post

【留学レポート】韓国海洋大学校 外国語学部英米学科2年 H.K 2019年3月

 こんにちは!外国語学部英米学科2年の上米良穂乃里です。1月の留学レポートの内容と若干かぶりますが、海洋大は12月末~3月初めまで冬休み期間のため、私は2月の間ソウルの語学学校に1か月通いました。海洋大とは関係ありませんが、その語学学校の話をメインに今回の留学レポートを書いていきたいと思います。

 まず、韓国で韓国語を勉強できる機関として代表的なのが語学堂と語学学校です。ご存知の方が多いとは思いますが、語学堂は主に大学付属で、3か月でTOPIK基準の級を1つ終わらせるというのがベースになっています。大学によっては短期コース等も用意されているので、休学等が難しい人はそういったコースを利用して語学堂に通うこともあります。私は今回1か月しか受講できない、また2月だけ授業がある語学堂がなかったという点から、1週間単位でコースが用意されている語学学校を選択しました。

 語学学校と語学堂の授業内容はほぼ同じですが、強いて言うとすれば私が通った学校が少人数での授業だったため、講義スタイルが基本である語学堂よりも発言する機会がかなり多かったと思います。また、様々なレベル・国籍の人が通っているため、英語も韓国語も使う機会がほぼ毎日あり、私にとってはとてもいい環境でした。もちろん日本人の方とも仲良くなれましたが、普段一緒にいる人たちの中に外国人を一人でも入れると共通語を日本語から変えることができるのでとてもおすすめです!皆さんも、お金や時間を考えながら自分に合った学校・語学堂を探してみてください。

 私の人生で語学学校に通うのはこれが初めてだったので、毎日がとても新鮮で楽しかったです。そして個人的に、周りの環境に甘えるだけでなく私にはもっともっと韓国語の勉強が必要だなと感じました。あの学校で過ごした時間と学んだことを、これからの海洋大の生活に活かしていきたいと思っています!3月4日から開講なのでまた忙しくなると思いますが、韓国語の学習も継続して行いながら残り4か月という短い時間を大事に使っていきたいです。

 最後に、登校中に雪が降っていて、南国出身のため思わず興奮して撮った写真で今回の留学レポートを終わります。

KMOU

カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学
{z[
カテゴリー