語学力を向上させる派遣留学

語学力を向上させる派遣留学

協定に基づき、休学せずに、半年間あるいは1年間の海外留学ができる制度です。交換留学が相互に学生を送り出す制度であることに対し、派遣留学は本学からのみ学生を送り出します。

タコマ・コミュニティカレッジ(米国・英語)

本学協定校の一つであるタコマコミュニティカレッジ(米国・ワシントン州)へ半年間休学せずにホームステイをしながら派遣留学するプログラムです。履修する授業は、英語力のスキルアップに重点を置いた語学(EAP)授業と、アメリカ文化や歴史・社会を学ぶカレッジ開講授業があります。カレッジの開講授業は現地学生と一緒に受けるので、語学力を磨きながら異文化交流を行うことができます。北九州市立大学生のための特別プログラムなので、留学初心者にはお薦めです。

また、このプログラムのもう一ついい点は、比較的早い段階(1~2年生時)に応募ができるので帰国後の北九大での学生生活がより充実させられ、就職活動などにも響かないという点です。英語力を求められる交換留学では準備に時間がかかるのが一般的ですが、合格発表から渡米まで半年くらいです。留学期間も半年間なので、短く感じられるとは思いますが、現地でしか感じられないことを若いうちに刻めるいい機会です。高校生まで英語が得意だったタコマ経験者の先輩の声に「アメリカに行くまで自分の英語できなさ加減がホントの意味で分かってなかった。その意味で行って、気付けてよかった」と言っていたのが印象的でした。

タコマプログラムは派遣留学プログラムの中で一番長く続いているもので、それだけ受け入れ先も北九大生の特徴や傾向を把握してくれています。さまざまなイベントやメンターシステム等のサポート体制も整っており、最近ではシアトルという土地柄を活かし、現地の日系企業の方との交流等、普段お会いできない方との機会も作って下さっています。アルバイトに明け暮れる日本での大学生活から、ゆったりしたタコマでのキャンパスライフを機会にそれまで考えたことのなかった将来の希望等についてホストファミリーと話し合えたことがかけがえのない宝物になったと話す先輩もいました。

タコマプログラムは密かにリピーターが多いプログラムNo.1でもあります。卒業旅行で再度訪れる人はもちろん、当初予定もしていなかった休学をしてTCCに戻る学生もいます。留学初心者だった最初の渡米から、目標・夢がぐんと明確化した先輩たちは、卒業後も大きく羽ばたいています。

タコマ派遣プログラムは、ここで英語力を上げてから交換留学にチャレンジしてほしいというコンセプトのもとに設定されてもいます。経済的な問題ももちろんありますが、うまく計画すれば四年での卒業も可能です。実際、そのように二つのプログラムに応募して充実した学生生活を送って卒業した先輩もいます。スコアの低かった多くの学生が、このプログラムでモチベーション・実力ともにアップし、就職活動の際の武器になったと言っています。応募時のスコアが低いからと躊躇せず、むしろ伸び悩んでいる人こそお勧めです。積極的に未来に投資してください。

 

 ▲応募対象

全学部・学群の学生が対象です。1年生から4年生まで、応募時から留学準備期間にかけて、本学の学部生として在籍していることが条件です。ただし、国際関係学科の学生に関しては、留学時に3年次以上の学生に限ります。

さまざまな学科の学生が応募できるプログラムはタコマならではです。同じ目的をもつ仲間、お互い刺激しあえる友人に出会える貴重な機会となるのではないでしょうか?

なお、応募には英検やTOEIC等のスコア提出が必要です。新一年生は未受験のため応募できないケースが多いので、留学を考えている人は、早めに受験しておきましょう。

また単位認定の面から考えると、早期の応募の方がより多くの科目と交換できます。1年生の方が未履修の科目が多いからです。その他、教職をとっている学生が3年次以上に派遣された場合、四年で卒業できない場合がありますので留学による単位認定を希望する場合は、早めにセンターに相談に来て履修計画を立てましょう。

▲派遣留学人員及び留学期間

  • 秋派遣(9月~3月):25名
  • 春派遣(3月~8月):30名

▲留学中の滞在形態

ホームステイ

▲プログラム費用

約110万円 (2017年度1学期派遣の料金。授業料、ホームステイ費用・大学施設利用費、現地医療保険料が含まれます。ただし、渡航費、海外旅行保険費は含みません。募集人数に達しない場合、プログラム費用が上がる可能性があります。レート調整費として上記金額より多めに設定し、後ほど余剰金として補助金等とともに返金する仕組みになっていますので、余裕を持ってご準備ください。)

※留学期間中も本学の在学期間とみなされるため、留学期間における本学の授業料は納入する必要があります。

※留学資金に余裕がないと、現地でのトラブルに対応しきれなかったり、日本でならなんでもない判断を誤ってしまうことも考えられます。パスポート準備費用やビザ申請費用等、留学にはさまざまな費用がかかります。事前に留学費用負担者の方とよく話し合いを持ちましょう。

▲奨学金など

詳しくは「奨学金・補助金制度」のページをご覧ください。

 

フォート・ルイス大学(米国・英語)

本学協定校の一つであるフォート・ルイス大学(米国・コロラド州)へ1年間休学せずに留学するプログラムです。履修する授業は学部のアカデミッククラスで、現地学生とともに受講します。

 ▲応募対象

全学部・学群の学生が対象です。1年生から4年生まで、応募時と留学中、本学の学部生として在籍していることが条件です。

 ▲派遣留学人員及び留学期間

3名(1年間:9月~5月)

 ▲留学中の滞在形態

大学の寮

 ▲プログラム費用

学費 $16,072、登録費用 $35、留学生費 $250、学生納付金 $56.95/1単位 

寮費(1学期あたり):$2,135~$3,875、アパート費:$2,540~$3,380

食費(1学期あたり):学内のミールプラン $450~$2,225

 ※上記は現時点での費用です。2015-2016の費用は、2015年7月に発表予定の為、変更の可能性があります。渡航費及び現地医療保険費用は含みません。

    留学期間中も本学の在学期間とみなされるため、留学期間における本学の授業料は納入する必要があります。

 ▲奨学金など

詳しくは「奨学金・補助金制度」のページをご覧ください。

 

ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ(米国・英語)

平成28年に新たに協定校となったハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ(米国・ハワイ州)へ休学せずに留学するプログラムです。英語力強化コース「ESOL197」を基本に履修し、英語レベルによってはカレッジのアカデミックプログラム履修も可能です。

▲応募対象

全学部・学群の学生が対象です。1年生から4年生まで、応募時と留学中、本学の学部生として在籍していることが条件です。

▲派遣留学人員及び留学期間

5名程度(16週間:8月下旬~12月下旬)

▲留学中の滞在形態

ホームステイ、アパートなど

▲プログラム費用

学費:$4,910(予定額、教材費等を含む。)※カレッジのアカデミックプログラムを履修する場合、別途1単位あたり$340の単位認定料が必要となります。

ホームステイ費用:$1,200+Tax/月(2食付き)、アパート:$1,200~$1,500/月(食事無し)、ルームシェア:$850~950/月(食事無し)

※上記は現時点での費用です。今後変更の可能性があります。渡航費及び現地医療保険費用は含みません。

留学期間中も本学の在学期間とみなされるため、留学期間における本学の授業料は納入する必要があります。

▲奨学金など

詳しくは「奨学金・補助金制度」のページをご覧ください。

 

バンクーバーアイランド大学(カナダ・英語)

平成28年に新たに協定校となったバンクーバーアイランド大学(カナダ・ブリティッシュコロンビア州)へ休学せずに留学するプログラムです。IELTSスコアにより、語学クラスあるいはアカデミックプログラム、またはその両方を履修することになります。

▲応募対象

全学部・学群の学生が対象です。1年生から4年生まで、応募時と留学中、本学の学部生として在籍していることが条件です。

▲派遣留学人員及び留学期間

5名程度(13週間:9月上旬~12月中旬)

▲留学中の滞在形態

ホームステイ、大学の寮

▲プログラム費用

学費:CAD$5,100(語学コース)、CAD$7,005(語学コース+アカデミックコース)、 CAD$7,620(アカデミックプログラム)

ホームステイ費用:CAD$850/月(3食付き)、寮:CAD$450~750/月(食事無し)

※上記は現時点での費用です。今後変更の可能性があります。渡航費及び現地医療保険費用は含みません。

留学期間中も本学の在学期間とみなされるため、留学期間における本学の授業料は納入する必要があります。

▲奨学金など

詳しくは「奨学金・補助金制度」のページをご覧ください。

 

北京語言大学(中国・中国語)

本学協定校の一つである北京語言大学(中国・北京市)へ、1年間休学せずに留学する、主に語学力向上を目的とした派遣留学プログラムです。北京言語大学は、対外漢語教育で最も長い歴史と最大の規模を誇る中国屈指の国際大学です。基礎から上級コースまで様々なコースが開講されており、自分に合ったレベルの授業を受講することができます。世界各国から学びに来た留学生と一緒に授業を受け、寮に滞在するので中国以外の多様な文化に触れる機会もあります。

▲応募対象

全学部・学群の学生が対象です。1年生から4年生まで、応募時と留学中、本学の学部生として在籍していることが条件です。

▲派遣留学人員及び留学期間

5名(3月から翌年1月までの期間)

▲留学中の滞在形態

大学の寮

▲プログラム費用

約70万円 (授業料約30万円、寮費約28万円、渡航費約12万円が含まれます。)
留学期間中も本学の在学期間とみなされるため、留学期間における本学の授業料は納入する必要があります。

▲奨学金など

詳しくは「奨学金・補助金制度」のページをご覧ください。

 

同済大学(中国・中国語)

本学協定校の一つである同済大学(中国・上海市)へ、半年間あるいは1年間休学せずに留学する、主に語学力向上を目的とした派遣留学プログラムです。同済大学は、国家重点大学として位置付けられた国立の総合大学です。

応募対象

全学部・学群の学生が対象です。1年生から4年生まで、応募時と留学中、本学の学部生として在籍していることが条件です。

▲派遣留学人員及び留学期間

2名(1年間:3月から翌年2月までの期間)及び2名(半年間:3月から7月までの期間)

留学中の滞在形態

大学の寮

▲プログラム費用

半年間約43万円 (授業料約17万円、寮費約15万円、渡航費約11万円が含まれます。)

1年間約75万円(授業料約34万円、寮費約30万円、渡航費約11万円が含まれます。)

留学期間中も本学の在学期間とみなされるため、留学期間における本学の授業料は納入する必要があります。

▲奨学金など

詳しくは「奨学金・補助金制度」のページをご覧ください。