posts archive
매 달의 보관소: 3월 2015

(日本語) 【留学レポート】サラワク大学(古藤あずさ)2015年3月

みなさんこんにちは、サラワク大学の古藤あずさです。こちらは、約1ヶ月半のSemester Breakが終わり2月23日から後期が始まったところです。サラワク大学でも、北九大のようにネット上で履修登録を行いますが、定員に達してしまった授業への受講手続きやシステム上の都合で個人では登録できない科目の登録手続きなど、交換留学特有と思われる問題はどうしても発生しています。オフィスやスタッフごとに話の把握度が異なっており、話が行ったり来たり、オフィス間をたらいまわしに!?されてしまうことも多々あり、その度に色々思うことはありますがその流れにも慣れてきたと感じています。 今回のレポートでは、Semester Breakにマレーシアを見てまわって実感したことと、旅をする際の交通手段、バスの話を紹介しようと思います。細かい地名が出てくるので、マレーシアの州が表記された地図を見ながら話を追っていただけるとわかりやすいかと思います。 私は前期の期末試験終了後、1月20日から2月の25日までの1ヶ月間、サラワク州から出発し8つの州とシンガポール、細かく言うと12のCityやTownを訪れました。順番に、ジョホール州(ジョホール・バル、バトゥ・パハ)、シンガポール、マラッカ州、ペラ州(グリーク、タイピン)、ペナン州(ペナン島)、クランタン州(コタ・バル、パシル・プテ)、トレンガヌ州(クアラ・トレンガヌ)、セランゴール州(クアラルンプール)、サバ州(ケニンガウ)です。UNIMASの友人の家を訪ね、泊まらせてもらいながら観光をしたり、なんでもないような家族の生活を一緒に送りました。先月のレポートでも少しマレーシアの民族構成について紹介しましたが、やはり自分の目で見て回って実感することは多かったです。州やその土地土地の特徴、ボルネオ島における非ムスリム、非中国系・インド系すなわちその他の民族の多さ、場所によるイスラム教モスク、ヒンドゥー教寺院、仏教寺院、タイの仏教寺院の数の違い、看板や標識の文字から知る、その場所に住むエスニシティの推測・・・そして国境沿いの民族構成。例えば、サバ州。フィリピンに近いため、フィリピンストリートがあったり、街にもフィリピン人がたくさんいます。サバにおけるムスリム人口は半島に比べるとぐんと下がりました。しかしサバとは反対に、マレー半島北東のクランタン州。こちらは人口の90%がムスリムだと言われるほどのイスラムStateです。初めに訪れたジョホール州と、とても特徴的だったクランタン州について取り上げてみます。 クランタン州 州の人口の90%がムスリムだと言われ、確かに中国系、インド系の人は本当に姿を見かけませんでした。看板や標識の言語はマレー語とアラビア語、英語表記数もぐんと減ります。街のどこにいても、ムスリムの礼拝時間を告げるアザンがモスクから聞こえてきます。モスクの数も多く、通常よりも大きいスカーフを使う女性の数も多かったです。クランタンにいる間は、マレーシアでもないさらに別の100%ムスリムの国に来たような錯覚を覚えました。ちなみに、クランタンはマレーシアの数多くの伝統文化の発祥地でもあります。私が寮のクラブで参加しているDikir Baratをはじめ、マレーシアの凧、Wauや影絵、Wayan Kulit、織物、Batikの染色などもまだ残っています。残念ながら今年は、昨年末の東海岸洪水の影響で製造や販売などは縮小していますが、それでも影絵の人型作りとWau製作の現場を見ることができました。クランタニーズと呼ばれる方言があり、マレー語とは全く異なるといっていいくらいの違いです。おそらく、日本のイメージだと鹿児島弁や東北弁・・・になるのでしょうか、知らない人は全くわかりません。食べ物・飲み物がとても甘いです。タイ料理のTomyumさえ甘いと感じた時はびっくりしました。  (Wayan Kulit製作) ジョホール州  マレー半島最南端、シンガポールまで30分の州です。州都のジョホールバルは、KLのあるセランゴール州や観光地のマラッカに次いで都会な街でした。シンガポールへのアクセスのよさから、週末(ジョホール、クランタンやトレンガヌなど、いくつかの週は金曜・土曜が週末で休日です。日曜日は平日の扱いです)になると、シンガポールへ観光に行く人でとても混み合います。サッカーチームが強くて有名です。発展したシンガポールが自分の庭のようなもののせいなのか、ジョホール出身の人からは「ジョホール愛」「ジョホール出身という誇り」のようなものを感じることが多々あります。 その他の土地についても紹介したいのですが、分量が多くなるのでこのあたりで。現地の人からは「何もない田舎だよ」と言われていても、いろいろと見て回るとその土地にしかない人や街の雰囲気があり、それを感じるだけでもとても楽しかったです。それでは次にバスの話についてお話を。 今回の旅において、主な移動にはバスを利用しました。基本的に州をまたいだ移動やTownレベルの移動であれば、バスはどこにでも出ています。大きな都市へ行く場合は、バスのチケットをあらかじめ購入しておくか、予約しておくと確実です。満席になることは少ないとはいえ、売り切れも場所によっては発生します。長距離バスであればネットでの予約も可能です。長距離バスの設備、快適さは日本とほぼ変わりません。清潔さにはまだかけるところがありますが、それでも座席は日本のバスよりも広いことの方が多かったです。 反対に、ローカルバスは場所により状況が異なります。クランタン州では、新品のとてもきれいな市バスをよく目にしましたが、ペラ州内、クアラ・カンサーからタイピンへの移動で乗ったバスはとても古かったです。出入り口は前方のみ、冷房はなく窓を開けて走り、さびやペンキのはげが目立ちます。出入り口のドアは常に走行中も開けっ放しで、今でも印象的な記憶はチケット販売のおじさんが、走行中に足元の紙くずをぽい、と蹴ってドアから外に捨てていたことです(笑)思わず「えええ」とあいた口がふさがりませんでした。ローカルバスは長距離バスとは異なり、チケットをバス内、座席で支払います。通常運転手の他にチケット売りの人が車内にいて、乗客が座席に着いたところで座席までチケットを売りに来ます。そこで降車場所を伝えお金を払い、チケットをもらいます。降車時は日本と同じくブザーで降ります。ですが、車内アナウンスもバス停名もないので、ローカルでないとかなりバス停を見つけるのは難しいです。乗客には買い物帰りの女性がよく見かけられ、また高齢の人も何人かいました。学校帰りの高校生も時々乗ってきていました。   (タイピンへ向かうバス)  (バスのチケット) どうでしょうか、少しでも私の見てきたリアルなマレーシアが伝わっていれば嬉しいです。長文にお付き合いいただきありがとうございます。
2014秋, サラワク大学, 新着情報, 留学レポート 에 올린 글

(日本語) 【留学レポート】マカオ大学(後藤陽介)2015年3月

新年になって早2ヶ月がたちました。こちらでは旧正月休暇が終わりを迎えましたが、日本では春休み真っ最中ですね。楽しんでいますか?私は3月にある中間テスト等の準備で旧正月を楽しむ余裕がありませんでした… というわけで、今月は澳門の旧正月ではなく、寮生活についてレポートします。マカオ大学には8つのRC(Residential College)があり、そのなかでも私はStanley Ho East Asia College(SHEAC)という名前のRCで生活しています。この8つのRCにはそれぞれ、食堂、ジム、学習スペース等が1階にあり、食堂では1週間に15食の食事を食べることが出来、ジムにはランニングマシンや筋トレ器具があります。また、1階だけでなく、各フロアにも学習スペース、パントリーが備わっています。 しかし、マカオ大学のRCのすばらしさは施設だけではありません。私が最も感激したのは、毎週のように開催される学生活動です。各RCによって内容は違いますが、マカオ内外から講師を招き講義をしていただいたり、学外の施設を訪問したりと様々な活動があります。講義の内容は毎回異なり、経済・政治・文化・教育等、幅広い分野の講義を受けることが出来ます。  澳門大学のRCについてもっと詳しく知りたい方は以下のアドレスから調べてみてください。 http://www.umac.mo/reg/UMCalendar/(09)LAC-RCs.pdf   4月の連休には香港ディズニーランドへの訪問が企画されています   ある講義の案内ポスターです   ある講義の様子です。この時はマカオ大学の教授が「マカオのカジノ産業」について講義してくださいました。   ちなみにこの’Stanley Ho’ というのは人物の名前で、マカオで一番有名な人物だと教わりました
2014秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート 에 올린 글

(日本語) 【留学レポート】クイーンズランド大学(赤司千捺)2015年3月

こんにちは、英米学科2年の赤司千捺です。2月5日に期末テストが終了してから、 12日出国、13日の朝にブリスベンに到着しました。準備、手続き、引っ越し、 他のUQ交換留学生よりも1週間ほど早く、ICTEという語学学校で勉強して います。国籍がばらばらの12人がクラスメイトですが、授業中の発言、質問がと にかく多くて、日本人と全く違う!とショックを受けました。   さて、オーストラリアブリスベンに着いて、すでに2週間がたちました。始めの1 週間は新しいことばかりで、何回も心が折れそうになりましたが、去年北九大に 留学していたケントをはじめ、たくさんの人が助けてくださいました。住む場所 が決まらむまま出国し、居候生活(リビングルームを借りて床に寝てました)を 続けていましたが、先週の水曜日やっと良い物件を見つけ、とりあえず落ち着く ことが出来ました。   難しかったのは、携帯電話の契約です。日本のスマートフォンはSIMロックが かかっているので、新しくスマートフォンを買うか、借りるか、どちらかなので すが、私は確認もせずにSIMカードを買ってしまいお金を無駄にするところで した。結局現地のオーストラリアの友達に一緒に来てもらい、解決しました。 そして、ここにきて英語でのコミュニケーションのむずかしさを改めて感じまし た。速すぎて聞き取れなかったり、言っていることは理解できても、それに返す 言葉が分からなかったり。これから積極的に話し掛けて、コミュニケーション力 をあげていきたいです。 先日はJapanese society wasabiのウェルカムイベントに参加してきました。今 年の3月から北九大に参加するスーザンとも会いました。趣味であるダンスクラ ブにも入って、これからが楽しみです。興味のある活動にたくさん参加して、充 実した留学生活が送れるようにしたいです。    
2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート 에 올린 글

(日本語) 【留学レポート】カーディフ大学(安東哲志)2015年3月

Not Avalable
2014秋, カーディフ大学, 留学レポート 에 올린 글

(日本語) 【留学レポート】仁川大学校   (東優里佳)2015年3月

みなさん、こんにちは。国際関係学科3年の東優里佳です。冬休みに入って2か月が過ぎ、12月の中旬から通っていた語学堂(大学付属の語学学校)の10週間の正規課程を修了しました。 語学堂では、平日の午前9時から12時50分までの通常授業の他にも、体育大会、文化体験など、様々なプログラムが用意されており、留学生同士の交流を深めたり、韓国文化に触れたりすることができます。今学期は、文化体験として、ソウルにあるロッテワールドに行ったり、韓紙工芸品づくりを体験したりしました。       また、授業では通常授業の他にも、クラスメイトと2人一組で、実際にアンケート調査や取材を行ったものを発表する課題活動もあり、韓国語で自分の考えや意見をまとめ、発信することの難しさを痛感しつつも、楽しみながら韓国語を学ぶことができました。   10週間語学堂に通ってみて、韓国語力が向上したのは勿論ですが、文化も考え方も異なる留学生たちと、「韓国語」という一つの言語を通じてつながりを得て、多くの刺激を受けたことが、今後の留学生活を送る上での糧となり、モチベーションを高める機会になったと感じました。
2014秋, 仁川大学校, 新着情報 에 올린 글
{z[
카테고리
月別アーカイブ