posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 タスマニア大学 2017年6月

 オーストラリアに来て早くも3か月半が経ちました。タスマニアは冬になり朝晩とても冷え込みます。私の寮は丘の上にあるので部屋からは町を見渡すことができ、特に夜は川の対岸の夜景がとてもきれいです。川といっても河口なので海のように幅が広いです。この川が流れ出る海の南には南極大陸があります。  学校の授業は前期の後半に差し掛かかりましたが、相変わらず忙しい日々を送っています。授業では、事前に読んでおくべき資料が各科目30ページから50ページあり、それに加えて各授業で2000字程度のエッセイや20分のプレゼンテーション、その他様々な形式の課題が次々課されます。最初は課題や日常のハプニングに振り回されていましたが、最近はあまり動じなくなりました。  タスマニアは公園でピクニックをしている人や、町のベンチやオープンカフェでのんびりしている人などとにかくリラックスしている人が多いように感じます。おかげで私も自分のペースで日々を過ごせています。  課外活動ではバドミントン部に入りました。寮には食事がついていないのですが近くに住んでいる友達が定期的にご飯に招いてくれたり、寮の友達がご飯を作ってくれたり、食べ物を持ってきてくれたりしてついつい食べ過ぎてしまうので、バドミントン部での活動は楽しいだけでなく、健康維持のための良い運動になります。毎日毎日あっという間に過ぎていくので残りの留学生活も悔いが残らないようなものにしていきたいです。 写真はBruny islandに行ったときの写真と、部屋から見えた朝焼けの写真です。 Bruny island ではクルージングを楽しみ、野生のイルカやアザラシ、ペンギンを見ました。
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 安松孝 2017年5月

 みなさんこんにちは、タスマニア大学に留学している英米学科3年の安松です。今回は授業について触れたいと思います。私は現在3科目授業を取っています。何を取っているかについてですが、私はAccounting and Financial Decision Making という会計の授業と、Discovering Asia というアジアの歴史の授業と、Introduction to Professional Japanese Translation という日本語を英語に翻訳する授業の3つです。  まず、会計の授業についてですが、私自身、会計については知識ゼロからのスタートだったのでとても苦労しています。予習を少なくとも2回して、さらに、日本から持ってきた参考書で細かい部分だったりをチェックしてから授業に臨まないとついていくことができません。しかし、この授業にはパスセッションという画期的なプログラムが用意されています。このプログラムは、過去にこの授業を受講していて、素晴らしい成績を収めた先輩が教えてくれるというものです。とても苦しい会計との戦いですが、何とか勝利を収めたいと思います。  つづいて、アジアの歴史の授業についてですが、この授業は、主に中国に焦点を当てて、中国がアジアの文化を形成するにあたって、どのような役割を担ってきたかであったり、オーストラリアとの関係性についてを学んでいます。この授業には、チュートリアルという皆でひたすら自分の意見を共有するという日本ではないようなスタイルの授業があります。英語で自分の意見を述べるということにとても苦労していますが頑張っていこうと思います。  最後に翻訳の授業ですが、この授業は日本語を英文に翻訳する授業です。リラックスするつもりで取った授業ですが、非常に興味深いです。この授業を通して、現地の人の日本に対する考え方であったり、日本語と英語のニュアンスの違いについて学ぶことができ、常に新しい発見であふれています。先生も面白くお勧めです。  勉強ばかりしているとストレスでどうにかなりそうになるので、息抜きに私はカジノに行ってスリルを味わったり、音楽を聴いたり、友達と一緒にスポーツをしたりご飯を食べたりして、ストレスを解消しています。最近は「欅坂46」に癒されています。ただ、カジノは中毒性があるのであまりお勧めはしません。皆さんもギャンブルはほどほどにしましょう。  写真はBay of Fires という岩がオレンジ色に染まったきれいな海岸です。ここまでは、私が住んでいるホバートという町から車で約3時間ほどかかります。大自然を肌で感じられるのでぜひタスマニアに来た際にはここに行って海に飛び込むことをお勧めします。ちなみに私は、ここで海に落ちて、お気に入りのスニーカーがダメになりました。以上で今回の留学レポートはおしまいです。ご覧いただきありがとうございました。
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 増山怜香 2017年4月

 留学生活を始めて1か月半が経ちました。タスマニアは綺麗な海や空、花、緑、いろいろな鳥や動物に恵まれていてとても素敵なところです。夜は満天の星空が広がり天の川が見えます。大学や寮には国はもちろん、文化、宗教、年齢等、全て異なる本当に様々な背景を持つ方が入り混じっています。そういう方々と仲良くなって今までの経験や考え方を知ることはすごく刺激的で、視野が広がります。  私は国際関係学の授業を受講しています。前期は時間割の関係でアジアの政治、文化、歴史などの授業を集中して受けているので全ての授業が関連していて面白いです。また、今まで日本の視点で学んでいたことがアジアの外側からどう捉えられているのか学ぶことができるのでとても新鮮です。専門的なことを英語で理解し自分の知識にするには時間がかかりますが、その分得られることもたくさんあります。よく授業やチュートリアルの議論についていけなくなったり、予習復習、課題が追い付かなかったりしますが、最近はあちこちに「先生」になってくれる友達ができ、本当に助けられています。  また、日本に興味がある方が多く互いに文化や言語の交流をするのは楽しいです。大学の図書館は24時間空いているので好きなだけ勉強できます。環境にも人にも恵まれ、すごく貴重な機会なので今後も一日一日大切に留学生活を送っていきたいと思います。   写真は2枚ともPrinces Parkからの眺めです。
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート
{z[