posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】文藻外語大学 法学部政策科学科3年 Y.S 2019年7月

みなさんこんにちは、文藻外語大学に留学している法学部政策科学科3年下野雄大です。 台湾では、7月になり夏休み(=暑暇)が始まりました。暑暇来了!みなさん夏休み前はビックイベントがありますよね?そうです、期末試験です。私も例外なく期末試験を受けてきました。台湾の大学には、中間試験と期末試験があります。試験の方法は、筆記試験やプレゼンテーション、面接などがあります。台湾では、特にプレゼンテーションが多く、他の学生と協力しなければならないことが多いです。また中国語でコミュニケーションをとるので、意思疎通を図るのがとても難しいです。しかし台湾人の学生は、私が話すつたない中国語でも一生懸命聞いてくれますし、話すときも簡単な中国語で話してくれるので、何とか完成させることができました。は留学開始すぐに文藻の陸上部に入部しました。文藻は、サークル活動が盛んで、たくさんの団体があります。北九大の人もダンスサークルに入っている方もいます。陸上部の活動は、週2回、主に学校の校庭で2時間ほど練習をしています。部員は主に5専部の学生が多く、私以外にもう一人交換留学できているフランス人がいます。練習が終わるといつもみんなでごはんを食べに行きます。私は練習後みんなでごはんを食べにいくのが何よりも楽しみです(笑)。入部したときに教練(=顧問、監督)から私には入部条件が課せられました。それは中国語か英語でコミュニケーションをとることです。最初はなかなかコミュニケーションをとることが難しかったですが、部員も私も大好きな陸上を通してコミュニケーションを取るので、すぐになれることができました。私はサークルに入って活動するのを、とてもおすすめします。大学の講義では出会えない幅広い年齢層や様々な学科の学生と友達になることができ、自分の中国語能力向上にもつなげることができるからです。私自身もサークルを通して多くの友達をつくることができました。 最後に、陸上部のメンバーと取った写真を添付します。  
カテゴリー: 2018春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 文藻外語大学 外国語学部中国学科3年 Y.K 2019年6月

こんにちは、文藻外語大学に留学している3年の北山です!台湾に来て3か月半がたとうとしています。僕にとって台湾に来てから今に至るまでの時間はとても早いと感じています。その理由としては、台湾での生活に慣れてきていろいろな友達と知り合い、楽しい生活を送ることが出来ていることもあるのですが、まもなく半年がたとうとしているにも関わらず、台湾人の話す中国語がまだはっきり聞き取れない、自分の中国語を表現する能力が足りないと感じ、焦りを感じるということがあるからです。焦りがあると書きましたが、実際は来た時よりも確実にレベルが上がっているという実感はあります。それは僕と一緒に来た他の北九大の留学生もそのように感じていると思います。ただ僕の場合、今のレベルは必ずしも高い水準にあるわけではありません。自分がどう留学中に意識したり行動するのかによってこれからどれだけ伸びるのかは大きく変わってきます。 他の留学先の大学のことはあまりわからないのですが、少なくとも文藻外語大学には台湾の学生と触れ合う機会がとても多くあると思います。授業や宿舎生活以外でも仲良くなるきっかけは全然あります。心配しなくても、台湾人と話すとき、わからなかったら別の表現で教えてくれたり、自分が話す言葉を必死に理解してくれようとする姿勢もよく見られます。僕も最初は留学先での人間関係を不安に感じていましたが、僕と同様、すぐにその悩みは台湾人の優しさで解消されると思います。あとは、その台湾人とどれだけ知り合えるか、どのくらい同じ時間過ごせられるかが大事だと思います。今までの自分を振り返ってみると、やはりまだ積極性が足りなかったと思う部分はあります。 今までの留学レポートに比べてあまり面白みのない内容になってしまいましたが、今僕が一番痛感していることを書かせてもらいました。留学の不安要素は主に環境の心配や、本当に語学が上達するのかだと思いますが、環境はすぐに慣れます。語学の面に関しては、過ごし方次第でレベルをかなり伸ばすことが出来る可能性は大いにあります。これを見て、少しでも留学の参考になることが出来たらうれしいです。語学を習得する環境としてはいい大学だと思うので、ぜひ文藻外語大学で留学することを考えてみてください! 最後に、僕が高雄で観光した中で一番印象に残っている佛光山仏陀紀念館という場所の写真を張り付けてレポートを締めくくりたいと思います。  
カテゴリー: 2018春, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 文藻外語大学 外国語学部中国学科3年 N.T 2019年5月

こんにちは!文藻外語大学に留学中の3年の髙倉です。文藻外語大学は、台北から新幹線で2時間ほど南に行った高雄という土地にあります。南→熱い→蚊ですよね?という事で今回は台湾の蚊事情について書いていきたいと思います。蚊、日本にもいますけどなど考えページを閉じようとしている人がたくさんいるのが目に浮かびますがよく聞いてください。台湾の蚊、刺されるとめちゃめちゃ痒いです。もう一度言いますめちゃめちゃ痒いです。はい詳しく説明します。 調べてみると台湾は4種類ほど蚊がいるらしくその内のどれかに刺されると痒くて夜も眠れないです本当です。しかも骨と骨の際とか足の指とか裏とか嫌なところばかり刺してくるんです奴らは!!1週間ほど痒みが続いてやっと治ったかと思えば掻いたせいか黒い痣のようなものが残ってしまいます。日本のムヒなどはあまり効かなかったので台湾人に聞いたところタイガーバームという薬が一番痒みを忘れられて効くそうです!私もこの前購入してもっと早く買っておけばよかったと後悔しました…。台湾に留学する際は虫よけスプレーと良く効く薬を常備しておくことを強くお勧めします。 せっかくの留学レポート、蚊の話で終わるのは悔しいのでお勧めのデザートを紹介します。 1つ目は豆花です。冷奴デザートver.と考えてもらえばわかりやすいと思います。台湾は脂が多い食事が多いのでこれはさっぱりするし食後に最高です。 2つ目はフルーツジュースです。本当に安くて美味しい!!日本ではなかなか飲めないような味も売っています。「タピオカよりマシ」とかいう言い訳を並べてダイエット中にも関わらずついつい飲んでしまうこの一品。おかげさまでフルーツジュースなしでは生きていけない身体に大変身しました。 写真は先ほど紹介した豆花です。120円くらいです。安い。
カテゴリー: 2018春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】文藻外語大学 外国語学部中国学科2年 H.N 2019年3月

 こんにちは。3月のレポートを担当します、中国学科3年の西村です。  高雄に来て10日ほど経ちました。まだ3月だというのにこちらの気温はいつも高く、少しずつ慣れてきたところです。到着した当初は不安が多くとても心細かったですが、生活するにつれて徐々に楽しくなってきたところです。  先週はオリエンテーションがあり、様々な説明を受けた後にバディ(生活をサポートしてくれる台湾の生徒)の方に大学付近のごはん屋さんやスーパーマーケットを教えてもらいました。近くのお店は魯肉飯や牛肉麺など、台湾ならではのごはんから、カレーライスやお好み焼きのようなものまであり、しかも安くすむので大変満足しています。今週の月曜日からは授業も始まりました。もちろんすべて中国語で行われるので予習と復習をしっかりしなければついていけません。毎日大変ですが、授業を重ねるごとに耳が慣れてきてより中国語を理解できてくるので実感できて嬉しいです。また私のルームメイトはフランス人2人(中国語専攻)と台湾人1人(英語専攻)なので何か伝えたいことがあったら単語を自分で調べて話すようにしています。  生活するのもまだまだ苦労が多いですが、きっともう少ししたらもっと楽しくなると思うので前向きな気持ちで頑張っていこうと思います。休日は高雄の有名な場所にお出かけしたりもできて充実しています。これから1年かけてさらに台湾に詳しくなりたいです。 【高雄の有名な蓮池潭】
カテゴリー: 2018春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】文藻外語大学 外国語学部中国学科3年 S.K 2018年11月

 こんにちは。11月分の留学レポートを担当する者です。今回は後期に突入して1か月弱が経ったということで、前学期との生活の違いについて書こうと思います。  まず、台湾では9月に学校が始まり、日本とは半分ずれているので私たちにとっての後期は台湾での新学期にあたります。それに伴い寮の部屋も変わります。ちなみに寮では新学期のルームメイトを指定することもできます。私は前期に気の合う日本人と台湾人の友達と、後期に一緒の部屋に住む約束をしていたので現在は日本人2人と台湾人2人の四人部屋に住んでいます。台湾人の2人は日本語学科なので会話は中国語と日本語を混ぜて話しています。このように会話の練習ができたり課題を教え合ったりできるところが寮に住む一つのメリットだと思います。  授業の面では、前期は日本語で行われる授業ばかりとっていましたが、今期は中国語で行われる授業と中国語や日本語を半分ずつくらいで行われる授業を履修しています。中国語で行われる授業は聞き取れないところもしばしばありますが、台湾人の学生に手伝ってもらったり、予習復習を行ったりすることでなんとか付いていくことができています。  前期と後期を比べて特に変わったのはその二点だと思いますが、気持ちの面では、生活に慣れるのに必死だった前期とは違い、あと3か月もない留学生活への焦りと寂しさを感じるようになりました。勉強も思い出づくりも悔いの残らないように楽しみながら頑張りたいと思います。 (写真は台北で会った猫です。)
カテゴリー: 2018春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】文藻外語大学 外国語学部中国学科3年 R.M 2018年10月

 文藻外語大学に留学している中国学科の3年生です。9月17日に新学期が始まり、変わらず充実した日々を送っています。今回は来年度の交換留学生も決まったということで文藻の寮生活について紹介します。寮代は一学期12,000元で、前期支払い分は加えてデポジットの5,000元が必要です。寮費の支払い手続きは大学の学務課で支払いをしてそして領収書を寮のオフィスに提出して完了です。部屋の中にベッド、机、トイレ、シャワーまた共有スペースに冷蔵庫、電子レンジ、自習室など必要なものは揃っていますが、注意しないといけないのはエアコンです。エアコンを動かすためのプリペイドカード(冷氣卡)を、お金をルームメイトと出してあって買わないといけないのできちんとエアコンのルールについて事前に決めることは大切です。私の部屋は寝る前に4時間だけつけると決めているので昼間は扇風機で暑さをしのいでいます。  次に、寮生活の利点と欠点について説明します。利点はルームメイトの存在です。留学生活で何か分からないことがあったらすぐに寮のオフィスへ聞くことができるし、更に私の場合は4人部屋で私以外が台湾人なので、嫌でも中国語で会話しないといけないので中国語の練習にもなります。欠点は午後11時までに帰寮しないといけない事と、中間考査と期末考査終わりの掃除が大変ということです。私は掃除検査があることを知らなくて、慌ててテスト期間中に丸一日かけて部屋中の掃除をしました。ですので、寮に住む予定なら普段から掃除をする習慣を身につけておくべきです(笑)。写真は散らかっていますが私の部屋の様子と部屋の窓から見える風景です。是非参考にして下さい。
カテゴリー: 2018春, オックスフォードブルックス大学, 文藻外語大学, 留学レポート
{z[
カテゴリー