posts archive
月別アーカイブ: April 2017

【留学レポート】 タスマニア大学 増山怜香 2017年4月

 留学生活を始めて1か月半が経ちました。タスマニアは綺麗な海や空、花、緑、いろいろな鳥や動物に恵まれていてとても素敵なところです。夜は満天の星空が広がり天の川が見えます。大学や寮には国はもちろん、文化、宗教、年齢等、全て異なる本当に様々な背景を持つ方が入り混じっています。そういう方々と仲良くなって今までの経験や考え方を知ることはすごく刺激的で、視野が広がります。  私は国際関係学の授業を受講しています。前期は時間割の関係でアジアの政治、文化、歴史などの授業を集中して受けているので全ての授業が関連していて面白いです。また、今まで日本の視点で学んでいたことがアジアの外側からどう捉えられているのか学ぶことができるのでとても新鮮です。専門的なことを英語で理解し自分の知識にするには時間がかかりますが、その分得られることもたくさんあります。よく授業やチュートリアルの議論についていけなくなったり、予習復習、課題が追い付かなかったりしますが、最近はあちこちに「先生」になってくれる友達ができ、本当に助けられています。  また、日本に興味がある方が多く互いに文化や言語の交流をするのは楽しいです。大学の図書館は24時間空いているので好きなだけ勉強できます。環境にも人にも恵まれ、すごく貴重な機会なので今後も一日一日大切に留学生活を送っていきたいと思います。   写真は2枚ともPrinces Parkからの眺めです。
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 ピッツバーグ大学 山下遥香 2017年4月

 皆さん、お久しぶりです。天候がかなり不安定な3月のピッツバーグより、今月の留学レポートは再び、文学部比較文化学科4年 山下遥香がお届けします。先日、とうとう4年生の皆さんが大学をご卒業され、これからは自分たちの代が「4年生」を名乗ることになると思うと何ともむず痒く、少しセンチメンタルな思いに駆られている今日この頃。こんな思いに駆られるのも春ならではだななんて考えると、趣深い日本の「春」が少し恋しくもありますが、そんな今月のピッツバーグでは、暖かくなったかと思えば、突然雪が降ったり、はたまた突然の雨に見舞われたりと、なんとも落ち着かない天候が続いています。  今回の留学レポートでは、【1】CMU探索、【2】ワシントンD.C.・フィラデルフィア旅行の2点についてお話しします。 【1】 CMU探索  先日、大学の隣に位置しているカーネギーメロン大学(CMU)に遊びに行ってきました。カーネギーメロン大学といえば言わずと知れた名門校ですが、実は企業からの派遣でいらしている日本人の方が大勢いらっしゃいます。(ピッツバーグには日本人学生こそ少ないものの、日本人の方はたくさんいます)私がピッツバーグに来てよかったと思っている大きな理由の一つがその社会人の方々にお会いできたからで、仕事内容や企業探しに関して、また大学にしておいた方が良いことなど、こちらに来なければまず出会えなかったであろう方々から様々なアドバイスを頂いたり、お話ししたりというのは、こちらに来る前にはあまりできなかった経験であり、就活を来年に控えた身として本当に勉強することばかりです。(山下は5年卒予定なので)  さて、CMUに関してですが、CMUは、大学施設が街中に点在しているPITT大とは雰囲気がまるで違って、所謂、日本の“キャンパス”に近い印象を受けました。加えて、この日は2月末でしたが、最高気温25℃と非常に暖かく、なんだか一日だけカリフォルニアにでもやって来たかのような晴天でした。こんな天気の良い日はジャンプするに限るので!と意気込んでとんだ写真が以下です(笑) (写真1)CMUキャンパス内にて 下はThe Randy Pausch Memorial Bridgeで発見した、ペンギンのパネル。ランディポウシュ氏と言えば、”The Last Lecture”で有名な、末期がんに侵されながら、卒業する生徒たちに向けて、本当の意味で彼の人生「最期」の授業をした方ですが、YouTubeでレクチャーを拝見した印象、ユーモアがあって、素敵な方だったのだろうなと感じました。ペンギンがお好きだったようで、記念の橋に、ところどころペンギンが用いられたようです。いつかお時間あるときにでも、彼の最後の授業をぜひご覧ください。私は帰国して少し落ち着いてから、書籍版を購入して再度読む予定です。そのほかにもCMUのキャンパス内には、ゲイツビル(ビルゲイツ氏)などの建物や、面白い研究展示が沢山あり、THE文女の私には想像もできないほど、難しい研究がなされているのだろうなと感じました。CMU、すごい! (写真2)The Randy Pausch Memorial Bridge(CMUキャンパス内) 【2】 ワシントンD.C.・フィラデルフィア旅行 3月に一週間ほどある春休みを利用して、兼ねてからずっと行きたかったワシントンD.C.とフィラデルフィアに旅行に行ってきました。今回の旅行は私の中で「修学旅行」の意味あいがかなり強く、今まで座学で勉強してきたアメリカ史を、「見る」「聞く」「感じる」ことをテーマに5日間で2都市を旅行しました。移動はすべて高速バス(メガバス・グレイハウンド等)で行ったため、トータルで交通費が55ドル、宿泊先はすべて知人宅なので無料、という学生激安貧乏旅行に抑えることできました(笑)ワシントンD.C.はほとんどの美術館や博物館が無料で入場できますし、ありとあらゆるものが保管されていますので、アメリカに留学予定の方で、少しでも歴史に興味がある方がいらっしゃれば、ぜひ一度は訪れてほしい場所です。(そうでなくてもきっと楽しめると思いますが。)  ワシントンD.C.で訪れたなかで特に印象に残っているのは、「国立公文書館」、「アーリントン墓地」、「硫黄島記念碑」の3か所です。国立公文書館には、アメリカ合衆国憲法、独立宣言書、人権宣言書等々、アメリカ建国史上重要な公文書の原本が数多く展示されており、アーリントン墓地には数々の戦争で殉死した兵士たちのお墓が数え切れないほど多く、山一帯に並んでいます。また硫黄島記念碑には、アメリカが今までに経験してきた戦争が銅像の周囲に、ぐるっと二周分ほど記されており、アメリカが経験してきた戦いの多さをうかがい知ることが出来ます。以下、写真下にコメントを記入しています。 (写真3)リンカーンメモリアル前。マーティンルーサーキングがかの有名なスピーチをした場所。兼 フォレストガンプで、ジェニーとフォレストが感動の再会を果たした場所 (写真4)アメリカ史博物館 たまたま開催されていた日系アメリカ人史の特設展示が特にお気に入り。第二次世界大戦中の日本の風習である「千本針」と、キリスト教的な「GOD  BLESS YOU」が組み合わさったものを日系アメリカ人兵士が身につけていたみたいです。日系アメリカ人は卒論で書きたいテーマの一つでもあるので、タイミングよく、この特設展示が見られてラッキーでした。 (写真5)硫黄島記念碑 (写真6)JFK・Jackieのお墓(アーリントン墓地内) 在任中、ピッグス湾事件、キューバ危機、ベルリンの壁建設、宇宙開発競争等々、挙げればきりがない厳しい時代の流れの中で、必死にアメリカを守ろうとしたからこそ、今でも国民に愛されている大統領なのだろうなとお墓周辺のアメリカの様子を見て痛感しました。公民権運動にかなり共鳴して、黒人や女性の権利のために動いた大統領でもあります。アメリカ史の授業で今まさに、JFK、LBJあたりをやっているので、タイムリーにここに来ることができて、本当によかったです。1960年代にケネディや、公民権運動に従事したローザパークス、キング牧師たちが、必死こいて解決しようとした問題が、50年経った今でも、まだ解決できていない。「歴史は失敗から学ぶためにあるものだ」という高校時代の日本史の先生の言葉をふと思い出した瞬間でした。  フィラデルフィアで特に記憶に残っているのは、ごめんなさい、食べ物です(笑)独立の鐘や博物館も勿論面白かったのですが、フィラデルフィアチーズステーキには完敗でした。旅行の楽しみの一つは常に「食」なのです。こちらは、ひたすら食べ続ける旅になりました。 (写真7)フィラデルフィア在住の友人と食べに行ったGENO’S STEAKS   ワシントンD.C.もフィラデルフィアも、どちらも本当に街並みが美しく、住みやすそうで、将来、叶うならばいつかここに住みたいな~なんていう夢を描きながら、春休みの一大プランであった「修学旅行」は終了しました。ホストしてくださった2家族には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 (写真8)フィラデルフィア  さて、すべてに「最後」が付きまとう最後の一か月がついに始まってしまいました。この10か月間であった様々な出来事や友人たちのことを思うと名残り惜しいですし、文字通り、「あっ」という間に終わってしまった留学だったなと、振り返る今になって思いますが、残り1か月、最後まで気を抜かずに駆け抜けたいと思います。最後まで読んでくださり、ありがとうございました!  来月提出の最終レポート、留学生活の総まとめとして、田中と山下2人で一緒に作成したいと考えています。どうぞよろしくお願いします。 (写真9)友人と (写真10)ASAフォーマルパーティにて
カテゴリー: 2016秋, ピッツバーグ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 オックスフォードブルックス大学 中村汐里 2017年4月

こんにちは。4月の留学レポートを担当させていただきます、比較文化学科4年の中村汐里です。オックスフォードは3月から日も長く、暖かくなり始めました。風はまだ比較的強く夜は寒いですが、最近は、日中は半袖でも過ごせるほどになりました。外で日向ぼっこをしたり、課題をしたりする学生もよく見かけます。さて、先日ロンドンでテロがあったり、メイ首相が正式にBrexit発動の手紙に署名したりと大忙しなイギリスですが、ブルックスでは今学期ももう終盤に差し掛かっているところで学生たちも課題に追われる毎日です。無論、私もその一人ですが、来週末から待ちに待った2週間のイースターブレイクが始まります。この期間は家族に会うため実家に帰る学生が多く、私はパリとモロッコへ旅行に行くことにしました。先月はベルギーに行ってきたのですが、ベルギーもパリもバスを利用すれば50ポンド程で行くことができるのでとてもお勧めです。イギリスでの食事はまずくはありませんが、噂通りあまりおいしくはないので私は旅行先での食事をとても楽しんでいます。(笑)そしてイースター後ですが、ここからが本当に課題の嵐なのでイースターは、本当はあまり遊んでばかりいられないのだとは思います。(笑)焦りもしますが、授業内で先生がエッセイについてチュートリアルを設けてくれるので、早めに取り掛かれば添削や質問にも答えてくれ、とても献身的です。オックスフォードはロンドンにも近くとてもいいところなのでブルックスを考えている方には是非お勧めです。諦めずに粘って挑戦し続けてみてください。応援しています。読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: 2016秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 マカオ大学 東風平幸 2017年4月

 こんにちは。マカオ大学に留学中の英米学科4年東風平です。  マカオも春になってきましたが、雨や曇りの日が多くどんよりとした天気が続いています。日本が春休みの2月3月にはマカオの観光地でよく日本人観光客を見かけ、少し日本が恋しくなりました(笑)  今回は後期の授業と寮のアクティビティを紹介したいと思います。 後期はアジアの宗教の歴史、パブリックスピーキング、社会言語学、英語音声学の4つの授業を受講しています。どの授業もとても面白いのですが、おすすめしたい授業が2つあります。 1つ目はパブリックスピーキングで、この授業ではユーモアを交えたスピーチ、儀式でのスピーチなど様々なシーンでのスピーチを学んでいます。Tedtalkやアメリカ大統領のスピーチを分析し、また2週間に1回、実践もあるので大変な授業ですがクラスメートとのコミュニケーションも楽しい授業です。 2つ目は、社会言語学の授業です。北九大では社会言語学概論を取っていたのですが、マカオ大では中国語(普通語)、広東語、ハワイの言語(教授がハワイ出身のため)など、日本語と英語だけではない様々な社会での言語の状況を学ぶ事ができています。北九大で習った事を思い出しながら、他言語社会のマカオについて知ることができ、とても充実しています。 ↑後期の時間割  私が住んでいる寮は毎週アクティビティが行われています。内容は、お菓子作りやスポーツ大会、香港への一日ツアーやマカオ大の教授による特別講義など様々です。 2月28日には寮長の部屋でパンケーキパーティーがありました。この日はキリスト教の伝統行事の一つであるShrove Tuesdayで30人程の学生が集まってパンケーキを作ってお祝いしました。寮長は料理が得意で、よくアクティビティを計画して料理を振る舞ってくれます。 今回は寮長の奥様ともお話ができ日本に旅行された時のお話しなどで盛り上がりました。こういったアクティビティでいろんな学生と交流でき、みんなが家族のように仲良くなるのがこの寮の魅力の一つです! ↑パンケーキパーティーの様子。写真右の白シャツの方が寮長です。
カテゴリー: 2016秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 クイーンズランド大学 田原明希 2017年4月

 こんにちは。外国語学部英米学科の田原明希と申します。今回初めて留学レポートを担当させていただきます。よろしくお願いします。  留学生活がスタートし、1か月が経ちました。初日から案の定トラブル続きで、途方に暮れることばかりでした。やっと少しずつ慣れてきたようには思いますが、まだまだ毎日必死に生きています。 中でも特に苦戦したのは交通機関です。過去の先輩方のレポートと内容が被ってしまうかもしれませんが、今回はそのことについて書きたいと思います。ブリスベンでは通学にも買い物にも何かとバスを使うのですが、乗り降りは気を張って構えていないと失敗してしまいます。 まず自分のバスが来たら手を挙げてアピールしないと停まってはくれません。そして気を付けないといけないのは時間です。バスが遅れるというのは予想がつくと思うのですが、早く来ることもあります。 そして早く到着すれば、そのまま予定時刻は待たずに行ってしまうので、余裕をもってバス停に着いておく必要があります。自分のバスに乗れても気は抜けません。バスの運転手さんはせっかちで、素早く席に着かないとバスは急発進し車内で転んでしまうので注意が必要です。 バスが満員で席がないときはもっと注意が必要です。つり革を片手に携帯をいじるなんてもってのほかです。特にブリスベンは急な坂が多いので、しっかり両手で柱やつり革を持っていないと吹っ飛ばされてしまいます。 そして最も困難なのは降りるタイミングです。ブリスベンのバスは日本のように次のバス停を表示してはくれません。ですから自分が今どこにいるのか、どのタイミングで降車ボタンを押すのか、またどのバスがどのバス停に停まるのかをきちんと把握しておく必要があります。 しかし、ブリスベンでは公共交通機関は学割を使えば非常に安く、しかも乗り換えは無料です。例えばバスで買い物に行って、一定の時間に買い物を済ませ、帰りもバスを使えば、帰りのバス代は無料になります。また、私もよく把握していないのですが、1週間に10回利用すると、その週の残りはすべて無料になるという決まりもあるそうです。例えば木曜日までに10回バスを利用すれば、その週の金土日はバスに乗り放題ということです。 私はまだまだバスは緊張しますが、上手に使えば気軽に色々な所へ行くことができるので、留学を考えている方は、参考にしていただければと思います! 本当は授業のこと、街のことなども書きたかったのですが、交通機関の話が長引いてしまったので今回はこれで終わらせていただきます。大好きなオーストラリアで学べることにとても感謝しています。でもきっと一年なんてすぐ終わってしまうのだと思います。とにかく確実に成長して帰国できるよう、気を引き締めて頑張ります。 砂糖を盗みにやってきたオウムの写真を載せます。都会にも色んな種類の鳥があちこちにいて、人間と共存しています。動物園に行かなくてもこんなに近くで見ることができ、オーストラリアに来た!という感じがします!!  
カテゴリー: 2016春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー