posts archive
月別アーカイブ: December 2016

【留学レポート】カリフォルニア州立大学 柗村亜紀 2016年12月

あっという間に2回目の順番が回ってきました、英米学科の柗村亜紀です。モントレーは基本的に年間を通して気温が一定で、11月上旬でも時々半袖で出かけていたのですが、ここ数日で一気に風が冷たくなり、冬の気配を感じるようになりました。夕方5時過ぎにはだいぶ日も落ちています。こちらでは12月の3週目が期末テストということもあり、11月はレポートやプレゼンテーション、小テストなどがたくさんあってあっという間に過ぎてしまいました。私が今学期受講している授業は、Understanding Globalization(グローバル化について), Far East Explorer(観光学), Academic Reading and Writing(留学生用のreading/writing)の3つで、加えて週に1回初級日本語クラスのアシスタントをしています。こちらでの授業サイクルは、予習(教科書や記事を読む)⇒授業(予め教科書を読んできた前提でのディスカッションや小テスト、講義)⇒宿題(レポートやプレゼンの準備)というもので、授業数は3つでも課題を終わらせるために机に向かっている時間は自然と長くなってしまいます。そのため、集中して勉強に取り組む時間と休日に出かけて楽しむ時間のメリハリをつけることがとても大切だな、と実感しています。今学期ももう終盤ですが、授業は毎日刺激的で先生からも他の学生からもたくさんの事を学んでいます。初めは先生の講義を聴くだけでいっぱいいっぱいだったのが、徐々に授業中に発言できるようになったり、使える単語数が増えてもっと自分の意見を表せるようになったりと成長を感じてガッツポーズをする時もあります。逆に課題の提出日が重なって睡眠不足なこともたくさんありますが、気合で乗り切っています。また、先生方はいつも生徒の意見に興味を持ってくださるので、疑問や意見をぶつけてもお互いに納得がいくまで話し合うことができます。日本では尋ねることを躊躇してしまいがちなのですが、こちらでは「留学生」としての自分が自分の背中を押してくれているのを感じます。「分からない」、「助けてほしい」という気持ちをそのままにせず一歩踏み出して尋ねることで、手を差し伸ばしてくれる人が必ずいますし、何より尋ねなかった時の何倍も価値あるものが得られます。CSUMBでの留学生活は、とにかく挑戦してみる、諦めずに粘ってみる、そのような強さを教えてくれます。さて今月の思い出はThanks Giving(感謝祭)の休暇です。感謝祭といえば七面鳥がすぐ思い浮かぶと思いますが、せっかくの機会なので私はルームメイトと一緒にダウンタウンでThanks Giving Dinnerを楽しみました。ローストされた七面鳥はとってもおいしかったです!モントレーのダウンタウンは観光地なので、素敵なお店がたくさんあります。海沿いを歩くだけでもとても楽しいです。学校や寮生活にも慣れた今月はレポートしたいことが多すぎて長くなってしまいました。こちらではもう春学期の履修登録が始まっています。少しレベルアップした授業も取りたいと思っているので、まずは期末テストとプレゼンを頑張ります。今月もレポートを読んでくださりありがとうございました。(写真は観光学の授業スライドです。)
カテゴリー: 2016秋, カリフォルニア州立大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】北京語言大学 細田峻佑 2016年12月

こんにちは、北京語言大学に留学中の細田峻佑です。今回12月の留学レポートが僕の最後の留学レポートになります。なので、この留学を少し振り返ってみようと思います。 もう2ヶ月もしないうちに帰国と思うと、最近は、より一層時間が経つのが本当に早いと感じます。そう思えるようになったのは、つい最近で、最初はそんなことはありませんでした。しかし、今では、中国に住むのもありなのでは、とまで思ったりしています。 今年3月上旬、北京に着いたとき、まず、最初に思ったのは「空気汚い」です。さらに、大学に着いたと思ったら、入学手続きに手こずり入学できない、お金が下ろせない、大丈夫だと思っていた親知らずが痛むなどトラブルの連続。その上でのレベルの低い中国語でのコミュニケーション、正直帰りたかったです。この時の自分は本当に時間が経つのが長く感じてきつかったです。 授業では、クラスにもよりますが、前期の総合のクラスではクラス自体にまとまりはあまりなく何人かと仲良くなれました。しかし、自分も含め、皆、中国語の自信がないのかあまり話すクラスではなく、静かだった印象があります。仲良くなった人はほとんど前期で帰国してしまいました。(学期が始まる時期が日本と違うため) 後期に入る前に、僕は中国に残りました。せっかくの留学、日本に帰るのはちょっともったいない気がしたことと、中国語をもっと使えるようになりたいと思ったからです。思うことは多々ありましたが、純粋に中国語が聞ける環境に身を置いておきたかったです。最初は帰りたかったですが(笑) 留学で、成功はなくても成長は出来ると思いました。成長できる1年にしたいとも思いました。そのため、夏休みを利用してインターンに参加したり、日本語を学習するために全国から集まる中国人と学生たちと一緒に泊まり込みで語学合宿をして、交流したりもしました。どれも自分の人生にとってかけがえのない貴重な経験になりました。そこで出会った人たちから吸収できたもの、学んだことは多かったです。人は人と出会うことで成長できるものだなとつくづく思いました。おかげで、この夏休みはなかなか刺激的で充実していました。 後期の授業は、クラスには知っている人はほとんどいませんでした。後期のクラスはどうなるのだろうと不安に思っていましたが、そんな不安も最初だけで、とても仲の良い楽しいクラスです。今ではほぼ毎週末、クラスメート皆で一緒にご飯に行ったり、卓球、ボーリングしたりと、交流する機会も多いため、クラスの雰囲気もとてもいいです。正確な中国語じゃないかもしれないですが、違う国の人達ときちんとコミュニケーションを取れていると思うと感無量です。このような機会をもらえて両親、大学、支えてくれた方々に感謝しています。 最後のレポートで留学生活を振り返ってみると、なんだか書きたいことがどんどん出てきて収拾つかなくなりそうなので、この辺で留学レポートを終了します。長文失礼しました。ここまで読んでくださった皆様ありがとうございました。谢谢。  東門からの教一楼    クラスメートと  授業おわりの午後の帰り道
カテゴリー: 2016春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 サラワク大学 伊藤さほ子 2016年12月

みなさんこんにちは。サラワク大学に留学しています、伊藤さほ子です。 今回は、寮についてお伝えしたいと思います。 大学内にはいくつか寮があり、私たちはその中の1つであるDahliaという寮に住んでいます。留学生はDahliaに住んでいる人が多いです。DahliaはAとBの2つのブロックがあり、Aはシングルルーム、Bはシェアルームになっています。私が住んでいるDahlia Aは、各階が4つに分かれていて、それぞれに共用スペースと部屋が5つあります。エアコンなしの部屋、エアコン付きの部屋、エアコンとホットシャワー付きの部屋の3種類があり、扇風機は全ての部屋に備え付けられています。ハウスメイトたちと冷蔵庫、シャワー、トイレ、洗面所などは共用です。私はエアコンとホットシャワー付きの部屋に住んでいるので、家賃は1か月約500リンギット(約13,000円)です。洗濯は、Dahliaには洗濯機が設置されていないため、近くにある別の寮まで行くか、手洗いをしています。寮からの移動手段としてバスやバン(乗合タクシー)があり、学外に買い物に行くときなどに利用しています。私はFSS(Faculty of Social Sciences)に所属しているのですが、寮から授業のある学部の建物まで歩いて15~20分くらいかかります。学内でシャトルバスも運行されているのでそれを利用することもできます。 マレーシアでの生活は日本とは違うことも多く、最初は戸惑うこともありましたが、友人にも恵まれ、初めてのことをたくさん経験でき、楽しく充実した毎日を送れています。 寮の部屋の様子 クチンに行ったときの写真 学内で開催されたダンスフェスティバルの様子
カテゴリー: 2016秋, サラワク大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 山口修人 2016年12月

こんにちは。カーディフ大学に留学している外国語学部3年の山口修人です。12月の留学レポートを担当させていただきます。最近いきなり寒くなってきて、噂には聞いていたけどイギリスの冬は厳しそうだなと感じています。書くべきことはたくさんありますが、今回は今まであまり情報を得られていなかったビジネススクールのことについて書きたいと思います。カーディフ大学での留学は現在2つの学部の選択肢があり、桑原さんと藩さんが現代言語学部、私はビジネススクールで勉強しています。 カーディフ大学のビジネススクールは世界的にいい評価を受けているだけあって設備がすごいと感じました。授業のほとんどが1コマ110分(10分ほどの休憩含む)で前期後期続けて受講するものが多く、私は現在6つの授業を受けています。結論から言うととても難しいです。個人的に専攻がそもそも違うのはもちろん、現地学生と現地学生のレベルで学ぶということは得られるものが多い一方で、とても大変です。予習復習を毎回しっかりしてやっとついていけるレベルだと思います。授業のほとんどが秋・春学期の2回(エッセイやテスト)で評価する形で、個人的に今学期の少し生活に慣れてきたあたりから少し怠けてしまった部分があったので、11月提出の4つのエッセイにはかなり苦労しました。ただ留学中はもちろん、留学前からしっかりやることをやればここで得られるものは多く、またイギリスだけでなくたくさんの国から学生が学びに来ているのでとてもいい刺激になります。次のレポートでは主に勉強以外のことに触れたいと思います。最後まで読んでくださった方ありがとうございました。 写真はビジネススクールが持つ3つの建物の1つ(Postgraduate Teaching Centre)です。
カテゴリー: 2016秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 仁川大学 窪田友莉子 2016年12月

こんにちは。12月の留学レポートを担当することになった、仁川大学留学中の国際関係学科2年の窪田友莉子です。 11月に入り、秋を通り越してすぐに冬が訪れたようで、福岡出身の私は寒さに耐えきれずすでに持っている服の中で一番温かい服を取り出しましたが、それでも海風の強い仁川には勝てずに苦戦しております。 留学レポートで何を報告しようか迷ったのですが、何か一つのテーマについて書くよりかは、留学生である私自身の留学生活についてお伝えすることがこれから留学を考えている方にも良いかと思い、今回私は自分自身の留学生活についてお伝えしようと思います。   留学に来てからすぐに、バディーの韓国人学生に手伝ってもらい、履修登録を行い授業が始まりました。私は、韓国に来てから行われる留学生用の韓国語のテストでレベル別に振り分けられた韓国語の授業と英語の授業、そして日韓の言語に関する授業をとっています。一つの授業が1週間に3コマ(1コマ:50分)や2コマある場合が多く、授業数では7つしかとっていませんが一日の全休を除いてはそれほど暇な時間があるわけでもなく、ちょうど良い量の授業数をとっていると思います。しかし、全授業が6時までには終わってしまうため、授業が終わってからは時間が多く、毎日何をしようか苦悩します。授業自体は、英語の会話の授業以外はすべて韓国語で行われるため、韓国語の聞き取りがあまりできないと一般の授業をとるのは厳しいかもしれません。発表や課題ももちろん韓国語でしなければならないため、他の韓国人学生たちと協力しながら発表準備をしたりなど、韓国学生たちと交流する機会の一つではあると思います。 しかし、私たち日本人留学生は仁川大学の日語日文学科のサークルに所属されるため、そのサークル活動として日本語を勉強する日語日文学科の韓国人学生たちと活動を行うのが主な韓国人学生との交流だと思います。そこでお互いの言語交換をしながら、飲み会をしたり、どこかへ遊びに行ったり、それぞれ自由に交流を深めています。また、ISSCという仁川大学の留学生全員を対象にしたサポートコミュニティが主催してくれるシティツアーや文化体験など様々な活動が定期的にあるので、その活動に参加すれば一人や友達とだけでは行けなかった場所に行けたり、体験することができたりと、自分から行動すれば充実した留学生活になるよう大学側からも多くのサポートがされていると思います。 週末は、ソウルへ遊びに行っておいしいご飯を食べたりショッピングをしたり、留学生もそれぞれやりたいことを見つけて楽しんでいますが、私はおいしい食べ物や甘いものが大好きなので、週末ごとにおいしいもの巡りをしています(笑)韓国は日本に比べておいしいスイーツが手ごろな価格であったり、おしゃれなカフェも多く、週末やることがないときはソウルまで出て一人でカフェ巡りをするのも良い時間の使い方だと思います。かという私も以前旅行で韓国に一人で来ていた時はカフェ巡りをするのが趣味でした(笑) これからは12月中旬にかけて期末試験が待っているので遊んでばかりはいられませんが、勉強と遊びを両立しながら充実した留学生活が送れていると思います。また私が留学レポートを書くときに、良い報告ができるよう、今しかできないことに挑戦しながら楽しんで留学生活を送りたいと思います。 写真は、仁川大学内の風景です。 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
カテゴリー: 2016秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】フォートルイス大学 末永千晶 2016年12月

こんにちは。英米学科の末永です。こちらに来てもう3か月が経ち、2週間後にはもう冬休みに突入です!!!本当に早すぎて、訳が分からないです!(笑)そして、こちらはついに雪が積もり始めました。今年は例年よりかなり遅いみたいですが、、、(笑) つい最近では、アメリカの祝日である、サンクスギビングがあり、約1週間のお休みがありました。その間、私はネイティブアメリカンの友達の家に滞在させてもらいました。友達の家はReservationというネイティブアメリカンの居留地にありました。家がぽつんぽつんとしかないようなところで、スーパーに行くのにも車で30分くらいかかるようなところでした。しかし、そんなところだからこそ、普段は見ることのできない満天の星空や、両端がはっきり見える大きな虹、ダブルレインボーも見たりすることもできました!きっと何かが宿っているような、パワースポット的な土地なのだろうなと思わされるくらい、感動的でした! 人生初の馬に乗ることもできました!そして、サンクスギビングと言えばFood!!!七面鳥はもちろん、たくさんの料理がテーブルに並べられ、ものすごくお腹いっぱいになりました。 サンクスギビングデーには友達の家族が勢ぞろいして、日本のお正月みたいな感じでした。多くのネイティブアメリカンの人たちは、血はつながっていなくても、一緒に育ったらBrotherやSisterと呼ぶらしく、家族間はもちろん、人と人とのつながりがとても強く、素敵だなと見ていて感じました。あとは、たくさんディズニー映画のDVDを見ました!(笑) サンクスギビングが終わった今は、さっそく課題とFinal Examという現実に向き合っています。最初は、授業の内容がよく理解できず、なんでみんなが笑っているのか、笑いについていけず、やりきれるかどうか不安でいっぱいでしたが、私がとっている授業の教授はどの方も優しく、協力的で、何とかここまで来ることができました!ちなみに私は、Introduction to Psychology, Education: Global Perspective, Tourism/Hospitality Management, Cross-Cultural Management, Hikingをとっています。自分の専攻に縛られずに様々な授業を取ることができるのは、とても魅力的なところだと思います! 本当に周りの人に恵まれて、日本ではできないような様々な経験をさせてもらっています。本当にフォートルイスに留学させてもらえることができて良かったなと強く思います。まずは、残りの2週間、単位を落とさないようにしっかり頑張ろうと思います!最後まで読んでいただきありがとうございました。    
カテゴリー: 2016秋, フォート・ルイス大学, 新着情報, 留学レポート

[情報提供]福岡県国際協力リーダー育成プログラム ミャンマー派遣参加者募集

福岡県国際交流センターからのお知らせです。  福岡県国際協力リーダー育成プログラムは、国連ハビタット福岡本部と連携し、将来国際協力活動を行うことができる人材を育成することを目的としています。今回の派遣先は、ミャンマー連邦共和国のヤンゴン。現地では、国連ハビタット現地プロジェクトでの支援活動体験や、国連ハビタット現地事務所等での講義や意見交換を予定しています。国際協力に強い関心と問題意識を持ち、将来国際協力活動に携わりたいと思っている学生の皆さんを募集します。 募集内容等の詳細はこちら ⇒[福岡県国際交流センター主催]福岡県国際協力リーダー育成プログラム ミャンマー派遣参加者募集   【問い合わせ・申込先】 公益財団法人福岡県国際交流センター企画交流課 担当:加藤、岡松 TEL:092-725-9204、(公財)福岡県国際交流センターURL: http://www.kokusaihiroba.or.jp/ 
カテゴリー: 新着情報

[情報提供]グローバルステージ in BRAZIL 参加者募集

海外県人会人材育成・活用推進事業実行委員会からのお知らせです。  現在、世界各地で、福岡県を故郷に持つ人々が活躍しています。そして、それぞれの国で福岡県人会が組織され、福岡県と強い絆で結ばれています。県内の若い皆さんが、これらの県人会を訪問し、世界へ挑んだ先人の足跡を学ぶとともに、現地の政治経済情勢や社会事情等を幅広く理解し、併せて各訪問地とネットワークを築くことを応援します。あなたのグローバルステージへの挑戦をお待ちしています。 募集内容等の詳細はこちら ⇒  [海外県人会人材育成・活用推進事業実行委員会主催]グローバルステージ in BRAZIL   【問い合わせ・申込先】 海外県人会人材育成・活用推進事業実行委員会事務局(公益財団法人福岡県国際交流センター企画交流課内)担当:大田、岡松 TEL:092-725-9204、(公財)福岡県国際交流センターURL: http://www.kokusaihiroba.or.jp/  
カテゴリー: 新着情報

【留学レポート】 韓国海洋大学校 塩出菜々子(2016年12月)

12月に入り韓国は本格的な冬の寒さになりました。こちらは大学が海沿いに位置するため風がとても強く、本来の気温よりとても寒く感じます。では今回は11月の報告をしたいと思います。 先日大学内で外国語・韓国語大会が行われました。外国語は中国語・日本語・ドイツ語・フランス語部門があり、これらは韓国語も含めてスピーチの部門です。その他に英語プレゼンテーション部門と英語エッセイ部門があります。興味のある学生は申請して参加するという感じです。各部門順位によって賞金が貰えることになっており、私は今回韓国語スピーチの部門にエントリーすることにしました。スピーチのテーマは環境・平和・災害から選ぶことになっており、私は環境を選びました。 台本を作るときに仲のいい先輩が手伝ってくださり、申請まで一緒にしてくださいました。その先輩もフランス語のスピーチにエントリーしていて、実際私の知ってる人の中で今回のスピーチ大会に申請している人は多かったです。当日、開会式の後、各言語別に教室に分かれ始まりました。韓国語はあまり参加者がおらず、審査員の先生も優しい雰囲気の人だったため、あまり緊張することなくスピーチをすることができ、1位を貰うことができました! 私は今回のような人前に出て何かをするようなことに自分から挑戦したことはほとんど無く、不安もありましたが、今回やり遂げたことで少し自信に繋がったし、いい経験ができたと思いました。ちなみに授賞式前にはダンスサークルが前の舞台でTWICEのTTやSEVENTEENのアジュNICEを披露し、さすが韓国っぽいなと感じました。
カテゴリー: 2016秋, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】 クイーンズランド大学 阿部夏実 2016年12月

こんにちは。文学部比較文化学科3年の阿部夏実です。 あっという間に12月になってしまい、日本に帰る日が約2週間後に迫ってきました、 私のレポートは今回が最後になります。今回はすごく簡単に自分の留学生活をまとめながら、留学に少しでも興味がある皆さんに、「留学行ってみたいな」、「オーストラリアって素敵なところだな」、と思ってもらえるような文章を書いていこうと思います。^^   私にとって、オーストラリアで学部生として勉強することは、私が留学を決めたきっかけや、漠然とあった留学前の目標を達成するのにすごく合っている場所だったなと思っています。以下は、留学前に、私があるクラスで短いスピーチをするために書いた文章です。 “私が留学を目指したきっかけは、私が中学校二年生の時にオーストラリアに1週間ホームステイしたことです。私はそこで語学学校に通っていたのですが、その授業の中で中国人の方とロシア人の方と英語で会話をする機会がありました。その時私は、母語が違う者同士が、お互いに英語という共通の言語を使ってコミュニケーションをとれていることにすごく感動して、もっと話せるようになればもっとたくさんの人とかかわれるのではないかと思いました。 私は今回の留学で、もっといろんな人とかかわりたいし、いろんな人の考えが聞きたいし、自分の目で異文化を見てみたいし、そういった違うものを受け入れる姿勢を身につけていきたいです。これはこれから日本で生きていく中でも大事になってくるし、そういうひとつひとつは大袈裟かもしれないけど、世界でみんなが平和に、幸せに生きていくために大事なことだと思っています。 目的が少し漠然としていると思われるかもしれないけど、帰って来た時にそれがもっとうまく説明できる何かを得られればいいなと思います。 楽しいことばかりではないと思うけどきつい経験もたくさんして逞しくなって帰ってきます。”   …結局この文章は、決められた時間内に話せる内容にまとめることができず、授業内では話しませんでしたが、下書きはずっとスマホに保存していて、 授業や課題が辛すぎて自分が何をしているのか分からなくなってしまった時にたまに見返しては、「私はきっとここで得られるものがある!」と自分の当初の気持ちを思い返しては、「頑張ろう!」という気持ちにさせられました。 留学に行く目的は人それぞれだし、正解なんてないと思います。そして留学中も、周りの留学生のことは気にせず、自分だけの留学生活を思いっきり充実させればいいと思います。私にとっては、その充実させるためのモチベーションが、来る前に書いたこのメモでした。 自分の将来の夢のために、英語の習得はもちろん大切だけど、机にしがみついてばかりではなくて、たくさんの人とかかわりを持つことが自分にとっては同じように大事なことだと思い出し、自分のちょうどいいバランスを保つことができました。   オーストラリアにはたくさんの異なる人種、民族がいます。留学生はもちろん、見た目がアジア人でもオーストラリアで生まれ育った人もたくさんいます。皆、様々なバックグラウンドを持っています。 1学期に履修したWorld Religionの授業の一環で実際に様々な宗教の儀式を見せてもらったりお話を聞いたりしたことや、友達についてキリスト教のlife groupに参加したことも、自分にとってはとても貴重な経験で、考えさせられたことはたくさんありました。(全然簡単にまとまらないので詳細は省略します。) また、このようにいろんな人がいる中で、みんな母語であってもなくても、英語でコミュニケーションを取っていて、でもその英語も様々で、その中で私が感じたことは、英語が正しいかどうかよりもお互い分かり合おうとする気持ちの方がよっぽど大切だということです。オーストラリアには、ネイティヴであってもなくても、分かり合おうとする気持ちを持った人たちがたくさんいます。   私はオーストラリアでたくさんの人に出会い、今ではいろんな国に友達がいます。オーストラリアに来る前は、中国や韓国はただの隣の国だったし、インドネシア、ベトナム、シンガポール、マレーシアなども、アジアのどこかの国で、オマーンなんて国の名前すら知らなかったけど、今はその全部の国やほかの国もまた、私の大事な友達の大事な故郷です。そうやって考えると、もっと違う国のことを大事に思えるし、その気持ちが広がっていけば、もっとみんなお互いの国の幸せを思いやりながら生きていけるんじゃないかなと思っています。そんな簡単なことでもないような気もするし、もっと簡単なことのような気もします。 私がここにきて一番よかったなと思うことは、やはり、いろんなバックグラウンドを持った人たちと関われたこと、そして何より、国境を越えて、心から信頼できる友達に出会えたことです。   …すごく長くなったのに、全然うまくまとめられなかったけど、以上で今回のレポートを終わりたいと思います。最後までお読みいただき本当にありがとうございました。   そして、10カ月間、支えてくださったすべての方に感謝します。 ありがとうございました!!!   写真は関係ないけど先月末訪れたシドニーのオペラハウスと朝4:30に起きて見た朝日です!今更、本当にオーストラリアにいるんだなと実感しました。笑
カテゴリー: 2015春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー