだけでこのような綺麗なビーチがあるのは、オーストラリアならではだと感じます。     ホテルの部屋から見た日没   ブリスベンが位置するオーストラリア東海岸には、有名なゴールドコーストの他にも綺麗なビーチや豊かな自然が残る国立公園がたくさんあるので、休日を利用して訪れたいと思います。   大学では1学期が半分終わり、授業は残り5週間となりました。プレゼンテーションやレポートの提出が迫っていますが、清々しい気持ちで冬休みを迎えられるよう気を引き締めて取り組んでいこうと思います。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
カテゴリー: 2016春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 クイーンズランド大学 田原明希 2017年4月

 こんにちは。外国語学部英米学科の田原明希と申します。今回初めて留学レポートを担当させていただきます。よろしくお願いします。  留学生活がスタートし、1か月が経ちました。初日から案の定トラブル続きで、途方に暮れることばかりでした。やっと少しずつ慣れてきたようには思いますが、まだまだ毎日必死に生きています。 中でも特に苦戦したのは交通機関です。過去の先輩方のレポートと内容が被ってしまうかもしれませんが、今回はそのことについて書きたいと思います。ブリスベンでは通学にも買い物にも何かとバスを使うのですが、乗り降りは気を張って構えていないと失敗してしまいます。 まず自分のバスが来たら手を挙げてアピールしないと停まってはくれません。そして気を付けないといけないのは時間です。バスが遅れるというのは予想がつくと思うのですが、早く来ることもあります。 そして早く到着すれば、そのまま予定時刻は待たずに行ってしまうので、余裕をもってバス停に着いておく必要があります。自分のバスに乗れても気は抜けません。バスの運転手さんはせっかちで、素早く席に着かないとバスは急発進し車内で転んでしまうので注意が必要です。 バスが満員で席がないときはもっと注意が必要です。つり革を片手に携帯をいじるなんてもってのほかです。特にブリスベンは急な坂が多いので、しっかり両手で柱やつり革を持っていないと吹っ飛ばされてしまいます。 そして最も困難なのは降りるタイミングです。ブリスベンのバスは日本のように次のバス停を表示してはくれません。ですから自分が今どこにいるのか、どのタイミングで降車ボタンを押すのか、またどのバスがどのバス停に停まるのかをきちんと把握しておく必要があります。 しかし、ブリスベンでは公共交通機関は学割を使えば非常に安く、しかも乗り換えは無料です。例えばバスで買い物に行って、一定の時間に買い物を済ませ、帰りもバスを使えば、帰りのバス代は無料になります。また、私もよく把握していないのですが、1週間に10回利用すると、その週の残りはすべて無料になるという決まりもあるそうです。例えば木曜日までに10回バスを利用すれば、その週の金土日はバスに乗り放題ということです。 私はまだまだバスは緊張しますが、上手に使えば気軽に色々な所へ行くことができるので、留学を考えている方は、参考にしていただければと思います! 本当は授業のこと、街のことなども書きたかったのですが、交通機関の話が長引いてしまったので今回はこれで終わらせていただきます。大好きなオーストラリアで学べることにとても感謝しています。でもきっと一年なんてすぐ終わってしまうのだと思います。とにかく確実に成長して帰国できるよう、気を引き締めて頑張ります。 砂糖を盗みにやってきたオウムの写真を載せます。都会にも色んな種類の鳥があちこちにいて、人間と共存しています。動物園に行かなくてもこんなに近くで見ることができ、オーストラリアに来た!という感じがします!!  
カテゴリー: 2016春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 クイーンズランド大学 内海佑珠 2017年3月

はじめまして。オーストラリアのクイーンズランド大学に留学しています、外国語学部英米学科の内海佑珠と申します。これから10か月間留学レポートを担当させていただきます。よろしくお願いいたします。2月中旬に日本を出発し、こちらに来て約2週間が経過しました。今回はこちらでの生活と大学の雰囲気についてお伝えいたします。 まず、私は大学からバスで10分ほどの距離にあるシェアハウスで生活しています。5人でキッチンとリビングルームを共有しており、ルームメイト4人のうち3人はオーストラリア出身、もう一人はエクアドル出身です。皆とても親切で日本から来た私を温かく迎えてくれました。留学生活の楽しみの一つでもあったシェアハウスですが、ルームメイトにも恵まれ、楽しく生活しています。 次に大学についてですが、規模が大きいだけでなく、勉強する環境が整っていて快適に過ごすことができます。何棟もある図書館は朝早くから夕方まで空いており、中には24時間利用可能なものもあります。カフェやスポーツセンター、バーもあり、勉強の息抜きに最適です。初めてキャンパスを訪れた時は、写真で見て憧れていた景色が目の前に広がって感動しました。とても綺麗で素敵なキャンパスです。加えてこの大学の国際色豊かな環境についても触れたいと思います。クイーンズランド大学には世界100ヵ国以上から学生が集まっており、私のような交換留学生(exchange students)だけでなく、オーストラリア以外の国出身で、クイーンズランド大学で1年生から卒業まで過ごす留学生(international students)も多く在籍しており、本当に多くの国籍や文化が交じり合っています。 写真はオリエンテーションウィーク中に開催されたMarket Dayの様子です。約190もの団体が新入生や留学生の勧誘を行っていてフェスティバルのような盛り上がりでした。 いよいよ今週から授業が始まりました。ここで勉強できるということに感謝の気持ちを忘れず、充実した留学生活を送ることができるように、何事にも積極的な姿勢で取り組んでいきたいと思います。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
カテゴリー: 2016春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート
{z[