posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 Y.K 2018年11月

みなさんこんにちは。11月のレポートを担当する、Y.Kです。最近外は非常に寒く、冷え性の私には厚手のコート、マフラーが手放せません。寒すぎて朝がつらいです。相変わらず授業前にはエレベーター前に長蛇の列ができていて、授業開始時間に間に合わないので息を切らしながら6階まで階段を登っています。 さて今回のレポートでは中国人学生との交流を紹介します。最近、中国結作りに参加してきました。中国人の生徒が外国人に向けて英語で中国結の紹介、作り方を教えてくれるというものでした。私は手先が器用ではないのでほぼ中国人の友達に助けてもらいながらなんとか完成しました。今まで中国人学生と交流して気づいたことがあります。彼らは初対面の時は恥ずかしがりなのですが、仲良くなるとすごく友達思いで人情があります。プレゼントをくれたり、食事する時は割り勘ではなく、おごりです。もちろん私も別のものをおごり返します。これは彼らの文化で、感謝や好意、次もまた会いたい気持ちを表しているそうです。また彼らは年齢に関係なく仲がいいです。日本では先輩に対して後輩は敬語を使わないといけませんが、中国語には敬語がほぼないので年の差関係なく、仲良くなりやすいです。 あとはすごく真面目です。中国は人口が多い競争社会なので小さい頃から毎日毎日勉強していて、授業は朝から晩までぎっしり、私も見習わないと。私はこちらに来た頃は中国人ちょっと怖いな、という偏見を持っていたのですが、実際に接してみると違いました。日本人から見たら礼儀がないなと感じるかもしれませんが、実は彼らはフレンドリーで優しい人が多いです。 どうですか?みなさんが思っている中国人とは違いましたか?
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 法学部法律学科2年 Y.S 2018年11月

こんにちは。法学部法律学科2年の角 友莉亜です。北九大では男子ラクロス部に所属しています。そして私はタコマ派遣留学21期生で今まさに約半年の留学真っ只中です。 今回何を書こうかとかなり悩みましたが、きっと周りの21期の人たちがタコマでの楽しい出来事、宿題の大変さ、日常の過ごし方などを伝えてくれると思うので(笑)、今回はタコマに来て2ヵ月がたった今、私にしか伝えられないようなことを皆さんに伝えられるように、そして少しでも留学に興味がある方の背中を押せることが出来たらいいなあと思いながら書いていきたいと思います。どうかお付き合いください。 「法学部なのに留学に行くの?」 「英語話せるの?」 これらは私が実際に言われた言葉です。しかし、これらは紛れもない事実で、私は留学とは一見無関係そうに見える法学部、かつ英語なんて全く話せない&できない(本当です)状態でタコマに留学することを決意しました。決意したときの心境といえば「留学!?楽しそう行ってみたい応募しちゃえ!!」くらいのとても軽い気持ちで、自分の英語力なんて棚に上げて応募をしました。もちろん一人で応募し、友達なんてゼロです。これは21期のメンバーが確定してから知ったのですが、法学部の2年生は私たった一人だけでした。やっと自分の置かれた状況を認知してから少しずつ不安になり、北九大のタコマ留学の体験談を読み漁っていたのを覚えています。(笑)  そんなこんなで出発をし、ドキドキの留学がスタートしました。着いてからすぐは、想像の通り英語に苦労する日々が待っていました。が!しぶとく諦めずに現地の友達をたくさん作る努力をして、自分の伝えたいことを知っている単語を頼りにマシンガンのように話しました。文法?時制??話している間は考える時間なんてないのでもちろんめちゃくちゃだと思います。しかし、そんな私に、現地の学生や、ホストファミリーは私が何を伝えようとしているのか理解してくれようとしました。本当に周りの人のやさしさに助けられていることを実感しています。そしておうちに帰ってからは、ホストファミリーと過ごした後、中高サボり続けてきた文法を勉強したり、必死に課題をしたりしています。正直受験生かな?!というくらい勉強をしている気もしますが(こればかりは私の勉強不足かもしれません)「英語が嫌いだー!!もうやめたい帰りたい!!」とは幸いなことに、まだ一度も思ったことはないです、きっと思わないと思います。寧ろ勉強して、身に付いたら学校でもっと友達としゃべれるようになるかな~くらいの気持ちで勉強を楽しんでいる自分が恐ろしくなりますが、本当に楽しんでいます。そして先日その成果が現れたのか、私が現地の人とお話ししていたら、ふとUKKのお友達から「ゆりあってほんとに英語上達したよね~!!」と言われました。その時は、日本人らしく「そんなことないです!」と謙遜しましたが、ゼロというより大きなマイナスからのスタートだった私にとって、泣きそうなほど嬉しいことでした。やはり、成果が出るかなんて来てみないとわからないものだと改めて実感しました。 私がひしひしと実感しているのですが、タコマに来て後悔は1つも無いということです。これはきっと20期までの皆さんが思っているであろうし、今来ている21期のみんなも思っていると思います。もちろんみんなそれぞれ言語が通じないもどかしさ、友達や家族と離れる寂しさ、これからどうなるか分からない恐怖を乗り越えての結果です。しかし、たったの2ヵ月しか過ごしていない私ですが、不安なことなんて忘れるくらいに毎日毎日濃く充実した生活を送っています。もうあと4ヵ月しかありませんが、毎日全力をモットーに頑張りつつ、留学生活を目一杯楽しみます。 まだまだ伝えたいことは山のようにありますが、話が終わらなくなりそうなのでこの辺で止めておきます…! 最後まで読んでいただきありがとうございました!
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(21期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 経済学部経営情報学科2年 K.N 2018年11月

皆さんこんにちは。経済学部経営情報学科2年のK.Nです。タコマに来て約2か月がたとうとしています。ホストファミリーはとても優しく現地の友達も増え、毎日楽しく過ごしています。私は授業についてと、学校生活について、また最近あったハロウィンパーティーについてお話したいと思います。 まず初めに授業についてです。今学期私たちの受けている授業は全部で4種類あります。特にAmerican Historyという現地の人と受ける授業では宿題の量が多く、英語でたくさんのレポートを書かなくてはいけません。私は、経済学部なので北九大で英語を使う機会は多くありませんでした。しかし数をこなすことで慣れてきたので、最初より時間がかからなくなったと感じています。また、先生方や現地の友達がわからないところがあれば優しく教えてくれるのでとても助かっています。American History以外の授業はそこまで難しいと感じることはありません。もしよりハイレベルな授業を望むのなら、事前にAccuplacer Testというものを受けることをお勧めします。 次に学校生活についてです。Fall quarterの授業は毎朝9:30から始まり、昼過ぎ、または3時ごろに終わります。そこから宿題をしたり、友達と遊んだりします。また、私はバレーボールクラブに所属しているので、バレーをすることもあります。土日もあまり家にいることはなく遊びに行くことが多いです。タコマには遊ぶ場所もいくつかあるので友達と楽しんでいます。 最後にハロウィンパーティーについてです。みんなが仮装をして、本格的なお化け屋敷、ダンス、スナックなどを楽しむイベントです。パーティーは夜の9時から始まり、12時まで学校で行われました。日本では大学でパーティーなどを夜中に体験する機会はあまりないので、不思議な感じでしたが、とても楽しかったです。パーティーが終わった後は現地の学生が声掛けをして、みんなを家まで送ってくれました。これからまだまだイベントがたくさん控えているので、精一杯楽しみたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(21期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】クイーンズランド大学 外国語学部国際関係学科4年 D.U 2018年11月

