posts archive
月別アーカイブ: December 2017

【留学レポート】 カリフォルニア州立大学 内山遼 2017年12月

 こんにちは!カリフォルニア州立大学モントレーベイ校(CSUMB)に留学している国際関係学科3年生の内山 遼です。今回の留学レポートでは「サービスラーニング」という授業と、先日のFall Breakについてお話させてもらいます。  まずサービスラーニングという授業では、講義で地域に存在する問題に関して文献を読んだりディスカッションを行ったりする他に、生徒には地域の施設に実際に出向いて、30時間以上ボランティアワークを行います。今学期、私が参加しているサービスラーニングでは小学校に出向いて日本文化や日本語の授業をアメリカの児童に向けて行うというものでした。この授業の一番の利点は講義でアメリカの社会に潜む問題を学ぶだけでなく、実際のアメリカ社会に出てそうした問題を実際に肌で感じる機会が与えられるということです。 例えば、私の訪問していた学校では何人かの子どもたちは算数の簡単な計算に四苦八苦していたり、英語を話すことにも苦労している生徒などがいたりしました。彼らの多くはラテン系アメリカ人の児童で、学校の施設や地域周辺をみても、とても裕福とは言えない環境で育っている印象がありました。そうした環境下で、外国語(日本語)に触れる機会を作ることで彼らにそのような影響を与えることが出来るのかという事を授業では考えています。なかなか普段見ることのできない角度からアメリカ社会を観察するきっかけ、あるいは日本文化を通じてアメリカの子ども達と成長するきっかけにもなったと個人的に感じています。CSUMBに留学を考えている皆さんにはお勧めしたい授業の一つではあります。  次に先日の秋休みの生活についてお話します。11月の三週目に一週間ほどのFall Breakがありました。ほとんどの留学生はロサンゼルスやラスベガスといった観光名所を訪れていました。私はあえて遠出はせず近くのビーチに行ったり寮に残ったりして、これまでの留学を振り返るという事に時間を費やしていました。 秋休みのビッグイベント、サンクスギビングホリデーには留学生と寮でターキーを調理して食べたり、翌日のブラックフライデーには朝五時に友達と近くのショッピングモールへ出かけたりと、自分の時間を持ちつつ、日本では味わえないアメリカの文化に触れることが出来たので、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。CSUMBは都市圏とは離れた場所に位置しているため、シティライフが好きな方には不便ですが、自然に囲まれた環境で自分と向き合う時間を作ることが出来るのもこの大学の特徴ではないでしょうか。少し早い話かもしれませんが、アメリカに留学を考えている皆さんはこうした休暇を使って自分のやりたいことを存分に楽しんでくださいね。  年内で私が留学レポートを更新するのはこれが最後になると思います。来年のレポートでもCSUMBの授業やこちらの生活について詳しくお伝えできたらと思います。少し早いですが、皆さん良いお年を!!   【アメリカの小学校の様子】   【アメリカの小学生と福笑いをしている様子】   【Fall Breakに行ったCarmel Beachの様子】
カテゴリー: 2017秋, カリフォルニア州立大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 サラワク大学 小佐井薫子 2017年12月

 今月のサラワク大学の留学レポートを担当させていただきます、国際関係学科3年の小佐井薫子と申します。所々お見苦しいところがあると思いますが、どうかお見知りおきを。    今、日本は10度前後の寒い日々が続いておりますでしょうが、12月でもマレーシアは20度後半で、しかも雨季の時期なので、暑くじめじめしております。日本とは違う気候や環境というせいもあったのか、私の身体は悲鳴をあげ、ここ数週間は病院や薬にお世話になる日々でした。ちなみに、病院は大学内にあり、学生は診察も薬も無料で、至れり尽くせりです。    ここでの課題ですが、日本よりも大掛かりなものが多いです。直近なものだと、昨日までは日本だったら卒論並みの膨大なレポートを書くのにひいひい言っておりました。また、ビデオ課題が多い印象です。他の友人は、現地の学生への自分たちの文化についてのインタビュー光景や、現地のフードコートに行ってサラワク州の料理の食レポ光景などを撮っていました。ちなみに今度私はジェンダーをテーマにした劇を撮る予定で、ヒジャブをかぶっていないのと髪が短いことから男子役に抜擢されました。    また、サラワク大学ではいろんなイベントが行われます。11月は、卒業式が行われることもあって、より盛大だった印象があります。学内に移動販売の車や屋台が多く集まり、1週間ほど盛り上がっていました。また、ランタンを飛ばすイベントもあって、とても綺麗だったのを覚えています。今後も色んなイベントが催されるみたいなのでとても楽しみです。   写真は、1週間ほどの休暇中に訪れた、大学から車で1時間ほど離れたビーチリゾートです。ここで泳いだり、マリンスポーツを楽しんだりして、思い切り日焼けしました。とても楽しかったです。    本当にここでの生活は怖いくらい充実しています。正直今はまだ日本に帰りたくありません。では、また来年にレポートを書く予定なので、皆さん楽しみにしていてください。  
カテゴリー: 2017秋, サラワク大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ 樋本葵 2017年12月

 皆さんこんにちは。カピオラニコミュニティカレッジに留学している経済学部の樋本です。冬が恋しくなっていましたが、急にハワイは、いきなり寒くなり夏が恋しくなりました。(笑) 授業は今週で最後なので、エッセイ・プレゼンと忙しいです。    今回はハワイのリアルな衣食住について私の経験のもとお伝えしようと思います。 まずは衣!八月からつい最近まですごく暑かったのに急に寒くなりました。でも、基本みんなビーチサンダルとショートパンツで過ごしています。日本じゃビーサンで大学ありえない!て思っておりましたが、郷に従い私もビーチサンダルを履きこなしてます。海やハイキングに行く人が多いので、ほとんどの人がビーチアサンダルです。 次に食! ハワイは、リゾート地で日本人が毎週3000~5000人も訪れる人気スポットです。でも、実際観光と生活するのはとても大きく違います。なぜなら何もかも高いからです。(泣) 太平洋の真ん中に、世界的見ても孤立して位置するハワイは輸送コストが上乗せされます。高くて毎日唖然としております。。。(納豆250円、玉ねぎ一個100円) でも、どうにか自炊で乗り切ってます。ハワイはご存知の通り日系人が多いので、日本のものがとても手に入りやすいので、助かります。特にお馴染みのドンキホーテでは日本のものがなんでも買えるので、つい忘れていても直ぐ買えます。食に関しては高いですが、ハワイのお店は構美味しいので満足しています! 最後に住! ハワイはアメリカの州の中でニューヨークに続いて不動産が高いです。しかも、ここ数年価格が上昇傾向です。北九州で一人暮らし用の一般的なアパートが一カ月40,000円とすれば、ハワイだと土地にもよりますが、ワイキキだと一か月20万円するそうです。北九州五か月分。もちろん私はシェアハウスに住んでいます。シェアハウスは2bed shared room をドイツ人のルームメイトと使っています。また、びびなび(https://hawaii.vivinavi.com/)というコミュニティサイトを使えば長期短期安く、部屋を借りることができます。 あと、数週間で日本に帰国です。 学生最後に留学できたことに支援してくださった先生方、家族、友達に感謝しています。帰国した際は、友達や家族に授業で学んだminority groupの内容やハワイ独自の文化・日系文化を発信していきたいです。   最後まで読んでくださってありがとうございました。 この写真はサンクスギビングデーのディナーです。ローカルの友達とカイルアで過ごしました。
カテゴリー: 2017秋, ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 仁川大学 益村千夏 2017年12月

 こんにちは。秋の紅葉も散り冬が近づく今日この頃、さらに冷え込む季節になりました。12月の留学レポートを担当する外国語学部国際関係学科3年の益村千夏です。  今回、私は仁川大学での授業の様子や休日の過ごし方について紹介しようと思います。まず、私が受けている授業は韓国語の授業(4)と日韓の言語についての授業、韓国の文化についての授業で授業数は6になります。授業申請をする上で授業数は、5で申請した方がいいと言われていましたが、韓国語の授業以外に自分の取りたい授業が2つあったため最大で登録できる授業数6個の講義を受けています。韓国の文化についての授業以外全て韓国語で進められるため、授業についていくのが大変ですが、自分の知らない単語などが出てくるためとても勉強になります。韓国語の授業は二人組で取り組むことが多いのですが、先生方が生徒たちに楽しく授業を受けてもらえるように例を使って文法の説明をしたり、冗談や余談を交えて授業を進めたりと毎日楽しい授業を受けています。また、人数も多いためみんなで1つの問題について意見を出し合ったりすると、賑やかで意見が飛び交いとても楽しい授業の雰囲気になります。  そのようなふれあいを通じて、授業以外でも同じクラスの人と会って話す機会が増え、交友関係も広がっていき有意義な日々を送ることができます。その有意義な日々を送る上で、休日をどのように楽しく過ごすかが重要です。仁川大学では、国際交流センターやISSCの方々が様々なイベントやツアーなどを企画してくださるので、その企画に参加するのも有意義な休日になります。 人それぞれ楽しみ方はありますが、私は休日に美味しい物を食べることと自分のやりたいことをします。例えば、食事をしながらおしゃべりを楽しんだり、おしゃれなカフェに行ったり、映画を見に行ったり、イケメンを見に行ったり、遊園地に行ったりなどたくさんあります。自分にあった休日の過ごし方と勉強が両立できれば、毎日を楽しく過ごせるのではないでしょうか。期末試験が近づいているため遊んでいる余裕はないのですが、自分があらゆる面で成長したと思えるような留学生活を送ります。   写真は、仁川大学から見ることが出来る夕方頃の海です。
カテゴリー: 2017秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 文藻外語大学 濱田明優 2017年12月

 こんにちは。文藻外語大学に留学中の外国語学部中国学科3年の濱田明優です。  私が住んでいる高雄では、最近やっと涼しくなってきたなという感じです。昼は半袖で過ごせますが、朝晩は冷え込むのでパーカーを羽織っています。人生で初めて半袖を着てクリスマスを迎えることになるかもしれません(笑)  ところで、私の台湾留学も残すところ2か月を切ってしまいました。台湾に来る前は、正直一年間は長いなと感じていましたが、今では本当にあっという間だったなと思います。あと一年はこちらで過ごしたいくらいです(笑)今回の留学レポートでは私が文藻外語大学に来てよかったなと思えることを話したいと思います。  まずは台湾人と同じ学生寮に住めることです。ほかの留学先では、留学生は留学生だけが住む留学生寮に住んでいることが多いと聞きました。私は文藻外語大学の学生寮に住んでいるのですが、学生寮は一部屋四人で私のルームメイトは中国人2人と台湾人1人です。先学期は中国人と台湾人が1人ずつの三人で暮らしていました。私のルームメイトはみな中国語を母語にしている人たちですが、ほかの部屋ではベトナム、インドネシア、フランス、韓国など様々な国の人が共同生活をしています。大体一部屋に一人は台湾人がいます。ですので、寮の中でもたくさんの友達ができるし、ルームメイトに台湾人や中国人がいると中国語の質問もすぐにできます。もちろん、会話は中国語なので会話力もアップすると思います。  二つ目は、大学の学生と一緒に授業を受けられることです。私たち交換留学生は月曜日から金曜日の毎朝8:10~10:00は、留学生向けの中国語の授業を受けます。ですが、それ以外は大学の台湾人の学生に混ざって授業を受けます。どの授業を受けるかは自分たちで選ぶことができるので自分の興味がある授業や、単位交換ができそうな授業を選択します。私たち日本人は日本語学科の授業を主に受けることになるので、日本語を学んでいる学生とも仲良くなれます。やはり日本語学科の学生は日本に興味を持っている人が多いので、話が盛り上がりやすく、すぐに仲良くなれると思います。実際に私も授業で仲良くなった台湾人の学生とご飯に行ったり、遊びに行ったりしました。  三つ目は學伴と小老師がいることです。學伴はバディのことで、主に生活面でサポートをしてくれます。また、こちらでできた初めての友達のような存在にもなるかと思います。ほとんどの人が初めての海外での長期滞在になるので、わからないことや不安はたくさんあると思います。でも私は學伴がいたおかげで、こちらに来る前までに抱えていた不安はほとんどなくなりました。何かわからないことなどがあれば、學伴に聞いてしまいましょう。 小老師は学習面でのサポートをしてくれます。學伴は一人の留学生に対して一人必ず付きますが、小老師は希望制で、必要な人は申し込みます。小老師は申し込んだ一人の留学生に対して一人か二人の小老師が付きます。私の場合は一人の小老師が1回2時間を週1、2回教えてくれています。毎回、私が日頃の授業で疑問に感じたことを質問すると、丁寧に答えてくれます。普通の授業のコマ数はあまり多くないので、空きコマに小老師の授業があるとより充実すると思います。ぜひ申し込んでみてください。  ほかにも台湾・文藻外語大学に来てよかったなと思えることはたっくさんあります。私にとってここ文藻外語大学で過ごした日々は、これから私の人生を語るうえでは欠かせないものになると思いますし、文藻外語大学に留学に来ることができて心からよかったと思います。留学に関してたくさん支援、応援をしてくれた家族、留学の手続きや留学期間中もサポートをしてくださった国際センターの職員の方々には特に感謝したいです。  帰国まで残り50日ほどありますが、今しかできないことを存分にして日本に帰りたいと思います。少し長くはなりましたが、これで12月分留学レポートを締めさせていただきます。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。     ゴマ味の雪花冰。高雄では今の時期でもかき氷を食べます(笑)ふわふわでとっても美味しいです!     日本語学科の友達の卒業公演にて。とても素晴らしかったです。     小老師と。とても優しく丁寧に中国語を教えてくれました!     豆花。私の一番好きな台湾の食べ物です。日本に帰るとなかなか食べることができないので、残りの期間で悔いのないように食べて帰りたいと思います(笑)
カテゴリー: 2017春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 ピッツバーグ大学 猪俣美咲 2017年12月

 こんにちは。ピッツバーグ大学に留学中の猪俣美咲です。今月はこちらでの休日の過ごし方について紹介していきたいと思います。  11月は22日から26日までサンクスギビング休暇で、授業がその期間はありませんでした。私は幸運なことに友人が誘ってくれて、彼女の家に泊めてもらうことができました。サンクスギビング中は、寮は開いているのですが、食堂は閉まるし、周りの多くのお店も休みになってしまいます。この休暇中は、ペンシルベニア州の州都である、ハリスバーグに行き、国会議事堂を見学したり、南北戦争中の重要な戦いが行われたゲティスバーグへ行き、博物館や、実際に決戦が行われた場所を見たり、その他にもいろいろなところに連れて行っていただきました。ゲティスバーグ戦いの跡地は土地が果てしなく広がっていて本当に圧巻でした。また、友人はインド系の家庭なので、普段はいわゆる一般的なサンクスギビング料理は作ったりしないそうなのですが、今年はアメリカの文化を味わってもらいたいと、私のために用意してくれました。またその他にも、手作りの南インド料理も作ってくれて、人生で初めて本格的なインドの家庭料理も味わうことができました。南インドカレーは本当においしくて感動しました。おそらく、寮生活では味わえなかったはずの経験をたくさんさせてもらい、本当に楽しく、充実したサンクスギビングを過ごすことができました。友人や、友人の家族に感謝の気持ちでいっぱいです  普段の休日はというと、私自身、日本にいる頃から休日は1日中家に引きこもるという超インドア派(笑)で、また、課題も毎日何かしらあるということもあり、どこかに出かけるということはあまりせず、寮で午前中はゆっくり過ごして、午後から図書館に行くという日が多いです。留学に出発する前に、私の超インドア派という性格を知っている友人たちからは、「休日引きこもったらダメだよ!」と散々言われてきた私ですが、休日は家か図書館に引きこもるという生活をしています…。自分の性格を変えるのはなかなか難しいようです。しかし、1日中寮に引きこもって、1歩も外に出ないという日はまだ1日も過ごしていないのでそれでいいことにしたいと思います(笑)しかし、日本からきているほかの交換留学生はフットボールを見に行ったり、学校が主催するイベントに参加するなどして、それぞれ休日を楽しんでいます。Facebookでは、大学主催のものだけでなく、ピッツバーグの街で開かれるイベントもよく回ってきて、毎週必ず何かしらの催し物が開かれているので、自分の興味のあるものなど簡単に見つけられます。また、バスで1時間くらいのところに、とても大きいショッピングモールもあるので、アウトドア派の人でもピッツバーグは楽しめると思います。  楽しかったサンクスギビングも終わり、12月になってしまいました。授業はあと1週間程度で終わり、そのあとはいよいよ期末試験が待ち受けています。私は、筆記試験が3つとペーパーが2つあります。そのあとは冬休みが待っているので、それを楽しみに残りの授業、ペーパー、試験を頑張りたいと思います。 写真はゲティスバーグの戦いが行われた跡地とハリスバーグの議事堂です。
カテゴリー: 2017秋, ピッツバーグ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 オックスフォードブルックス大学 徳利祐美 2017年12月 

 12月の留学レポートを担当します、外国語学部英米学科3年の徳利祐美と申します。これから留学を目指される皆さん、特にオックスフォード・ブルックス大学への留学を考えている皆さんの、少しでも助けになれば光栄です。今回のレポートでは主に普段のオックスフォードでの生活と大学での勉強について書きたいと思います。  まず日常生活についてですが、多くの皆さんが心配されているのが食生活についてだと思います。私個人の意見ですが、イギリス料理自体は正直あまり美味しくないです。日本人にとっては味が薄いと感じる人が多いと思います。ですので、少し値段は高いですが、日本米や日本の調味料も手に入りますし、歩いて行ける距離にスーパーもあるので基本的に自炊をしています。でも、もちろん美味しいレストランやパブもあり、自分のお気に入りの店を見つけるのが楽しいです。  住んでいる寮はClive Boothのpostgraduateというところです。21歳以上の人や院生が住んでいるので、比較的静かで大学にも近いです。フラットメイトはドイツ、香港、ドバイ、タイの子たちで、男女6人でキッチンを共有しながら一緒に生活しています。買い物や外食をするときは大学の無料バスを使って、大学からバスで10分ほどのシティーセンターに行くことが多いです。11月に新しいショッピングモールもできて、ユニクロや日本食レストランも入っています。  次に勉強について、私は今学期4つの授業を取っています。基本的に週に1コマ3時間で、わたしの場合は学校で授業を受ける日が週に2日だけという奇跡的な時間割になっています。大学や図書館は24時間空いてるので、課題の締め切りが迫っているときは真夜中まで残って勉強することもしばしばです。最近はテストや課題提出期間が近いので多くの学生が大学で勉強しています。日本の大学に比べて課題の量も求められる質も高いので、正直本当に大変です。  留学したら誰もが一度は経験することかもしれませんが、留学は楽しいことばかりではありません。気分がふさぎこんでしまったり、落ち込んだりすることもあります。しかし、そんなときに助けてくれるのが家族や友人、先生や先輩後輩など応援してくれている人たちの存在です。イギリスに来て三か月が経とうとしていますが、わたし自身何度もたくさんの人に救われました。海外に留学しているからこそ経験できたり、悩んだり、築ける人間関係があると思います。人によって感じ方は異なると思いますが、留学を通して、異文化体験をはじめ、日本では経験できないことをぜひ多くの人に経験してほしいです。そして、困ったり悩んだりしたときは周りの人に頼って相談してみてください。きっと力になってくれると思います。留学する目的は人それぞれであり、自分次第でいかようにも変えられます。皆さんの留学が実りの多いものとなることを祈るとともに、心から応援しています。   (写真はオックスフォード大学のニューカレッジから見たオックスフォードの街並みです。ぜひ自分の目で見に来てくださいね!)
カテゴリー: 2017秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 マカオ大学 中郷実夢 2017年12月

 こんにちは。中国学科3年の中郷実夢です。中間試験を終え、いよいよ今月は期末試験です。まだマカオはさほど寒くなく過ごしやすいです。  今回は、主に学内について書かせていただきます。まず、マカオ大学はとても広いです。そのため、私はバスで移動することが多いです。大学内には10の寮があります。寮では毎日のように、散歩、ヨガ、映画鑑賞、料理対決などたくさんの活動が行われています。私も日本の紹介のイベントをさせて頂きました。また、大学全体でもたくさんのイベントが行われています。最近では、「校服日」という、学生が高校の制服を着て登校する日がありました。私が高校時代セーラー服を着ていたと伝えると、セーラームーンと呼ばれるようになりました。笑 また、大学内で実施されている献血に協力すると、マカオ名物エッグタルトがもらえたのが面白かったです。食事は1週間に15回寮で食べる事ができます。日替わりのメニューでバイキング方式です。基本的に中華料理で、揚げ物、炒めものが主で、生野菜には出会えません。気を付けないと太ります。部屋は、ベッド、学習机、クローゼット、冷蔵庫、エアコンがあり快適です。トイレ、お風呂は4人で1つを共用です。各階に、パントリー、学習部屋、洗濯機、乾燥機があります。  また、日用品は学内のスーパーでほとんど手に入ります。日本の商品が半分を占めている気がします。学内には、スーパー、セブンイレブン、サークルケー、図書館、銀行、郵便局、本屋、パン屋、カフェ、レストラン等があり、とても便利です。  また、マカオ大学は自然豊かで、川や花、芝生がたくさんあり、晴れた日はとても綺麗です。しかし、紫外線がきつすぎるので通学に日傘が必須です。  その他、マカオ内でも、ハロウィン、ポルトガル、フードフェス、カーレースなど様々なイベントがあります。特に今年のフードフェスは、日本がテーマで、多くの日本の店舗が出店しており、沢山の素敵な出会いがありました。さらにゲストとしてピコ太郎が来ていました。日々、素敵な出会いや、おもしろい発見の連続でとても充実した毎日を過ごしています。  以上で今回のレポートを終わります。期末テスト全力で頑張りたいと思います。     校服日(制服の日) インターナショナルナイト ハロウィンイベント ポルトガルのイベント マカオカーレース 校舎のひとつ 寮のごはん
カテゴリー: 2017秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー