posts archive
月別アーカイブ: May 2016

【留学レポート】 カリフォルニア州立大学 谷本晴香 2016年5月

こんにちは、カリフォルニア州立大学(CSUMB)に留学中の谷本晴香です。留学生活も残り数週間となり、今は帰国の準備と最後の期末週間に向けて課題やプレゼンの準備を進めています。 残りの滞在が少ないということもあって、最近の週末はよくルームメイトや友達に近くの観光地などに連れて行ってもらっています。キャンパスから車で20分ぐらいでダウンタウンや有名なビーチに行くことができます。     わたしにはラティーナ(ヒスパニック)の友達がたくさんいるのですが、彼女らの英語はスペイン語の訛りがすごくて最初の頃は全く聞き取れなくとても苦労しました。でも最近やっとその訛りにも慣れてきて会話がスムーズにできるようになりました。アメリカはいろんな国のルーツを持った人がいるため、アメリカの国籍を持っていても英語が上手に話せなかったり、母国語の訛りがきつい人がたくさんいます。CSUMB周辺のコミュニティにはヒスパニック系の人が多く、家ではスペイン語、外では英語を話すといった環境にいる人も少なくないそうです。実際にスーパーマーケットやバスの中ではよくスペイン語が飛び交っています。またアジア人やヨーロッパ出身の人も多いため、至る所でそれぞれの国の訛りが感じられます。正直私は日本にいる時はアメリカ英語やイギリス英語以外はあまり聞いていなかったので、こちらに来て初めて訛りの壁を感じました。当たり前なことかもしれませんが、英語を使って世界中の人とコミュニケーションをとるためには訛りやその国の文化を理解することはとても大切なんだと再確認できました。   日本にいる時には気がつかなかったものが最近たくさん見えてきて、少しずつ留学で得たものや考え方の変化を実感しています。あと少しですが、残りの生活も楽しみながらたくさん学んでいけたらなと思っています。最後まで読んでいただきありがとうございました。  
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 韓国海洋大学校 奥山英里子(2016年4月)

こんにちは。4月分の留学レポート担当の奥山英里子です。魔の中間考査がやっと終わりました!!(毎日3時過ぎまで勉強に追われていました、、、)9月に韓国の한국해양대に留学し始めて約7か月経ちました。こちらでの生活にはもうすっかり慣れ、釜山が第2の故郷に感じます。3月に新入生が入学し、軍隊から帰ってきた学生、新しい交換留学生など様々な出会いがありました。そこで今回は、留学先での友達の作り方や友達とどのように過ごすのかについてお話ししたいと思います。     まず、最初に友達の作り方についてお話ししたいと思います。韓国へ留学する学生は、語学堂と呼ばれる大学に敷設するlanguage instituteのようなところで、韓国語だけを勉強するということが一般的ですが、ここ韓国海洋大学校には残念ながらそのような施設がありません。つまり、私たち交換留学生はそれぞれ各学科に所属するという形になります。ちなみに、北九州市立大学は、東アジア学科と英語学科と提携しています。各学科のスケジュールにもよりますが、3月の2週目の夜に、개총と呼ばれる開講総会があり、そのあとに食事会へ行きます。そこでたくさんの人が集まるので、自然と友達を作る機会を得ることができます。隣に座っている人に挨拶をし、名前や年齢を尋ねれば、もう100%友達です!!(笑)     [개총にて]   このように、みんなでたくさん写真を撮り、初対面であるにもかかわらず気まずさを全く感じません。とても楽しい時間がすごせます。   また、学科ごとにМTと呼ばれるmember trainingという仲良くなることを目的とした合宿や留学生のための小旅行などもあります。日本の大学に比べて、韓国海洋大学校は友達を作りやすいのではないのかなと思います。  [MTにて]  [留学生旅行にて]   他にも、学校の近くにある하리というチキン屋や食堂が集まるところで、隣の席に人と仲良くなり、たくさんの友達を作ることもできます。韓国海洋大の学生たちは、他の大学に比べてとてもフレンドリーだと彼ら自身が言っているほど、フレンドリーです。韓国人の友達何人できた?と言われても、本当に数えきれないほどたくさんの友達ができました。    次に、友達とどのように過ごすのかについてお話ししたいと思います。   私は主に、友達とご飯を食べにいくことが多いです。チキンや설빙という韓国の有名なデザート、豚足、釜山ならではの貝なべやタコ料理を食べに行きました。現地の人と行くので、美味しいお店や食べ方を教えてくれます。   また、一緒にカラオケに行ったり、野球観戦に行ったりもしました。他にも、カフェに勉強しに行ったり、ショッピングをしに行ったりもしました。    [野球観戦にて]   友達とこのように過ごすことで、日本語以外の言語をフルに使い、自然に言語を身につけることができます。   友達を作り、一緒に過ごすことで留学生活をより充実、楽しくさせることができると思います。   あと2ヶ月で、留学生活が終わってしまいます。最後の最後まで、授業からだけではなく、友達からもたくさんここでしかできないことを学んでいきたいと思います。       最後の写真は学校内の桜の写真です。釜山もとても桜が綺麗でした~!
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 佐野彰宏 2016年5月

こんにちは。北京語言大学に留学中の佐野彰宏といいます。北京で生活を始めて2か月弱になりますが、授業にも慣れて最近は安定した毎日を送っています。今回は、僕達が通う北京語言大学の特徴についての話をしたいと思います。 この大学は、少し特殊であることは間違いないです。連日連夜、授業を一緒に受けるクラスメイトは、もちろん全員僕と同じ留学生。しかもルームメイトも留学生。そして、食堂でご飯を食べる人達の会話で聞こえてくるのは英語ばかり。また、キャンパス内を歩く人は、みんな白人か黒人か韓国人。 そうです。はるばる中国までやって来たというのに中国人と全く交流していないことにお気づきでしょうか? この北京語言大学というのは、外国人に中国語を教えるという大学なので、在校生は留学生ばかり、中国人の学生は極少数みたいです。そんなわけで、僕がいつも一緒にいる友達はみんな留学生です。 そんな大学の周辺は非常に賑やかです。というのも、北京語言大学が位置しているエリア一帯にはいろいろな大学がいくつも連なっており、町中、各大学の大学生で溢れています。飲食店の数もとても多く、外食するときは何を食べるか迷うぐらいです。中国で一番有名な北京大学も歩いて30分くらいの距離にあり、世界トップレベルの大学にいつでも見学に行けちゃいます。そういった他大学で勉強している人達の話を聞いても、やはり僕たちの北京語言大学は特殊らしいです。外国人があまりにも多いと。 独特な雰囲気の北京語言大学なのですが、それがこの大学の一つの魅力であると思います。こんなに世界各地の人間が、こんなにたくさん一か所に集まることなんてないでしょう。知らない国の名前や、聞いたことない文化や考えなど、言語以外でも学ぶことがこの大学ではたくさんあります。もちろん授業も立派です。北京に来て初めて漢字の勉強を始め、まだ半年しか経っていないような人達の中国語のレベルが自分と比較にならないほどで、みんな達者に中国語で会話するのでアッパレといった感じです。 中国語の能力の向上はもちろん、他の留学生の話を聞いたり、自分も発信する側になったりして、実りある1年にしたい思いです。 今回のレポートは以上です。また次回報告する頃にはどういう話ができるのか楽しみです。   
カテゴリー: 2016春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 松田拓也(2016年5月)

こんにちは。現在タスマニア大学に留学中の英米学科3年松田拓也です。今月は私が留学レポートを担当させていただきます。 あと2週間程度で留学生活がスタートしてから早くも3か月になります。最初は本当になかなか生活に慣れることができず、到着してからの1か月はなかなかつ らい思いをしました(笑) しかし、大学の日本人の先生やJapan Societyという日本語や日本文化に興味がある人のためのサークルのおかげで、今はわりと落ち着いた毎日を送れています。授業を通して親しい友達も少 しずつですができています。今回は4月上旬にあったイースターブレイク中に参加した日帰りツアーと日々の授業のことについて簡単ではありますが紹介させて いただきたいと思います。 3月の終わりから4月の頭にかけて1週間ほどのイースターブレイクがありました。そしてなんと、運のいいことに私は授業の関係で10連休をいただきまし た!生活環境への順応に苦労していた自分にとってはありがたい休養期間でした。友達と遊んだりJapan Societyのイベントに参加したりとアクティブなこともしましたが、基本自分は寮でのんびりしたり大学の図書館で課題に取り組んだりしました。しかし せっかくの長期休暇を寮や大学ばかりで過ごすのはもったいないと思い、日本にいるときから絶対に訪れたいと思っていたワイングラスベイというところに日帰 りツアーで行くことにしました。ワイングラスベイはコールズベイという小さな町の中にある、ワイングラスのような形をしたビーチのことで世界的にも美しい ビーチとして知られています。現地の駐車場から40分ほど山の中を歩いてビーチに到着したのですが、幸運にも当日はこれ以上ないほどの快晴で、その光景は というと、もう素晴らしい以外の言葉が見つかりませんでした。日本でも何カ所かビーチに行ったことはありましたが、正直比べ物になりません。いや、すいま せん、日本のビーチにもそれなりの良さがありますよね。日本のビーチ愛好家の方々申し訳ございませんでした(笑) でもそれほど美しくてタスマニアの自然 に改めて感動させられました。近年タスマニアでは環境問題が話題となっていますが、この素晴らしい財産は守っていかなければなりませんね! 話はガラッとかわり肝心の授業の様子なのですが、やはり専門科目を英語で受けるのは本当に大変です。現地のネイティブの友達ですら理解できないことがよく あるらしいので、自分ってすごい状況にの中にいるんだと自分に言い聞かせながらなんとか頑張っています。最近になっていよいよ大きな課題がつぎつぎと襲っ てきています(笑) 一つ終わらしてもまた次の週にすぐ次の課題があったりとなかなか休む暇がありません。(いや、実際はわりと休息をとっています笑)  でもちゃんと休む時は休まないとほんとに体がもたないと思うので、しっかりオンとオフの切り替えをしながらやっていきたいと思います。5月の課題の嵐を乗 り切ったら今度は6月からテストがあります。頑張れ自分。負けるな自分。 最後に、前回に引き続き大学への通学路で見た空の景色が素晴らしかったので写真を載せます。これから空の写真は毎回恒例にしようと思うので次回もお楽しみに!\(^o^)/
カテゴリー: 2015春, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 オックスフォードブルックス大学 隈井かおる(2016年4月) 

こんにちは。オックスフォードブルックス大学に留学している英米学科の隈井です。留学生活も残り少なくなった、そんな4月の体験記を担当させていただきます。   3月の末から4月の始めにかけてこちらではEaster Breakとよばれる休暇がありました。大学も約2週間のお休みがあったので、それを利用して周りの留学生がイギリス、ヨーロッパの国へと旅行へ行っていました。私は授業が再開する直後に課題の提出があったので、あまり休暇らしいことは出来ませんでした、、、。 それでもせっかくの休暇なので日帰り旅行でブライトンに行ってきました。ブライトンはイングランドの南東部にあり、リゾート地としても有名な場所です。海辺なので私が行ったときはすごい強風でした(笑)ですが、晴れていてとても綺麗な景色を楽しむことができました。また、海辺の町はおいしさが違うということで、お決まりの(?)Fish and Chipsも食べてみました。下の写真は(上から順に)Brighton Pier、The Royal Pavilionです。 Brighton Pierは建物の中はゲームセンターになっています。コインゲームは日本とは違い本物のコインが使ってあったので驚きました。その奥には遊園地があり、ゴーカートやジェットコースター、観覧車、メリーゴーランドなどと充実しているので、結構楽しめます。 桟橋の上にはクレープ、アイスクリームやドリンクなどを売るお店もあります。The Royal Pavilionはジョージ4世が別荘として建築させた王室の離宮です。私は時間がなくて外観しか見れませんでしたが、中は外観とは違って中国的な内装になっているそうです。       今月末でレクチャーが終了し、エッセイなどの締め切りが迫る時期です。Headingtonのキャンパスは図書館が24時間開館しているので、最近は遅くまでパソコンや本と向き合っている学生を沢山見かけます。 少しストレスがたまる時期ではありますが、春が来て暖かくなり道端で植物や木々が花を咲かせているのを見ると少し癒されます。先日は近くの花畑や森で綺麗な花を見て少し元気をもらえました。     残り少ない留学生活ですが、こちらでしかできないことをまだまだ経験していこうと思います。最後まで読んでいただいてありがとうございました。
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 文藻外語大学 岡元奈津実(2016年5月)

こんにちは、台湾の文藻外語大学に留学中の岡元です。 台湾は、日に日に日差しが強くなってきました。 一日日焼け止めを塗らなかっただけで、サンダルの跡がくっきり足についてしまいました。 近くのスーパーにはスイカが登場しました。とても甘いうえに、安いので、よく食べています。   授業では、プレゼンテーションを2回行いました。私にとって、パワーポイントを使っての発表は初めてだったので、とても緊張しました。 華語中心では、新しい単元に入るたびに、その単元の新出語句を使ったリスニングテストがあります。先生の読む文を聞きながら、画数の多い繁体字を書くのは大変です。たまに簡体字を書きたくなりますが、簡体字で書くと減点されるので、繁体字で書かないといけません。   また、4月18日から22日にかけて中間テストがありました。テストの形式は、日本と同じですが、解答を書く時に、ボールペンを使わないといけません。書き間違えた時は、修正テープで消しますが、シャーペンに慣れているので、少しやりづらかったです。 翌週には、テストが返却されて、すぐに結果を知ることが出来ました。   今学期の残り2か月も暑さに負けず、勉強に励んでいきたいと思います。     写真①食堂のご飯   写真②近くの足つぼロード
カテゴリー: 2015春, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー