posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科2年 R.K 2019年12月

こんにちは。9月の留学レポートを担当します、中国学科2年のR.Kです。上海での留学生活も残り1か月となりました。上海に着いたばかりの頃は、初めての留学生活に不安でいっぱいだったのですが、今では日本に帰りたくないほど上海が大好きになりました。  後期のクラスはみんな仲が良く、授業外でも計画を立て食事やカラオケに行くなど、とても楽しく過ごしています。また、同済大学は学期の後半にクラス単位で遊びに行くという活動があり、自分達で目的地を決められるだけでなく、学校側が幾らか費用を出してくれます。今回は、高速鉄道に乗り嘉兴という上海市外に行く予定です。クラスみんなで市外に出るのは初めてなのでとてもワクワクしています! そして話は変わりますが、同済大学への留学かつ中国で携帯の購入を考えている方へ注意してほしいことがあります。大学内には携帯ショップはありますが携帯自体は売っていません。私が中国に来たばかりの頃は、中国語もほとんど聞き取れないうえに知り合いもいなかったのでとても苦労しました。ですが、寮には中国語の話せる日本人も何人かいると思うので、困ったときには相談してみるのもいいと思います。 では、残り一か月、体調管理にも気を付けながら、期末テストに向けて勉強も頑張っていきたいと思います。写真は最近私がはまっている中国のおでん?です。
カテゴリー: 2019春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 外国語学部中国学科2年 北京語言大学 H.K 2019年12月

こんにちは。12月の留学レポートを担当する、中国学科のH.Kです。12月が始まり、あっという間に留学生活も後残りわずかになってきていることに驚いています。北京に留学を考えている方は不安なことの1つとして冬の寒さがあるのではないでしょうか。(実際、私は寒がりなのでとても不安でした笑)今回はこの時期の寒さについて紹介したいと思います。 11月下旬から朝晩の気温はマイナスを下回ることがほとんどで、クラスでも急な気温の変化についていけず体調を崩してしまう人も少なくありません。ちなみに、今日の気温は最高気温4℃、最低気温-4℃ですが、体感的には気温よりも少し暖かく感じます。逆に今日よりも気温が高いのにもっと寒く感じる日もあります。以前、中国人の友達が北京の冬が寒いのは強い風が吹くからだと教えてくれましたが、本当にそのとおりだと実感しています。風がある日は手袋、マフラーをしていても風が吹き抜けて、寒くて顔が痛くて…。これからもっと寒くなるそうなので、外出するときは厚着をして風邪を引かないように気をつけていこうと思います。 ここまで読んで余計に心配になった方もいるかも知れませんが、そこまで心配しなくても大丈夫です。教室や寮には部屋の中だけでなく廊下にもヒーターが設置されているので、室内に入るとどこでも暖かいからです。写真は一昨日に降った北京の初雪です。最近は全く雪の降らない冬もあるらしく、多くの人が外に出て写真を撮っていました。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 済州大学校 経済学部経営情報学科4年 N.K 2019年12月

안녕하세요.済州大学校に留学中の黒﨑菜緒です。早いもので最後のレポートになりました。今回は、私が留学前にしておけばよかったことや留学中にしてよかったことをお伝えします。 まず、留学前にしておけばよかったことはずばり勉強です。韓国語はもちろん、留学に来て英語の必要性を非常に感じています。私は、4年で留学に行ったため就職活動の関係であまり時間がとれなかったのですが(それでも韓国語の授業はとっていました)、これから留学を考えている方は2、3年生が多いと思います。忙しいかとは思いますが、韓国語の勉強はもちろん英語の勉強をすることをおすすめします。以前お話しましたが、オールイングリッシュの授業があります。日本にいるとどうしても英語を使う機会が少ないので、留学前に慣れておきましょう。 続いて、留学中にしてよかったことは積極的に行動することです。留学はあっという間に過ぎます。その中で自分を成長させなければ意味がありません。日本にも十分韓国語の習得は可能です。せっかく現地に行って言語を学ぶのですから、何かしら得ましょう。私は、韓国語も英語もスピーキングに自信がありませんでした。今学期済州大へ交換留学に来た学生は私のみで、韓国語の授業も日本人は一人でした。しかし、そのような環境でも積極的に行動しコミュニケーションをとろうと努力しました。その結果、まだまだ不十分ではありますが会話できるようになりました。授業だけに限らず、サークル活動や留学生の集まりにも参加したことで友達も増えました。みなさんも、留学中は積極的に行動することをおすすめします。短い間でしたが、読んでくださった皆さんありがとうございました。  写真;羊カフェにて羊と(1枚目)、済州には雰囲気のいいおしゃれなカフェがたくさんあります(2枚目)
カテゴリー: 2019秋, 新着情報, 済州大学校, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 外国語学部英米学科3年 K.H 2019年12月