 留学レポートをご覧のみなさんこんにちは!国際関係学科4年のD・Uです。いまこちらでは全ての授業が終わり、残りは期末テストを受けるのみとなっております。そして帰国まで残り3週間というタイミングでもあります。今回は最後の留学レポートになりますので、約10ヶ月の留学生活で学んだ3つのことについてまとめたいと思います。  1.ダイバーシティ&インクルージョン  「多様なバックグラウンドを持った人々が集まっており、誰1人として個性のない人間なんていない」。1つ目の学びです。オーストラリアを留学先に選んだ理由の一つとして「多様性」をキーワードにしていましたが、やはり文字通りDiversity の環境でした。シェアハウスのメンバー、バスに乗車してくる学生や地域住民、学校で出会う学生や教職員の方々、シティですれ違う名前も知らない人たち。毎日が「多様性」のある環境でした。そこで強く感じたことが、「自分だけの個性を大切にするべきだ」ということです。日本で生活をしていると「周りと違うこと」がいけないことのように感じられることが多々あります。他のみんなと同じでなければいけない、変に目立ってはいけない、などなど。しかし、こちらで生活をしていてそのようなことを感じたことは一切ありません。自分だけの個性を周りの影響によって潰されることなく、大切にしていきたいと感じました。また、そのような個性ある多様なメンバーが集まった環境で共通のゴールに向かって周りを巻き込みながら組織を推進していける自分になりたいと強く思いました。  2.強い目的意識  WHYの精神。2つ目の学びです。約10ヶ月の留学を通して、留学前に立てていた目標を達成するためにいくつかの挑戦をしてきました。その1つが、「ビジネスをテーマにしたディベートに挑戦すること」です。その目標を立てるに至った理由を簡単に言うと、以下の3つです。 ① 模擬国連世界大会に参加した際にできなかったことに挑戦するため ② 将来私が行きたい環境を肌で実感するため ③ 「英語で聞き手を納得させる」というような、高度な英語を必要とする環境に挑戦するため  このような目標を持っていざ挑戦した私でしたが、その途中でその挑戦に全力になれない時期がありました。日本にいた頃とは比較できないほどの大量の課題に追い込まれていた際に、そのディベートに対して中途半端に取り組んでしまっていたのです。しかし、このままではいけないと思い、再度目的を確認することで全力でやりきることができました。実際、2度ディベートをする機会があり、1度目は100%のうち84%の結果でしたが、2度目は98%の結果を取ることができました。平均点は知らされないためその数字が高いか低いかはわかりませんが、少なくとも目的意識を明確に持っていた2度目のディベートの方が良い結果を出すことができました。この経験から、強く目的を意識すること、そうすればより良いアウトプットが出せることを、身を以て感じました。  3.ひとりで学ばず、みんなで高め合う  チームアサインメントの多さ。オンラインクイズに対して、ひとりで取り組まず、友人と取り組むように指示をする教授。日本で勉強をしていた頃とは全く異なる教育環境でした。留学前の私は基本的にひとりで勉強をしていました。プレゼンテーションなどのチームアサインメントがない場合、他の誰かと一緒に勉強をすることはほとんどなかったのです。その大きな理由が、「誰かと勉強をすると集中できなさそう」、「ひとりでした方が効率が良い」でした。しかし、こちらに来て友人と一緒に勉強をする機会が少しづつ増え、その理由は必ずしも正しくないと気づきました。友人と一緒に勉強をしている方が、周りが集中している分私ももっとしようという気持ちになりました。さらに、効率性の面でも友人と勉強する方が効率的だと感じることがありました。例えば、わからないことや疑問があった時に、周りの友人とディスカッションをすることがよくありました。その際に、ひとりでは気づけなかったであろう論点にたどり着くことがよくありました。ひとりで学び、成果を出すのももちろん良いことだと思います。しかし、このような経験から、みんなで切磋琢磨しながら学び合うことの大切さや面白さに気づくことができました。    以上が約10ヶ月の留学を経て得た学びです。日本に帰国してからも、これらの学びを忘れず行動していこうと思います。11月末に帰国した後、12月末には福岡の方に戻る予定です。上記のような留学での体験談はもちろん、留学前の準備あるいは留学と就活をどう並行するのか、など留学前に気になるであろう話をすることができると思います。もし何か聞きたいことなどがあればぜひお話しましょう!国センなどでお会いできることを楽しみにしています!次は皆さんの留学レポートを読むことを楽しみにしております:)    【写真1】The Sign of UQ 【写真2】After Class at 6 p.m. 【写真3】My Favorite Art
カテゴリー: 2017春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カピオラニ・コミュニティカレッジ 文学部比較文化学科3年 S.T 2018年11月

 こんにちは!9月にも担当した、比較文化学科3年の友田椎南です。ハワイは11月になりましたがまだまだ暑く、教室でも冷房が付いていて涼しくなる気配がないです。笑  さて今回はイベントについて紹介しようと思います。10月31日は皆さんご存知の通り、ハロウィンでした!私のクラスの先生の一番好きなイベントがハロウィンという事で、みんな仮装して授業でエッセイを書きました。この写真はハロウィンの日にクラスで撮ったものです!この日は授業が終わった後、ワイキキへ行きました。ワイキキはとてもたくさんの人で賑わっていました!多くの人が仮装しており、一番印象に残ったのは裸のチェーンソーを持った大柄の人です。チェーンソーで斬られました。笑 偽物でしたがとても驚きました。でもハロウィンの雰囲気を味わうことができたのでとても満足しました!  授業についてですが、残り1ヶ月程となったのでエッセイやプレゼンで大忙しです。今日も今日中に完成させないといけないプレゼンのためのパワーポイントの準備があるのでこの後頑張ります!授業にはもう慣れ、課題とエッセイやプレゼンの準備をこなす毎日です。しかし先生は勉強ばかりではなくどこかへ行ってハワイを楽しむことも大事だと勧められるので休みの日には必ずどこかへ行ってます!残された時間、精一杯頑張って、楽しもうと思います。最後まで読んでくださりありがとうございました。  2枚目の写真はハロウィンの日にワイキキビーチで撮った、比較文化学科2年のKくんです。
カテゴリー: 2018秋

【留学レポート】大連外国語大学 外国語学部中国語学科2年 H.S 2018年11月

こんにちは。11月のレポートを担当させていただきます中国学科2年の末武拓夢です。 夏休みも終わり9月に授業が始まってからはや2ヵ月、ついに留学後半戦を折り返しました。生活には慣れたものの、やはり語学力に関してはまだ満足のいくレベルには達してなく、日々焦りを感じています。さらに11月の第2週にはHSKという中国語の検定試験も控えているため、いよいよ気を引き締めないといけないなと思い始めています。留学行く前までは1年あれば中国語ペラペラになれるだろうと高を括っていましたが、全然そんなことはなく、もっと中国で勉強したいなというのが今の心境です。 まあここまで勉強の話ばかりしましたが、実際に勉強ばっかりなのかというとそういうわけでもなく、授業が終われば友達とゆっくりご飯を食べて、遊びに行ったり、スポーツをしたりなど割と有意義に過ごしています。(それが原因で中国語力の伸びがよくないのかもしれませんが…)また10月上旬には中国の大型連休があったため、私は北京や天津に旅行に行きました。あと2ヵ月半ほどしか時間はありませんが、しっかり勉強してしっかり思い出を作って帰国できたらなと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。(写真は最近大学内に設置されたもの)
カテゴリー: 2017春

【留学レポート】マカオ大学 文学部比較文化学科3年 H.T 2018年11月

 こんにちは。マカオ大学に交換留学で来ている比較文化学科3年の高原飛来です。マカオに滞在し始めてから2か月程経ち、蒸し暑かった気候にも対応し始めていたのですが、10月に入った途端、秋冬の到来を感じさせるような気候に変わってきました。個人的には寒い気候が好きなため、とても快適に毎日を過ごしています。さて、今回はマカオの立地の良さを生かした旅行と大学の授業について紹介させていただきます。  まずは、旅行についてです。正直なところ、マカオでの留学生活が始まる1週間前までマカオがどこに位置し、どんな国が近接しているのか知りませんでした。しかし、長期休暇中の旅行の計画をしていると、マカオは香港や台湾、東南アジア諸国への旅行に最適な場所であることに気づかされました。実際、私は9月から10月にかけての5日間台湾に、そして10月の中旬に香港に2日間行きました。台湾は飛行機で1時間半程の距離に位置し食べ物も美味しく、観光地も多いため5日間大きな事件なく有意義に過ごすことができました。台湾には1人で旅行したのですが、千と千尋の神隠しの舞台のモデルとなった九份へのバスで台湾に留学中のオランダ人と仲良くなり、その会話を聞いていた台湾の方が私の英語力を褒めてくださり、九份を案内してくれました。誰にも頼る事無く自分の英語力で旅行を簡潔させる事は1人旅の1つの目標だったので、とても充実した旅行になりました。香港にはフェリーを使うと1時間程で行き来が可能です。香港は台湾よりも観光客や海外からの移住者が多く、だいたいどこに行っても英語が通じる素晴らしい場所でした。街並みは英国を感じさせる雰囲気を醸し出しアートやファッションもとても発達しており、この分野がとても好きな私にとっては最高の場所でした。(11月に友達とまた行く予定です!)  ここからは本業の大学の授業や友達との関係について書かせていただきます。私が履修している授業の中で最も身になっていると感じるのは”English news writing”です。この授業ではJournalistやEditorになるために必要なInterviewや記事の書き方を学べます。授業後に必ず課題が出されるため予習や復習が欠かせませんが、将来この道に進みたい私にとっては最もためになっている授業です。またPoetryの授業では、チームを作り雑誌のような1つの作品を作成する課題が与えられており、デザインや雑誌作成が好きな私はデザインやアイデア、出版の担当をしています。この課題にも将来の夢に関係する事が多くあり、とてもやりがいと充実感を感じています。日本では単位を優先して内容に興味のない講義をとる事が多かったのですが、この留学を通して今の自分、そして将来の自分に必要なスキルは何なのかという最も大事な点で授業を選択する大事さを痛感しました。交換留学は単位交換が可能なため、日本の大学で行われる講義の内容を考慮しながら授業を選択する必要があります。単位交換ももちろん大事ですが、自分が本当に学びたい事が単位交換外という理由で諦めるのはもったいないと思います。後期はもっとこの点に焦点をあてて講義を選択しようと思っています。もちろん前期の授業もしっかりと完結できるよう努力するつもりです!  では、また次回の留学レポートでお会いしましょう! 香港 Victoria harbour 台湾 千と千尋の神隠しで有名な九份 台湾 日本で仲良くなったJasonと!!    
カテゴリー: 2018秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】済州大学校 外国語学部国際関係学科3年 Y.Y 2018年11月

 こんにちは。11月の済州大学の留学レポートを担当します、外国語学部国際関係学科3年の吉村優壱と申します。北九大と済州大学との交換留学の提携は今回が初めてですので、今後の皆さんの参考に少しでもなるよう、これから様々な情報を共有したいと思います。  今回は、寮費や食費などの具体的な話をしたいと思います。済州大学は3〜6月が1学期、9〜12月が2学期となっており寮費や学食の支払いは各学期または休暇が始まる毎に支払います。私が今学期支払った金額は寮費が日本円で約6万8千円、学食は平日の朝と夜の1日2食で申請して約4万6千円ぐらいでした。ぜひ参考にしてくだい。  最後に済州の魅力を紹介したいと思います。済州島は韓国本島の南に位置するキレイな海に囲まれた自然豊かな島です。様々な観光地や自然遺産、おしゃれカフェやインスタ映えスポットもあり、リゾート地としても有名です。今回私が紹介するのはユネスコ世界自然遺産にも登録されている、성산일출봉(城山日出峰)と言われる10万年前に起きた海底噴火によってできた火山です。済州島の東の海岸に位置しており、美しい日の出が拝めることで有名になっています。  私も先日、日の出を拝もうと前日からテントを張って沿岸でキャンプをしました。恥ずかしながら私達が朝寝坊してしまい、日出峰の頂上から日の出を見ることは出来ませんでしたが、景色もキレイで素晴らしかったです。また済州島には해녀(ヘニョ)と言われる海女さんがいてここでは海女さんが収穫したアワビやサザエなどの海産物も味わうことができます。皆さんにも訪れてほしいおすすめスポットです!
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 済州大学校, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 外国語学部英米学科2年 S.K 2018年11月

 皆さんこんにちは。11月分のレポートを担当するキムサニです。  イギリスに来てから約1ヵ月半が経ちました。イギリスの生活には少しずつ慣れて来ています。私の寮には私を含めて6人が住んでいます。私以外は皆イギリスの学生なので、最初は彼らの枠に入ることはとても難しかったです。思っていた以上にイギリスの英語はアメリカの英語と違っていました。しかし、彼らのと1ヵ月半を過ごしながら、だんだんイギリスの英語に慣れて来ました。もし、イギリスの留学を考えている学生さんがいれば、ぜひ留学の前に、イギリス英語を学んで来てください。とても役に立つと思います。  私は授業は2学期の間、9個の授業があります。交換留学生の場合は、通常8個の授業と1個の外国語の授業を取ることができます。私はスペイン語の授業を受けています。日本でもスペイン語の授業を取っていたので、授業の内容は私にとってそんなに難しくないと思います。他の授業は自分のような留学生たちと受ける授業と、イギリス人もいる授業を受けています。自分が興味のある授業を受けることがとても重要であると思います。  イギリスの生活はとても楽しいです。先週はロンドンの観光をしてきました。自分がいるオックスフォードからロンドンは1時間半ぐらいで行けます。また、学校の前からバスを乗れば乗り換えなしで行けるのですごく便利です。ロンドンではロンドンアイという観覧車に乗って、ロンドン市内を見たり、セントポール大聖堂に行ったりしました。とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。皆さんもぜひ留学に挑戦して、新たな世界を味わってみて欲しいです。ありがとうございました。
カテゴリー: 2018秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】韓国海洋大学校 外国語学部英米学科2年 H.K 2018年11月

 こんにちは!10月分の留学レポートを担当する、外国語学部英米学科2年の上米良穂乃里です。韓国に来てからもう約2か月経ちました。韓国と日本は似ている点が多くあるので、思った以上に生活に慣れるスピードが速いな、と自分でも感じております。ただ、私は辛い物が苦手なので、寮の食事や外食で未だに苦労しています。韓国に留学に行きたいと思われている方は早めに舌を慣らしておいて損はないと思います!(笑)   さて、10月の韓国海洋大学は2つメインイベントがありました!まず一つ目は大学祭です。 10月10日~13日まで3日間開催された大学祭では、外に特設ステージや屋台がたくさん並んでいる道があり、夜になるとステージで学生たちのカラオケ大会やダンスサークルの発表などいろいろな催し物がありました!一番驚いたのは大学内でお酒が無料で配られ、さらに即席のDJコーナーがあったことです(お酒は成人者のみ)。飲み会文化が浸透している韓国らしい一面を見ることが出来ました。  また、大学祭期間中にInternational student dayと称して、留学生全員で集まって、一緒にビュッフェを食べたりイベントを楽しんだりすることができる日もありました。韓国語を喋れる人とは韓国語で、まだ勉強中の人とは英語で話すことが出来て、とてもいい思い出になりました。    10月のもう一つのメインイベントは中間テストでした。中間テストで特に私が苦労したのは韓国語でのレポートと発表です。内容は、授業中に見た韓国映画を見て感じたことと、その映画のタイトルがなぜこうなったのかを考察するもので、自分なりに必死にまとめて発表しました。韓国人の友達にレポートを添削してもらい、何とか形にすることができてよかったです。それ以外にも学部の授業の試験もあり、中間テスト期間はほんとうに忙しい毎日を過ごしていました。こういう課題を着実にこなしつつ、いろいろな人と交流することで、少しずつ韓国語力を上げていけたらいいなと思っています。    最後に大学祭の写真をいくつか貼って、今回の留学レポートを終わりたいと思います。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学
{z[
カテゴリー