posts archive
月別アーカイブ: March 2019

【留学レポート】韓国海洋大学校 外国語学部英米学科2年 H.K 2019年3月

 こんにちは!外国語学部英米学科2年の上米良穂乃里です。1月の留学レポートの内容と若干かぶりますが、海洋大は12月末~3月初めまで冬休み期間のため、私は2月の間ソウルの語学学校に1か月通いました。海洋大とは関係ありませんが、その語学学校の話をメインに今回の留学レポートを書いていきたいと思います。  まず、韓国で韓国語を勉強できる機関として代表的なのが語学堂と語学学校です。ご存知の方が多いとは思いますが、語学堂は主に大学付属で、3か月でTOPIK基準の級を1つ終わらせるというのがベースになっています。大学によっては短期コース等も用意されているので、休学等が難しい人はそういったコースを利用して語学堂に通うこともあります。私は今回1か月しか受講できない、また2月だけ授業がある語学堂がなかったという点から、1週間単位でコースが用意されている語学学校を選択しました。  語学学校と語学堂の授業内容はほぼ同じですが、強いて言うとすれば私が通った学校が少人数での授業だったため、講義スタイルが基本である語学堂よりも発言する機会がかなり多かったと思います。また、様々なレベル・国籍の人が通っているため、英語も韓国語も使う機会がほぼ毎日あり、私にとってはとてもいい環境でした。もちろん日本人の方とも仲良くなれましたが、普段一緒にいる人たちの中に外国人を一人でも入れると共通語を日本語から変えることができるのでとてもおすすめです!皆さんも、お金や時間を考えながら自分に合った学校・語学堂を探してみてください。  私の人生で語学学校に通うのはこれが初めてだったので、毎日がとても新鮮で楽しかったです。そして個人的に、周りの環境に甘えるだけでなく私にはもっともっと韓国語の勉強が必要だなと感じました。あの学校で過ごした時間と学んだことを、これからの海洋大の生活に活かしていきたいと思っています!3月4日から開講なのでまた忙しくなると思いますが、韓国語の学習も継続して行いながら残り4か月という短い時間を大事に使っていきたいです。  最後に、登校中に雪が降っていて、南国出身のため思わず興奮して撮った写真で今回の留学レポートを終わります。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】仁川大学校 外国語学部英米学科2年 A.S 2019年3月

 今日で2月も終わり、明日からは3月とあっという間に冬も終わりに近づいてきました。冬に外へ出かける時、韓国では欠かせないペディンというダウンコートをほぼ毎日着ていましたが、最近は暖かくなりペディンを着る必要もなくなってきて、とても気持ちがいいので外に出て遊びに行くことが多くなりました。  ここ韓国では12月の後半から3月の初めまで長い長い冬休みがありますが、もうその冬休みも終わろうとしています。  私は友人と遊びに行ったり、寮で韓国語の勉強をしたりしてこの休みの期間を過ごしています。休みの間の食事についてですが、寮の食堂が開いておらず、近くのコンビニか学校の食堂を利用してご飯を食べました。学校の食堂は終わる時間が早いので夜は少しお腹が空きます。  もう少しで新学期も始まるので、気持ちを切り替えて新しいことをたくさん学びたいと思います。また、韓国留学が終わるまで毎日充実した日々を送りたいです。  写真は、ソウルに友人達とユッケを食べに行った時の写真です。初めて食べてみましたが、とても美味しかったです!
カテゴリー: 2018秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】マカオ大学 文学部比較文化学科3年 H.T 2019年3月

 こんにちは。マカオ大学に1年間の交換留学で来ています、文学部比較文化学科3年の高原飛来です。長年の夢だった留学生活も残り約3ヵ月となり、残りの貴重な時間を無駄にできない焦りで、出来る限りの事に挑戦しようという気持ちが高まり毎日奮闘しています。今回のレポートでは、1月後半から2月前半にかけての旧正月(春節)と第2シメスターの講義について皆さんに紹介していきます。  中国は日本とは異なる時期に正月、いわゆる新年(春節)を迎え盛大に祝福、歓迎をします。2月に新年を迎えるからといって、1月に休みがないわけではありません。そのため、2度新年を迎えるという新鮮な体験をする事が出来ました。今年は約2週間の休暇で、殆どの学生は実家に帰省し家族や親戚と時間を共有していました。  肝心の私はといいますと、休暇の始まりから8日間程タイに行っていました。タイは“微笑みの国”と言われているだけあって、どこに行っても皆幸せそうに穏やかに生活をしているように感じました。私が海外旅行に行く際は、必ずゲストハウスに宿泊するよう心掛けています。今回のタイ旅行でもバンコク、チェンマイ共に素晴らしいゲストハウスに宿泊しました。ゲストハウスの良さは宿泊費が安く、長期滞在も可能という点に加えて、世界各国から多種多様な人々が集まるため、新しい出会いや文化、価値観、情報の共有、交換等が可能です。会話は勿論の事英語で行われるため、英語力とコミュニケーション能力の向上が見込めます。 今回の旅でもカナダ、フランス、イギリス、アメリカ、ベルギー人等と連絡先を交換し、各々の国の時事ネタなどを話すことで盛り上がりました。タイでは様々な事に積極的に挑戦する事で、自分の常識に変化を加えることができ、心身共に多様性の重要さを再度認識しました。タイから帰国後、中国人の友達が別荘に招待してくれ、豪華ホテル宿泊付きの小旅行に連れて行ってくれました。新年のため、お会いした全ての方々が初対面にも関わらずお年玉をくださり素晴らしい新年になりました。  ここからは第2シメスターの講義について紹介していきます。今学期は単位には含まれない、中級中国語コースを含めると7つの講義を受講しています。 振り分けは、Advertisement, Journalismの講義が3つ、映画、映像研究の講義が2つ、発音矯正の講義のようになります。元々広告、ジャーナリズムに興味があり、もっと深堀したいと思っていたため、前期に引き続き受講しています。映画、映像研究は沢山の映画に触れられるだけでなく、映像の撮影方法、専門用語、色合い等の専門的分野まで扱う事が可能なため、美術系に毎日触れている私には今後非常に為になる授業です。今学期は、単位変換という視点ではなく、将来役に立つ分野は何かという視点で講義を選択したため、より実りある留学生活になっています。中間テストも近づいてきているため、気を引き締めて日々精進したいと思います。  最後に、この留学生活のモットーである、”Try everything once” を忘れずに沢山の思いで残る有意義な留学生活にしたいと思います。では。
カテゴリー: 2018秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】フォートルイス大学 外国語学部英米学科3年 A.H 2019年3月

皆さんこんにちは。今月も留学に関する情報盛りだくさんでお届けしたいと思います。 今回のメインテーマは、気候と体調管理についてです。つい先週までFort Lewis CollegeがあるDurangoでは、連日雪が降り続いていました。ついには、あまりの積雪の多さからなんと学校が4日連続休校になりました!北九州だと雪で学校が休みとか考えられないですよね(笑)というわけで、休講など重要な情報はメールで送られてくるのでメールをこまめにチェックしてくださいね。私は、初めて雪で休講になった時メールを見ていなくて誰もいない学校に登校してしまいました(汗)さて、雪が降るくらいだから寒いんだろうなぁとは皆さん想像がつくと思いますが、どのくらい寒いと思いますか?なんと、一番寒い時だと−13度くらいです!!でも、意外と慣れます(笑)とはいえ、油断しているとすぐ風邪をひいてしまいます。日本にいた時は風邪なんて引いたことありませんでしたが、こっちに来てからもう二回風邪をひきました(泣)アメリカの場合風邪くらいだと、病院に行っても「市販の風邪薬を飲んでください」で終わりという風によく聞きます。学校にもHealth Centerというクリニック的なものはあります。実際に利用した子によると、Home Doctorだからそんなに強い薬は出せないのと、その日に行ってすぐ診てもらえるとは限らないそうです。また、Health Centerを利用する場合は一旦自己負担で診察料を払って、後から保険会社に請求という形になります。そういうわけで、私は気合と風邪薬と友人達の優しさ(ご飯作ってくれました)で風邪を治しました。風邪薬と龍角散のど飴、マスク、体温計は日本から持ってきた方が良いです。また、これは現地調達で構いませんがマウスウォッシュをうがい薬がわりにすると風邪予防に良いとそうです。皆さんも実践してみてください。 長くなりましたが、何よりも、授業を休むとその分自分自身がついて行くのが大変になります。とにかく、留学先で病気をしないように体調管理にはくれぐれも気をつけましょう! 3月末に学会の発表に先生と一緒にシカゴに行ってきます! 詳しくは来月の留学レポートをお楽しみに!! 写真はHost Family Programで行ったTrain Tripの様子です。  
カテゴリー: 2018秋, 新着情報
{z[
カテゴリー