こんにちは、カーディフ大学の堀江です。現在、僕は6つのビジネスに関わる講義を受講しています。6つとも全て正規生の2年生から受講できるクラスで「それなら簡単じゃない?」と思われる方もいるかと思います。でも現実はなかなかハードです。具体的には1コマが約2時間ある事、毎週課されるリーディングの量、チュートリアルと呼ばれる主講義以外で行われる少人数のコース、その他諸々です。講義自体もビジネスに関する事柄で未知の部分が多く、苦労する毎日ですが単位をもらえるように頑張りたいと思います。 生活に関しては、徒歩5分くらいのところにTESCOという大きなスーパーがあり、そこに買い出しに行って簡単な料理を作って食べることが多いです。そしてシティーセンターと呼ばれる市街地に行けば、基本的に生活に必要なものは全て揃うので「これがなくて困った」という事態には陥らないと思います。一方、不満なところがあるとすれば天候でしょうか。ほぼ毎日曇りか雨で、最近は16時ごろから日没が始まってすぐに暗くなるので夜が長い気がします。日本とは環境の違う中の生活なので、体調管理に気をつけないといけません。気分転換もしつつ、今年最後の1ヶ月、駆け抜けていきたいと思います! 写真:先日訪れたカーディフ城から
カテゴリー: 2019秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 文藻外語大学 法学部政策科学科3年 Y.S 2019年12月

皆さんこんにちは、文藻外語大学に留学している政策科学科3年下野雄大です。留学期間も早いことで残り2か月となってしましました。高雄も12月になり、肌寒く感じる日が多くなってきましたが これより日本は寒いので、私はいまから日本に帰ることができるのかとても心配です。  今回は、私が週末の休みによくしていることを紹介します。私は週末よく台湾プロ野球を見に行ったり、台湾のランニング大会に参加したりしています。今回はこの2本立てでいきます。 まず、今日本で話題の台湾プロ野球について紹介します。台湾も日本同様にプロ野球があります。しかし日本と比べてチーム数が少なく5チーム(味全は、2020年に二軍参戦、2021年に一軍参戦の予定)となっています。また日本人選手は、今夏に球界に電撃復帰した川﨑宗則選手が味全龍に所属しています。 チケットは、セブンイレブン・全家(ファミリーマート)の端末、ホームページで試合前日まで買うことができます。ただしセブンと全家で取り扱いのあるチームが違うので注意が必要です。また当日球場で買うこともできます。チケット料金は、内野は平日約300元、休日約500元となっています。日本に比べてチケット代がとても安いので、私のように何回も行ってしまうので注意が必要です。 高雄の場合、試合は基本的に澄清湖棒球場で行われます。しかし現在高雄にあるチームがないため、1軍公式戦はとても少ないのが現状です。しかし二軍公式戦は頻繁に行われるため、来年は高雄で川﨑選手を見られるチャンスがあるかもしれません。 次にランニング大会について紹介します。大会には、運動筆記というサイトから申し込むことができます。文藻外語大学も年に一度マラソン大会があります。そのときには多くの学生が参加します。台湾の大会は、気温関係で朝5時、6時スタートのレースがめずらしくありません。朝のレースは、起きたばかりでなかなか難しいですが、このような早朝レースは日本ではなかなか体験できません。また「台北市民5000公尺挑戰賽」では、2017年のユニバーシアード(大学生のオリンピック)で使用された台北田徑場で走ることができ、トラックレースですがなんとペーサーもいます。週末ランニングレースに参加して、ついでに観光をして帰る小旅行は本当におすすめです。 写真は、台中にある州際棒球場の様子です。
カテゴリー: 2018春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科2年 K.K 2019年12月

こんにちは!12月のレポートを担当します、外国語学部英米学科2年の香月薫です。 あんなに暑かったハワイも、最近ではよく雨が降るようになり、朝方もひんやりしてきて少しだけ季節の移り変わりを感じます。あっという間に秋学期最後の月となりました。今月のレポートでは、ハワイで体験した楽しかったことについて紹介します。私は11月に友達と”SHIMA”というツアーに参加しました。これはKCCで紹介されていたツアーで、誰でも気軽に参加することができます。KCCに通っているネイティブの学生たちと一緒に、ノースショアに観光に行くというもので、バスの中でも英語で場所についてのガイドをしてくれるので、楽しみながら英語を学ぶことができます。このツアーでは、ドールプランテーションやマカダミアナッツのお店を訪れました。試食がたくさん置いてあって、とてもおいしかったです。また、このツアーには“ビーチクリーン“のボランティア活動が含まれていて、みんなでノースショアのビーチのごみ拾いをしました。このような活動によってハワイのきれいなビーチが保たれているのだと分かると、もっとハワイのビーチが好きになりました。このツアーには、たくさんハワイの文化に触れる機会があり、学ぶものもたくさんあるので、皆さんも留学したら、このような機会を大切に、積極的に参加してみてくださいね。 写真はボランティアできれいにしたノースショアのビーチです!
カテゴリー: 2019秋, ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 仁川大学校 外国語学部英米学科3年 A.N 2019年12月

こんにちは。12月の留学レポートを担当する英米学科3年の中村あかりです。最近の韓国はとても寒く、11月にも関わらず仁川では初雪が振りました。韓国に来る前はPM2.5を心配していたのですが、今のところPM2.5が原因で体調が悪くなったことはないので、冬の間は大丈夫そうです。 今回のレポートでは、韓国の銀行での口座の作り方や、留学生をサポートしてくれるサークルについて書いていきたいと思います。まず、口座開設についてですが、その際にパスポートと外国人登録証カードが必要になります。今学期は10月末に大学の職員の方と外国人登録の申請に行き、申請をして1週間ほどで受け取ることができました。大学の中に新韓銀行の窓口があるので、そこに上記の2点をもっていくと10分ほどで口座を作ることができ、その日のうちにキャッシュカードと通帳を受け取ることができます。口座を作らなくても問題はありませんが、キャッシュカードに交通カード機能がついていたり、アプリでお金を送金できるようになるので作ったほうが便利だと思います。次に、留学生をサポートしてくれるISSCというサークルについてですが、様々な言語を話せる韓国人学生の方たちが留学生の為のイベントを行ってくれます。部室のようなものもあるのですが、10時~18時の間は2人以上の韓国人学生の方が常在してくれており、1人で口座開設に行くのが心細かったり困ったことがあれば、ぜひ遊びに行ってみてください。実は先日、クレジットカードをなくしてしまったのですが、その際もISSCの方が助けてくださり、無事に再発行することができました。また、他国からの留学生と交流したい方にもおすすめです。 写真は、韓国語の課外授業で博物館と遊園地に行ったときのものです。
カテゴリー: 2019秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 マカオ大学 文学部比較文化学科4年 M.S 2019年12月

 みなさん、こんにちは!!マカオ大学に留学している杉山です。やっと長袖衣類が活躍しだしたマカオです。早いもので、この留学生活も折り返し地点に入ろうとしています。実はもう今週から各教科の期末考査が始まってしまうので今週は特に図書館にこもる生活になりそうです(^^; さて、一旦勉強の話は置いておいて、11月にあった出来事を振り返ってみることにします。11月は10月の中間考査の休憩期間ということで、バレーボールの大会に出たり、友達とご飯を食べに出かけたり、BBQをしたり、特にマカオでの留学生活を楽しめた月になりました。今回はその中からバレーボール大会、珠海に出かけたこと、手巻き寿司パーティをしたことをピックアップしてお話していこうと思います。  マカオ大学では、10月の下旬からスポーツ大会としていろんな競技の大会が行われます。このバレー大会もその中の一つの種目で、私は、チーム日本人として現在同じようにマカオ大学に留学している子たちとチームを作り挑みました。予選は総当たり戦かつ2セット先取という割と本格的だったので、いつも使わない筋肉と体力を使いとても疲れました(笑)しかし、日本人チームの粘りもあって、予選リーグは堂々の一位で通過することができました。決勝ではなかなか思うように得点が決まらず、負けてしまい、2位という結果になったのですが、審判団があまりにも日本人チームが粘る試合をしたからか、とても応援してくれて、(本当はよくないですが(笑))仲良くなることもできました。私はもともとバレーのサークルに所属していたので彼らのことは知っていましたが、この経験を経てまた一段と仲良くなることができたのでとても嬉しかったです。  次に珠海について書いておこう思いますが、前提として、珠海はマカオ内の地名ではなく、中国の広東省の都市でマカオとの国境に位置します。そのため、多くのマカオ大生は週末になるとこぞって珠海へ買い物をしたり、火鍋を食べに行ったり映画を見に行ったりします。ここでなぜ、みんなマカオで買い物など済ませないのか?という疑問を持った方もいると思います。その理由は、物価がとても安いから!!(笑) もちろん、マカオの物価は日本と比較すると高くはありませんし、スーパーでの買い物(特に野菜、果物)は安く済ませることができます。しかし、珠海はその上を行く安さで買い物を楽しむことができます。特に、レストランでの外食やタピオカがとても安く、特に私の友達の女の子たちの中には週末に珠海にタピオカを買いに行ったり、ご飯を食べに行くことを楽しみにしている子たちもいます。そんな珠海にですが、今回は授業で仲良くなった友達と出かけてきました。私たちが行ったのは、珠海で一番有名な火鍋屋さんHai Di Lao というお店です。このお店は中国初の火鍋専門店で、美味しさはもちろんですが、店員さんやお店としてのホスピタリティの高さにとても驚きました。中国内でも人気のお店で、待ち時間2,3時間は普通だそうです。当日は友達が数時間前から予約をしてくれていたのでスムーズに丁寧な接客と美味しい火鍋を楽しみ、中間考査の疲れを癒すことができました。  次に手巻き寿司パーティついてです。これは寮の中で行われたパーティで私は日本人講師として参加しました。街中でもお寿司屋さんはたくさんあり、マカオに来た時からマカオの人たちは日本食が好きな人が多いんだなと感じていましたが、このパーティでもたくさんの友達や寮生が参加してくれました。マカオに来て、このように友達や街中で見かける人たちが日本料理屋さんに並んでいたり、美味しそうに食べている姿をみると日本食の素晴らしさを感じることができて、日本人であることに誇りを持つことができます。少し話がずれましたが、パーティの準備では班の子たちとスーパーに買い出しに行きそのまま一緒に広東料理を食べながら、大学生活について話したりと、こちらの大学生らしい経験もすることができました。手巻き寿司パーティを通して、さらに寮での友達と仲良くなることができて、寮での生活が一日一日内容が濃くなっていることを実感しています。 ここからは勉強の話に戻りましょう(笑) 今回は11月中で一番思い入れがある課題についてお話しようと思います。それは、News & Journalism のプレゼンテーションです。このプレゼンでは、日本のマスメディアとエリート層との関係について書かれた記事を読み、その内容を要約、分析、問題点、そしてクラスで討論するための質問を作るというものでした。プレゼンはグループ戦だったのですが、一人一人が担当する箇所の内容がそれぞれ難しく、まず理解するのが大変でした。なんとか理解した後もクラスで伝えるべき内容はどこか、そしてどんな質問だとクラスの中で討論できる質問かなどをグループで議論する必要があったため少し重めの課題でした。このプレゼン準備期間で私が心がけていたことは、とにかくわかったふりをせず、自分の考え、気持ちを伝えることです。自分が納得してないときはなぜそうなるのか、またはもっとこうした方が良いのではということを伝えることを意識していました。その結果、グループの子ともしっかりと議論し、よりよいプレゼンをするために力を尽くすこともできました。本番前にリハーサルを何回か行ったこともあり、本番では相手チームに10対0(各チーム、教授、アシスタントの投票)の大差をつけ、勝つことができ、この第1セメスターの中で成長できた経験の一つだと思います。  毎回、みなさんに伝えたいことがたくさんありすぎるため、長文になってしまいすみません(笑)。ここまで読んでくださった皆さんありがとうございます!! また、1月のレポートでお会いしましょう(^▽^)/    
カテゴリー: 2019秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 韓国海洋大学校 外国語学部国際関係学科2年 R.O 2019年12月

こんにちは、12月の留学レポートを担当する外国語学部国際関係学科2年奥代凜花です。11月中旬まで暖かい日が続いていましたが、最近急に気温が下がりぐっと寒くなりました。日本から持ってくる荷物を減らす為、真冬用のコートを持参していなかったので、韓国で暖かいロングペディングを購入しました!韓国の冬を乗り切るにはこのロングペディングが必需品です。寒くなればなるほどセールで安く購入出来るので、私もギリギリまで我慢し、原価2万円のものを5千円という破格の値段で手に入れました!^ ^ とても暖かくて怖いものなしです。 さて、私は10月からK-POPダンスサークルに所属し、11月末に定期公演を行いました。部員は男女合わせて30名程で、授業後みんなで集まり、毎日数時間練習しました。サークルに入ると学部学科関係なく友達ができ、また韓国語でダンスを教えあったり話し合ったりして韓国語のトレーニングにもなったように思います。何より毎日仲間と活動する時間は本当に充実していてあっという間で、サークルに入って良かったなあと心から感じます。 11月は気温の変化と疲れからか、数日間風邪を引いてしまいました。やはりこういう時のために日本から薬は必ず持ってきておくべきですね。私も病院で処方してもらった薬や市販薬など、あらゆる可能性を考えて様々な薬を持参していたのでとても助かりました。韓国の薬は日本の薬よりも効き目が強い上、やはり体調不良時は薬を外に買いに行くのも一苦労です。自分にあった薬を日本から必ず持参することをお勧めします! 今月はいよいよ大事な期末考査を控えています。体調管理に気をつけながらテストに向けてしっかり頑張りたいと思います!最後に、ダンスサークルの定期公演での写真と南浦駅近くのクリスマスイルミネーションの写真を添付して締め括りたいと思います。
カテゴリー: 2019秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 外国語学部英米学科3年 Y.A 2019年12月

こんにちは、12月の留学レポートを担当する英米学科3年の安部です。今回は主に寮生活について書きたいと思います。私は大学から徒歩15分ほどのところにあるClive Booth Postgraduate Centreという寮に住んでいます。ブロックによって部屋や寮内の構造は多少異なるようですが、私の場合は他にフラットメイトが3人、合計4人でキッチンを共有しています。冷蔵庫が2つあり、どのスペースをどれだけ使うかは早い者勝ちなので寮に到着したその日に冷蔵庫のスペースをさっさと確保してしまうことをお勧めします。私は出遅れました。夜になると、外から酔っぱらった学生たちがクラブに行く声が聞こえてきます。彼らは日本の祭りを彷彿とさせる賑やかさでどこかへ出かけて行くので郷愁をかきたてますが、勉学に励むため24時間空いている大学の図書館へ行きましょう。静かです。フラットメイトはイギリス人だけでなく他の国からの学生が多いため国際的な人間関係を築くことが期待できます。 まとまりのない文章となってしまいましたが、最後まで読んで頂き有難うございました。(写真:1枚目、TESCOで買ったピザを寮のオーブンで焼きました。 2枚目、ハロウィンの時期に突然フラットに現れたカボチャたち。ハロウィンを過ぎて1週間ほどでやはり突然消えました。)
カテゴリー: 2019秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー