posts archive
ブログアーカイブ

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉越智果菜子(2017.3月派遣)

こんにちは。経済学部経営情報学科3年の越智果菜子です。タコマ生活も残り2か月を切ってしまいました。今までを振り返るとたくさんの面白くて優しい人たちに囲まれて本当に楽しい毎日を送っています。現在はspring quarterという春の授業を経て一週間ほどのsummer breakが終わり、夏の授業であるsummer quarterが始まっています。今日は皆さんに私のsummer breakについて紹介させていただきます。私は6月20日から25日までの6日間、友達のホストファミリーのサンフランシスコ旅行に同行させていただきました。Road trip(車での旅)だったため、最初の2日間は移動で3,4,5日目の午前までがサンフランシスコ観光、5日目の午後と6日目は帰りの移動でした。友達のホストファミリーは植物や動物、観光地やおいしいレストランなど本当によく知っていて彼女と私に色々な知識を教えてくれました。逆に日本の文化に興味をもっており、日本のこともたくさん聞かれました。日本人が当たり前に感じていたことがほかの国の人たちにとって不思議であることを改めて実感し、自国の文化を違う方向からみることの大切さを実感しました。サンフランシスコ観光1日目は、six flagsという絶叫系アトラクションがそろったテーマパークに行きました。ジェットコースターで一番上に上がったとき、カリフォルニアの景色を一望できますが、すぐ落下します(笑)その日は平日だったためほとんど並ばずに乗ることが出来ました。2日目はサンフランシスコのダウンタウンでクルーズに乗ってgolden gate bridgeというサンフランシスコの象徴である赤い橋の下をくぐりました。そして二階建てのオープンバスに乗りダウンタウンを観光しました。サンフランシスコは暑いイメージがあったのですが本当に風が強く寒かったです!この6日間いろんな有名なハンバーガーショップに連れて行ってもらったためハンバーガーばかり食べました(笑)これもいい思い出です。日本にはあまりなじみがないroad tripをアメリカで経験できたこと、そして人の温かさに触れたこと、私は感謝しきれない程貴重な体験をさせていただきました。タコマには素敵なホストファミリーがたくさんいます。 最後に私はここタコマで出会った人が大好きです。それと同時にアメリカが大好きです。いろんな人との出会いがかけがえのないものです。これからの残りのタコマ生活も充実した毎日になるよう大切に過ごしていきます。最後まで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(18期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 クイーンズランド大学 内海佑珠 2017年7月

 こんにちは。7月の留学レポートを担当させていただきます、外国語学部英米学科の内海です。  日本はこれから暑さが増す時期だと思いますが、こちらブリスベンは一年で一番寒い時期を迎えています。と言っても日中は20度まで気温が上がり、朝晩の最低気温は10度程度なので、日本で言う、秋です。ですが、これまで約4か月間Tシャツ一枚で過ごしていた私にとっては寒く、早く温かくならないかなと思っています(未だにノースリーブと短パンで出歩く人も見かけますが)。そんなブリスベンから、今回は食事情についてお伝えします。    まずは、ブリスベンに来たばかりの時驚いた出来事です。   かき醤油をご存じですか? 私の地元広島の牡蠣から抽出されたうま味エキス入りの醤油です。ブリスベンの日本食スーパーで見つけました!かき醤油(公式HP https://www.asamurasaki.co.jp/item/?category=1&ref=top) 小倉のスーパーでは売っておらず、帰省する度に購入し、北九州でも使っていたくらい大好きだったのですが、まさかこんな場所で出会うとは!感動です。食卓に欠かせない存在として、大活躍中です。何ともみじ饅頭も売っています。ここはもう広島でしょうか…?(笑)この日本食スーパーは、私は普段、ラーメンやだしを買いに月に一回ほどお世話になっています。おかげで、日本食には困りません。    ブリスベンはさまざまな国籍を持つ人々が生活する都市ですが、レストランも多国籍です。中華やイタリア料理は小倉でもよく見かけますが、ここでは人気のある日本食レストランに加えタイ、ベトナム、インド、メキシコ、ギリシャ、さらにはカンボジアなどあまり日本では見かけることのない国のレストランもあります。 中華街とは別に、アジア料理レストランが集まる地域もあり、友人と外食する時は、今日何を食べる?というように何料理食べる?と話します。    こちらは、私が一番好きなインドカレー。20種類以上もある本場のカレーとナンを楽しむことができ、平日でも夜は満席になるほど人気のお店です。    続いて、ブリスベンのカフェを簡単にご紹介します。カフェといえばオーストラリア南部のメルボルンが有名ですが、ブリスベンも負けていません。グルテンフリーやビーガンに対応したメニューが充実していて、見た目も華やかで食べるのがもったいないです。   カラフルなラテアート。   ブリスベンでは、ほとんどのカフェでコーヒーにラテアートを描いてくれます。   週末に友人と出かける時は食事も楽しみの一つです。    このように、ブリスベンには様々な種類の料理が日常に溢れていて、飽きることがありません。今後も引き続き、食も楽しみながら過ごしていきたいと思います。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
カテゴリー: 2016春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 押川昌弘 2017年7月

 こんにちは。北京語言大学に留学中の中国学科4年押川昌弘です。こちらは早いものであと2週間後には夏休みに入ります。先日は本科生の卒業式があり、それに私の友人も出席していたため、私も参加してきました。  私達短期留学生は来週ようやく今期の期末テストが始まりますが、友人の中には、既にいくつか受け終わったものもあるそうです。そのためか、普段は喧騒の多い週末もいつもと比べ人通りが少ない様に思います。おそらく多くの学生はテスト勉強に追われ、復習の毎日なのではないでしょうか。ここで気になるその内容は、そこまで難しいというものではないように感じます。普段からコツコツ勉強していれば取れる様に思います。  勉強以外の時間は、夏休みの旅行の計画立てと今期で学校を去る友人の為に費やしています。 テストが終了したら、私はまず今季の終了式に参加し、その後半月ほど昆明に一人旅をしに行く予定です。ここへの旅行は私が中国への留学を決めた理由の一つでもあったので、とても待ち遠しいです!また、一人旅は自分の中国語スキルを更にブラッシュアップする絶好の機会でもある為、中国に限らず海外留学する方にはぜひオススメです!!加えて、その期間中僕はこちらの大学で知り合い、今では好朋友(日本語の親友)の1人となった中国人の友人宅にお邪魔し、案内はもちろん、地元料理を振舞ってくれるとのことなので、本当に楽しみです♪中国人は仲良くなれば本当に親切にしてくれるので、皆さんもぜひ中国人と友達になることをお勧めします!  あと数日で留学開始から5ヵ月目に突入します。時間で言うとまだほんの5ヶ月しか経っていません。ですが、私はこの短期間でかなり多くの事を習得しました。それは小さな事から大きな事まで幅は広いです。例えば、自分という存在の確立(自分とは何者か、要は自己分析ですね)、世界で成功する上で必要な物、チャレンジ精神、人との向き合い方…中国語スキル向上や外に対する視野の拡大は言うまでもありません。あとは早寝早起き、朝ご飯といった規則正しい生活も身に付けることができました、ようやく。(笑)  実は来た当初は、今ほど順調ではありませんでした。脳内の8割を緊張と不安が占めていました。正直きつい事の方がほとんどでした。ですが、もし少しでも留学願望がある方がいたら、とにかくチャレンジをしてみてください。行ってみてください。不安はあるかもしれませんが、とにかくチャレンジしてみてください。先のことは、始めてから考えても遅くはありません。「後悔先に立たず」”。”やらなくて後悔”より、”やって後悔”です。今回の私のレポートが留学を躊躇っている方の背中を少しでも押すきっかけとなったら幸いです。   日中友好団体メンバー壮行会にて  
カテゴリー: 2017春, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 平賀礼華 2017年7月

