posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 文藻外語大学 國場彩乃 2016年10月

みなさん、こんにちは。台湾の高雄にある文藻外語大学から二度目の留学レポートを書いています、中国学科4年の國場です。 夏休みを終えて、台湾は入学シーズンを迎え、寮の面々も入れ替わりました。今季は、韓国人、インドネシア人、台湾人そして日本人の私という多国籍なメンバーになりました。 10月は私の誕生日があり、ルームメイトや、友達にお祝いしてもらいました。初めて日本以外で迎える誕生日でしたが、感慨深いものがありました。   さて、今月は、台湾で行われる中国語のテストについてお話したいと思います。台湾では、TOCFL(華語文能力測検)と中国語検定のみが受けられ、HSKは受験することが出来ません。中国語検定の試験方式について紹介します。基本的にはマーク式ですが、作文問題もあります。繁体字の使用はOKですが、繁体字と簡体字を混用してしまうと不正解になるので、気を付けた方が良いと思います。さらに、中国語検定の試験は、台北でしか行われていないため、高雄に住んでいる私たちが受験するためには、交通費もかかります。 一方、TOCFLは文藻外語大学も試験地となっているので(リスニング・リーディングの試験のみ)、気軽に受験することが出来ます。TOCFLは、まず入門基礎級(Band A)・進階高階級(Band B)・流利精通級(Band C)という三段階の難易度に分かれています。受験したい場合はどの級を受けるか決めてから申し込みます。試験後は、試験結果によってそれぞれの級の中で二つのレベルに分けられます。TOCFLのリスニング・リーディングは、選択問題のみで、パソコンを使用する試験なので、繁体字を書く必要はありませんが、問題はすべて繁体字で書かれているので、台湾で勉強している方・繁体字に慣れてきた方には向いていると思います。さらに、TOCFLには学割があるので、文藻に来た後、受験したい方はぜひ利用してください。華語中心(CLC)の事務所の人に受けたいことを伝えて、自分のパスポートの番号を伝えれば、割引のコードを教えてくれます。 自分の中国語のレベルを把握する為にも、目標を持って中国語を向上させるためにも、ぜひTOCFLを受けてみてください!   誕生日の様子 交換留学生の展覧会にボランティアとして参加した時の様子
カテゴリー: 2016春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 文藻外語大学 伊藤かな子 2016年9月

みなさんこんにちは。文藻外語大学に留学しています、中国学科3年伊藤かな子です。 今回は台湾での学習面について私が感じたことを書かせていただきます。   2月から始まった留学生活ですが、あっという間に前期が終了し残りの半期を迎えました。 (9月分レポートのはずが、季節をまたぎ既に11月になっていること、お許しください…)夏休み期間は一時帰国をし、恋しかった日本食を思う存分食べて過ごしました。(笑)   さて、台湾での中国語学習ですが大きなポイントは「繁体字」で学ぶ点にあると思います。 日本では2年間簡体字で学んでいたので、留学前はこの変化に適応できるのか心配で実際に初めの1カ月程は繁体字に慣れるのに苦労しました。「让⇔讓」のように、画数や見た目が大きく違う漢字がたくさんあります。音を聞いたら分かるのに教科書が読めない…漢字が書けない…と最初は戸惑いましたが、日々繁体字に触れることで自然と慣れていました。台湾に留学したいけど、簡体字じゃないからな…と思っている方がいたら、心配はいりません!こちらの先生方は漢字に関する知識が豊富で、授業内で習った漢字の成り立ちや意味を教えてくださることも多く、とても興味深いです。   ①繁体字の看板   その他、私自身のリスニング能力が伸びたと実感したのはこちらに来て3カ月あたりでした。私は台湾人の友達ととにかく会話をしてリスニング力、スピーキング力をあげることを意識していました。私たち交換留学生は、大学の授業も自由に選択することができるのですが、今期は周りに日本人のいない授業、中国語で説明される授業をいくつか受講しています。先生が台湾人学生を相手に話す中国語のスピードは速く、授業内容も簡単ではないですが残りの3カ月で、更に成長できるよう食らいついて頑張りたいと思います。   ②中秋節に会社のBBQにお邪魔したときの様子   そして文藻は留学生も含め語学に堪能な学生が多いです。外語大学ということも関係しているかもしれませんが、母国語+英語+他言語と3か国語以上話せる人が少なくありません。私は中国語を学ぶために留学に来ましたが、英語の重要性に気付かされ自分の語学力がまだまだだと日々痛感させられています。今まで狭い世界で生きてきたのだなぁと悔しい思いをすることが多々ありますが、このような環境にいられることは自分にとって刺激的でプラスになっています。   長くなりましたが、文藻外語大学に少しでも興味のある方にはぜひ留学されるようおすすめします!留学前の心配事を忘れるくらい、楽しい生活が待っていますよ!  ③前期留学生集合写真  
カテゴリー: 2016春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 文藻外語大学 笹川玲(2016年7月)

みなさんこんにちは!台湾の文藻外語大学に留学している中国学科2年の笹川玲です。期末テストも終わり、もう夏休みに入りました。私は1週間ほど日本に帰りましたが、今は台湾に戻ってきました。 今回のレポートは、文藻外語大学の様々な交換留学生サポートについて書いていこうと思います。 まず1つ目は、留学生1人1人にサポートをしてくれる現地の学生がつきます。台湾に到着したばかりのときに身の回りの世話をしてくれたり、なにか困ったこ とがあれば助けてくれます。留学が始まる少し前からメールで連絡をとり仲良くなることができるので、台湾でできる最初の友達とも言えるでしょう。台湾に到 着したばかりで何もわからなくてもすぐ助けてくれるのでとても安心です。 2つ目は、小老師制度です。外国人に中国語を教える勉強をしている学生が、授業の一環として空きコマに中国語を教えてくれます。留学生1人につき1人また は2人つき、週に数回中国語を教えてくれます。私は2人小老師がいますが、とても仲良くなって授業以外でもよくご飯を食べに行ったり遊びに行ったりしてい ます。 私たちの交換留学生活も折り返し地点となりました。まだまだ気を引き締めて頑張っていこうと思います! これで7月分の留学レポートを終わります。   (クラスメイト)     (卒業した友達と) (台湾南部の島へ旅行)
カテゴリー: 2016春, 文藻外語大学
{z[