今しか開くことのできない、
世界への扉がある。

Your Doorway to the World,
  Opened Here at the University of Kitakyushu

Message

国際教育交流センター長 漆原 朗子

国際教育交流センター長 漆原 朗子

留学・語学研修を考えている皆さんへ

 いうまでもなく、本学が提供する授業やプロジェクトはそれぞれ刺激に満ちたものです。ただ、それだけでは体感できないもの、それは「多様性」です。
 留学では留学先の言語の習得に加え、日本での学びとは異なる視点から専門知識をより深めることができます。また、語学研修では対象言語をその言語が話される環境の中で学ぶことによって、言語の背景にある文化やその言語を使用する人々の思考様式もより深く理解することが可能となります。
 私自身、日本の大学・大学院で言語学を学んだ後、最先端の研究に触れたいと思い、ロータリー財団奨学金やアメリカの大学院の奨学金を得てボストンの大学院で5年間学び、博士号を取得しましたが、専門の研究のみならず、世界中から集まる研究者・学生との交流を通して、政治・経済・文化・宗教などの視野を広めることができました。
 長いようで短い4年間、留学や語学研修は本学での皆さんの学びに一層の幅と深みを与えるものです。様々な奨学金制度も用意されています。ぜひとも挑戦してください。

国際教育交流センター 副センター長 フィオナ・クリーサー

国際教育交流センター

副センター長フィオナ・クリーサー

Hello Everyone

My name is Fiona, and I am here to help students with study abroad programmes and welcome overseas students to the university of Kitakyushu.
When I was an undergraduate, I was lucky enough to spend two years in Germany as an exchange student and I can honestly say it changed my life. Not only did I have the opportunity to learn German, but I also learnt new cultures and made new friends from all over the world.
Living in another country is a wonderful experience and the life skills you learn will stay with you for the rest of your life.
We have a lot of fantastic study abroad programmes to offer students and each programme comes with its own unique culture and opportunities for students. We also welcome students from overseas who enrich both our campuses with their wonderful cultures, experiences, and languages.

国際教育交流センター 特任准教授 友松史子

国際教育交流センター

特任准教授友 松 史 子

国際教育交流センターは、留学生の受け入れや日本語教育、日本人の学生のための留学プログラムを行うだけではなく、留学生と日本人の学生が交わる場所として様々な交流活動機会を作っています。
世界は様々な文化背景や価値観で溢れているとよく耳にすると思いますが、国内外の学生の交差点である国際教育交流センターはその縮図と言えるかもしれません。
海外に関心がある人はもちろん、海外へ行くことをためらっている人も、これまで海外の人と交流することを考えたことがなかった人も、国際教育交流センターをゲートウェイに多様性あふれる世界を意識し、触れ、体験の幅を広げていきませんか。
直接の交流や留学を通じて得る気づきや知識は、インターネットやSNSが普及し、簡単に情報が手に入る現在においても、世界をより深く理解するために何よりも換え難い体験になるでしょう。そして、このような一つ一つの経験によって皆さんがさらに豊かな成長し、今後のキャリアの糧となるよう期待しています。

Special Feature

安心・充実の留学制度で、実りある留学を実現しよう。北九州市立大学で留学する6つのメリット

01

経済的負担が少ない。

交換留学では、本学へ授業料を支払うことで留学先の大学へ支払う授業料が免除されます。派遣留学についても奨学金・補助金制度がありますので、私費留学よりも経済的負担が少なくなります。また、奨学金制度も設けています。

02

休学せずに4年間で卒業できる

交換留学や派遣留学は、休学せずに留学をします。さらに、留学先の大学で取得した単位を本学の単位として認定(単位認定)することができるので、留学しても同級生と一緒に卒業することが可能となります。

※単位認定の科目は学部学科によって異なりますので、事前に担当教員との確認が必要です。

03

大学のプログラムという安心感

本学が実施するプログラムなので、国際教育交流センターの教職員から留学に関する事務手続きなどのサポートを受けることができます。また、協定校の事務担当者と直接連絡を取っているため、留学中に緊急事態が起きた場合は協定校から本学に連絡が入ります。

04

教育レベルの質の保証

本学の海外協定校はすべて本学教職員が実際に現地を訪問し、プログラム内容や教育環境を確認した上で大学間(または学部間)で協定を締結しています。そのため教育レベルの質が保証されており、留学先では充実した学生生活を送ることができます。

05

情報収集・計画立案がしやすい

過去に留学した学生の実績に関する豊富な蓄積があります。国際教育交流センターでは、先輩たちの体験レポートや単位認定の実績を閲覧できるほか、随時、留学に関する相談・質問を受け付けていますので、情報収集や計画立案がしやすい環境が整っています。

06

留学前から帰国後まで
トータルサポート

留学前の準備や疑問・不安解消のために、異文化理解や危機管理に関するセミナーなど様々なイベントを開催しています。また、帰国後のキャリア形成に向けたフォローアップなども行い、留学前後を包括的にサポートします。