posts archive
月別アーカイブ: April 2019

【留学レポート】 マカオ大学 外国語学部英米学科3年 S.I 2019年4月

こんにちは。4月の留学レポートを担当する居坂です。早いもので、マカオでの生活も残り2か月を切り、私が担当する最後のレポートとなりました。今回は大学の図書館と寮について紹介したいと思います。 図書館は、私がマカオ大学内で一番お勧めしたい場所です。グランドフロアから6階まであり、各階とても広々としていて自習スペースやパソコンコーナーも充実しています。留学が始まった当初から図書館はよく利用していたのですが、自分のお気に入りのスペースをどんどん開拓していき、その日の気分で勉強する場所を変えていました。普段は24時の閉館ですが、テスト期間になると午前3時まで開放されています。余談ですが、授業課題のエッセイを書くために本を借りた際に、貸出カウンターのスタッフさんが日本旅行の思い出を熱く語るとともに、日本はとても素敵な国だったよ!と言ってくれたのはいい思い出です。 また、大学寮は留学生活においてとても大切な場所であったと思います。寮のアクティビティのグループで出会った友達はいつも私のことを気にかけてくれたし、マカオの生活や授業のことで分からないことはなんでも詳しく教えてくれました。留学に来たばかりの頃は、話しかけられるのも怖がっていたぐらいなのですが、最近はダイニングホールで友達と一緒にお話をしながら食事をするのが楽しいです。2つの部屋で1つのトイレを共有する友達、通称トイレメイトとも、いつもお菓子を交換したり、授業に一緒に行ったり、お互い簡単な日本語と広東語を教えあったりしています。あともう少しでお別れしなければならないのがさみしいです。 長いようであっという間だったマカオ留学も終わりが近づいています。私はとにかく英語で会話することが苦手で、そんな自分を変えようと思って留学を決断しました。この8ヶ月間、たくさんの人に出会いましたが、みんな私の意見にちゃんと耳を傾け、大事にしてくれるような温かい人ばかりでした。そんな環境の中で少しずつ自分の話す英語に自信を持てるようになりました。もちろん社会に出れば優しい人ばかりとは限らないので(笑)、そういう人たちにもしっかり自分の考えを伝えることができるようになるまで、勉強を続けていきたいです。残りのマカオ生活も最後までやりきります!最後まで読んでくださってありがとうございました。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 H.H 2019年4月

こんにちは。4月のレポートを担当するH・Hです。3月は暖かい日もありましたが、まだ冬物のコートが必要な日もあります。写真は大学内のコート場でバスケをしている様子です。 入国から約1か月半が経ちましたが、中国の生活にもだんだんと慣れてきました。今日は金銭面をメインに北京の生活を紹介します。 授業は朝8時半から始まり、火曜日を除き12時半に終わります。昼は外に食べに行くか、「饿了么」という宅配サービスのアプリを使いテイクアウトしています。これは非常に便利で、100円程度の送料で頼んでから2,30分でバイクの配達員の方が届けに来てくれます。また、「淘宝」というアプリもとても便利で、これは所謂Amazonのようなものです。洋服などは店舗で購入すると高いのですが、淘宝だとだいたいが1000円以下で買うことができ、デザインも良いです。私は靴を600円程度で買いました。淘宝は生活用品なども安く、水やトイレットペーパーなどもこのアプリを利用して購入しています。 ネット環境はあまり良いとはいえず、Wi-Fiはお金を払わないと利用できません。4か月約5000円で利用できます。しかし元々の通信料が安く、そこまで負担にはなっていません。中国のSIMカードを購入したのですが、1年で4000円程度しかかからず、1か月で20GBも使うことができるので、友人はWi-Fiを利用していません。交通費もとても安く、5㎞バスにのっても日本円で15円ほどしかかからず、基本的に食費、交通費を含め生活費はとても安く済みます。QRコード決済もほとんどのお店で普及しているので中国での生活はとても快適です。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学 外国語学部英米学科4年 H.S 2019年4月

こんにちは。外国語学部英米学科4年のサックス花です。今月は勉強以外のことについてお話しします。 カーディフ大学に通い始めてから、約6ヶ月が経ち日本に帰国する時間が近づいてきています。美しい公園の帰り道、温かくて優しい人たちに囲まれた生活が残りわずかなのはとても心寂しいです。一番悲しい事は5人のフラットメイトと一緒に料理や買い物をしたり、ジムに行ったり、夜遅くまで話をしたりする当たり前の毎日がもうすぐで終わってしまう事です。 留学する前はフラットメイトとの共同生活をとても心配していましたが私はいい人に恵まれ、みんなとすぐに仲良くなり困った時はお互い助け合える家族のような存在になりました。 冬休みはドイツ人のフラットメイトの母国を訪れ、春休みはチェコ共和国からのフラットメイトのお家を訪れます。数時間でヨーロッパに安く旅行できるところがイギリス留学のメリットだと思います。フラットメイトが生まれ育った美しい国に訪れ、オススメの観光地を一緒に回れる事はとてもラッキーなことだと思います。 一生の友達に出会えたことにすごく感謝しています。残りの時間を大切にします。 帰り道の公園の景色 本場イギリスのサッカー観戦
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー