posts archive
月別アーカイブ: December 2015

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉細川 公一郎 (2015.9月派遣)

みなさんこんにちは。経済学部経営情報学科2年の細川公一郎です。私は現在15期生としてタコマコミュニティカレッジに留学しています。アメリカに来てから3か月が経ち、最初の学期も終え冬休みを迎えました。そこで、このレポートではこの3か月の間に私が経験したことなどについて書こうと思います。 まず、ホームステイについてお伝えしようと思います。私のホストファミリーは、父母息子の三人家族で、これまでも多くの北九大生をゲストとして受け入れています。なので、私の拙い英語でも意味が伝わったり、話す速度を緩めたりしてくれます。さらに、文法の訂正をしてくれることや、難しい言葉をより簡単な言葉に変えて説明してくれるのでより日常的な英語を学ぶことができています。それだけでなく、晩御飯を一緒に作るなど家事を一緒にすることで自然に会話できる機会がおおくあり、その際に会話することができます。このように、学校から帰っても英語に触れ続けることができています。 次に学校生活についてです。授業は基本的に北九大生と他の国からの留学生数名という形なので雰囲気は北九大で受ける英語の講義とそれほど違いはないと感じました。そして、12月の初旬に秋学期の期末試験が実施されました。期末試験といってもペーパーテストではなくプレゼンテーションが多かったと思います。学期が終わりに近づいていたので来期、冬学期の授業の登録をしなければなりませんでした。秋学期の授業はほぼ北九大生と一緒に受けたのですが、冬学期はテストを受けて、授業を変更するのに十分な成績をとることができれば、ほとんど現地の学生しかいない授業に変えることができます。 現在冬休みなので、多くの北九大生が旅行に行っています。私もニューヨークに行きました。かかった費用も日本から行くよりはるかに安いので、この機会に訪れることでいい経験になったと思います。ニューヨークはとても煌びやかな場所もありますが、予想以上に汚く、ホームレスも多くいるので日本と比べいかに日本がきれいで安全な国か身をもって知ることができました。 先日、クリスマスをホストファミリーと過ごしました。クリスマスのデコレーションは家中にありクリスマスツリーは本物の木でそこに飾りをつけています。クリスマスはほとんどの店が休みで外はとても閑散としていました。このように日本との違いが多くみられました。 この3か月で様々な行事を通してアメリカと日本の文化の違いを学ぶことができました。残りの約3か月もさらに多くのことを学んでいきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ(15期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉溝尻 悠華 (2015.9月派遣)

こんにちは。現在、タコマコミュニティカレッジに留学中の英米学科2年溝尻悠華です。あっという間に3か月が過ぎ、今は冬休み中です。やっとこちらでの生活に慣れ、ホームステイも楽しんでいます。ここでは、私が体験したこと、ホームステイのこと、アメリカの文化のことについて話したいと思います。 私のホストファミリーは、父母息子娘です。ホストファミリーに慣れるのに3か月はかかったと思います。最初は緊張と不安で寝れなかったり、寝起きに汗びっしょりだったこともありました(笑)しかし今は毎日楽しい時間を過ごしています。中国からのルームメイトがいましたが、彼女が引っ越したので新しく中国からのルームメイトがきました。前のルームメイトとは買い物に行ったり、お互いの国から持ってきた物を交換したりと、タコマに来る前には予想もしていなかったいい思い出ができました。私たちの部屋は地下にあるのですが、ある夜2人で笑っていたら、ホストファーザーが心配してメールを送ってきました。私たちが喧嘩をしていたと思ったみたいです。それだけ大きく笑っていたんだと思います(笑) 新しく来たルームメイトとも仲良くできたらいいなと思います。   家から学校までバスで通学しています。私が乗っている16番のバスは1時間に1本しかないので不便ですが、家の周りに学校があるのですごく治安がいいです。ダウンタウンに近いところに住んでいるので学校からは遠くて、歩くと1時間半はかかるそうです。    10月から12月にかけてアメリカでは、ハロウィン、サンクスギビング、クリスマスを祝います。特にサンクスギビングとクリスマスは盛大でした。サンクスギビングの日は家にホストファミリーの親戚が何人か来て、たくさん料理を準備しました。伝統的な料理として、ターキー、クランベリー、マッシュポテト、パンプキンパイを食べました。ほとんどのアメリカ人がサンクスギビングの日に食べます。クリスマスには、朝9時にツリーの周りに集まって、一人ずつプレゼントを開けました。面白いと思ったのは、1人が誰かのプレゼントをツリーから持ってきて渡し、次は受け取った人がプレゼントを選ぶことです。   残り3か月しかありませんが、英語力向上とともにここでしか体験できないことをたくさん学んで帰りたいと思います。
カテゴリー: 新着情報

トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム 第5期募集説明会について

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の学生向け説明会が下記日程で開催されます。(参加無料・予約推奨) 日本代表プログラムの概要説明だけでなく、合格したトビタテ生の体験談や、応募時に提出する留学計画書の作成ワーク、質疑応答等が行われる予定です。 参加者同士の交流もお楽しみいただけますので、ぜひお気軽に御参加ください。 ※名古屋会場のみ支援企業(大手メーカー、商社)の講演を予定しています。○会場説明会(日時、会場予定) 開催日      実施時間(予定)       場所 1月17日(日)   10:30~12:00      文部科学省(虎ノ門) 旧庁舎講堂 1月18日(月)   18:15~19:45      北海道大学 国際本部1階大講義室(111) 1月19日(火)   18:30~20:00      東北大学 1月20日(水)   17:30~19:30      三重大学 1月21日(木)   14:30~16:00      同志社大学 今出川キャンパス良心館 1月21日(木)   16:30~18:00      同志社大学 今出川キャンパス良心館 1月22日(金)   17:00~19:00      名古屋大学 鶴舞キャンパス  1月22日(金)   14:00~15:30      大阪大学 中之島センター 1月22日(金)   17:00~18:30      大阪大学 中之島センター 1月23日(土)   14:00~15:30      九州大学 伊都キャンパス 以上、宜しくお願い致します。※受付は開始の30分前からになります。○オンライン説明会 12月25日(金)17時~18時(質疑応答、ワーク等はありません)※事前予約頂いた皆様に後日視聴可能なURLが送付されます。※1ヶ月間オンライン上で視聴可能です。   お申込みは下記リンクをご参照ください。↓↓ https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mema-pepbm-aa18c43e8b687a9e3b16d36d01042333
カテゴリー: Event, イベント, 新着情報

官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN」日本代表プログラム平成28年前期(第5期)学生募集について

  官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN」日本代表プログラムは、我が国の大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程)に在籍する日本人学生に対し、諸外国への留学に必要な経費の一部を奨学金等として支給するとともに、留学経験の質を高めるため、留学の前後に行う研修の提供、及び留学後の継続的な学習や交流の場としての留学のネットワークの提供を行います。当プログラムの第5期生募集が開始されています。詳しくは、http://www.tobitate.mext.go.jp/をご覧ください。なお上記公式サイトの情報における申込締切は、平成28年3月8日(火)12時必着となっておりますが、学内での締切は平成28年3月1日(火)17時に設定しています。応募される方は募集要項等を確認の上、この期日までに国際教育交流センターに必要書類を提出してください。  
カテゴリー: News, 新着情報

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 能登仁美 (2015年12月)

オックスフォードブルックス大学に留学中の英米学科2年能登仁美です。 12月の最初の2週間は期末のテストとエッセイに追われる日々でしたが、何とか乗り切り冬休みを迎えることができました。   今学期私は留学生向けの英語科目を取ったので、ライティングやプレゼンテーション、ディスカッションなどを通して基礎から英語を学ぶことができました。English Core Languageという授業では、オランダ、スペイン、イタリアなどヨーロッパの国々の学生と一緒に様々な活動ができました。イギリスの文化や地方ごとのアクセントについて学んだり、ミュージカルの曲を使って発音の練習をしたり、ただ授業を聞くものとは違いとてもおもしろくためになるものでした。また、ヨーロッパの学生たちは間違いを恐れずどんどん発言していて、授業は常にディスカッションのような感じでした。この授業のおかげで、自分の意見をしっかりもって積極的に発言していく練習ができました。学部生と一緒に受けるその他の科目は、授業についていくのに必死ではありましたが、最終レポートが完成したときは達成感がありました。   私の寮では、キッチンとリビングを共同で使うフラットメイトが4人いて、最近はよく夕食の時間に一緒に映画やドラマを見ています。最初の頃は、ほぼ全員ネイティブのフラットメイトたちと打ちとけられるか不安でしたが、今はいろいろ話もできるようになり楽しく過ごしています。テスト期間の終わりには、イギリス人の2人がクリスマスディナーを作ってくれました。   また、日本に興味をもってくれている学生は思った以上に多く、Japanese Societyという日本語専攻の学生や日本人留学生が集まるSocietyもあります。そのイベントで出会ったイギリス人の友達とは、会うときにお互い英語と日本語の宿題を教えあったりしました。英語で日本語を教えるのは難しかったですが、良い経験にもなり楽しかったです。   この写真は、オックスフォードのクリスマスマーケットと街並みです。       1学期を終えてみて、自ら積極的に行動していくことが本当に大切だと実感しました。この留学生活をもっと有意義なものにするためにも、これからも色々なことに挑戦して楽しみたいと思います。  
カテゴリー: 2015秋, オックスフォードブルックス大学, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 市村友理 (2015年12月)

こんにちは、英米学科2年の市村です。さて、12月にもなり、christmas休暇も始まりました。カーディフはこのようにクリスマス一色です。       今回は授業の紹介としてlanguage for allという言語習得コースについて、これまでの休暇の過ごし方やカーディフ大学の特徴について書こうと思います。   Language for allとはどの学部の学生も自分のレベルに合わせて学びたい言語を取得できるというコースです。私は、中国語のelementaryを履修しているのですが、少人数でどちらかというと参加型の授業なので楽しみながら学習できます。他学部の学生と一緒に学べる事、英語で他の言語を学べる事は非常に魅力的です。   それに加え、language for allで日本語を学習している生徒をサポートするため週1回ずつ個人で会って復習したり、授業の補足をしたりするチューターのような役割もさせてもらいました。私はシンガポール人とイギリス人の日本語を学習している生徒の担当につかせてもらいました。私自身人に何かを教えることが好きなのでとても貴重な体験です。   また、学ぶ言語の中にはウェールズ語も選択肢にあります。カーディフはウェールズの首都なので興味深いことにウェールズ語は、このように寮の張り紙、また看板や標識などどこにでもありふれています。   カーディフ大学の特徴としては、とにかくイベントが多いということです! Student Union主催のクラブイベントはほぼ毎日、day tripはほぼ毎週、また数日間の旅行企画も多くあります。人と出会う機会が多いというのはカーディフ大学の規模の大きさの魅力だと思います。   私は休暇を使ってOxford Brooksにいる友達に会いにOxfordを訪ねたり、フランス人の友達とLondonへ旅行したり、今月はBathとEdinburghへ行きました。イギリスには訪れるべき美しい場所がたくさんあります。   この3か月間は英語を通して日本の文化を伝えること、他の文化に触れることの素晴らしさを体験できとても濃い毎日でした。   皆さん、よいクリスマスとお正月をお過ごしください。 読んでくださりありがとうございます(#^^#)     London ( Oxford Street )       Edinburgh (Calton Hill)       Christmas dinner  
カテゴリー: 2015秋, カーディフ大学, 留学レポート

【留学レポート】韓国海洋大学  新井隼(2015年12月)

みなさん、こんにちは。 私は現在、韓国海洋大学に交換留学生として留学している、外国語学部英米学科の新井隼です。大変遅くなってしまいましたが、ここに11月の留学報告をさせていただきます。  韓国に留学し約3ヶ月がたとうとしています。海洋大は海のすぐ側にあるので最近では海風がとてもつめたく感じます。ですが風があまり強くない日には大学の敷地内を、夜ご飯を食べた後に友達と散歩をすると風が心地良く感じられます。今回は交通手段について紹介したいと思います。釜山市内バスの190番と学校のシャトルバスの2つが私たちは最近主に使っているものです。 市内バスは学内にバス停があり、そこが始発となっています。それに乗ると釜山の観光スポットの1つでもある南浦洞に約20分程で行くことができます。また交通費は日本に比べ非常に、安く交通ICカードを利用すれば約130円(₩1,200)ほどです。 また学校のシャトルバスは、学内からハリというところまで行くことができます。ハリというところまで行けば、バスの本数も多くなり、複数の飲食店、カフェ、小さなスーパーのようなものもあります。また1人暮らしをする韓国人の学生たちの多くはハリに住んでいます。 以上簡単ですが、海洋大の主な交通手段の紹介でした。    
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】タスマニア大学 渡嘉敷泰斗(2015年12月) 

こんにちは。渡嘉敷です。 長らく更新を怠ってしまい申し訳ありません。タスマニアでの留学生活は終了したのですが、最後の総括としてレポートを書かせていただきます。よろしくお願い致します。 オーストラリアを出る最後の1か月間ほどはたくさんの出来事がありました。まず後期が終わり1週間のスタディブレイクをはさんだ後の試験。やはり試験はストレスが溜まりますね(笑)しかし、試験が終わった後の長い休暇をモチベーションに、私も含め、みんながんばっていました。 試験が終わった後、実は住む家がなくなってしまいました(笑)なぜ家がなくなってしまったのか、過程はいろいろあったのですが、ざっくりいうと家の契約期 間が切れて引っ越しせざるをえなくなってしまいました。しかし幸運なことに家がなくなってからタスマニアを出る1週間は、私が日本語を教えていた生徒のう ちの1人の家に、部屋が余っているということで、ステイすることができました。そのステイで1番印象に残っていることは羊の世話をしたことです。その方は 羊を100匹程飼育しており、羊のファーム体験は日本ではなかなかできない体験のため、すごく新鮮でした。 先程も少し述べましたが、私は日本語をマンツーマンで教えるチューター的なボランティアを留学中にずっと行っていました。これはUTASのJapanese Society のLEPP(Language Exchange PartnerProgram)という制度や友達からの紹介で出会った方に1週間に1回程度日本語を教えていました。最終的に後期は高校生やUTASの学生、社会人やお じいちゃんといった4人の生徒を受け持っていました。私は、少しの期間ながら、日本語を英語で教えるという立場を経験することができて本当によかったと感 じています。なぜなら日本的な概念や考え方をもっていない外国人(オーストラリア人)の観点から日本の言語や文化、生活をみることができたし、英語でどの ように上手く日本語の説明や日本のことを伝えるか私も勉強になったためです。日本語を教える立場でしたが、彼らから日本のことについて考えさせられたり、 教えられたりすることも多かったです。私が思っているよりもタスマニアでは日本に興味がある人、日本語を勉強している人、日本にルーツがある人が多く、そ のような人たちとつながりを持てたことはとてもよかったと感じています。 そしてタスマニアを出てからは少し一人旅をしてきました。オーストラリアを訪れたら見てみたかったエアーズロックを間近で見ることができてよかったです。留学中はオーストラリアの様々な都市を訪れることができたため、満足です。 留学生活が非日常から日常になるにつれて私のライフスタイルはオーストラリア仕様になってきていました。意外にもオーストラリアの環境は私に適しており、 そのことを知ることができただけでも長期留学をしたかいがあったと感じています。新たな趣味や自分の好きなことも見つけることができたし、友達もたくさん できました。幸いにも大きな病気やケガもなく、人にもたくさん恵まれ、日頃の行いがよかったんだなと感じております(笑)このような機会を与えてくれた国 センの方々や親、支えてくれた人たちに感謝したいです。そして、わざわざ最後までレポートをお読みいただきありがとうございました。 これで2015年春派遣タスマニア大学の留学レポートを終わらせていただきます。
カテゴリー: 2014春, タスマニア大学, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉西田航大 (2015.9月派遣)

初めましてこんにちは。外国語学部英米学科2年の西田航大といいます。私は後期からアメリカ・タコマコミュニティカレッジに留学しています。約3か月が過ぎこちらの生活にも完全に慣れることができました。  このレポートではこちらの生活や授業、文化など全般的なことを書こうと思います。 まず初めにワシントン州での生活について紹介します。ワシントン州はアメリカでアラスカを除いて一番北部にあるため冬はそれなりに厳しく、降水量が多いです。タコマは比較的小さな街ですが、シアトルまで1時間弱で行けるので交通の便はいいです。私はTCCまで自転車で行っていますが、一番一般的な交通手段はバスです。雨が多く寒いので大変です。私のホストファミリーはマザーが韓国人でファザーがアメリカ人です。3歳の子供がいますが、すでに二か国語を話せるので両親との会話を聞いているだけで、どう子供が言語を身に付けるか学ぶことができました。私にとっては非常に興味深いことでした。  TCCの授業についてですが、どの授業も自分の生きた知識になるのでとても魅力的で発見の連続でした。発音の授業では、日本で教科書で学ぶよりネイティブスピーカーから直接学ぶことのほうがはるかに身に付きます。文化の授業では、アメリカの文化を知ったつもりでいましたが、私たちの知らないたくさんの文化がまだあるのでこれもまた発見の連続です。とてもチャレンジングと噂されるアメリカの歴史の授業では、毎週様々なジャンルの様々な時代の映画を見て、ディスカッションをし、レポートを提出するという仕事量の多い授業です。映画を見ることで一度学んだ歴史は深く記憶に刻み込まれます。これも文化と同じく、知ったようでいたアメリカの歴史にもさらに深い部分があることを感じました。  文化については、TCCには非常にたくさんの人種の留学生がいます。なので彼ら友達になることでそれぞれの国の文化を学ぶことが出来、その国に対して新しい関心を持つことが出来ます。アメリカでは日本と大きく違う文化があります。道行く人々が笑顔で挨拶をしてくれたり、バスの中で見知らぬ人が気軽に会話を交わしてくれたりします。冬でも服一枚であったり、ほとんどの家には庭があったり、衣食住にもたくさんの違いが見られます。またアメリカ人は二択で答えを求められたとき、大抵どちらか一つを選び、あまりニュートラルな回答を選ばないということです。個人的にはこの考え方はとても気に入りました。それぞれとても素敵な文化といえます。又、後期にはアメリカの大きな行事が集中していますので、さまざまな文化的行事を経験することが出来るのが魅力です。  私の趣味は写真を撮ることですが、タコマ周辺には美しい場所が沢山あります。チェンバーズベイという海辺の場所は夕日がとてもきれいです。シアトルに行けば素晴らしい夜景が見れます。更に遠くへ行けばとてもスケールの大きいマウントレーニアもあります。冬には霧が多くなり、ワシントン州らしい写真が撮れます。アメリカは何を撮ろうが絵になるので私にとって最高の環境でした。   残り3か月と期間の半分まで来ましたが時間も残り少ないので、学習も遊びも生活も最大限を尽くす以外ないと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: News, タコマ・コミュニティカレッジ(15期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】タマサート大学 中島佳乃(2015年12月)

こんにちは。タマサート大学に留学している中島佳乃です。 今月は私がレポートを担当したいと思います。 12月になり、タイに来て4か月が過ぎようとしています。相変わらずタイは連日30度越え(ちなみに12月がタイで一番“寒い”季節です…)でクーラーが欠かせません。 タマサート大学では期末考査の時期を迎え、図書館で勉強している学生が多くみられるようになりました。私はレポート提出が重なり、慣れない英文を書くのに悪戦苦闘しています。 考査が終わったら冬休みが待っているので、それに向けて頑張っている毎日です。   今回は先月に開催されたタイの有名なお祭り“ロイクラトン”について紹介したいと思います。ロイクラトンといえば、チェンマイで行われる灯篭あげ(詳しくは検索してみてください!とても綺麗です!)が有名ですが、私はタマサート大学のランジットキャンパスで行われたロイクラトンに参加しました。    ランジットキャンパスに行く前日に、タイの学生や国際センターのスタッフさんが川で流す“クラトーン”の作り方を教えてくれました。(上の写真) バナナの葉っぱと幹と色とりどりのお花で作ることができます。これは伝統的なクラトーンで、他にもパンで作るクラトーンなど様々な種類があり、色々なところで買うことが出来ます。 ロイクラトンとはクラトーンを流すことにより、罪を謝罪し、自らを清めるお祭りです。 灯篭をあげる場所は限られていますが、クラトーンを流す光景はタイのどこでも見ることができます。もし、ロイクラトンの季節にタイを訪れたなら、ぜひクラトーンを川に流してみてください!    
カテゴリー: 2015秋, タマサート大学, 留学レポート
{z[