posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】マカオ大学 外国語学部英米学科2年 S.I 2018年10月

 はじめまして、8月からマカオ大学に留学をしています、英米学科2年の居坂です。交換留学が始まり、あっという間に2ヶ月が経とうとしています。毎日のように私にとって新しい人、ものに出会うことができて、本当に退屈する日がありません。書きたいことはたくさんありますが、今回は私が履修している授業とInternational Nightについてお伝えします。  私はEnglish Studiesという英語系の学科に所属しており、今学期は英文学の授業を2つ、言語学の授業、映画の授業の計4つを履修しています。授業は全て英語で行われますが、初回から現地の学生の英語力の高さに本当に驚かされました。第一言語が英語でないという条件は同じなのに、現在の自分との差があまりにも大きくて悔しくもありますが、同時に刺激にもなっています。自分が話す英語に自信を持てるように努力していきたいです。  International Nightはおいしい食事を楽しみながら、世界各国から来た交換留学生と交流できるパーティーでした。ビンゴゲームや抽選会のほか、国ごとに出し物をする時間があり、日本チームは全国各地の名所をスライドで紹介した後にピコ太郎のPPAPを踊りました。あんなに大勢の人の前でPPAPを披露することは人生でもう2度とないと思いますが、みんなで本気で挑んだ甲斐もあってか海外の人たちも楽しんでくれていたので満足です!  帰国してから周りの人に「留学してよかったね」と認めてもらえるように、そして自分自身の成長に納得できるように毎日大切に過ごしたいです。最後まで読んでくださってありがとうございました。 【Inetrnational Night】 【High Table Dinner】 【マカオで行われたACL鹿島アントラーズの試合】 【聖ポール天主堂跡】
カテゴリー: 2018秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】文藻外語大学 外国語学部中国学科3年 R.M 2018年10月

 文藻外語大学に留学している中国学科の3年生です。9月17日に新学期が始まり、変わらず充実した日々を送っています。今回は来年度の交換留学生も決まったということで文藻の寮生活について紹介します。寮代は一学期12,000元で、前期支払い分は加えてデポジットの5,000元が必要です。寮費の支払い手続きは大学の学務課で支払いをしてそして領収書を寮のオフィスに提出して完了です。部屋の中にベッド、机、トイレ、シャワーまた共有スペースに冷蔵庫、電子レンジ、自習室など必要なものは揃っていますが、注意しないといけないのはエアコンです。エアコンを動かすためのプリペイドカード(冷氣卡)を、お金をルームメイトと出してあって買わないといけないのできちんとエアコンのルールについて事前に決めることは大切です。私の部屋は寝る前に4時間だけつけると決めているので昼間は扇風機で暑さをしのいでいます。  次に、寮生活の利点と欠点について説明します。利点はルームメイトの存在です。留学生活で何か分からないことがあったらすぐに寮のオフィスへ聞くことができるし、更に私の場合は4人部屋で私以外が台湾人なので、嫌でも中国語で会話しないといけないので中国語の練習にもなります。欠点は午後11時までに帰寮しないといけない事と、中間考査と期末考査終わりの掃除が大変ということです。私は掃除検査があることを知らなくて、慌ててテスト期間中に丸一日かけて部屋中の掃除をしました。ですので、寮に住む予定なら普段から掃除をする習慣を身につけておくべきです(笑)。写真は散らかっていますが私の部屋の様子と部屋の窓から見える風景です。是非参考にして下さい。
カテゴリー: 2018春, オックスフォードブルックス大学, 文藻外語大学, 留学レポート

