チューター制度とは?

チューター制度とは?

tutor

本学のチューター制度とは、日本人学生(チューター)が外国人の短期留学生に対して、1対1で、日本語学習や試験、日常生活などのサポートを行う制度です。

「外国語を話す機会に」と思って応募してくれる北九大生が多いのですが、チューター活動中は“日本語での活動”をお願いしています。もちろん仲良くなって、週末や活動時間以外の時に外国語で話すのは全く構いませんが、『日本語学習や日常生活などをサポートする』という目的の活動であることを理解した上で応募してください。

<チューターの募集時期の目安>
  • 1学期・・・6月~募集人数に達し次第締切
  • 2学期・・・12月~募集人数に達し次第締切

※国際教育交流センター掲示板(スロープ下のコーナー)に、応募方法を掲示します。掲示内容を確認して応募してください。

<応募対象>

北九州市立大学の事情や北九州での生活に慣れた2年生以上を対象としています。新1年生は、留学サポーター等で活動するのもお勧めです。https://www.facebook.com/itakyudai.ryusapo?pnref=lhc

<活動回数など>
  • 基本的に週に1回程度
  • 1回当たり1時間程度
  • キャンパス内での活動が基本
<活動内容>

短期留学生に対して、個別(1対1)で、日本語の学習や日常生活に関するサポートをします。

チューター活動

※内容は変更となる場合がありますので、詳しくは国際教育交流センターまで質問してください。

 チューター用メールアドレス:tutor-ukk△kitakyu-u.ac.jp △のところを@に変えてください。