posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 同済大学 垣屋宗寿 2017年6月

皆さんこんにちは。法学部政策科学科4年の垣屋宗寿です。最初で最後の留学レポートは、これまでの留学生活で感じた事をいくつか書きたいと思います。    2月末に中国に来て、人の対応や秩序など日本との違いに本当に驚きました。「もし日本なら」、というフレーズを口にすると息すらできなくなるほどで、自分に基準はなく、ここは外国なのだと心に決め、中国での日々が流れ始めました。    午前中のみ大学の授業があり、クラスはA班からG班に分かれています。自分は、欧米やアフリカの方が流暢に中国語を話すF班の底辺でもがいています。休学や休職をして学びに来ている人や、漢字圏ではない人と一緒に授業を受けることは、大きな刺激になっています。学生活動は、学校の野球部に参加し、メモ帳片手に中国の学生から中国語を習い、交流を深めています。中国の学生は本当に元気で、練習に向かうときは、中学校時代の体育の授業に向かう気分です。ルームメイトがイタリア人ということもあり、ヨーロッパの人に囲まれるという初めての経験もできました。東に浮かぶ島国から来た自分にとって、国境を簡単に行き来できる大陸の人と接することは、外国に対する捉え方を変化させてくれました。同済大学には、千何百人の留学生が在籍しており、僕のルームメイトは、英語で建築を学んでいます。中国語ではなく、他の専門分野を学びに来ている留学生も多いです。    大陸で活動する中で、中国史のおびただしさ、街角の熱気、夜空紅い上海と荒涼な農村との差など自分の眼で見て、肌で感じる事ができました。秩序を失ったと思われる中にも独自の秩序を保っている気がしたり、議論も最高のレクリエーションなのだと感じたりと、何気ない時に気づくことが多々ありますが、なぜか決って一人でいるときの方が新たな発見が多いです。    この写真は、先日出かけた時に撮ったものです。盛んなクラクションが鳴る中、この風景を眺めているとき、ふと慣れてしまっている自分に気がつきました。限りある時間の中で、ある意味慣れてはダメで、常に新鮮なものを求めて飽きないように動かなければと感じています。硬座(席のみの寝台列車)で移動したのですが、夜がなかなか腰を上げてくれず、とても長く感じました。今では寮のベッドに体が沈んでいくだけで、極楽に浸っています。夜の暗さを知って、昼の明るさがわかるように、留学で得られた新たな視点で今までとは異なる捉え方をしていきたいです。    最後になりますが、すべては言葉であり、その言葉があるからその意味を味わえるのだと思います。自分は、日本で生まれ、日本語が基になっている以上、日本語が母国語であるという日本人の特権を、更に意識していきたいです。国境を超えるのが益々容易になる時代において、今回留学できた事に感謝しております。お世話になった方々本当に有難うございます。もう少し成長して、来月帰国します。  
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 宇多村隆一 2017年5月

はじめまして。同済大学に留学している宇多村隆一です。 来た当初は葉の一枚も無かった木々に溢れんばかりの緑が繁り、夏の到来を待ちわびる時期になりました。 今は四月末の中間テストを受け終わり、一段落がついたところです。中間テストは中級総合、リスニング、口語、作文、閲読の五種類を五日間で行います。 日々の授業が中国語で進行するのに加えてテスト範囲がとても広いため、テストはかなり不安だったのですが、しかし友人たちと共に勉強をして、安定した気持ちで受けることができました。 私はこちらへ来た当初、毎日を不安に押しつぶされそうに過ごしていました。失敗も多く、周りに迷惑をかけました。しかし積極的に動くことを常に心がけ、失敗する度に根気よく改善をくりかえすことで、毎日を少しずつ充実したものにできるようになってきています。最近、私は外国の友人たちとともに、北京へ旅行に行きました。まだ決して流暢に会話ができるわけでもなく、また聞き取れるわけでもありません。正直、ついて行くことには抵抗があったのですが、しかし拙いながらも積極的に会話をしていくことで、少しずつ生きた中国語が自分の中に定着していく感覚を得ることができました。この感覚は、留学に来たからこそ得られたものだと思います。残りの期間も積極的に行動することを心がけて、有意義な経験を多く積みたいと思います。   写真 同済大学校内
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 小川奏人 2017年4月

 こんにちは、同済大学に留学している小川です。時が経つのは早いもので、あっという間に4月となりました。こちらは桜が満開です。  同済大学は2月末から後期の授業が始まります。授業は朝8時から始まり、中国語と英語だけで進んでいくので毎日大変で眠いです。また、中国語の授業以外に選択授業の书法とHSK5級対策の授業を取っています。授業の後は友達と食堂で昼ごはんを食べます。食堂は1食10元前後なのでお財布に優しいです。  上海は地下鉄がとても発達していて、どこにでも行きやすいので快適に暮らせています。また、レンタル自転車もたくさんあるのでちょっと出かける時も楽です。  週末は友達と遊びに行くか部屋でのんびり掃除などをして過ごしています。 留学生活を始めて色々とトラブルもありましたがなんとかなっています。これから勉強はもちろんのこと、多くの人と交流してより留学を充実したものにしていきたいです。
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 平賀礼華 2017年3月

はじめまして!中国学科2年の平賀礼華です☺︎ 私たちが同済大学に来て、一週間が経ちました。今日から3月ですが、上海ではまだ寒い日が続いていて、私たちは厚手のコートにマフラーをして過ごしています。環境が変わったばかりなの で、風邪を引かないよう気をつけたいです。 さて、今回の私のレポートでは、同済大学の寮について紹介させていただきます。留学生寮のほとんどは2人部屋で、私も韓国人の女の子と2人で住んでいます。 (↑部屋の写真) 左側の机と二段ベッドの上の段が、私のスペースです。他の友人の部屋と比べると少し狭いのですが、到着前に想像していたよりはずっと良い部屋で、トイレとシャワー、エアコン・冷蔵庫・テレビまで付いているのでとても快適に過ごせています。 留学生の寮は全部で4つあるのですが、私の部屋がある1号館のロビーにはいつも係りの人が3〜4人いて、顔も覚えてくれているので安心です。 この一週間は、学校の手続きや銀行口座の開設、中国の携帯やWi-Fiの契約など、やるべき事がたくさんあり、本当にたくさんの人に助けて貰いました。周りの中国人や他の留学生はみんな優しく、いつも声を掛けてくれてくれます。そんな友達をこれからも大切に、積極的に交流して、1年間の留学生活を楽しみたいと思います!
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート
{z[