【留学レポート】クイーンズランド大学 外国語学部英米学科3年 K.T 2018年10月

 皆さんこんにちは、十月分のレポートを担当させていただきます英米学科三年の田中です。早いものでもう八か月が過ぎ残すところ二か月もないくらいです。こちらは留学生活二回目の夏が始まるころで、今までしまっていた扇風機を数か月ぶりに出したところです。二月にオーストラリアにはじめて来た頃も夏の終わりだったなとそのころを思い出して懐かしくなりました。今回で私のレポートは最後になるので今までの留学生活の総まとめという感じでお届けしたいと思います。  書き始めるときりがないので、留学を通じて得たもの、オーストラリアの大学と日本の大学の違いの二つについて書きたいと思います。まず一つ目、留学を通じて得たものについて。まず英語力は間違いなくオーストラリアに来る前と比べてレベルアップしたという自信があります。こちらに来る前は英語が全く伸びなかったらどうしようなどと悩んでいましたが、オーストラリアという恵まれた環境にいるだけで英語力は自然に身についてきました。オーストラリアでできた友達もこの留学生活で得た貴重なものの一つです。オーストラリアで出会った友達のお陰で今まで知らなかったことや文化に触れることができ、日本に帰ってからも連絡を続けていたいと思えるような友達がたくさん出来た事は本当にありがたいことだと思っています。またこの留学を通して行動力もついたと思っています。最初にUQの交換留学に応募するときの志望書で色々なことにチャレンジして行動力を身につけたいと書いたことを思い出しましたが、本当にこの留学生活ではいろんなことにチャレンジできたと思っています。そのなかでも、一番今回の留学で私の自信になったのはバイト経験です。北九大の留学レポートを見る限りオーストラリアでバイトをしたのは初めてなのではないかと思うのですが、自分の大学でまだ誰もしたことがないことをするというのは正直とても大変でした。嫌なこと大変なこと色々経験しましたが振り返ればそんなことは取るに足らないくらいいろんな経験ができたと思っています。  最後にオーストラリアの大学で勉強して気づいた日本の大学との違いについてまとめたいと思います。UQが日本の大学とかなり違うなと驚いたことは二つあります。一つ目はオンライン化がかなり進んでいるという事です。こちらでは授業がすべて録音されていて授業に出られなくても後から聞けるようになっていたり、オンラインでの中間テストなど様々な面でオンライン化が進んでいるなと感じました。はじめは講義に出てもほとんどの人がパソコンでノートをとっていたりなど、日本のアナログなやり方とのギャップに少し戸惑いました。しかしこちらのやり方に慣れてみると案外便利なもので、講義のレコーディングなどは授業に出られなかった時だけでなく、理解ができなかった時などにもう一度聞くことが出来るなど、良い点もたくさんありました。二つ目は、学生の自由度が日本と比べてかなり高いと感じた事です。例えば日本が学期ごとに学費を払うのに対してUQは単位ごとに払います。そのためUQの場合卒業にかかる期間が延びようがお金の面でそれが負担になることはないです。また副専攻なども自由で私の友達でも音楽を学びながら日本語も勉強するなど、本当に自分の興味のあることを自由に選んでいるなという印象でした。この自由さは授業にも表れていて、UQでは出席をとるということは基本ありません。そのため本人が理解さえしていて、テストやアサイメントをきっちりこなすことができれば授業にでなくても単位が取れる仕組みになっています。こういった特徴は日本と比べて良い点悪い点どちらもあって甲乙つけがたいとは思いますが、実際にその違いを二学期間勉強してみて肌で感じられたのは自分にとっていい刺激になりました。  振り返ると、この留学生活は一瞬でとても濃い時間でした。私の留学を快く了承し、サポートしてくれた両親に心からの感謝を伝えたいです。それでは最後に遠距離中の彼女がブリスベンに来てくれた時の写真を何枚か貼ってこのレポートの締めとしたいと思います。最後まで読んでいただいた方、長々とお付き合いいただきありがとうございました。
カテゴリー: 2017春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】済州大学校 法学部法律学科1年 Y.T 2018年10月

 こんにちは、10月の済州大学留学レポートを担当します、法学部法律学科1年津村友佳子です。よろしくお願いします。  私は今回、主に、寮、授業、文化体験についてお伝えしたいと思います。  まず、寮についてですが、済州大学には、6つの寮があり、私は6号館に住んでいます。その中でも男子棟・女子棟に分かれているので、寮の敷地だけでも北九大に匹敵するほどの広さです。部屋は、二人部屋で、ルームメイトは韓国人の女の子です。実は、一人目のルームメイトとはうまくいかず、部屋を変えたので二人目のルームメイトです。このように、事情があれば部屋を変えることもできます。今のルームメイトとは楽しく過ごしています。  次に授業についてですが、韓国語の授業は、午前中にあるので午後はたくさん時間があります。私は教養の(専門の授業ではない)授業や、留学生のための英語で行われる授業、サークル活動などをしています。韓国語の授業については、私は初級クラスで、日本人は 私一人です。クラスメイトは、中国、モンゴル、ロシア、ウズベキスタンなど様々な国から来ていて、みんなで楽しく韓国語を学んでいます。また、教養の授業はたくさんの種類があり、受けたい授業を探すのが大変でした。韓国語で授業を受けるのですが、私はほとんど韓国語がわからないので、たくさんの人に力を借りて授業内容を理解しています。今は中間考査前なので、たくさん課題が出ています。  最後に、文化体験についてです。これは、一ヶ月に一回ほど韓国の文化を学ぶ遠足のようなものです。今回の文化体験は、済州島の右側にある牛島(うど)へ行きました。済州島の海は、とても綺麗なのですが、牛島の海もとても綺麗でした。牛島では、韓国料理を食べたり、海を見たりして、とても楽しかったです。 牛島の海 キャンパス内にあるバスケットコート 寮の中庭
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 済州大学校, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 英米学科3年 R.A 2018年10月

 こんにちは。今月の留学レポートを担当させていただきます、英米学科3年の鮎川涼太です。イギリスに着いて2週間経ちましたが、初めて日本を出て海外で生活をしている私にとって一つ一つの行動がとても新鮮に感じます。その中で、今回は、授業の雰囲気と寮での生活について紹介したいと思います。  まず、授業の雰囲気についてです。私はIELTSのスコアが足りなかったため、9月から12月までUniversity English というコースで勉強しています。クラスメイトにはサウジアラビア、韓国、中国、アルジェリア、シリア、フランス、日本の出身がいて国際色豊かです。日本人以外のクラスメイトは自分の意見を何の躊躇もなく発言していてとても刺激を受けています。授業は9時から13時まで、これが週4日(月~木)行われており、金曜日には様々なトピックのついての講義が2時間あります。毎日、毎授業課題が出されるので昼以降の空いている時間を有効に活用して過ごしています。  次に、寮生活についてです。私の住んでいる寮では、6人のフラットメイトと共同でキッチンを使っています。自分の部屋にはトイレ、洗面所、シャワーがついているのでストレスなく生活できています。フラットメイトには、イギリス、ケニア、アルバニア出身がいます。困っていたらすぐに助けてくれたり、部屋にいたらキッチンから名前を叫んで呼んでくれたりとても親切です。一緒に過ごし始めて驚いたことは、彼らが一週間連続で夜の10時から朝の2時ごろまで大学が主催しているパーティーに参加して、寮に帰って来てからもキッチンで音楽をスピーカーで流し、お酒を飲んで騒いでいたことです。私は一回しか参加することができませんでしたが、その一回で日本では経験できないような楽しい経験ができました。これから授業で忙しくなりそうですが、うまく空き時間を活用して、ここでしかできないことに挑戦していきたいと思います。  授業の始まる前に、友達とロンドンを観光しました。残念ながら曇りのち雨で、さらにビッグベンは工事中だったため期待していたものを見ることは出来ませんでした。イギリスは建物がおしゃれで、歩いて景観を見るだけで楽しいです。このような経験をさせてくれている両親に感謝の気持ちを感じながらイギリス生活を送っています。   最後まで読んでいただきありがとうございました。(写真はウェストミンスター宮殿です。)
カテゴリー: 2018秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】フォートルイス大学 外国語学部英米学科3年 A.H 2018年10月 

 こんにちは。現在フォートルイスに留学中の英米学科3年の堀之内綾音です。え、また、あなた?と思う人もいるかもしれませんね(笑)今年は、北九大からフォートルイスに行っているのは私一人なので、毎月私が留学レポートを書くことになります。  留学生活が始まってから一ヶ月が経ち、少しずつ慣れてきました。今月は実際に授業を受けてみて感じたことをお伝えしたいと思います。ちなみに、履修登録の段階ではシラバスは出ていないので、初回の授業で配布されるシラバスを見た結果科目を変更しました。変更することも想定して、初回の授業は履修登録している科目は勿論興味のある科目全て出席するようにしましょう。  今学期は経営学・会計学・ジェンダー・社交ダンス(体育)・ミクロ経済など北九大ではあまり学べないものを履修しています。ビジネス以外にも、音楽やアート、理系の科目もあります。ただし、科目によっては単位の読み替えができないものもあります。留学生は、基本的に4つか5つ授業を取ることになります。少ないと思うかもしれませんが、日本と違って、同じ授業が月水金の週3回もしくは火木の週2回あり、その都度課題や小テストの時準備をすることになるのでとても忙しいです。どちらかというと、予習メインで課題として出されたリーディングに基づいて授業は進んでいきます。同じ講義形式の授業でも、アメリカの場合は先生の説明中に生徒がどんどん手を挙げて質問したり、意見を述べたりしてディスカッションのような形で授業が進んでいきます。ここが日本と大きく違う点かなと思います。私も、授業中に発言できるようになるのが今の目標でもあります。  長くなってしまいましたが今回はこの辺で。次回もお楽しみに!! 写真は学校によく現れる可愛い鹿とナイトハイキングです。ちなみに、鹿もちゃんと横断歩道を渡ってました(笑)
カテゴリー: 2018秋, フォート・ルイス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学 外国語学部英米学科3年 H.S 2018年10月

 はじめまして!外国語学部英米学科3年のサックス花です。現在、イギリスのウェールズにあるカーディフ大学ビジネススクールに留学しています。今回は留学を目指し始めてからの過程についてお話しします。   私が留学を本格的に目指し始めたのは、2年生の始めです。英語圏に留学するためにIELTSという英語の4技能(listening reading writing speaking)をはかる テストを受けなければなりません。最初に受けたIELTSは2年生の7月で、5月から勉強し始めました。私は4技能の平均9点中、6.5点でした。正直、大学とIELTSの勉強、バイトと部活を両立するのは大変でしたが、留学するという目標があったので頑張って来れました。   留学の申し込みをした時に、ビジネスを英語で学ぶことは私にとって難しいことだと思いましたが、このチャンスは二度とないと思ってビジネススクールを選択しました。交換留学に行くことは簡単なことではなく、何度も諦めようとも思いましたが、最終的にはずっと頑張ってきて良かったなと思える結果になりました。交換留学を諦めず、誰よりも努力し続ければ必ずいけます。本当に交換留学をしたい方は、トライする前から諦めるようなもったいないことだけは絶対にしないでください。  
カテゴリー: 2018秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 外国語学部中国学科2年 北京語言大学 G.F 2018年9月

こんにちは、今月のレポートを担当させていただきます、中国学科2年の福留紅美と申します。よろしくお願いします。  今回は、後期の手続き方法を簡単にご紹介したいと思います。次に留学される方に少しでも役にたてれば幸いです。 まずは寮の手続きです。語言大学の寮は夏休みに一旦引き払わないといけないため、後期も大学構内の寮に住みたい場合は必ず6月末に再び寮の手続きをしてください。後期に寮に戻ってきた際、6月の手続きの際に手にした二枚の領収書とパスポート、寮費を渡して手続き完了です。手続き後はフロントの方に黄色い紙(臨時住宿登録票)をもらいましょう。入寮の際は、大変混雑するので早めにフロントに行ってください。 入寮のほかに、後期のクラスを決める手続きもあります。パスポート、居留許可、臨時住宿登録票のコピー、学生証があれば大丈夫です。最悪なことにわたしは夏に帰国した際、実家に学生証を置いてきてしまいました。その場合は焦らずに事務室にいって再発行手続きをしてください。20元を払えば再発行してもらえます。 以上が手続きになります。いろいろとすることが多いですが頑張ってください!! 最後になりますが、わたしのいるここ語言大学は9月10日からさっそく後期にはいりました。新しいクラスになったこともあり、緊張した日々を過ごしています。留学生活もあと半年弱なので、残りの生活も思い残すことないようにしていきたいと思います。以上です。最後までみていただきありがとうございました。 写真は、大学の図書館近くにあった新入生歓迎のオブジェです。
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科3年 S.O 2018年9月

皆さんこんにちは。今月の同済大学レポートを担当します、S.Oです。 9月に入って新学期が開始しました。前期が終わった後、長期休暇の間は一時退寮しなければならなかったので、日本に一時帰国していました。約2カ月ぶりの上海でとてもわくわくしていました。ですが、前学期のクラスメイトたちのほとんどが留学を終え、帰国してしまったので寂しい気もしました。 中国では、今まさに入学シーズンで日本の学期とは時期が真逆です。10日から新学期が始まったので、それまでは生活の準備や、新学期の手続きをしていました。また、それ以外には日中学生交流会と言った領事館が開催するイベントに参加したり、上海の街を散策したりと毎日充実していました。ちなみにこの写真は上海の莫于山M50という所で撮影しました。ここは芸術の街でたくさんのギャラリーがほとんど無料で見られます。絵やデザインに興味のある方は是非行ってみてください。 新学期が始まってからは前期より1つレベルを上げたクラスに入り勉強しています。徐々にレベルが上がってきて難しいと感じますが、HSKの試験に向けて頑張りたいです。 そして、サークル活動も始まってきました。久しぶりに中国人の友人に会えてとても嬉しかったです。私は、以前の投稿に書いているようにダンスサークルに入っています。再来週には新歓があるのでそのためのパフォーマンスを毎日練習しています。これからも引き続き、みんなと交流を深めながら、中国語のスキルを向上させたいです。
カテゴリー: 2018春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】仁川大学校 外国語学部英米学科3年 M.W 2018年9月

こんにちは、9月のレポートを担当する外国語学部英米学科3年の渡辺舞です。 韓国での生活は4日、仁川大学での秋学期開講からは2日が経ちました。今回はここ数日の生活について書かせていただきます。 韓国に着いてからはすぐにバディと合流し、空港から寮まで案内してもらいました。 寮では各棟に振り分けられるのですがその棟に入るのに指紋認証システムが導入されているので、到着後すぐ指紋登録をさせられて驚きました。寮は、4人部屋で北九大からの交換留学生が全員集まっています。寮に着いてからシーツや布団、トイレットペーパーなどの生活用品がないことを知ったので、近所にあるロッテマートに買い物に行きました。 バスで行ったのですが、行きのバスでかなり遠回りする路線のバスに乗ってしまい、本当は5分程度で着く距離を2時間もバスに揺られていいました。しかし、学校から少し離れた街並みは大学周辺の街並みと違い生活感がありバスの中から見ているだけでも楽しかったです。全ての挑戦が初めてのことで不安がつきものですが、やってみると意外と楽しかったり新たな発見があったりと着いてから毎日刺激的な日々が続いています。 いろんな経験ができる機会がたくさんあると思うのでそれを逃してしまわないように生活していきたいです。  
カテゴリー: 2018秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー