post

【留学レポート】 韓国海洋大学 石村裕美 2017年10月

 こんにちは!8月末から韓国の釜山に位置する韓国海洋大学校へ留学中の、国際関係学科2年石村裕美です。留学を開始してから早1ヵ月が経ちました。今回のレポートでは一ヶ月を振り返って、学校生活についてお話したいと思います。

 ここ韓国海洋大学は、キャンパス全体が島となっており、海や山など多くの自然に囲まれています。また海洋大学ということで、学内には二隻の船があり、海軍の制服を着た学生さんもたくさんいます。この大学の大きな特徴の一つが、日本人が少ないという点です。北九大から派遣された私たち二人を含めた合計三人なので、学校生活を送る中で使う言語はほぼ韓国語ということになります。また、授業は留学生だけで行われる韓国語の授業も週に1コマありますが、留学生もそれぞれの学科に所属する形になるので、現地の学生と同様の講義を聞いています。私は英語英文学科に所属していますが、留学生だと他の学部の授業も取ることができるので、英文学科だけでなく東アジア学科の授業も受講しています。授業で話される内容は難しいものも多く、また英語に関しても韓国の学生はとても得意なのでついていくのがやっとな状況ですが、サポートしてくれる友達や先輩方もたくさんいるので、楽しく大学生活を送ることができています。現在は秋夕といって日本でいうお盆休みのような期間なのですが、休みが明けるとすぐに中間テストがあるので、勉強の方も気を抜かず一生懸命頑張っていきたいと思います。

写真は学内に二隻あるうちの一つハンバダ号です。

1


カテゴリー: 2017秋, 新着情報
{z[
カテゴリー