posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 タスマニア大学 増山怜香 2017年8月

 留学生活を始めて5か月半が過ぎました。約1か月の冬休みが終わり、後期の授業が始まりました。冬休みには西オーストラリアのパースに行き、10年前のホストファミリーと再会することができました。タスマニアとパースでは同じ国内でも冬は2時間、夏はタスマニア州がサマータイムを導入しているため3時間の時差があり、改めてオーストラリアの大きさを実感しました。    タスマニアは相変わらず寒い日が続いています。特に雨が降ると冷え込みますがタスマニアの雨はすぐやみ、その後綺麗な虹が出ることが多いです。大きな弧を描いた二重の虹がかかることもあり、本当に虹、星空、朝焼けなどタスマニアの空は飽きることがありません。  後期は国際関係の理論やテロ、戦争、貧困、国際機関、人権、国際安全保障など幅広く学ぶ科目と、世界人口の増加、技術の発展、貿易や戦争が現代の世界にどのように影響しているのかを学ぶ近代史の授業、アジアにおける植民地支配の影響、近代化や独立による経済や政治、文化の変化についての授業を受けています。 タスマニア大学にはMyloというシステムがあり、レポート課題の詳細や予習で読んでおくべき資料など、受講している授業に関するほぼすべての情報をインターネット上で得ることができます。課題もこのシステムを通して提出します。私は追い詰められてストレスが溜まったり自分のペースを乱されたりするのが嫌なので提出期限がどんなに先であっても課題は余裕があるときにさっさと終わらせるようにしています。 北九大でもそうしていましたが、タスマニア大学ではレポートなどの課題が週1のペースで課されるのに加え、それが1か月先の締め切り分まで終わっていたとしても毎日reading課題を含めた予習復習をしないと授業やチュートリアルに出てもほぼ意味がないので、解放感はあまりありません。しかし、得ることも多いので残り半分の留学生活も頑張りたいと思います。          写真は2枚ともパースを訪れたときのもので、Pinnaclesという砂漠のような場所とKalbarri National Parkの写真です。本物は写真の枠に収まりきらないほど壮大で自然の雄大さに圧倒されました。
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 安松孝 2017年7月

 みなさんこんにちは、英米学科三年の安松孝です。今月は私が留学レポートを担当します。タスマニアは現在の気温が夜になると2度になるなどとても寒くなってきました。この時期にダウンジャッケットを着ているのは何だか変な気分です。  今回は、6月の終わりにあった、期末テストのついてお話ししようと思います。私はすでに期末試験が終わり、約3週間の夏休みに入っています。テストは全部で3科目ありました。期末試験の前には1週間の試験勉強期間があり、その1週間は授業もなくひたすら勉強の時間に充てることができます。  一つ一つ簡単にですが、テストの概要を紹介したいと思います。 まず、Discovering Asia というアジアとオーストラリアの関係性について勉強する授業のテストは、授業で勉強した宗教やシルクロードなどのアジアに関することについて短い100語ほどの文章を書くものが5問と自分の意見を500語以上で述べる2つの問題で構成されていました。試験時間は2時間です。過去問とほぼ同じということもあり、しっかりと準備ができていたので問題はないと思っています! 続いて日本語の翻訳のテストなのですが正直一番難しかったです。日本語の構成要素について英語で説明することに加えて、自分が日本語の仕組みについて無知だということに気づかされました。テスト内容は、洋楽の歌詞を日本語に翻訳するものから、すでに翻訳されている英文を読みそこから翻訳家の意図を読み取るといったような問題などでした。制限時間はこちらも2時間でした。オーストラリアの友人も難しすぎてヤバいと嘆いていました。何とか良い点が取れていることを祈っています。 最後に、会計のテストです。これは前期の中で私の集大成だと勝手に思っています。このテストは3時間あり、財務諸表の分析や作成方法また、企業の活動を分析することについて問われる問題でした。時折、問われている問題の意味が分からなく困惑したりしたのですが、何とかできたのではないかなと思っています。ただ、時間内に解き終わることができなかったのが心残りです。でも自信はあります。きっと大丈夫です。もうすぐ七夕なので織姫さんと彦星さんにお祈りします。 写真はアジア圏の友達たちと5人制のサッカーの試合に出場した時に取ってもらった写真です。絶対に負けられない戦いがあるみたいな感じでお気に入りの1枚です。全試合負けてしまったのですが楽しめたので良かったです。海外の人とスポーツをすると少しだけ日本代表の人はこんな感じでプレーしているのかなと感じることができ、おすすめです。  
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 2017年6月

 オーストラリアに来て早くも3か月半が経ちました。タスマニアは冬になり朝晩とても冷え込みます。私の寮は丘の上にあるので部屋からは町を見渡すことができ、特に夜は川の対岸の夜景がとてもきれいです。川といっても河口なので海のように幅が広いです。この川が流れ出る海の南には南極大陸があります。  学校の授業は前期の後半に差し掛かかりましたが、相変わらず忙しい日々を送っています。授業では、事前に読んでおくべき資料が各科目30ページから50ページあり、それに加えて各授業で2000字程度のエッセイや20分のプレゼンテーション、その他様々な形式の課題が次々課されます。最初は課題や日常のハプニングに振り回されていましたが、最近はあまり動じなくなりました。  タスマニアは公園でピクニックをしている人や、町のベンチやオープンカフェでのんびりしている人などとにかくリラックスしている人が多いように感じます。おかげで私も自分のペースで日々を過ごせています。  課外活動ではバドミントン部に入りました。寮には食事がついていないのですが近くに住んでいる友達が定期的にご飯に招いてくれたり、寮の友達がご飯を作ってくれたり、食べ物を持ってきてくれたりしてついつい食べ過ぎてしまうので、バドミントン部での活動は楽しいだけでなく、健康維持のための良い運動になります。毎日毎日あっという間に過ぎていくので残りの留学生活も悔いが残らないようなものにしていきたいです。 写真はBruny islandに行ったときの写真と、部屋から見えた朝焼けの写真です。 Bruny island ではクルージングを楽しみ、野生のイルカやアザラシ、ペンギンを見ました。
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 安松孝 2017年5月

 みなさんこんにちは、タスマニア大学に留学している英米学科3年の安松です。今回は授業について触れたいと思います。私は現在3科目授業を取っています。何を取っているかについてですが、私はAccounting and Financial Decision Making という会計の授業と、Discovering Asia というアジアの歴史の授業と、Introduction to Professional Japanese Translation という日本語を英語に翻訳する授業の3つです。  まず、会計の授業についてですが、私自身、会計については知識ゼロからのスタートだったのでとても苦労しています。予習を少なくとも2回して、さらに、日本から持ってきた参考書で細かい部分だったりをチェックしてから授業に臨まないとついていくことができません。しかし、この授業にはパスセッションという画期的なプログラムが用意されています。このプログラムは、過去にこの授業を受講していて、素晴らしい成績を収めた先輩が教えてくれるというものです。とても苦しい会計との戦いですが、何とか勝利を収めたいと思います。  つづいて、アジアの歴史の授業についてですが、この授業は、主に中国に焦点を当てて、中国がアジアの文化を形成するにあたって、どのような役割を担ってきたかであったり、オーストラリアとの関係性についてを学んでいます。この授業には、チュートリアルという皆でひたすら自分の意見を共有するという日本ではないようなスタイルの授業があります。英語で自分の意見を述べるということにとても苦労していますが頑張っていこうと思います。  最後に翻訳の授業ですが、この授業は日本語を英文に翻訳する授業です。リラックスするつもりで取った授業ですが、非常に興味深いです。この授業を通して、現地の人の日本に対する考え方であったり、日本語と英語のニュアンスの違いについて学ぶことができ、常に新しい発見であふれています。先生も面白くお勧めです。  勉強ばかりしているとストレスでどうにかなりそうになるので、息抜きに私はカジノに行ってスリルを味わったり、音楽を聴いたり、友達と一緒にスポーツをしたりご飯を食べたりして、ストレスを解消しています。最近は「欅坂46」に癒されています。ただ、カジノは中毒性があるのであまりお勧めはしません。皆さんもギャンブルはほどほどにしましょう。  写真はBay of Fires という岩がオレンジ色に染まったきれいな海岸です。ここまでは、私が住んでいるホバートという町から車で約3時間ほどかかります。大自然を肌で感じられるのでぜひタスマニアに来た際にはここに行って海に飛び込むことをお勧めします。ちなみに私は、ここで海に落ちて、お気に入りのスニーカーがダメになりました。以上で今回の留学レポートはおしまいです。ご覧いただきありがとうございました。
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 増山怜香 2017年4月

 留学生活を始めて1か月半が経ちました。タスマニアは綺麗な海や空、花、緑、いろいろな鳥や動物に恵まれていてとても素敵なところです。夜は満天の星空が広がり天の川が見えます。大学や寮には国はもちろん、文化、宗教、年齢等、全て異なる本当に様々な背景を持つ方が入り混じっています。そういう方々と仲良くなって今までの経験や考え方を知ることはすごく刺激的で、視野が広がります。  私は国際関係学の授業を受講しています。前期は時間割の関係でアジアの政治、文化、歴史などの授業を集中して受けているので全ての授業が関連していて面白いです。また、今まで日本の視点で学んでいたことがアジアの外側からどう捉えられているのか学ぶことができるのでとても新鮮です。専門的なことを英語で理解し自分の知識にするには時間がかかりますが、その分得られることもたくさんあります。よく授業やチュートリアルの議論についていけなくなったり、予習復習、課題が追い付かなかったりしますが、最近はあちこちに「先生」になってくれる友達ができ、本当に助けられています。  また、日本に興味がある方が多く互いに文化や言語の交流をするのは楽しいです。大学の図書館は24時間空いているので好きなだけ勉強できます。環境にも人にも恵まれ、すごく貴重な機会なので今後も一日一日大切に留学生活を送っていきたいと思います。   写真は2枚ともPrinces Parkからの眺めです。
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 安松孝 2017年3月

 留学レポートを読んでくださっている皆さん、こんにちは、英米学科の安松孝です。私は現在オーストラリアのタスマニア大学で留学生活を送っています。留学生活を送っているといってもまだついて一週間しかたっていません。そのため、よく大学のキャンパスや街中で迷子になっています。 まず、気候についてですが、タスマニアの昼間は日差しがとても強く半袖でいて、ちょうど良いのですが、夜になるとびっくりするくらいに肌寒くなり、長袖が手放せません。大学での授業は2月27日に始まったのですが、まだ始まったばかりなので、次の留学レポートにて触れたいと思います。 今回は大学のツアーで行ったBonorong Wildlife SanctuaryとMt Wellington について少しお話をしようと思います。Bonorong Wildlife Sanctuaryは日本でいう動物園のようなもので、ケガや病気で弱った動物たちを保護している施設だそうです。ここでは、カンガルーにエサをあげたり、タスマニアでしか見ることのできないタスマニアンデビルを見ることができます。ちなみに、私が住んでいる大学の寮では野生のワラビー(小さいカンガルー)を見ることができます。  次にMt Wellingtonについて紹介したいと思います。この山は私の予想では、大学のあるホバートという町の中では一番高い山なのではないでしょうか。頂上まで登るとホバートの街並みを一望することができます。頂上までは車で登ることができるので、山道を登る自信がない人も安心です。考えるよりも感じろということで写真を載せておきますのでご覧になってください。とてもきれいなのでタスマニアに来る機会がありましたら、ぜひ訪れてみてください。今回の留学レポートは大学での生活というよりも観光になってしまい申し訳ありません。こんなことが聞きたいということがありましたら、気軽にFacebookなどで、安松孝と検索してリクエストを送ってください。
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート
{z[