皆さんこんにちは、7月の同済大学レポートを担当させていただく平賀です。同済大学での第1学期はあっという間に終わり、早くも夏休みに入りました。昨日期末テストの成績を受け取り、どの教科の点数も満足できるものだったのでほっとしております。   今学期私は中国語の中級、Dクラスで勉強していました。このクラスでの授業はグループワークが多く、時には「牛郎と織姫」の七夕の物語を元に演劇をするなど、実践的な中国語の練習ができました。   クラスメイトにも恵まれたので、授業が終われば一緒に食堂でごはんを食べ、時には集まって宿題をしたり、遊んだり、充実した日々でした。5月末には学校の休みを利用して、4泊5日の北京旅行をしてきました。   年齢も国籍も性格もそれぞれ違う友達と、色んな話をする中で視野が広がり中国語のレベルが上がっていくのを日々感じていました。クラスメイトのほとんどは留学生活を終えて間もなく帰国してしまいます。別れは少しつらいですが、2学期目は上のクラスに上がるので、また新しい出会いを大切に頑張ります。   また、6月の中旬には北九州市役所の方が上海で企業説明会と食事の機会を設けてくだり、北九大の私たちも参加してきました。参加企業は3社でTOTO、安川電機、マツシマメジャテック、どちらも北九州市の企業です。「上海に留学している北九州の大学生」と限定すると、私たちの他に多くはありません。企業の方一人ひとりととても近い距離でお話しすることができ、社会人の方から本音でのアドバイスを沢山いただきました。今回この機会をいただいたことに感謝しつつ、これからは社会人の方と関われる機会を自分から見つけに行こうと思うようになりました。   これで今月のレポートを終わります。夏休みの間日本に帰りますが、引き続き中国語の練習を頑張ります。読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 安松孝 2017年7月

 みなさんこんにちは、英米学科三年の安松孝です。今月は私が留学レポートを担当します。タスマニアは現在の気温が夜になると2度になるなどとても寒くなってきました。この時期にダウンジャッケットを着ているのは何だか変な気分です。  今回は、6月の終わりにあった、期末テストのついてお話ししようと思います。私はすでに期末試験が終わり、約3週間の夏休みに入っています。テストは全部で3科目ありました。期末試験の前には1週間の試験勉強期間があり、その1週間は授業もなくひたすら勉強の時間に充てることができます。  一つ一つ簡単にですが、テストの概要を紹介したいと思います。 まず、Discovering Asia というアジアとオーストラリアの関係性について勉強する授業のテストは、授業で勉強した宗教やシルクロードなどのアジアに関することについて短い100語ほどの文章を書くものが5問と自分の意見を500語以上で述べる2つの問題で構成されていました。試験時間は2時間です。過去問とほぼ同じということもあり、しっかりと準備ができていたので問題はないと思っています! 続いて日本語の翻訳のテストなのですが正直一番難しかったです。日本語の構成要素について英語で説明することに加えて、自分が日本語の仕組みについて無知だということに気づかされました。テスト内容は、洋楽の歌詞を日本語に翻訳するものから、すでに翻訳されている英文を読みそこから翻訳家の意図を読み取るといったような問題などでした。制限時間はこちらも2時間でした。オーストラリアの友人も難しすぎてヤバいと嘆いていました。何とか良い点が取れていることを祈っています。 最後に、会計のテストです。これは前期の中で私の集大成だと勝手に思っています。このテストは3時間あり、財務諸表の分析や作成方法また、企業の活動を分析することについて問われる問題でした。時折、問われている問題の意味が分からなく困惑したりしたのですが、何とかできたのではないかなと思っています。ただ、時間内に解き終わることができなかったのが心残りです。でも自信はあります。きっと大丈夫です。もうすぐ七夕なので織姫さんと彦星さんにお祈りします。 写真はアジア圏の友達たちと5人制のサッカーの試合に出場した時に取ってもらった写真です。絶対に負けられない戦いがあるみたいな感じでお気に入りの1枚です。全試合負けてしまったのですが楽しめたので良かったです。海外の人とスポーツをすると少しだけ日本代表の人はこんな感じでプレーしているのかなと感じることができ、おすすめです。  
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 文藻外語大学 成松夕華(2017年7月)

 こんにちは、文藻外語大学に留学中の中国学科3年成松夕華です。  もう既に1学期が終わって夏休みに突入しています。思い返してみたら本当にあっという間でした。また、学期が終わるにあたり友達ともお別れしなければならず、今までで一番寂しい学期末となりました。ちょうど学期が終わったところなので、今回はざっと先学期を振り返ってみたいと思います。  まず、到着してすぐに困ったのが、お金が引き出せないということでした。私は幸い2社のカードを持っていたのでもう一方で引き出せましたが、その時はかなり焦りました。どうやら、カード契約の時にVISAを申し込んでいなくてもカード上にはVISAのロゴが入るようです。このような事態に陥った子がその他数名いました。出国前に一度銀行に確認することをお勧めします。  学期が進むにつれて友達もどんどん増え、たくさん遊びにも行きました。台湾には綺麗な自然が沢山あり、月に1度くらいのペースでちょっと遠くまで遊びに行きました。といっても、台湾南部ではありますが。  私は滝や海岸に行くのが好きで、よく友達と行きました。文藻からすぐに行けるのが「旗津」で、海鮮が食べたくなる度に行っていました。滝で遊ぶ時は「屏東」によく行きました。屏東は公共交通機関ではちょっと行きにくいので台湾の友達に連れて行ってもらって行っていました。そのあたりは台湾原住民の人たちが生活しているので、興味のある私にとっては原住民の生活を垣間見たり、実際に話してみたりして特にいい経験となりました。  こちらの夏休みは長く、来学期もあります。勉強を頑張りつつも、ここでしかできない経験を大切にしていけたらいいなと思います。   ↑学期末にクラスのみんな+先生とご飯を食べた時の様子     ↑屏東の山で見た蛍    ↑屏東の滝への道のり。左は山を登り、岩をつたって下ります。左は泳いだり岩を使ったりして行きました。
カテゴリー: 2016春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 大連外国語大学 山田笑 2017年7月

 こんにちは。2月末から大連外国語大学に留学しています、外国語学部中国学科2年の山田笑です。最近は気温がぐっと上がって毎日30度近くと暑い日々が続いており、大連にも本格的な夏が訪れました。と同時に7月初旬は期末考査、テストが終われば二か月間に及ぶ夏休みと前期も終盤に差し掛かりました。最初は聞き取れなかった先生の話も聞き取れるようになり、留学生だけでなく、中国人の学生ともある程度会話ができるようになりました。しかし一歩外に出たら聞き取れない、言いたいことが伝わらないこともあります。早口なのは何よりも聞き取りにくいし、普段自分が言葉足らずで会話をしていることがよくわかります。より多くの人と交流し、自分のリスニング、スピーキング力を高めたいです。 また日本だと中々中国の実態、中国人の生活、日本との違いを見聞きすることは難しいですが、実際にその土地に行けば多くの実態を知ることが出来ます。これは留学の一つのメリットであり、「百聞は一見に如かず」とはまさにこのことだと感じます。最近授業で中国人ならではのことを習ったのでいくつか紹介します。例えば中国人は冷たいものを好みません。身体に良くないという考えからです。そのためお店で出せれるのは白湯がほとんど、水も常温で販売しています。また順番を待つこと、並ぶことが嫌いです。友達と話していたら先ほどまで後ろにいたおばあさんが前に割り込んでいるということもよくあります。 時間にルーズなところ適当なところ。良くないことですが、常に何かに追われて余裕がない日本人の生活とは違い、中国人の生活は私からしてみれば面白いです。前期も残りわずか、悔いのないよう大切に過ごしたいです。(写真は国際文化節の様子)  
カテゴリー: 2016春

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉池田勇人(2017.3月派遣)

こんにちは、外国語学部英米学科の池田勇人です。現在タコマ・コミュニテイカレッジに留学して3ヶ月が経とうとしています。アメリカで生活するにあたって、必ずぶつかるのが「カルチャーショック」です。例えば、毎日お風呂に入る習慣がなかったり、先生が教室に犬を連れてきたり、机の上に座ったり、などなど、自分の中ではあり得ないことばかりが次々と起こります。しかしそれは彼らにとっては普通のことで、それを間違いだと指摘することはできません。なぜなら価値観は自分の育ってきた環境的要因によって培われていくものだからです。カルチャーショックを乗り越える秘訣は自分だけが正しいと思わず相手の価値観を受け入れること、そして自分の価値観を放棄しないことです。そうすればこちらの人間関係で困ることはありません。そして実際にどれくらい英語力が上がるのかということについてですが、個人差があるにせよ英語力は間違いなく上がります。私は1日にどれくらいの時間英語を使っているのかを計算したことがあるのですが、一週間を平均すると1日に10時間ほど英語に触れていることが分かりました。睡眠時間を5時間としても1日の半分は英語に触れている生活が少なくとも半年間は続きます。そして英語力とは単純に英語が聞き取れて話すことができるだけではないということも痛感しました。つまり相手の文化や背景知識が分からないと聞き取れるものも聞き取れないし、話せるものも話すことができません。まだ腑に落ちないかもしれませんが、ある程度ここに住んでいると次に相手が何を言おうとしているのかが予測できるようになります。一見すると英語力には関係ないかもしれませんが、英語が話せるようになるには必ず必要な能力ですし、それはここに住まないと得られるものではありません。この大学はコミュニティカレッジですから、日本人以外にも中国系やベトナム系などのたくさんの非英語母語者がたくさんいますが、アメリカ人やイギリス人などの英語母語者の英語だけが正しいと思わないでください。今後グローバルに活躍するならば、私たちは国によって変わるいろいろなアクセントや発音の英語に対応していく必要があります。大は小を兼ねますから、中国人やベトナム人の癖のある英語が聞き取れれば、他の英語も聞き取れます。言い訳はやめましょう。こちらの環境は整っています。かなり高い精度の英語力を上げることができます。この環境を活かすことができるかどうかは自分次第です、留学を迷っている方は悩むよりも行動です。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(18期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉藤内悠衣(2017.3月派遣)

 こんにちは。経済学部経済学科3年の藤内悠衣です。アメリカに来て早くも約3ヶ月が経ち、日々時の流れの早さを実感しています。この約3ヶ月を振り返って私が学んだこと、感じたことをお話しようと思います。まずは学習面から。スプリングクォーターでは4種類の授業(Reading& Writing , Conversation, American Culture& Speaking, American History)があり、毎日2~3つ授業があります。そしてこれらの授業に関する課題がほぼ毎日あるため、日本にいる時よりも格段に勉強する時間が増えて忙しいと感じることが多くなりました。さらに私の場合北九大の授業では英語に関する授業は必修科目しかなかったため、正直こちらに来て始めのほうは慣れない、分からないことのほうが多かったです。そのためたくさん不安になったり苦しんだ時もありましたが、授業を重ねるにつれて徐々に慣れていき分かってきたりしてきて、今振り帰ってみると何とか乗り越えることができました。(先日私が最も苦しんだ授業のAmerican Historyの最終ペーパーも出し終わったのでまだ期末テストは終わっていませんがすでに達成感がすごいです!笑 )そして私がそうすることができたのは周りの友達の存在がとてもとても大きいです。授業や課題で分からないところは放課後にカフェテリアや図書館で友達と協力して取り組んだり教えあったりして助け合いました。さらにUKKの友達だけじゃなくてほかのTCCの友達にわからないことがあって質問しても優しくて誰一人嫌な顔せず、むしろ申し訳なくなるくらいたくさん助けてくれます。また、その時はもちろん英語で会話するので説明したりするのが簡単ではありませんがこれはこれで会話の練習にもなるし新しい友達が作れる良い機会にもなるのでおすすめです。また、私はできるだけ平日のうちに課題を終わらせるように取り組んで週末は思いっきり遊んでリフレッシュできるようにしています。そうすることで勉強にも集中して取り組めて、メリハリのある生活ができているのでとても充実した日々を送ることができています!次にホストファミリーについてお話します。私のホストファミリーは明るくて元気ですごく良い人たちなので毎日一緒に生活していて楽しいです。私もそうなのですがファザーもマザーもお話好きで毎日学校であった出来事を話したりしてコミュニケーションを取ったり、時間があるときは家族みんなバスケットボールが好きなのでテレビで試合観戦をしたり、友達も招いて一緒に野球観戦をしに行ったりととてもいい家庭です。一緒過ごす時間を多く作れば作るほど仲も深まるし、英語の上達もできるので積極的に仲良くなっていく事はすごく大切だと思います。また、私のファミリーはすごく日本に興味を持ってくれるのでよく日本のことについて話します。私たちがアメリカの文化に興味があるのと同様に日本に対して興味を持ってくれる人が多いです!しかし時々分からないこととかを聞かれてしまうこともあって困ることも少なくないです。そのため余裕があるなら最低限の日本文化知識は身に着けていても損はないので学んでおくこともお勧めします。そのほかにもたくさん楽しいこともあれば大変なこともあった3ヶ月間でしたが、すごくすごく充実した毎日を送れています。残りの期間も無駄にすることなく、たくさん学んで有意義な留学になるよう過ごしていきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(18期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 サラワク大学 伊藤 さほ子 2017年6月

 皆さんこんにちは。6月の留学レポートを担当させていただきます、伊藤さほ子です。早いもので、今月で最後の留学レポートとなりました。先週ですべての授業が終了し、6月5日からのテストを残すのみとなりました。  今回は、少し前の話になりますが4月にあったUINというイベントについて紹介したいと思います。UINとはUNIMAS International Nightのことで、インターナショナル生が自国の文化や食べ物を紹介するイベントで2日間開催されます。私は、サラワク大学に留学中の他の日本人たちと一緒にCulture classとfood部門に参加しました。Culture classでは日本の文化、特に学校生活について紹介しました。他の国々の発表も興味深く、勉強になりました。Food部門では、日本人全員で巻き寿司を作りました。500人分用意しなければならず大変でしたが、多くの人からおいしいと言ってもらえ、頑張って作った甲斐がありました。また、私たちは参加しませんでしたが、2日目の夜にはステージでのパフォーマンス発表もあり、各国の留学生たちが伝統ダンスを披露したり楽器の演奏をしたり、盛り上がりました。留学中に何度か伝統衣装を持っていないか聞かれたことがあるので、これから留学する人は浴衣など日本ならではの衣装を持って行くといいかもしれません。  最後に、私たちは予定より約1か月遅れての出発となり、不安でいっぱいの中留学生活がスタートしました。留学に来て、初めて経験したこと、考えたことがたくさんありました。特に寮をシェアルームに移動してからは、ハウスメイトたちといろいろな話ができ、新しいことを知り、考える良い機会となりました。この留学は本当にたくさんの人たちに助けてもらい、支えてもらったからこそ、ここまでやってくることができたのだと実感しています。残りの時間を大切に、最後まで留学生活を楽しみたいと思います。 UNIMAS International Night 授業でBidayuh族のロングハウスに行きました
カテゴリー: 2016秋
{z[