posts archive
月別アーカイブ: June 2017

【留学レポート】 文藻外語大学 濱田明優 2017年6月

はじめまして、こんにちは。中国学科3年の濱田明優です。 私の留学している文藻外語大学では、早くも夏休みまで一か月を切ってしまいました。天候に関して言うと、日中は30度前後と相変わらず暑いのですが、最近は梅雨に入ったのか雨もよく降るようになりました。(それまでは雨の心配などほとんど必要ないくらい雨は降りませんでした)また、高雄は紫外線がとても強いので日焼け止めは必須です!日傘を持ち歩いている人も少なくはありません。   学校はもうすぐ期末考査とういうこともあり、文藻ではプレゼンテーションを使った発表が期末考査となる授業も多いので最近はそちらの準備で追われています。また、先学期から文藻に来ている留学生の友達は、今学期が終わると皆それぞれの国に帰ってしまうので、今一緒に授業を受けている仲間とももうすぐお別れだと考えると寂しいなと思いながら授業を受けています。    個人的なことではありますが、私はヨガ部に入りました。学校の宿舎に住んでいると、学校の周りにはたくさんお店があるし、少し遠出をするときも学校の前にあるバス停からバスに乗るといろいろな場所に行くことができるので、日本にいるときよりも運動量が減ったなあと感じたからです。ヨガ部の活動は週に二回あり、一回は一時間程度です。私は体が硬いほうなのですが、外部から指導に来てくださる先生が丁寧に教えてくれるので安心です。文藻外語大学にはほかにもたくさんの部活動があるので、留学に来たら参加してみるといいかもしれません。    先日は端午節ということで、粽子(ちまき)を先生からいただきました。ちまきはもともと中国のもので、毎年端午節の時期に台湾でも食べる習慣があります。やはり日本のものとは少し違っていました。卵が入っていたのには驚きました。とても美味しかったです。   (先生からいただいた台湾の粽子。見た目は日本のものと変わりません)    またその端午節は四連休だったので、澎湖島にプチ旅行に行ってきました。澎湖島では今ちょうど澎湖花火節という花火大会が開催されているので参加してきました。上から落ちてきそうなくらい近くて、大きくて、とってもきれいでした。正直これほど素敵な花火を見たのは初めてです。花火と言えば日本の夏祭りでよく見ることができますが、台湾では年越しの時くらいしか花火を見ることができないそうです。澎湖島では毎年4月から6月の約2か月にわたって開催されているので、機会があればぜひ参加してみてください。   (澎湖花火節の写真。写真ですごさがあまり伝わらないのが残念です。。。)    今月末からは文藻外語大学は夏休みに入ります。夏休みは六月下旬から九月中旬ととても長いです。この長い夏休みの過ごし方は人それぞれですが、私は一時帰国をする予定です。でも、もちろんその前に期末考査です。期末考査が終われば日本食!と思いながらしっかり準備をして臨みたいと思っています。  以上で今月の留学レポートをおわりにしたいと思います。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
カテゴリー: 2016春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 大連外国語大学 上田知未 2017年6月

こんにちは。2月末から留学中で中国学科2年の上田知未です。 大連も次第に気温が高くなり、夏の訪れを感じる頃になりました。時が経つのは――なんてテンプレみたいに表現してもあまり現状伝わらないし面白くないので、自由な表現を使ってお伝えしていきます!常識の範囲内で。 このブログを書いたのは5月、夜はまだ寒いですが昼はアイス食べたいなあと思うほどには暑いです。 さて授業についてお話します。私は背伸びをしたクラスにいるので、初めは中国語を全然聞き取れませんでしたが、今では先生の冗談を聞き取って、笑えるほどになれました。しかし、服を買いに行ったときなど、店員が鉄砲のように話しかけてきます、正直こわいですし、そのときは何を言っているのか半分くらいしか聞きとれません。先生は分かりやすい言葉を使ってくださっているのです。 ネイティブの人と話すのは、言わずもがな勉強になります。1年の頃、謝罪の言葉として对不起を習い、簡単で覚えやすいためSNSなどでも軽い感じで使っていました。しかし、中国人は不好意思をよく使うと言われ、日常に注意しているとみんなそのように言っているのに、気が付きました。 最後に、トイレの悪臭には慣れませんがもの凄く充実しています!(写真は森林動物園のゾウ)
カテゴリー: 2016春, 大連外国語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 垣屋宗寿 2017年6月

皆さんこんにちは。法学部政策科学科4年の垣屋宗寿です。最初で最後の留学レポートは、これまでの留学生活で感じた事をいくつか書きたいと思います。    2月末に中国に来て、人の対応や秩序など日本との違いに本当に驚きました。「もし日本なら」、というフレーズを口にすると息すらできなくなるほどで、自分に基準はなく、ここは外国なのだと心に決め、中国での日々が流れ始めました。    午前中のみ大学の授業があり、クラスはA班からG班に分かれています。自分は、欧米やアフリカの方が流暢に中国語を話すF班の底辺でもがいています。休学や休職をして学びに来ている人や、漢字圏ではない人と一緒に授業を受けることは、大きな刺激になっています。学生活動は、学校の野球部に参加し、メモ帳片手に中国の学生から中国語を習い、交流を深めています。中国の学生は本当に元気で、練習に向かうときは、中学校時代の体育の授業に向かう気分です。ルームメイトがイタリア人ということもあり、ヨーロッパの人に囲まれるという初めての経験もできました。東に浮かぶ島国から来た自分にとって、国境を簡単に行き来できる大陸の人と接することは、外国に対する捉え方を変化させてくれました。同済大学には、千何百人の留学生が在籍しており、僕のルームメイトは、英語で建築を学んでいます。中国語ではなく、他の専門分野を学びに来ている留学生も多いです。    大陸で活動する中で、中国史のおびただしさ、街角の熱気、夜空紅い上海と荒涼な農村との差など自分の眼で見て、肌で感じる事ができました。秩序を失ったと思われる中にも独自の秩序を保っている気がしたり、議論も最高のレクリエーションなのだと感じたりと、何気ない時に気づくことが多々ありますが、なぜか決って一人でいるときの方が新たな発見が多いです。    この写真は、先日出かけた時に撮ったものです。盛んなクラクションが鳴る中、この風景を眺めているとき、ふと慣れてしまっている自分に気がつきました。限りある時間の中で、ある意味慣れてはダメで、常に新鮮なものを求めて飽きないように動かなければと感じています。硬座(席のみの寝台列車)で移動したのですが、夜がなかなか腰を上げてくれず、とても長く感じました。今では寮のベッドに体が沈んでいくだけで、極楽に浸っています。夜の暗さを知って、昼の明るさがわかるように、留学で得られた新たな視点で今までとは異なる捉え方をしていきたいです。    最後になりますが、すべては言葉であり、その言葉があるからその意味を味わえるのだと思います。自分は、日本で生まれ、日本語が基になっている以上、日本語が母国語であるという日本人の特権を、更に意識していきたいです。国境を超えるのが益々容易になる時代において、今回留学できた事に感謝しております。お世話になった方々本当に有難うございます。もう少し成長して、来月帰国します。  
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 2017年6月

 オーストラリアに来て早くも3か月半が経ちました。タスマニアは冬になり朝晩とても冷え込みます。私の寮は丘の上にあるので部屋からは町を見渡すことができ、特に夜は川の対岸の夜景がとてもきれいです。川といっても河口なので海のように幅が広いです。この川が流れ出る海の南には南極大陸があります。  学校の授業は前期の後半に差し掛かかりましたが、相変わらず忙しい日々を送っています。授業では、事前に読んでおくべき資料が各科目30ページから50ページあり、それに加えて各授業で2000字程度のエッセイや20分のプレゼンテーション、その他様々な形式の課題が次々課されます。最初は課題や日常のハプニングに振り回されていましたが、最近はあまり動じなくなりました。  タスマニアは公園でピクニックをしている人や、町のベンチやオープンカフェでのんびりしている人などとにかくリラックスしている人が多いように感じます。おかげで私も自分のペースで日々を過ごせています。  課外活動ではバドミントン部に入りました。寮には食事がついていないのですが近くに住んでいる友達が定期的にご飯に招いてくれたり、寮の友達がご飯を作ってくれたり、食べ物を持ってきてくれたりしてついつい食べ過ぎてしまうので、バドミントン部での活動は楽しいだけでなく、健康維持のための良い運動になります。毎日毎日あっという間に過ぎていくので残りの留学生活も悔いが残らないようなものにしていきたいです。 写真はBruny islandに行ったときの写真と、部屋から見えた朝焼けの写真です。 Bruny island ではクルージングを楽しみ、野生のイルカやアザラシ、ペンギンを見ました。
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー