posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】タスマニア大学 渡嘉敷泰斗(2015年12月) 

こんにちは。渡嘉敷です。 長らく更新を怠ってしまい申し訳ありません。タスマニアでの留学生活は終了したのですが、最後の総括としてレポートを書かせていただきます。よろしくお願い致します。 オーストラリアを出る最後の1か月間ほどはたくさんの出来事がありました。まず後期が終わり1週間のスタディブレイクをはさんだ後の試験。やはり試験はストレスが溜まりますね(笑)しかし、試験が終わった後の長い休暇をモチベーションに、私も含め、みんながんばっていました。 試験が終わった後、実は住む家がなくなってしまいました(笑)なぜ家がなくなってしまったのか、過程はいろいろあったのですが、ざっくりいうと家の契約期 間が切れて引っ越しせざるをえなくなってしまいました。しかし幸運なことに家がなくなってからタスマニアを出る1週間は、私が日本語を教えていた生徒のう ちの1人の家に、部屋が余っているということで、ステイすることができました。そのステイで1番印象に残っていることは羊の世話をしたことです。その方は 羊を100匹程飼育しており、羊のファーム体験は日本ではなかなかできない体験のため、すごく新鮮でした。 先程も少し述べましたが、私は日本語をマンツーマンで教えるチューター的なボランティアを留学中にずっと行っていました。これはUTASのJapanese Society のLEPP(Language Exchange PartnerProgram)という制度や友達からの紹介で出会った方に1週間に1回程度日本語を教えていました。最終的に後期は高校生やUTASの学生、社会人やお じいちゃんといった4人の生徒を受け持っていました。私は、少しの期間ながら、日本語を英語で教えるという立場を経験することができて本当によかったと感 じています。なぜなら日本的な概念や考え方をもっていない外国人(オーストラリア人)の観点から日本の言語や文化、生活をみることができたし、英語でどの ように上手く日本語の説明や日本のことを伝えるか私も勉強になったためです。日本語を教える立場でしたが、彼らから日本のことについて考えさせられたり、 教えられたりすることも多かったです。私が思っているよりもタスマニアでは日本に興味がある人、日本語を勉強している人、日本にルーツがある人が多く、そ のような人たちとつながりを持てたことはとてもよかったと感じています。 そしてタスマニアを出てからは少し一人旅をしてきました。オーストラリアを訪れたら見てみたかったエアーズロックを間近で見ることができてよかったです。留学中はオーストラリアの様々な都市を訪れることができたため、満足です。 留学生活が非日常から日常になるにつれて私のライフスタイルはオーストラリア仕様になってきていました。意外にもオーストラリアの環境は私に適しており、 そのことを知ることができただけでも長期留学をしたかいがあったと感じています。新たな趣味や自分の好きなことも見つけることができたし、友達もたくさん できました。幸いにも大きな病気やケガもなく、人にもたくさん恵まれ、日頃の行いがよかったんだなと感じております(笑)このような機会を与えてくれた国 センの方々や親、支えてくれた人たちに感謝したいです。そして、わざわざ最後までレポートをお読みいただきありがとうございました。 これで2015年春派遣タスマニア大学の留学レポートを終わらせていただきます。
カテゴリー: 2014春, タスマニア大学, 留学レポート

【留学レポート】タスマニア大学 渡嘉敷泰斗(2015年9月)

こんにちは。UTASに留学中の渡嘉敷です。ここタスマニアでは日が長くなり、だんだん暖かくなってきました。今回はタスマニアの衣食と観光についてのレポートです。 タスマニアはオーストラリアの一番南(南極側)に位置しているため、年中温暖なケアンズやゴールドコーストとは違い、本格的な冬がありました。そのため、 寒いです。そう、寒いのてすが、冬の時期でも中々の頻度で半袖だったり半ズボンだったり、はたまた裸足で外を歩いているオージーに出くわします。今までの ところのMVPはこの写真の男性。 気温は昼間でしたが一桁台。寒い素振りなど全くせず、裸足、半ズボン。半袖ではないですが、肘のところは破けているのがわかります。やはり身体や肌のつくりが日本人とは違うんだろうなと思いました。 続いてここでの食事情です。タスマニアにはColesとWoolworthというスーパーがあるのですが、基本そこで何でも手に入ります。種類は少ないの ですが、日本食もそこで買うこともできます。印象としては、主食系(パンや米、パスタ)は結構安く買うことができるので、ありがたいです。 また、外食に関しては、日本の外食と比べると少し高くつくと思います。しかしチップ制度はないので、正直安心です(笑) お酒やコーヒーも高めですが、Happy Hourといい少しドリンクが安くなる時間帯がある店もあります。主にお酒を提供する場、そしてピークの時間帯の前に行われることが多いです。 また、オーストラリアに来た際はオーストラリア特有の食材を食べてみて下さい。個人的に食べてほしいのは、ベジマイトとBeetrootです。ベジマイト はパンに塗るジャム的なもので、Beetrootはピクルスのような野菜です。どちらも味は日本人の口に合うとは思いません(笑)ですが、オージーはこぞって食べます。不思議です。 次はタスマニアの観光についてです。タスマニアに来た際は自然を思いきり満喫してきてほしいです。タスマニアにはたくさんの国立公園や自然保護区があり、 そこでのブッシュウォーキングは凄く気持ちがいいです。私は最近ワイングラスベイやマライア島というところに行ってきました。山に登ったのでウォーキング というよりは後半ボルダリングみたいになってしましましたが、頂上からの景色はすごくきれいでした。タスマニアには他にも様々な国立公園があるので、訪れた際はぜひ足を運んで、自然を見て回ってみてください。 2学期も後半戦にさしかかり、大きな課題が山積みですが、気を引き締めてがんばりたいと思います。 以上9月の留学レポートでした:)
カテゴリー: 2014春, タスマニア大学, 留学レポート

【留学レポート】タスマニア大学 財前早紀 (2015年8月分)

こんにちは。タスマニア大学に留学中の財前早紀です。今月は私が担当させていただきます。よろしくお願いいたします。日本ではお盆が過ぎ残暑の厳しい季節かと思いますが、こちらは二週間ほど前に雪が降りました。冬を越すのはもう少し先になりそうです。 さてこちらの近況ですが、私は寮から大学近くのシェアハウス移り住んでいます。ハウスメイトのうち2人はタスマニア現地の方なので、ネイティブの英語に接する機会がとても増えました。またハウスメイトの中にはアフリカから来られている方もいらっしゃいますので、その方の国や文化について知ることができました。シェアハウスに住むのは初めてである私ですが、皆さんはとても優しく接してくださり毎日を快適に楽しく過ごせています。 勉強のほうは一学期と比べて比較的慣れたのか、予習復習のやり方もよりよくなっているのではないかと思います。これからレポートや課題も次第に多くなってくると思うので気を引き締めていきたいと思います。 一方学校外のことなのですが、友人の勧めで市内のカフェのお手伝いを始めました。アルバイトのように賃金は出ませんが、カフェでの仕事の様子やコーヒーの淹れ方などを学ぶことができます。実際に従業員の方々が働いていらっしゃるのを見て、こちらでの接客は日本と比べ、従業員と顧客の距離が近く、そしてとてもフレンドリーだと感じました。お手伝いを開始してからまだ日は経っていませんが、これからこのお手伝いを通してより多く英語に触れ、良い経験を積んでいきたいと思います。   最後に北九大に留学に行っていた友人とこちらで再会することができました。日本語がとても伸びており、驚き、そしてうれしく思いました。これからも頑張ってください。   それでは今回はここまでとさせていただきます。ありがとうございました。  
カテゴリー: 2014春, タスマニア大学, 留学レポート

【留学レポート】タスマニア大学 財前早紀 (2015年7月)

暫く更新を怠ってしまい申し訳ありません。今月は私が担当させていただきます。 さて、第1セメスター後の休暇も終了に近づき第2セメスターが始まろうとしています。この休暇中はシドニーやメルボルン、ブリスベンなどを旅行する生徒が多く、また日本に一時帰国する人もおり、皆思い思いの時間を過ごしているようです。気候は真冬に近づいており、10℃を下まわることも珍しくありません。寮や学校で雪はほとんど見られませんが、山頂では地面が雪で真っ白に覆われており、とても綺麗です。そのマウントウェリントンの頂上ではタスマニアを一望でき、その雄大な景色に圧倒されます。 ボノロングという動物園では有名なタスマニアンデビルをはじめ、ウォンバットやコアラなどの動物を見ることができます。また園で配布される餌をカンガルーに与えることも可能です。 タスマニアに行かれる方はぜひこの二つの観光地に一度足を運んでみてください。 少々短いですが、以上で今月のレポートを終了させていただきます。ありがとうございました.。           上部二つの写真はマウントウェリントンの景色で 3枚目がタスマニアデビルで一番下がコアラです。(小さくてすみません 笑)
カテゴリー: 2014春, タスマニア大学, 留学レポート

【留学レポート】タスマニア大学 渡嘉敷泰斗 (2015年6月)

こんにちは。 UTASに留学中の渡嘉敷です。 6月に入ってタスマニアでは本格的に冬のシーズンが始まりました。寒さ的には北九州の冬とそんなに変わらないような気がします。なので寒いです。今回は学校と住まいのことについてのレポートです。 UTASでの一学期の講義は5月で全て終了しました。一学期が終わるころの5月は課題の締め切りや6月にある試験の準備などで生徒はみな忙しいです。私もエッセイやグループプレゼン、毎週出るプチクイズやグループでのエッセイがあり例外ではありませんでしたが、なんとか乗り越えることができてよかったです。そして6月は、先ほども少しふれたように試験期間であり、生徒たちはもうひと踏ん張りという感じです。 試験は北九大のように○曜日の○限だから、試験の時間も○曜日の○限、というわけではないため、試験のスケジュールが出るまで自分の試験がいつどこで行われるかは予想がつきません。ちなみに私の場合はなんと試験 期間の初日(しかも土曜日)に全ての試験があったため、みんなより一足早く冬休みが実は始まりました。また、試験が行われた場所は驚いたことに、UTASの中にあるバーで行われたこと。普段はお酒などを提供している場所が机がびっしり並んだ試験会場に変わっていて、日本じゃたぶんありえないだろうなと感じました。 次は住まいのことについてです。留学中で気になることの一つに住まいをどうしようかと悩む方も少なくないと思います。私は以前学校の寮に住んでいました が、最近引っ越しをして今はシェアハウスで暮らしています。 タスマニアに留学する際、初めは寮がいいと思います。なぜなら、大学の寮なので住んでいる人は みな学生であり、また寮のイベントなどが定期的に開かれる(特に講義が始まる前の一週間は毎日ある)ため友達ができやすいです。また、大学からも近いですし、セキュリティに関してもばっちりです。なら、なぜ私が引っ越しをしたかというと、寮は家賃が高く、またオーストラリアではすごく一般的なシェアハウス を一度経験してみたかったからです。オーストラリアでは学生はもちろん、カップルや社会人もシェアハウスに住んでいる人が多いです。シェアハウスを探す際には友達の紹介やGumtreeというサイトから検索して探しました。さまざまな家を実際に見て回った結果、今はGumtreeから見つけた物件に暮らしています。シェアメイトはマレーシアとシンガポールのUTASの学生で、オージーの英語とはまた違い、発音が二人ともすごくクセがあるので、おもしろいです。これからはこの新しい環境で楽しんでいきたいです。 写真は家の近くで毎週土曜日に開かれるサラマンカマーケットの様子とgumtreeのロゴです。 以上、6月のレポートでした:D
カテゴリー: 2014, 2014春, タスマニア大学

【留学レポート】タスマニア大学 渡嘉敷泰斗 (2015年4月)

みなさん初めまして。4月で新3年になる外国語学部の渡嘉敷泰斗です。私にとって初の留学レポートとなります。これからよろしくお願いします:) 今回はここタスマニア大学(UTAS)での講義や施設についてと、イースターブレーク中のメルボルン旅行についてレポートを書かせていただきます。 4月になって新しい学年が始まったと思いますが、みなさん新しい環境には少し慣れたでしょうか?? UTASではもう一学期も残り半分程となってしまいました。ここの講義ではUTASのウェブサイトからオンラインで受ける講義やチュートリアルといい少人 数(主に15から20人程)でグループディスカッションやグループワークを行う授業など、講義のシステムは全然日本にいる頃とは違います。また、毎週出る 課題やエッセイなどの提出は全てウェブを通して行うため、初めは少し戸惑いました。 学校の図書館は24時間365日(ここでは24/7; 24 hours a day, 7 days a week) 開いているため、遅くまで残って勉強している人も多いです。(たまにネットで遊んでいる人もいますが…)図書館の中はきれいで暖かいため、私もよく利 用しています。また、校内にはカフェやジム、病院やバーもあるため施設は充実しているとおもいます。また、港が近くにあるので、景色もすごくいいですよ!! 次にイースターブレークでのメルボルン旅行についてです。タスマニアからメルボルンまでは飛行機で1時間ちょいなので割と気軽にアクセスすることができま す。メルボルンの中心街のシティはすごく都会で、正直タスマニアの中心であるホバートとは比べ物になりません。(笑)シティの中をトラムという路面電車が 走っており、イースターブレークということもあってか人も多くすごくにぎやかでした。 また、グレートオーシャンロードという海沿いの道を車で走り、様々なスポットを見てきました。中でも一番有名な場所である12人の使徒(Twelve Apostles)は壮大の一言。訪れた時間が夕暮れの時だったということもあり、目に焼き付けることができました。12人の使徒を訪れる前に大渋滞に遭遇したのですが、そのおかげでベストタイミングで到着できたと思えばラッキーです。(笑) この旅行中で一番驚いたことは、私と同じ時期にクイーンズランド大学に留学しているまなちゃんとメルボルンシティ内のクイーンビクトリアマーケットという 場所でたまたま偶然バイアクシデントで会ったことです。彼女もメルボルンに旅行中で、2人とも「本物だよね??」と確認しあってました。(笑)  タスマニアに留学する際はメルボルンにも訪れてみてください。様々な出会いがあると思います:D 最後までお読みいただきありがとうございました。では、また(^^)/~~~      
カテゴリー: 2014春, タスマニア大学, 留学レポート

【留学レポート】タスマニア大学(財前早紀)2015年3月

このレポートをご覧になっている皆様、初めまして。今回オーストラリアのタスマニア大学の交換留学生となりました、財前早紀と申します。今月は私がレポートを担当いたしますので、宜しくお願い致します。 日本とは季節が真逆なタスマニア。日中は日差しが強く乾燥していますが、朝晩は肌寒さを感じます。これから此方への留学や語学研修を考えていらっしゃる方は、衣服の調節ができるように荷物をご用意された方が良いかと思います。先週から授業も始まりました。講義形式のレクチャーと少人数授業のチュートリアルがありますが、どちらも私にとってはついていくのがやっとです。学習に関しての情報は学校のウェブサイトを介して提供されることが多いので、日々欠かさずチェックし、予習復習に役立てたいと思います。さて授業以外に関してですが、授業が始まる数日前から寮で数々のイベントが行われ、いくつか参加させていただきました。また週末は友人とシティに出かけたり、誕生日パーティーに出席したりしました。その中で現地の方々は勿論のこと、オーストラリア外の多くの留学生たちと話すことができ、とても楽しい毎日です。 まだまだ勉学、日常生活共に不慣れなことも多いですが、折角の留学です。与えられた時間を精一杯楽しみ、そして充実したものにしていきたいと思います。       
カテゴリー: 2014春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】タスマニア大学 吉田進太 2014年10月

みなさんこんにちは。文学部比較文化学科4年の吉田です。留学レポートの更新を怠ってしまい申し訳ありません。 今回は、大学での授業、WASABIの活動について報告したいと思います。 前期の語学学校の課程を無事卒業でき、後期から大学の授業を受けています。現在は Gender&World、Love, Family and Sexuality と Japanese Filmの3つを履修しており課題のエッセイ、膨大な量のリーディングに苦しめられています。笑リーディングに関しては、毎週の授業前に読んでいることが前提で、先生の話が進んでいくため予習をしていないと授業についていけなくなります。エッセイは、語学学校でフォーマットなど学習していたので意外と良い評価を貰うことができました。授業でわからないことがでてきても、友達、先生、チューターが丁寧に教えてくれるので助かっています。また授業はレコーディングされているので、後から復習することもできるので授業で聞き逃したところなど、後から図書館で聞き返しています。(写真は、Japanese Film、Gender&Worldのテキストです。書き込みが汚いですね.笑)    次に、WASABIの活動についてです。ここ数ヶ月間でWASABIでは大きなイベントを開催しました。先日、Japanese Food Stall、Japanese Weird  Film Night などを開き、多くの人が集まりFood Stallでは、アジアンフードショップと交渉しポッキーやラムネなど安く仕入れ、自分たちでおにぎりやどら焼き、マフィン(日本食じゃない.笑)などを作り、販売しました。Weird Film Nightでは日本の奇妙な(気持ち悪い?)映画を鑑賞し、お好み焼きやカレーを販売しました。どちらのイベントも成功し、次回のイベントもただいま計画中です!(Film NightのチラシとFood Stallの写真です)   最後に、タスマニア大学で勉強する時間も残り約1ヶ月となりました。長いようで、意外と短い留学生活。あっという間に時間が過ぎていきました。残り1ヶ月間はテストに向けての勉強で忙しいと思いますが1日1日を無駄に過ごすことのないように過ごしていきたいと思います。(Foreign Food Partyにて)  
カテゴリー: 2014春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 2014年7月

皆さん、こんにちは。文学部比較文化学科の吉田進太です。留学レポートも早いもので5回目の投稿となります。 先月の初めに語学学校の最終試験がありました。結果は無事合格。試験はリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの4つでした。個人的に苦労したのはスピーキング試験のディスカッションでしたが、合格できたので安心しています。写真は語学学校最終日にクラスメートと一緒に撮った写真です。   試験後には、大学で日本語の授業を履修している学生とピザパーティーや車で日帰り旅行をしました。ピザパーティーでは、Nickさんが美味しいピザを振る舞ってくれました。日帰り旅行では、国立公園にあるラッセル・フォールズ、マウント・フィールドに行きました。そこではタスマニアの壮大な自然を体感することが出来ました。写真はピザを作るNickさんとラッセルフォールズです。                Japan Society (WASABI) の活動についてです。私は伊集院怜美さんが代表を務める LEPP(Japanese Exchange Partner Programme)に参加しており、先日パートナーのお家に招待され、夜ご飯をごちそうになりました。写真はそのときに家族全員で撮影したものです。お父さんは写真に凝っていてNikonの一眼レフでこの写真を撮ってくれました。   さて、最後はセメスターブレイク中の3泊4日シドニー旅行についてです。シドニーまでは片道70ドル程で、メルボルンほどではないですがタスマニアから気軽にアクセスできます。シドニーでは、オペラハウス、ハバーブリッジ、ブルーマウンテンズなど有名な観光スポットをみてまわりました。写真では伝わりにくいですが、世界遺産であるブルーマウンテンズは見物でした。高所恐怖症の私ですが、それを忘れるくらい壮観な眺めでした。オーストラリアに留学、旅行にくる際は是非訪れていただきたいです!宿は2日間はゲストハウスで、残りの1日はバスタブ付きのホテルに泊まりました。ゲストハウスではイギリス人のお兄さんと一緒の部屋になり、近くにある美味しいレストランやおすすめの観光地(結局行かなかった)を教えてもらいました。ホテルは少々値が張りましたが、どうしてもバスタブに浸かりたかったため宿泊しました。大学の寮にはシャワーしかないため時々お風呂が恋しくなるんです…写真は、オペラハウス、ブルーマウンテンズのスリーシスターズという岩です。                そろそろ休暇も終わり、来週から大学の授業が始まりますが、楽しみと同時に不安な気持ちもあります。ですが、留学レポートで大学の授業のことを皆さんにしっかり報告できるよう励んでいきたいです。 質問などありましたらFacebookで気軽にメッセージを送ってください。  
カテゴリー: 2014春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】タスマニア大学 2014.6月

  こんにちは。英米学科3年の伊集院怜美です。今月はわたしがレポートを担当します。早いもので、先週で前期も終わりを迎えました。1週間のStudy Weekをはさみ、7日からがいよいよテスト週間となります。 わたしは4ユニットのフルタイムなのですが、ひとつひとつの試験に程よく合間があるので、戦略を立てて臨みたいと思っています 笑オーストラリアの大学は日本とは異なり試験期間は長く、休暇は短いです。(夏休みは長いですが) セメスターブレークは3週間ほどしかないため、こちらの学生は日本でのように帰省に海外での活動と、この休暇ではあまり多くのことには手をかけられないようです。先月は再びインカレに出場させていただきました。結果は思うようにはいかなかったものの、友人の輪を広げ、寮生との絆を深めるいい機会となりました。 また、月1回ペースで開かれるパーティーでも新たに知り合ったり、今まであまり話す機会のなかった人と交流を深めたりと、日を追うごとに寮の、Christ Family の一員へと近づいているのではないかと思います。 毎回ドレスコードがあり、みな思い思いに着飾って参加するのも海外ならではで、とても楽しいです。ちなみに最近のは古代ローマ人の衣服、トーガがテーマでした 笑Japan Society、通称ワサビに関しては、Language Exchange Partner Program(LEPP) のパートナー組みを終わらせ、先月よりいよいよ交流が開始されました。 ペア発表後の活動に関しては個人に任せているので全てを把握することは難しいですが、参加者のひとりから早速会ったとの報告を受けたときは、わずかながら達成感を感じました。後期が始まるまでの短期間ではありますが、新たにSkypeでのLEPPも取り入れるなど今回のLEPPは試験的な意味が強いので、ここで色々と吸収し来期また本格的に始動させたいと思っています。4月の終わりから5月ひと月、ディベートやプレゼン、テストやエッセイなどまさにアサインメント地獄で、その苦労は正直予想を大きく上回るものでした。 息抜きにイベントへ参加し、友人と励ましあいながら乗り越えた日々も既に懐かしく感じるほどですが、来る期末試験に向けて気持ちを一新して、また勉強の日々に戻りたいと思います。質問等あればお気軽にFacebookでメッセージをお送りください。    TOGAパーティー                     ラグビーインカレ                                                                卓球インカレ
カテゴリー: 2014春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー