posts archive
月別アーカイブ: April 2014

インターナショナルカフェ開始!

国際教育交流センターでは、交換留学生として受け入れている外国人留学生をコーディネーターとして、昼休みに各言語で気軽に会話を行う形式の、「インターナショナルカフェ」を開催しています(各言語週1回)。お弁当などを持ち込むことも可能で、誰でも自由に参加できます。 平成26年度1学期については、イングリッシュカフェ、チャイニーズカフェ、コリアンカフェを実施します。詳しくはこちら  
カテゴリー: 新着情報

【留学レポート】クイーンズランド大学(金子光) 2014.4月

  こんにちは!UQに交換留学中の金子です   オーストラリアは現在、季節でいえば秋、平均気温は27℃前後で過ごしやすい季節になってきました。1学期の授業も半ばに差し掛かり、18日から1週間ほどのMid semester breakを迎えました。旅行も計画しましたが、今回の休暇ではブリスベン近郊で過ごすことにしました。(この連休後が締切の課題もいくつかあるので…授業についてはまた紹介します)週末には、前回にも述べたWASABIの日帰り旅行で、North Stradbroke Islandというビーチが綺麗な島に行きました。休暇中に時間があれば、そろそろコアラと触れ合ってみようかと思います。         UQのSt Luciaキャンパスは、広いことはもちろん、とてもきれいで自然に囲まれています。キャンパス内には大きな湖もありますが、そのほとり以外でも、毎日たくさんの鳥を見かけます。中には生徒の食事を食べようと近づいてくるやっかいな鳥もいます。私はシェアハウスに住んでいるので経験したことないのですが、キャンパス内の寮で暮らしている同時期派遣の丸子さんによると、「部屋にポッサム(写真参照)が遊びにきてしまう」程の豊かな自然に囲まれています。先日は大きなイグアナにも遭遇しました。                        キャンパス内はとても快適です。勉強がしやすい環境が整っていて、早く家に帰りたい派の僕にも少し学校で勉強して帰るか!と思わせるほどです。24時間利用可能な図書館があり、学内のPCは全てが最新。芝生や木の陰は過ごしやすいので、腰を下ろしてPCを広げている生徒もたくさんいます。息抜きがしたくなったら、キャンパス内に数か所あるカフェでコーヒーを飲んだり、スポーツセンターで汗をかいたり、またはテニスコートや屋外プールを利用することもできます。一区切りついたら、友達を誘ってキャンパス内のバーに行くのもありです!(オーストラリアでは飲酒は18歳から!)   その他、留学またはUQのことで何か質問があったら、国際交流センターを通して、またはFacebookで僕をみつけて直接、何でも聞いてください!  
カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】ピッツバーグ大学 2014.4月

こんにちは。ピッツバーグ大学に留学している岩月です。 ピッツバーグは4月に入って、少し暖かくなってきました。それでも、気温の変化が激しくて、15℃以上の日もあれば5℃くらいの日もあります。 4月1日に、ルームメイトのアマンダが電車で約20分の所に引っ越し、私は新たにフランスとオランダからルームメイトを迎えました。2人は大学生ではなく、インターンシップと大学院生なので、また違った話を聞けたりして学ぶ事が沢山あります。3か国、文化も言語も全く違い、毎日が発見で凄く面白い!アマンダもよく泊りに帰ってくるため、みんなでとても賑やかにしています。週末ディナーには一緒に、それぞれの国の料理を交代で作ったり、ピッツバーグの野球チーム、ピッツバーグパイレーツの試合を見に行ったり…とても充実しています。そして、いい機会なので1日1フレーズを目標に、フランス語を教えてもらい始めました。  
カテゴリー: 2013秋, ピッツバーグ大学, 留学レポート

【留学レポート】ピッツバーグ大学 2014.3月

こんにちは。ピッツバーグ大学に留学している岩月美樹です。3月は、約1週間の春休みがあったのでジョージア州のアトランタへ旅行に行ってきました。アトランタは、コカ・コーラ、デルタ航空、CNNなどの大企業が本社を置き、また、1996年に夏季オリンピックが開催され、先進国の中で最も高い成長を遂げている都市の1つです。 アトランタを訪れた目的は、私の1番最初の英会話の先生と17年ぶりの再会をするためです。当時の私は3才、先生は今の私くらいの年でした。コカコーラミュージアム、ハイキング、アトランタオペラ、そしてNBAに連れて行ってもらい、17年分の話をしました。先生の同僚や友人達にも会わせてもらい、素敵な再会と出会いのある旅でした。 ピッツバーグは大都市ではないけれど、ニューヨーク、シカゴ、ワシントンDC、アトランタ、トロントなどにとても近いので、週末や長期休暇には長距離バスで安く簡単に旅行ができます。   
カテゴリー: 2013秋, ピッツバーグ大学, 留学レポート

【留学レポート】ピッツバーグ大学 2014.2月

こんにちは。ピッツバーグ大学に留学している岩月です。この冬は異常に寒いようで、ピッツバーグは-10~20℃の日々が続いています。最初は寒くて寒くて、外に出ると寒さと冷気で顔が痛くなるので辛かったのですが、最近は慣れてしまい、-10℃はマシだと思うようになりました。 今月はルームメイトのアマンダと最近はまっていることについてお話しします。アマンダはピッツバーグ大学ではなく、近くのポイントパーク大学という大学を12月にダンス・バレエ専攻で卒業したばかりです。現在はピッツバーグのTexture Contemporary Balletというバレエ団でプロバレリーナとして活躍しています。彼女のパフォーマンスには毎回見に行かせてもらっているのですが、クラッシックバレエではなく、現代的なコンテンポラリーバレエなので、とてもユニークで毎回感動しています。 最近私たちがはまっていることは…ミッドナイトベイキングです。お互い課題や仕事を終えた夜の12時くらいから、アマンダの家族のレシピを使ってバナナケーキを焼いたり、大量にワッフルを作ったりしています。  
カテゴリー: 2013秋, ピッツバーグ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】ピッツバーグ大学 2014.1月

こんにちは。ピッツバーグ大学に留学している岩月美樹です。冬休み最後の思い出に、バンクーバーからニューヨークへ移動し、あの、タイムズスクエアのカウントダウンに行ってきました!12月31日の朝にニューヨークに着き、ホステルで出会った友達たちと一緒に、タイムズスクエアへ…お昼の13時過ぎから約11時間、ひたすらその瞬間を待ちつづけました。もちろん、トイレも椅子もありません。周りは世界中からカウントダウンのために来た人達であふれていて、最初は知らない人でも、11時間も一緒に待っていると周りの人とどんどん友達になっていきました。年越しの瞬間は、タイムズスクエアの迫力と人々の熱気と達成感でいっぱいでした。2014年を最高の形で新年が迎えることができました。  
カテゴリー: 2013秋, ピッツバーグ大学, 新着情報, 留学レポート

タコマ・コミュニティカレッジ        (アメリカ・ワシントン州)派遣留学生募集!

タコマ・コミュニティカレッジ派遣留学生(2015年1学期派遣)を募集します! 在学したまま半年間、タコマコミュニティカレッジで英語力の養成とアカデミックな授業を受講することのできる北九大オリジナルプログラムです。 滞在方法はホームステイですので、ホストファミリーとの会話を通じて英語漬けの毎日を送ることができます。 皆さん奮ってご応募下さい!   募集人数:30名(学部[学群]・学科は問いませんが、応募資格をご確認下さい) 出願期間:2014年5月20日(火)- 6月16日(月) 17:00まで 募集要項は本館1階正面玄関入って左のパンフレットスタンド、2号館1階国際教育交流センター前に設置しています。 こちらからもダウンロードすることができます。 ⇒ タコマ1学期派遣募集要項       タコマコミュニティカレッジの詳細な情報は、ウェブサイトをご覧ください。 http://www.tacomacc.edu/            
カテゴリー: 新着情報

平成26年度 春派遣交換留学生募集!!

平成26年度 春派遣交換留学生の募集を開始しました。 今回の募集は以下の4大学です。 クイーンズランド大学(オーストラリア) タスマニア大学(オーストラリア) 大連外国語大学(中国) 文藻外語大学(台湾) 募集要項は本館正面玄関入って左側のパンフレットスタンド、2号館1階国際教育交流センターに設置しています。 皆さんの積極的なご応募をお待ちしています! <出願期間>平成26年6月2日(月)―平成26年6月16日(月) 相談、質問等のある方は国際教育交流センターにお越し下さい。  詳細はこちらの募集要項をご覧ください。  
カテゴリー: 新着情報

【留学レポート】 大連外国語大学 2014.4.7

大連に来て一か月が経ちました。 この一か月ほとんど雨も降らず、暖かくなり、過ごしやすくなってきたように思います。   3月3日から授業が始まりました。私のクラスは、口語、閲読、リスニング、精読、翻訳の授業があります。基本的には午前しかなく、翻訳だけ午後にあります。選択授業では切り絵を選択しています。 始まったばかりのころは先生やクラスメートの言っていることが全く聞き取れず、悩んでいましたが、一か月も経つと心に余裕もでき、なんとなく分かるようになってきました。   3月下旬にはクラス会があり、クラスの人とも仲良くなれました。私のクラスには半年以上前から中国にいる人が多いので、みんな流暢に話せます。わたしも追いつけるように頑張りたいと思います。    教室  切り絵のクラス  クラス会
カテゴリー: 2014春, 大連外国語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 2014.4.7

こんにちは。オックスフォードでは、3月の中旬ごろからたくさんの桜が咲き始めました。今回は、オックスフォードにある三つの有名な博物館を紹介します。 オックスフォードは町全体にオックスフォード大学のキャンパスや図書館が点在しているのが特徴ですが、そんな土地柄なのか、とても大きな博物館があります。そのうちの一つがThe Ashmolean Museumです。17世紀に創設されたこの博物館は大学によって運営される博物館の中では世界一のコレクションを所有しているそうです。展示品はエジプトのミイラ、アジアの工芸品、アンティーク食器・時計、絵画、古いバイオリン、古代の硬貨など、挙げればきりがないほどさまざまなものが展示されていて、オックスフォード版大英博物館のようです。三つの博物館の中では、一番モダンで美術館のようでもありました。 二つ目は、自然科学をテーマにしたOxford University Museum of Natural Historyです。恐竜や動物、類人猿の化石を中心に、海の生物のホルマリン漬け、鮮やかな鉱石が展示してあり、わくわくしてしまうこと間違いなしです。そして建物も個性的でした。入り口を入るとだだっ広い部屋がひとつだけで、天井全体はガラス張りになっていてとても明るく、開放的なところが特徴的です。その博物館に扉ひとつで隣接しているのが、Pitt Rivers Museumです。ここは変わった博物館で、様々なジャンル、時代の展示品が一緒くたに寄せ集められています。広い部屋に、文字通り所狭しと、本当に人ひとり通れるぐらいのスペースだけ残して小さなショーケースが数えきれないほど並んでいて、日本の能面、見せしめに会った敵方の頭蓋骨の飾り物、狩猟の角笛、古い船の模型、纏足のスケッチと靴、アフリカの各民族の装飾品、銃や縦、槍、など、なんでも展示してあります。隣接している前者の博物館とは打って変わって部屋は薄暗く、見たこともない不気味なものがざっくざく、雰囲気満点で、何回でも通いたくなる面白いところでした。 これらの博物館はすべて無料なので、気兼ねなく入れます。また、熱中して一生懸命見て回ると目まいがしてくるので、カフェで甘いものを補給してくださいね!  The Ashmorean Museum  Oxford University Museum of Natural History  Pitt Rivers Museum
カテゴリー: 2013秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー