posts archive
月別アーカイブ: November 2019

【留学レポート】 済州大学校 外国語学部経営情報学科4年 N.K 2019年11月

アンニョンハセヨ!経営情報学科4年の黒﨑菜緒です。早いもので留学生活も半分を過ぎました。済州の秋は日本よりも肌寒いです。今月は、放課後や週末の過ごし方についてお話しします。 前回のレポートでもお伝えしましたが、平日5時まで授業があります。私は9月からダンスサークルに所属しており、練習が平日6時半から8時半まであるので、放課後は寮の食堂で夕食をとった後、サークル活動をして過ごしています。私の他に日本人と中国人の留学生が一人ずついますが、その他のメンバーはすべて韓国人なので、韓国語を必然的に使うため会話や聞き取りの練習になります。月に一回程度、講演や大会があるのでそれに向けて練習しています。今月末にも、学内で講演がありそれに向けて日々練習に取り組んでいます。練習が終わったら、寮に戻り課題をしたりサークルの友達とコンビニで夜食を食べたりします。また、週末には大学近くの繁華街である「市庁」へ行ったり、済州の観光地を巡ったりしています。済州は観光地のため、綺麗な場所が多く魅力的です。市内には地下鉄は通っていませんが、バスが充実しており遠い場所でも安く移動できます。みなさんも済州に留学したら、様々な場所を訪れてみてください。 写真:済州島から15分ほど船に乗って行ける島「牛島」にて、ダンスの大会の様子
カテゴリー: 2019秋, 新着情報, 済州大学校, 留学レポート

【留学レポート】 韓国海洋大学校 外国語学部英米学科2年 Y.Y 2019年11月

こんにちは!韓国海洋大学に留学中の、外国語学部英米学科2年矢野優紀です。留学生活がスタートして、もう二か月が過ぎようとしています。留学に来てからは、時間の流れがとても速いと感じます。前回9月にレポートを書いたときには、予想していたよりやる事がなく刺激が足りないと感じる、と書いていたのですが、10月末になってくるとだんだんと忙しい時期になっていきました。なぜならば、中間考査があるからです!試験前から試験期間中にかけて、講義室やカフェで夜遅くまで勉強する学生さんたちの姿が見られました。北九州市立大学でも中間考査を行う授業はありますが、日付が変わる程夜遅くまで中間考査のために学校に残って勉強をする…このような学生さんは少ないのではないでしょうか。期末考査並みにたくさん勉強する学生さんたちを見て驚きました。私はというと、試験のある科目と試験の代わりにレポートを提出する科目がありました。試験のあった科目はほぼ全て韓国語で授業を受けていたため、なかなかに難しく苦戦しました。私は韓国語が完璧に話せるわけではないため、やはり韓国語で行われる授業は難しく感じます。ですが、学生さんたちの勉強する姿に刺激を受けて一緒に頑張ることができました。ありがたかったのが、私たちが生活している寮では試験期間中、夜食としてハンバーガーと飲み物を配布していました。量も少なくなく、おいしかったです^^ 期末考査期間も夜食が出るようなので、ぜひ利用してみたいと思います! 最後にまた少し、寮の部屋についてお話ししようと思います。9月にも寮の部屋について書いているのですが、今回はちょっと気になる点がありましたのでご紹介します。寮にはシャワーと洗面台がついているのですが、お湯が出ない時間があるようです…暖かい時期は良いのですが、寒くなってきた現在、お湯が出なくなるのは少し大変なところがあります。ですが、悪いところだけではありません!10月末ごろのある日、外から帰ってくると、床が暖かい!やはり韓国、床暖房は効いているみたいです。 最後に、先ほど紹介した夜食の写真を載せて、今月の留学レポートとしたいと思います。  
カテゴリー: 2019秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 外国語学部英米学科3年 C.Z 2019年11月

皆さん、こんにちは。11月の留学レポートを担当します、外国語学部英米学科3年の瀬々千聖です。こちらオックスフォードでは、日に日に寒さが増して風邪が流行っているように感じます。私も先週、発熱のため数日間寝込んでいましたが、クラスメイトや先生にも体調不良が見られてとても心配しています。 さて、今回は私が受講しているコースと、クラス外の時間の過ごし方についてお話したいと思います。私は前期にUniversity English(以下、UE)というコースを、後期には学部生として、ビジネス関連の授業をとる予定にしています。UEとは、交換留学へ応募した際にIELTSのスコアが条件に満たしていなかった学生が英語に慣れるために受講するコースになります。週4日は朝9時から4時間、金曜日のみ2時間のクラスになっていて、授業ごとに毎日課題が出るので、どれだけ早くこなして自分の時間を確保できるかが大切になってきます。先生も学生もアクティブに授業に向かっていて一体感があるので発言もしやすく、常に楽しみながら向上心を保つことができています。このような雰囲気は少なくとも私にとって今までとはかなり異なる環境なので、毎日多くの刺激を受けています。このコースをとっている学生には特に日本人を中心としたアジア出身の学生が目立ちますが、授業の休憩時間も周りの学生が理解できるよう、基本的に英語で会話をして盛り上がっています。 次に、クラス以外の時間の使い方についてですが、先程話したように平日は課題をしていることが多いです。それ以外にも、同じクラスの友人や現地で知り合った学生たちとランチをしながら話したり、夜はイギリスの代表的な文化であるパブで交流を深めることもしばしばあります。大学から徒歩30分以内(学生無料のバスなら5分程度)で行けるシティには、大型ショッピング施設や様々な飲食店が立ち並んでいて常に多くの人で賑わっており、若者が遊ぶメインの場所になっています。イギリスと言えばクラブが有名ですが、特に毎週金曜日は寮の周りが騒がしくなり、多くの学生がクラブに行って楽しんでいます。私も一度だけチャレンジしましたが、バーのスタッフとの会話も成立しないほどの大音量の音楽と、ノリノリで踊る人々。見る光景全てが初めてで、新鮮で、かなり楽しむことができました。治安がそれほど良くなく、女性が夜遅くに出歩くのは危険と言われるので、男性の友人も誘うなどして対策をしています。また、ロンドンはバスで10£(=1404円、10/31現在)、1時間半ほどで行けるので、週末に旅行感覚で遊びに行く友人もたくさんいます。 今回は、私がとっているコースとクラス以外の時間の過ごし方についてお話しました。まだ到着して二か月も経っていないのですが、前期の半分が過ぎようとしています。日本に帰るまで一日も無駄にしないよう勉強に遊びに毎日励みたいと思っています。最後まで読んでいただきありがとうございました。(写真は上から順に、毎日見られるたくさんの飛行機雲と、ロンドンの大英博物館です。)
カテゴリー: 2019秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 外国語学部英米学科3年 K.H 2019年11月

こんにちは。カーディフ大学の堀江です。幸か不幸か今年のカーディフへの派遣生は僕しかいないので、これからも毎月自分のレポートが載ります、お許しください。主観的にならないように、幅広く経験したことをまとめてきたいと思っています。 さて、10月の生活について。月並みな表現になりますが、本当にあっという間の1ヶ月間でした。人生で一番というぐらい一瞬にして過ぎ去った感覚です。約2時間の講義×6つ(予習復習含め)に加え、Japanese Society(日本に興味がある人たちのサークル)のイベント、Football Society、その他諸々。時間が足りないが故、イライラしたり不安に駆られることもしばしばあります。ですがその反面、こちらで新しく知り合った人たちと食事に出かけたり、色んな交流を通して仲を深めることができて喜びを感じる場面も多くあります。自分の性格上、元々社交的ではないですし、気持ちを人に伝えるのも苦手なんですが、求められている環境のせいか不思議と人と関わりたいと感じながら過ごすことができています。英語と専攻のビジネスを学びにきたのはもちろんなんですが、こういった表立って見えない部分の成長も留学の醍醐味だと考えています。 字数の関係上、また当たり障りのないレポートになってしまいました。来月からはもっと機知に富んだ事を書くようにします。写真はカーディフ大学の図書館とロースパークという公園からです。 最後まで読んでいただきありがとうございます。
カテゴリー: 2019秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー