SUPPORT

サポート

留学に向けて

出願に向けたタイミング

留学までのスケジュール

STEP1

2年〜1年半前目的の明確化が留学への近道!

留学目的の明確化

留学先で言葉や勉強の壁にぶつかったり精神面で負担を感じた時に、それらを乗り越える要素として、留学の目的はとても重要な役割を果たします。また、より高い留学成果を上げるために目的の明確化はとても重要です。

目的を考える上でのポイント

  • なぜ留学するのか
  • 留学で何を得たいのか
  • 留学でないと達成できないのか
  • 留学後の将来の展望、卒業後の進路
  • 留学をどのように将来に生かすのか

One Point Advice !

出願書にも留学の動機を記入する項目が必ずあります。自信を持って家族や周りの友達に伝えられるような、明確な目的を考えておきましょう!

STEP2

2年〜1年半前

情報収集

留学に関する基礎知識を身につけ、自分がどんな留学をしたいのか条件を整理してみましょう。留学する際に必要になるものや注意することなど、知っておくべきことがたくさんあります。

情報収集の手段

留学先の情報

授業プログラム、施設、周辺環境、寮などをHPやパンフレットを使って調べましょう。

留学先での生活

実際に留学した先輩から話を聞きましょう。また、国際教育交流センターのHPにも先輩たちの体験レポートが掲載されています。

One Point Advice !

基盤教育科目「世界での学び方」の受講がおすすめです。留学に必要な知識を学び、個々の目標設定や将来のキャリアとどう結びつけていくかを考える授業です。

STEP3

1年半〜1年前早めの準備で確実にクリア!

語学スコアの取得

語学要件のある大学を希望する場合は、出願時に語学スコアの提出が求められます。早い時期からスコアの取得に励みましょう。また、要件の無い大学でも、現地での授業や生活に備えてしっかり学習しておくことが大事です。

留学支援語学講座

北九州市立大学生活協同組合と共催で、レベルに合わせた英語講座を実施しています。(詳細は大学生協まで)

英語教材貸出

国際教育交流センターで、IELTSやTOEFLの参考書の貸し出しを行っています。

One Point Advice !

協定校への留学では、語学テストのスコアだけでなく、GPA(成績)も重視されます。普段の授業で良い成績をキープするよう心がけましょう。

STEP4

10~6ヵ月前

出願手続き

出願に関する詳細は、募集要項にて確認してください。募集時期になりましたら本館1階と国際教育交流センター入口に募集要項を設置します。また、国際教育交流センター掲示板やHPでもお知らせします。

選考の流れ

交換留学派遣留学共通

1次選考
書 類
①応募申込書②志望理由書③語学スコア(大学によって異なる)④在学成績 ※中国語圏の場合は筆記試験を実施する場合あり
2次面接
選 考
英語圏は英語で、中国語圏は中国語を交えて、その他の大学は日本語で面接を実施します。
最終合格者
決 定
国際教育交流センター会議で総合的に判断・決定します。

海外語学研修

基本的に選考はありません。出願資格を満たし、応募申込書を提出すれば誰でも参加できます。

STEP5

選考(書類審査・面接)

STEP6

4~2ヵ月前

渡航準備

いよいよ留学目前。渡航準備をしましょう。ビザやパスポートの手配には時間がかかることもあるので、早めの手続きを心がけましょう。

準備するもの(一例)

航空券の手配、パスポートの手配、ビザの取得、外貨購入、送金手続き、保険への加入、クレジットカードの準備、常備薬の準備など

事前の勉強

語学力の向上はもちろん、留学先の文化や宗教、国民性、ニュースなども調べておくとよいでしょう。

奨学金の申請

選考を経て派遣が決定した学生に対し、国際教育交流センターから奨学金の募集を行います。複数種類ある奨学金の各条件を満たす学生に対し、いずれかの奨学金を大学が割り当てて決定し、受給予定者へ通知します。

予防接種や歯科検診の受診

海外では医療費が非常に高い場合があります。留学先で大きな病気にならないためにも、予防接種や歯科検診の受診をおすすめします。

留学へ

出願資格・注意事項

全プログラム共通

  • ● 北九州市立大学の学部生として在籍している学生で、留学先の大学で教育を受けることのできる充分な能力と適性を有すること。
    ※休学中の学生は応募できません。 ※留学前及び留学期間中に本学を休学することはできません。
  • ● 4年生で秋派遣留学を希望する学生は、留学前及び留学期間中に卒業に必要な単位を満たさないこと。
  • ● 教職課程を履修している学生が約1年間の留学をする場合は、4年間での卒業はできません。
  • ● 本学の留学プログラムによる複数回の留学は可能です。その組み合わせは、交換留学・派遣留学の形態及び派遣地域、言語圏を問いません。
    しかし、英語圏への留学の組み合わせの場合、より難易度の高いプログラムへの応募のみ可能です。
  • ● 海外語学研修に関しては、一部のプログラムについて大学院生の応募も可能です。

交換留学

  • ● クイーンズランド大学及びタスマニア大学については、1年生は応募できません。
  • ● タマサート大学は、ひびきのキャンパス大学院生も応募できます。

派遣留学[タコマ・コミュニティカレッジ]

  • ● 国際関係学科の学生に関しては、派遣時に3年次以上の学生に限ります。
  • ● 教職課程を履修している学生が3年次以降に派遣された場合は、4年間で卒業できなくなります。

単位認定

全プログラム共通

留学先大学で修得した単位は、本学の所属学部・学群における授業科目・単位数に相当すると認められた場合は、所属学部・学群教授会の議を経て、所属学部・学群長が本学の単位として認定します。成績評価は「N」となります。他大学での修得単位を含めて60単位が限度です。一般的に、本学で履修するよりも修得単位数は少なくなります。履修ガイドを確認し、留学前後でしっかりと単位修得に努めてください。

派遣留学[タコマ・コミュニティカレッジ]

  • ● 英米学科2年生以上で派遣される学生は、修得した単位がパッケージで本学の単位として認定されます。(上限18単位)
  • ● 比較文化学科の学生は、修得した単位が最大14単位まで本学の単位として認定されます。

海外語学研修

  • ● 単位認定申請できる科目は、学部(群)・学科(類)で異なります。履修ガイドにて確認してください。

奨学金・補助金制度

本学学生が学生交流協定に基づく交換留学・派遣留学や語学研修に参加する際、成績優秀者に対し下記の奨学補助金が支給されます。

1.北九州市立大学及び北九州市立大学国際交流基金補助金(給付型)

(交換留学)毎月5万円 内訳:北九州市立大学補助金4万円、北九州市立大学国際交流基金補助金1万円
(派遣留学)本学もしくは留学先大学の授業料相当額及び北九州国際交流基金補助金 内訳:北九州市立大学補助金(授業料相当額)*1回限り、
北九州国際交流基金補助金(英語圏10万円、中国語圏・朝鮮語圏5万円)*1回限り

2.グローバル人材育成奨励奨学金(給付型)
Kitakyushu Global Pioneersで提供されるGlobal Education Program及びGlobal Standard Programを履修し、
累積GPA2.2以上の学生が対象となります。他の奨学金との併給はできません。支給額は英語圏が毎月4万円、それ以外は毎月2万円です。
※予算の事情などにより減額されることもあります。ご了承ください。
支給期間: 留学期間(最長1年間)

支給の有無、支給額、受給要件などは年度・予算等により変更になる場合がありますので、国際教育交流センターにお問い合わせください。

※北九州市立大学国際交流基金からの補助金の対象者は、同窓会・後援会会費完納者のみとなります。
※「給付型」とは、返済する必要のないタイプの奨学金です。

北九州市立大学では協定校への留学に対する様々な奨学金制度があります。
これらをうまく利用して留学を実現させましょう。

1

日本学生支援機構
(JASSO)
海外留学支援制度
(協定派遣)

給付型

【支給額】
8万円/月 アメリカ・イギリス・アイルランド
7万円/月 オーストラリア・韓国・タイ・マレーシア・カンボジア
6万円/月 中国(マカオ)・台湾
【対象プログラム】
交換留学/派遣留学
【支給条件】
学業成績が優秀で人物等に優れており、
JASSOの定める成績評価係数の基準を満たすこと
その他、JASSOの定める要件(家計基準含む)を満たしていること
【支給人数】
年度により異なる

2

北九州市立大学
奨学補助金
(授業料補助)

給付型

【支給額】
本学の授業料相当額…
英語圏派遣留学
(タコマ・コミュニティカレッジ、フォート・ルイス大学、
ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ、バンクーバーアイランド大学、
カリフォルニア州立大学モントレーベイ校)
留学先の授業料相当額…
中国語圏派遣留学(北京語言大学、同済大学)
【対象プログラム】
派遣留学
【支給条件】
学業成績が優秀で人物等に優れており、1のJASSO奨学金支給対象外の学生
【支給人数】
支給条件に合致する学生全員

3

北九州市立大学
奨学補助金 北九州市立大学
国際交流基金
奨学補助金

給付型

【支給額】
10万円/1回
アメリカ・イギリス・アイルランド・オーストラリア・タイ(交換留学)・マレーシア・マカオ・カナダ・カンボジア
5万円/1回
韓国・中国(マカオ除く交換留学・派遣留学)・台湾
3万円/1回
中国・タイ(海外語学研修)
【対象プログラム】
交換留学/派遣留学/海外語学研修
【支給条件】
学業成績が優秀で人物等に優れており、1のJASSO奨学金支給対象外の学生
国際交流基金から補助金を受給する学生は同窓会・後援会費を完納していること
【支給人数】
支給条件に合致する学生全員

4

グローバル人材育成
奨励奨学金
※2018年度以前入学生対象

給付型

【支給額】
4万円/月 アジア圏以外
2万円/月 アジア圏
【対象プログラム】
交換留学/派遣留学
【支給条件】
Kitakyushu Global Pioneersで提供されるGlobal Education Program及び
Global Standard Programを履修する学生で、累積GPA2.2以上であること
【支給人数】
年度により異なる。但し、123との併給は不可

5

日本学生支援機構
第二種奨学金

貸与型

【貸与月額】
3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択
【対象プログラム】
交換留学/派遣留学

※詳細は学務第一課学生係にご確認ください。

※奨学金の金額、条件等は本冊子発行時点のものです。変更になる可能性があります。

資金計画について

留学にかかる費用はプログラムや行く地域で異なりますが、欧米やオセアニアでは物価の違いから月々の生活費が高くなる傾向があり、逆にアジア圏では北九州で一人暮らしをするよりも安価になります。タコマ・コミュニティカレッジやカピオラニ・コミュニティカレッジへの派遣留学(アメリカ)ではホームステイ代や食費がプログラム費用に含まれており、本学の授業料相当額の補助金制度もあるため比較的割安なプログラムといえます。渡航前には航空券、ビザ申請、健康診断や留学保険などの諸手続きにも費用がかかりますので、それらも含めて資金計画を立てる必要があります。

単位認定留学中に取得した単位を北九大の単位に!

交換留学及びピッツバーグ大学、カリフォルニア州立大学モントレーベイ校、
フォート・ルイス大学派遣留学

派遣留学先で取得した単位は、各自の本学所属学部における履修すべき授業科目またはこれに準ずる科目に限り、本学の単位として認定されます。留学先で取得した科目の単位ならどれでも本学の科目の単位に読み替えられるわけではありません。授業の内容や時間数などを基に、厳密に読替え作業を行っていきます。予定通り確実に読替えを行っていくためには、留学前・留学中・留学後に、読替えをサポートする教員との連絡を密にしておく必要があります。また、本学における演習科目や卒業論文の単位の読替えについても、可能な場合と不可能な場合があります。詳細は、「派遣留学中の演習科目、卒業論文の取扱いおよび集中講義の履修申告について」を参照してください。

タコマ派遣留学

英米学科2年生・3年生
タコマ・コミュニティカレッジで取得した単位は、パッケージで最高18単位まで読替ができます。

比較文化学科(平成22年度以降入学者)
タコマ・コミュニティカレッジで取得した単位は、パッケージで最高18単位まで読替ができます。

上記以外の学生
交換留学と同様、タコマ・コミュニティカレッジで取得した単位は、各自の所属学部における履修すべき授業科目またはこれに準ずる科目に限り、授業内容や時間数等を基に本学の単位として認定されます。
※年度により異なる場合がありますので、詳しくは国際教育交流センターにお尋ねください。

ビザの申請手順

パスポート

留学プログラムに参加することが決定した段階で、パスポートを取得していない方は、直ちに申請手続きを行って下さい。派遣留学先大学へ提出入学願書にパスポートの情報が必要になります。

申請から発給まで約1~2週間程度かかります。詳しくは外務省の「パスポートの申請から受領まで」を確認してください。また、パスポートを持っている方は、残存有効期限について、在日大使館等のホームページ等でビザ(査証)申請に必要な期間を満たしているかを確認し、適宜更新手続きをしてください。

ビザ(査証)

派遣留学先から入学許可書が届き次第、「学生ビザ(査証)」を申請します。 ビザ申請方法や必要書類等については、オリエンテーションで説明しますが、申請者の国籍によって申請方法や必要書類等が異なる場合がありますので、留学プログラム応募前に派遣留学先国や地域の大使館ホームページ等で確認しておくことをお奨めします。ビザ(査証)の申請から発給までにかかる日数(1週間~3ヶ月)は国と地域によって異なります。また、申請方法や必要書類は、変更される場合がありますので、最新の情報を確認の上、申請を行って下さい。

アメリカ合衆国:http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/index.html?firstTime=No

留学のための語学講座

留学のための語学講座

国際教育交流センターでは、英語圏の留学を目指す学生を対象に、留学に対応できる英語力を養成する講座を用意しています。少人数制で、経験豊富な講師陣がきめ細やかに指導を致します。

共催:北九州市立大学生活協同組合

 

新たな講座の実施等は、学内の掲示板やホームページ等でお知らせします。

IELTSとは?

IELTSとは?

英語圏への留学する場合に、留学先大学より求められる英語力を証明する指標として、IELTS(アイエルツ、International English Language Testing System)という試験があります。

IELTSは、英語の環境で授業についていく、または仕事や生活をしていく英語力がどの程度あるのかを測るために考案された試験で、世界各国の9,000を超える教育機関、企業、国際機関、政府機関などで採用されています。

北九州をはじめ全国に20ヵ所以上ある公開会場での受験のほか、学内でも団体受験を実施する場合があります。ただし、試験日の3ヶ月前までに20名以上の受験者が集まることなどの条件があります。学内試験の開催を希望される場合、まずは学科の先生に相談してください。なお、公開会場と団体受験は同じ内容です。

IELTSの詳細および試験日日程については、下記のホームページにてご確認の上、計画的に受験を行ってください。

<日本英検協会>

https://www.eiken.or.jp/ielts/

<北九州予備校IELTS公式テストセンター>

https://ieltsjp.com/test-guide/kyushu/