posts archive
月別アーカイブ: May 2015

【留学レポート】サラワク大学 溝上愛 (2015年5月)

 皆さんこんにちは。早くも5月となってしまいました。一週間の中間休みが含まれていた4月でしたが、その前後に行われた中間テストと課題の山で、みっちり授業がつまっている現地の学生は特に忙しく、一番バタバタしていた一ヶ月ではなかったかなと感じています。   今回は私が今学期に履修している授業の内容や課題について詳しく紹介したいと思います。   Negotiation and Conflict Resolution in International Relations  この授業は社会科学部、国際関係学科の中の三年生(サラワク大学では最終学年)が主に履修していて、一週間に2日、2時間ずつ、国際関係における外交交渉と紛争解決について学習していきます。‘外交’とは何かという基本的な定義から始まり、その歴史、また国家間における交渉がどのように行われているのか、外交交渉の性質やそのために必要なスキル、どのような段階を経て進めていくのかを具体的に学びます。時には、2国間会議の時に撮影された国代表の二人が握手をしている写真を用いて、その時の握手の仕方、表情などを分析しどのような効果が含まれているのか、また外交交渉の国ごとにおける比較も行ったりしています。その他には、現在、世界各地で行われている、または過去行われた様々な紛争の解決手段についても学んでいます。  この授業での課題は個人課題とグループ課題の両方があり、個人課題は国際紛争における交渉について事例研究を用いながら2500字以上のレポートを仕上げて提出することでした。英語でのライティングの力ももちろん必要ですが、エッセイの基本的な構造、引用、参考文献の表示の仕方などにも注意して書かなければならないので、もっとライティングの勉強や練習を十分にしておくべきだったなとすごく感じています><  グループ課題は、4~5人のグループを作ってパレスチナ・イスラエル問題についての学習、研究を行い、1つのレポートを仕上げ、また授業2コマ分を使って行われる模擬会議でそれぞれのグループの代表者が発表するというものでした。この模擬会議というのは、パレスチナ側とイスラエル側に分かれ、現在この二カ国間に存在する共通の問題について話し合い、解決の糸口を見つけようというもので、司会進行、書記、まとめ役、代表者もしっかり事前に学生の中から決められていて、教室ではなく会議室を使っての少し本格的な模擬会議でした。 会議の様子       私が履修している科目ほとんどに共通することなのですが、現地の学生達と一緒に授業を受けていると、そのクラスの中には留学生が自分を含めて数名、また‘交換留学生’はサラワク大学にはほとんどいないのでクラスの中で自分1人の場合がほとんどです。そのため、授業の中で日本に関連するトピックが出でくると、すぐに周りのクラスメートから様々な質問が飛んできます。また、時には先生からそのトピックについてみんなの前にでて、発表してほしいとお願いされることも… 国際関係の授業だったら、長崎・広島の原爆投下、外交や政治、経済、または東北大震災での津波や原発事故について、社会科学についての授業だったら日本の文化や習慣、日本人の振る舞いについて、日本はどうなの?という質問が多くあります。このような突然の質問に戸惑ったり、自分自身でもわかっていないことがよくあるので、もっと自分の国について勉強して、それを自信を持って答えれるようにしないとなあと毎回すごく実感します。    授業以外でも、日本に興味がある学生がこの大学にはたくさんいて、日本の歴史について深く知っている友達、日本の文化が大好きな友達、日本の礼儀正しさに惹かれ日本にどうしても行きたいという友達がたくさんいます。面白いのが、その多くが男女関係なく、日本のアニメから日本を好きになったという人たちばかりで、その人たちは私たち日本人よりもはるかにアニメのこと、その最新情報について知っていて、私たちの方が話しについていけないことも多々…^^以前、授業に向かっている途中、突然知らない女の子の学生から、「おい、お前どこにいくんだ」とアニメから学んだ日本語で話しかけられた時はとてもびっくりしました^^    今回は国際関係の3年生の授業について紹介しましたが、他にも様々な授業がたくさんあり授業によって内容や課題のやり方もまた違ってくるので、次回以降、またどこかで皆さんにお伝えできたらいいなと思っています。      
カテゴリー: 2014秋, サラワク大学

【留学レポート】マカオ大学 後藤 陽介 (2015年 5月)

みなさんこんにちは。マカオ大学に留学している国際関係学科の後藤です。日本では新学期が始まり早1ヶ月たちましたが、マカオ大学では後期授業の全日程が終了し、期末テストを残すのみとなりました。そしてテストが終われば帰国が待っています。この9ヶ月本当にあっという間で、昨年の8月に出発したことがつい最近のように思えます。さて、今回は私が書く最後のレポートということで、留学生活全体を通した感想を学習面・マカオの文化面に分けて書こうと思います。そして最後にこれから留学に行く/これから留学先を決めていく皆さんに向けて、大事にしてほしいことをお伝えしたいと思います。少し長くなりますがお付き合いください。    まずは学習面について。到着した当初は授業についていけるのか・しっかりと英語でコミュニケーションが取れるのか不安なこともありました。もちろん現在でも全て思い通りにできているわけではありませんが、到着当初に比べ、かなりの成長を感じることができます。特に向上したと感じるのは「読む力」です。正直、日本では授業の予習をしなくても内容を理解できますが、英語での授業ではそうはいきません。そのため、毎日のように次回の授業で扱う内容の文献を読み続けましたが、辞書を引くことから始め、内容を理解するにいたるまでかなりの回数読み込まなければなりませんでした。しかし、その甲斐あって今では語彙も増え自分が専門とする内容のものであればそれほど苦労せずに読むことができるようになりました。もちろん全ての単語を調べずに読めるようになるには至っていません。そのため帰国後も英語の文献を読むことを欠かさず続けようと思います。    次にマカオの文化・雰囲気について。マカオという土地は中国領土でありながら古い西洋建築が残っており、雰囲気としてはあまり中国らしさを感じません。昼間は観光地、特に世界遺産周辺が人々で埋め尽くされ、夜になるとバーやダンスクラブに人々が集まり、各ホテルはライトアップされ昼間とはまったく異なる雰囲気をかもし出します。また食文化も多彩で中華はもちろんのこと、旧宗主国の料理やその二つを合わせたマカニーズ料理など多種多様な料理がそろっています。留学生活を通してあまり観光等をしていないので、テストが終わり次第パーッと観光をしたり食べ歩きしたりようと思っています。  最後に留学へ行く/留学先を決めようとしている皆さんへのメッセージです。私が最も大事にしてほしいのは、「留学先を選んだ際(選ぶ際)の理由」です。この理由を大事にすれば、留学先ですべき事が明確になり留学生活が充実すると思います。私の場合は「日本以外の国で中国の政治を勉強したかった(出来れば中国国内で)」いう理由でマカオ大学を選びました。そのためこちらでは中国の政治を中心に履修し、学びたかった内容を学ぶことができ満足のいく留学生活を送ることが出来ました。みなさんそれぞれに様々な理由があると思いますが、その理由を大事にして留学に臨んでください。    ここまで読んでくださった方はありがとうございました。文章ばかりで読みづらく、内容もまとまりに欠け、掲載している写真も適当なものばかりですみません…留学フェア等の際はマカオらしさが伝わる写真を用意しますのでご期待ください。 最後に!みなさんが納得のいく留学生活を送ることが出来ることを願っています。
カテゴリー: 2014秋, マカオ大学

【留学レポート】クイーンズランド大学 赤司千捺  (2015年4月)

こんにちは。オーストラリア クイーンズランド大学(UQ)に交換留学中の赤司です。今月の留学レポートを担当させていただきます。   今回は私が通っている語学学校ICTEの紹介と4月の思い出を振り返ります。  ICTEとはUQ内にある英語語学学校で Institute of Continuing & TESOL Education の略、「アイスティー」と呼ばれます。 *クラスが少人数制  クラスは12人~18人の少人数制。2~3名の先生が曜日、科目ごとによって交代で担当してくれます。 *国籍がバラバラのクラスメート  ICTEには国籍、年齢の違う学生が集まります。みんな英語を学習しに来ている非ネイティブスピーカーなので仲良くなりやすいです。お互い英語で表現することの難しさを分かったうえで、どうにか会話を成り立たせようと身振り手振りも使って会話します。また、国籍が違えば文化も違うので、楽しく学ぶことの多い毎日です。始めのほうはカルチャーショックもありましたが、最近は「へ~」となるようなことが多いです。例えば、先日はホームパーティーに招待されたときにどう振る舞うのが失礼に当たらないか、話し合い、中東から来た子たちは出されたものをわざと残して「美味しかったです、満足です」ということを伝えると聞きました。日本では失礼にあたることが、他の国では当たり前だったり、その逆だったり、文化は本当に面白いです。(^。^) *授業後のアクティビティ  月曜日から木曜日までは8:45~15:45の授業、金曜日は1時まで。他の交換留学生に比べて拘束時間は長いような気がしますが、その後にはICTEによるたくさんのアクティビティが企画されています。クッキングクラスや、日帰り旅行、スポーツクラスなど。また5週間ごとに金曜日にはBBQが企画されていて、クラスごとに芝生に座って昼食を食べながらお話したり、スポーツしたり。学生のために企画されたこれらのアクテビィティが本当にありがたいです。 *ホームスティや学習のことなど相談しやすい  ICTEは学生にホームスティ環境を提供していたり、accommodation探しも 手伝ってくれます。私も実際、来てすぐに相談させてもらいました。18歳以下の学生は安全のためかホームスティが必須で、その子たちに合った環境を提供してくれるそうです。  また、学習面についても相談に乗ってくれます。どういう教材を使えばいいか、単語力を上げるにはどうしたらいいか、など、、、クラスについても合わないと感じれば、レベルを変えてくれるそうです。  以上が私の感じたICTEの主な特徴です。オーストラリアに到着してから10週間、EAP(English academic purpose)を履修していました。クラスメート全員がIELTS6.5を目指しており、意識の高い環境で勉強することが出来ました。主に内容はIELTSに特化しており、ライティングの添削も細かくしてくれます。また、大学入学の準備期間でもあるので、レクチャーの授業があったり、ノートテイキングを練習したり、濃い授業内容でした。私以外はすでに大学を卒業していて、マスターやPhdを始めるお兄さん、お姉さんばかりでしたが、みんな気さくでとても優しかったです。こんなクラスで勉強出来て幸せだな~と毎日感じてました。 4月頭に、仲良かった韓国人のお別れ会をしました。彼女は、私が以前に住んでた家のフラットメイトで、ワーキングホリディ―で来ていました。彼女は日本で1年間働いていたので、日本語がとっても上手で日本食が大好きということなので、みんなで餃子を作りました。 UQには学生寮がいくつかありますが、家賃が高すぎて北九大からの交換留学生は誰も入っていません。私は一つの部屋を借りて生活しており、家主さんとその娘さん、大学院生の中国からの留学生と住んでいます。ホームスティのような家庭的な安心感があります。そしてイースターホリディ―には、landladyのLouiseがビーチに連れてってくれました。彼女のお友達家族のみなさんと食事したり、会話したり、とてもいい思い出です。 授業最後の日にはクラスメートとみんなでカフェに行きました。主にサウジアラビアと中国からの学生で構成されたクラス。 私の留学中の目標であるIELTS6.5が取れた時に家のみんながお祝いしてくれました。日本食といえば、お寿司!!ということでみんなで作って食べました。 到着してからあっという間に2か月がたっていました!楽しいことばかりではありませんが、何事も楽しくなるように、目標に向かって進みたいと思います。 ありがとうございました。
カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 留学レポート

平成27年度春派遣交換・派遣留学及び平成27年度夏期語学研修の募集について

平成27年度春派遣(平成28年春出発)の交換留学及び派遣留学プログラム,平成27年度夏期の語学研修プログラムの募集を開始します。みなさんの積極的な応募をお待ちしています。各プログラムの募集要項はコチラをご覧ください。
カテゴリー: 新着情報
{z[
カテゴリー