posts archive
月別アーカイブ: October 2015

10月21日(水)秋の留学相談会を開催します!

秋の留学相談会を以下の通り実施します。  交換留学、派遣留学、語学研修プログラムに参加した先輩方から直接話を聞くことのできるチャンスです。 留学に興味があるそこのキミ! 是非、この機会をお見逃しなく! ⇒留学フェアポスター 【開催日】10月21日(水) (相談時間帯は、急遽、変更となる可能性があります。) 【場所】厚生会館(生協食堂)2階 【イベント内容】 ①個別相談ブース 【交換留学】派遣先大学<国>(時間帯)   ●カーディフ大学<イギリス>(12:15~15:30) ●オックスフォード・ブルックス大学<イギリス>(12:15~15:30) ●仁川大学校<韓国>(12:15~15:30) ●ピッツバーグ大学<アメリカ>(14:40~15:30) ●サラワク大学<マレーシア>(12:15~15:30) 【語学研修&派遣留学】 派遣先大学<国>(時間帯) ●フォート・ルイス大学<アメリカ>(12:15~15:10) ●タスマニア大学<オーストラリア>(12:15~14:20) ●ニューカッスル大学<オーストラリア>(12:15~15:30) ●タコマ・コミュニティカレッジ<アメリカ>(12:15~15:30)  ●セルカークカレッジ<カナダ>(12:15~12:50) ②パネルディスカッション(全2回)  *1回目 14:10~14:30  ・ファシリテーター:1名  ・パネリスト:下記大学からの帰国学生各1名 仁川大学校(交換) サラワク大学(交換) カーディフ大学(交換) タコマ・コミュニティカレッジ(派遣) ニューカッスル大学(語学研修)  *2回目 15:10~15:30  ・ファシリテーター:1名  ・パネリスト:下記大学からの帰国学生各1名 ピッツバーグ大学(交換) オックスフォード・ブルックス大学(交換) フォートルイス大学(派遣) ニューカッスル大学(語学研修)   ③特別企画 トビタテ!留学JAPAN 留学経験者プレゼンテーション 時間帯 13:50~14:05  発表者:大津留 香織(社会システム研究科博士課程) 質問はこちらまで! kkouryu1@kitakyu-u.ac.jp 【問合せ】 ・北方キャンパス 国際化推進室国際交流係 Tel:(093)964-4202  交換留学担当:柴田、三浦  タコマ派遣留学担当:谷之口  語学研修担当:新川 ・ひびきのキャンパス 企画管理課企画・研究支援係 Tel:(093)695-3311  担当:本山                         
カテゴリー: イベント

【留学レポート】カリフォルニア州立大学    モントレーベイ校(元村萌)2015年10月

 こんにちは。CSUMB(California State University Monterey Bay)に留学しています、  英米学科2年の元村萌と申します。今回は私が担当させていただきます。 こちらに来てから、約1か月半が過ぎました。  来た当初は日の出が6時くらい、日の入りが8時くらいでしたが、今では午前、午後7時くらいに変わりました。天気はほとんど毎日晴れで青空が広がり、まだ昼間は暖かく、とても快適な生活を送っています。昨日、カリフォルニアに来てから初めて雨が降りました。ここでは雨が降るのは珍しく、北九州で雪が降った時みたいに、「雨だあ!」といって興奮しました。(笑) CSUMBには寮がいくつもあります。それぞれで特徴も値段も異なります。 私が現在住んでいる寮はこちらです。 私の部屋には、私以外に5人のルームメイトがいます。 アメリカ人2人、日本人、カナダ人、スペイン人です。みんなステキな友達で、良いルームメイトに恵まれたなと感じています。 部屋には、ダブルルームが2部屋、シングルルームが2部屋、お風呂とトイレが2つずつ、共有スペースと、コンロがない、冷蔵庫と電子レンジと流しのみの小さなキッチンがあります。 寮には、一つ共有キッチンがありますが、あまり大きくはありません。だから、私たちの寮に住んでいる人はみんな、ミールプランを購入しなくてはいけません。 下は、私とスペイン人のルームメイトのダブルの部屋と、共有スペースの写真です。 私のルームメイトの国際色豊かなことから推測できると思いますが、CSUMBにはいろんな国からの留学生がたくさんいます。人数が1番多いのはドイツ人、2番目がノルウェー人、そして3番目が日本人です。 日本人は42人もいます。私たちは、CSUMBに派遣される1期生だったので、こんなにいるとは知らず、結構衝撃を受けました。これから留学を考えている人は、この点は考慮したほうがいいと思います。 日本人の他に韓国人留学生も多くいますが、中国やその他のアジアの国からの留学生はほとんど見かけません。ヨーロッパの国からの留学生が多いです。     次は食事について書きたいと思います。 CSUMBにはスターバックスやカフェなどがいくつかありますが、食事するところとしては大きく2つあります。一つ目は、ファストフードやサンドイッチ、寿司などがあるOtter Express、そして2つ目が、ハンバーガーやパスタ、サラダから、メキシカンフード、アジアンフードやデザートなど、バリエーションが豊かなバイキング形式のDinning Commonsです。私はよくDinning Commonsで食事しますが、バイキングで、味も美味しいので毎回取りすぎてしまいます。最近少しずつ量を減らすように頑張っています。(笑) 写真はDinning Commonsの様子と食事です。 モントレーはとにかく自然が豊かで海がきれいで本当に素敵なところです。 私はこの1か月半の間に、休日や、International ProgramのExcursion(CSUMBは多くのイベントがあります)を利用して、MontereyのDowntown やCarmel、そしてサンフランシスコに行きました。 どこもそれぞれ違った魅力があって、本当に素晴らしいです。 こちらにきたら、絶対退屈な思いはすることがないというほど、観光地や美しい自然であふれています。 下の写真はBig Sur という、海岸の絶景が広がるところにドライブでいったときの写真です。エメラルドグリーンの海で、写真でもきれいですが、生で見るのはその何倍も最高です。 留学生活はあっという間に過ぎてしまうと思うので、恐れずに、多くのことにチャレンジしていこうと思います。 そして、後悔しないように、積極性と勇気を大事に頑張ります。  最後まで読んでくださって、ありがとうございました。  
カテゴリー: 2015秋, カリフォルニア州立大学, 留学レポート

【留学レポート】フォート・ルイス大学      (上村景子)2015年9月

はじめまして。アメリカ合衆国のコロラド州デュランゴにあるフォート・ルイス大学に留学中の上村です。こちらに到着をして早1ヵ月が経ちました。日本の大学でも授業がスタートしましたね!今回はフォート・ルイス大学での寮生活と授業、様々なサポートついて皆さんにお話しさせていただきます。 授業は多くの分野から選べます。レクチャーが中心である日本の大学とは対照的にここではディスカッションやプレゼンテーションが中心です。普段から人前で話す機会がほとんどなかった自分には大変ですが、成長できる大きなチャンスだと思っています。 そして、大学には寮の他にアパートもあるのですが、私は寮で生活をしています。部屋は2人部屋でコロラド州出身の女の子がルームメイトです。スピーキングの向上につなげたいです。 また、ここでは留学生一人一人に現地の学生がつくInternational BuddyとHost Family Programという2つのサポートがあります。バディーは私たちのお世話をしてくれます。休日にはアウトドアをしたり買い物国立公園に連れて行ってくれます。また先日、ホストファミリーが家に招待してくれ一緒にご飯を食べました。時々、教会やイベントに連れて行ってくれます。 大学内では野生の鹿やリスを見ます。たまに熊が現れるので要注意!(先々週、キャンパス内に熊が出没しました!) ホームゲームの日には無料で観戦できます。  まだまだ始まったばかりですが、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。  
カテゴリー: 2015秋, フォート・ルイス大学, 留学レポート

【留学レポート】タマサート大学 細田絢音(2015年10月)

こんにちは。タマサート大学に留学している国際関係学科3年の細田絢音です。タイに来てから約2ヶ月が経とうとしています。タイでは今の時期は雨季で、いつ降り出すか予想もつかない突然のスコールに毎回驚きながら生活を送っています。今回は、大学についてと食事についてレポートしたいと思います。    まず、大学生活についてお話したいと思います。タマサート大学では、Factly of Political Science(以下BMIR)で勉強しています。BMIRはEnglish Programということもあり、インストラクターはタイの先生のみならず欧米の先生もいらっしゃいます。日本では毎回授業についてのレジュメが配布されるのが一般的ですが、こちらでは基本レジュメは配布されず授業内容(主にパワーポイント)がDropboxやFacebookにアップされます。課題のアーティクルも、SNSにあげられることもあります。  タイの公用語はタイ語なので、タイの方とコミュニケーションをはかる際(特に屋台での注文時)やはりタイ語が必要となってきます。そのため、BMIRの授業だけでなく他学部のタイ語も履修しています。タイ語の授業で学んだことをすぐに生活の中で実践できるので、非常に楽しいです。  次に食事についてです。私を含め留学生が住むマンションには基本キッチンがついていないので、必然的に外食をしなければなりません。しかしながら、タイには多くの屋台があちらこちらにあり、しかも美味しいご飯を安く買うことができます。色々な屋台のご飯に挑戦して自分のお気に入りのお店を見つけるのも、タイでの生活の醍醐味です!   住んでいるマンションの近くの屋台のガパオライス   タピオカ入りタイティー。見た目はすごい色をしていますが、甘くて美味しいです;)     学校帰りにある屋台のパッタイ
カテゴリー: 2015秋, タマサート大学, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 秋田佳澄(2015年10月)

みなさん、こんにちは。北京語言大学派遣留学生の秋田佳澄です。後期の授業が始まって一ヶ月が経とうとしています。後期のクラスは、少しレベルが上がったクラスになったのですが、ようやく慣れてきたところです。ちなみに、今は国庆节(国慶節)という7連休の真っ只中です。 今回は、夏休みにいろいろなところに遊びに行ったので紹介したいと思います。    まずは、万里の長城です。万里の長城は、北京市内から少し離れていて、列車で一時間半くらいかかります。しかし、列車に乗って座るためには並ばないといけないので、バスで行くのがオススメです。私たちは、帰りはバスで帰りました。バスは本数が多くて確実に座れるし、値段も安いです。万里の長城は、人がとにかく多かったです。   それから、8月に北京で世界陸上が行われたので見に行ってきました。100mの準決勝と決勝を見ることができました。テレビで見ていた選手たちを目の前で見ることができて感動しました。    ほかにも、頤和園、景山公園、天壇公園、北京動物園などに行きました。北京には公園がたくさんあるのですが、どこの公園もとにかく広くて、安い入場料で思う存分楽しめます。留学生は、学生証を持っていくと学生割引で半額になったりするので必需品です。 北京で生活するのも残り少なくなってきましたが、まだ行けてない北京の観光地に行ったり、上海や四川のほうに旅行に行く計画も立てているので楽しみたいと思います。連休が終わったら、また気を引き締めて授業を頑張りたいと思います!
カテゴリー: 2015春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 大竹里和(2015年9月)

こんにちは。外国語学部英米学科4年、大竹里和です。 今、私はイギリスのオックスフォードブルックス大学に留学しています。 留学生活はまさに始まったばかりです。今週はたくさんのオリエンテーションがあり「いよいよ学校が始まるのか~」といった感じですね。   この写真はフレッシャーズフェアという新入生歓迎イベントの模様です。北九大でいう、サークル勧誘テントのようなものでしょうか。学校の部活動の勧誘だけではなくレストランやバス会社が割引券を配布するなどとても賑やかでした。   寮のフラットメイトはなんと私以外イギリス人・・・。一番幼くみえるわたしが一番年上というなんだか不思議な状況・・・。悲しいです・・・。 なかなかイギリス人の輪に入るのは難しいですが、キッチンでの飲み会に誘ってくれたり、そこで英語のスラングを教えてもらったり、優しい人たちで少し安心です   スラング講座です。きわどい言葉はピー線を入れました(笑) 全然知らない言葉ばかりだったのですがみなさんはどうでしょうか。セルフィーは日本でも言いますね。   休日には、1年前に北九大に留学していたブルックス大学(彼女はもう大学を卒業したのですが)の友達にも再会することができ、彼女の友達とともにロンドンを案内していただきました。とても楽しかったです。人との縁とはすばらしいものです。     迫力のビッグベンに感動しました。   話は変わり、わたしは北九大で合気道部だったのですが、こちらの合気道道場の稽古にも参加してみました。とても親切な方たちばかりで楽しかったです。私の今の英語力では現地の人が何を言っているのか聞き取りづらく、もっと勉強しなくては・・・と少し焦っています。 稽古でも「ウキミ」と先生がおっしゃっていたのを「え・・なんだろう」と思っていましたが、稽古中盤で「受け身」であることが分かりました。   まだまだこちらの生活には慣れていませんが、自分のためにも、交換留学という機会を与えてくださった母校のためにも、援助してもらっている家族のためにも、充実した留学生活になるようがんばって参りたいと思います。ありがとうございました。
カテゴリー: 2015秋, 留学レポート

【留学レポート】ピッツバーグ大学 田上弥幸 (2015年10月)

国際関係学科3年の田上弥幸です。   ピッツバーグに来て1ヶ月半になります。 授業も始まり、さらに学生との交流の機会も多くなり、英語面でまだフラストレーションもありつつも、楽しく充実した日々を送っています。   私が取っている授業の一つにPolitical Theoryがあります。 月水金、50分が週3回の授業で、Lecture, Lecture, Recitationという分類分けがされています。   自分の感覚では、Lectureは北九大の「授業」と同じようなものです。教授が講義をします。 RecitationはLectureの内容を踏まえて、学生同士の意見をぶつけて理解を深めていく「時間」のような感じです。 Recitationの進行はTeacher Assistantと呼ばれる大学院生が務めます。この前のRecitationは、マキャベリの書いたThe Princeはメディチ家を陥れるための策略か否かについて、Mary Dietzの論文を参考にしながら、賛成反対に分かれてのディベートでした。自分以外はみなネイティブばかりなので、予習をしっかりしていても、その場の議論についていくのに必死でなかなか辛いです。笑   また、授業と授業の間が2日しかないので、課題こなして授業、課題こなして授業、という濃い(いや薄い?)1週間になります。母国語でようやくこなせそうな量を英語でやっている感じで、Thanks God it’s Friday の言葉の意味が身にしみてわかるようになります。   授業中、北九大と違い目につくのは、学生の態度です。よく発言します。足を大きく組んだ姿勢や、バナナを食べながらだったり、椅子に寝るような姿勢で発言する人がいたりしますが、言っている内容はその姿勢との整合性を保つには無理があるほどまともです。 あと、面白いと思うのは、授業中にくしゃみが飛び交う度に、”bless you”もあとに続いて八方から飛び交います。おかげで教授の声が聞き取れません。笑   授業周辺に関することとしては、 ピッツバーグ大学では全ての建物でWi-Fiが飛んでいて、授業の課題配布などもネットで効率化されています。なので自分のパソコンやタブレットがあるととても便利で、学生みんなが持っています。オシャレにアイスコーヒー傍にパソコン開いて勉強、というのもここでは普通すぎて、ホワイトハウスでMacBook開いて意識高い系(笑)と後ろ指さされるようなことはありません。授業中もパソコンを使ってのノートテイキングを認められています。印刷もネット経由でどこからでも学校のプリンターに印刷キューを飛ばすことができます。パソコンにOffice のソフトがなくても、学校のIDをつかって無料で最新のものをインストールできます。 また、図書館が24時間空いていて、中には0時まで開いているスタバが入っています。印刷もスキャンも無料ででき、充電できるコンセントもたくさんあります。Hail to Pitt!!(ピッツバーグ大学万歳!)   最初の写真は図書館横のベンチから北九大で言う「本館」を撮ったものです。中にはオフィスと教室があり、1階にはスタバや軽いカフェのようなものも入っています。   こっちでの勉学の環境についてはかるーくこのような感じです。   平日は課題に追われる代わりに、ここの学生は金曜土曜に全力で遊びます。次は休日について書こうかと思っています。  
カテゴリー: 2015秋, ピッツバーグ大学, 留学レポート

【留学レポート】文藻外語大学 児玉千明(2015年9月)

みなさん、こんにちは。文藻外語大学に留学中の児玉です。 2か月半の夏休みを終え、また台湾へ戻ってきました。 日本を出発するころはだいぶ涼しくなっていたのに、台湾はまだまだ夏でした…。 新しい学期が始まり、ルームメートも新しくなりました。 今回の部屋はベトナム人と台湾人が一人ずつと日本人が二人です。 週末は新しく来た日本人と一緒に観光に出かけました。   まずは蓮池潭です。 ここは高雄でも有名な観光地となっていて、観光客がたくさんいました。 ドラゴンの口から入って、虎の口から出ると「災いがなくなり、福が来る」というご利益があるそうです。 塔には階段があるので、上まで登ることもできます。   次に西子灣と旗津です。 どちらも海に面していて、西子灣にはおいしいかき氷屋さんがたくさんあります。 旗津へは西子灣からフェリーに乗って行きます。こちらでは海鮮が有名で、海へ続く道にはたくさんのお店が立ち並んでいます。 夕日がとてもきれいなので、夕暮れ時に行くことをおすすめします!   それから9月27日が中秋節だったので、9月26日から28日まで台湾では三連休がありました。 台湾では中秋節のときにBBQをする習慣があり、わたしも友達と一緒にBBQをしました。 三連休のときには日本から友達が来てくれたので、一緒に台北へ行ってきました。 念願だった九份へ行くことができ、本当にうれしかったです!!! しかしわたしたちが台北に滞在しているとき、台風がちょうど台湾に接近していたため雨風が強すぎて大変でした…。 もし台湾に来られることがあったら、なるべく夏は避けたほうがいいと思います。   留学期間もあっという間に残り半分となってしまったので、一日一日を無駄にせず、有意義に過ごしていきたいと思います。 以上で9月のレポートを終わります。
カテゴリー: 2015春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー