posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 バンクーバーアイランド大学 外国語学部英米学科3年 M.T 2018年12月

こんにちは。外国語学部英米学科3年の東郷真依です。バンクーバーアイランド大学(VIU)におけるESL、AP5クラスの全過程が終了しました。この3カ月は自分にとって長いようで短い期間でした。ほんの小さな向上心と好奇心から始まったこの留学生活。北九大からたった一人でVIUに来て、不安だらけだったのを思い出します。しかし、今思い返せば私は本当に恵まれたと思います。とても良い先生とクラスメイト、友達に囲まれ、毎日とても充実した日々を送ることが出来ました。最後の1カ月は大きなグループでのプレゼンテーションとエッセイの課題があり、精神的にも身体的にも疲れていました。しかし、そんなときに支えてくれ、共感し、励ましてくれる友達に出会えて、この約3カ月間の留学生活を有意義に過ごすことが出来ました。そしてたった今日、Final Examが終了しました。数あるテストの中でも最後のテストはとても特別で、皆がプレッシャーを感じていました。私のAP5のクラスは決して簡単なクラスではありませんでした。しかし、とても親切で向上心のあるクラスメイトと、困ったときはすぐに察して助けてくれる先生に出会えたおかげで、最後の最後まで意気投合し、乗り切ることが出来ました。 私の留学生活はこれで終わってしまいますが、それと同時に英語の学習に終わりはないと実感しました。留学前、ある人は約3カ月では喋れるようにはなれないと言われましたがそれも自分の努力次第で、自分から本気で英語を学べるような環境を作っていくことが大事だと学ぶことが出来たので、この時間は私の中で決して無駄ではなかったと思います。最後に、9月から今月までレポートを務めさせていただき誠にありがとうございました。お役に立てたかどうかは不安ですが、留学に行きたいけど迷っている人や、留学に行くと決心している人に少しでも役に立って頂くと幸いです。長文になりましたが読んでいただきありがとうございました。(写真はカナダのLadySmithという町の伝統行事に行った時のものです。)
カテゴリー: 2018秋

【留学レポート】 バンクーバーアイランド大学 外国語学部英米学科3年 M.T 2018年11月

こんにちは。外国語学部英米学科のM.Tです。カナダに来て約2カ月が経ちました。もう残り1カ月しかないと考えるととても早く感じます。 10月に入って以降はだんだんと気温が下がり、だいぶ冷えてきました。カナダでは11月が梅雨の時期のようで、最近は雨の日が続いています。 学校生活はとても充実していますが、最近は毎日忙しく、課題やエッセイ、プレゼンテーションの準備に追われています。最初の1カ月はとても良い調子で、テストの点数も右肩上がりでしたが、ここ最近は不調で、少し気分が下がっています。しかし、そんなときに励まし、助けてくれる友達がいます。カナダで出来た友達は皆優しく、同じ境遇にいるのでお互い共感できることが多く、私の心の支えになっています。特にテストの点数が悪く、落ち込んでいたときに「自分もよくそういう場面があった。」と友達が励ましてくれたお陰で自分自身もただ落ち込むだけでなく次へ進む一歩を踏み出すことが出来ました。 また、10月は友人とシアトルへ旅行し、また大学の活動の一環でかぼちゃ畑とトウモロコシ畑に行き、キャンプファイヤーをして楽しみました。そうしたカナダやアメリカ特有の文化に触れ、身を持って楽しむことで、留学前に決めていた「様々な国の文化に触れ、自分の世界に対する考え方を変える」という目標も達成に近づいていると感じました。残りの1カ月、悔いのないよう精一杯毎日頑張ります。
カテゴリー: 2018秋

【留学レポート】バンクーバーアイランド大学 外国語学部英米学科3年 M.T 2018年10月

 こんにちは。外国語学部英米学科3年のM.Tです。  10月のカナダもう冬の始まりを感じるほど冷え込んできています。VIUは9月の頭から授業が始まりました。授業が始まって以降は毎日がとても忙しく、一瞬で一週間が終わり、また次の一週間が始まり、気付けばあっという間に一か月が経過していました。しかし、毎日とても充実した日々を過ごしています。授業内容は、リーディングとリスニングを週に2回と、ライティングと生徒主導のディスカッションを週に1回行っています。課題もそこそこ多く、放課後はしばしば友人と共に課題に取り組んでいます。また、放課後はそれ以外に留学生用の学習室が毎日行っている様々な催し物に友人と参加しています。例えば様々なゲームを使って会話をしたり、先生と一緒に歌を使って発音を練習したりと、楽しみながら実践的な英会話を学んでいます。授業自体が昼過ぎに終了するので課題も少なく、余裕がある日は友人と映画を見たり、ショッピングをしたり、ジムに行ったりと毎日楽しんでいます。大学以外の取り組みについては、週に一度ダンススクールに通っています。レッスン内容は若干ハードな部分もありますが、現地の子供たちとダンスを通じて、体を動かしながら交流出来る瞬間はとても好きで毎週の楽しみです。  10月は友人と数回旅行に行く予定なのでとても楽しみです。私の留学生活も残り2ヶ月なので悔いのないよう、精一杯頑張ります。(写真は週末ケイビングに行ったときのものです。)
カテゴリー: 2018秋, バンクーバーアイランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 バンクーバーアイランド大学 外国語学部英米学科3年 M.T 2018年9月

こんにちは。今年度バンクーバーアイランド大学に派遣留学中の外国語学部英米学科3年の東郷真依です。こちらに来て本日で6日目になります。VIU(バンクーバーアイランド大学)はバンクーバー島という小さな島でとてものどかです。暦上ではまだ9月に入ったばかりではありますが、朝と夜はとても冷えるので長袖でないと過ごせません。空港に着いた瞬間も、第一印象は「涼しい!」でした。 私はホームステイをさせて頂いています。新しい環境に、新しい家庭。緊張しない訳がありませんでしたが、ホストファミリーはとても温かく受け入れて下さいました。料理は主にホストファザーが作り、どれもとても美味しいです。ただもう既に日本食が恋しくなっているのも事実ではあります。とりあえず味噌汁と納豆が食べたいと毎日友達に呟いています。(友達からは渋いと言われました。) 学校生活についてですが、現在はまだオリエンテーションの週で授業は始まっておらず、ホームステイや授業に関する説明会、テスト、ウェルカムパーティーを先日終えたところです。まず最初に驚いたのは日本人の多さです。私が履修するESLというプログラムは特に日本人ばかりという印象でした。私は大学から一人で来ていますが他の大学は大人数で来ているところもあり、たくさんの日本語が聞こえてきました。そんな環境の中で来週から授業が始まるのはとても不安ではあります。そこで、こんな状況でも英語に溢れた生活を送るために私は自分自身の中で2つの決まりごとを作りました。まず一つは毎日英語で日記を書くことです。その日あった出来事、その日分からなかったフレーズ、感じたことなどを毎日英語で書くことと学校生活以外での活動に参加することです。この2つが続けられているかどうかは来月のレポートに期待しておいて下さい。
カテゴリー: 2018秋
{z[
カテゴリー