posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科2年 T.M 2020年1月

こんにちは。外国語学部英米学科2年の松藤十三恵です。1月になり、2020年という新しい年を迎えました。タコマでの生活も残り3ヶ月をきり、最高に楽しかった冬休みも終わり、早速すぎる1月2日から新学期が始まりました。冬休みはみんなアメリカ各地に飛びました。カリフォルニアが近いのでカリフォルニアに飛んだ人が多かったのですが、私はタコマから大変遠いフロリダに行きました。フロリダのディズニーワールドとユニバーサルスタジオオーランドはもう人生における最高の贅沢をここにかき集めたような場所でした。旅行から帰ると楽しい楽しいクリスマスが待っていました。あいにく私のfunnyすぎるホストマザーとファザーは親戚のもとに旅行に行ってしまったので、ベトナム人の留学生で同じホームステイ先(ルームメイト)の子と香港やらベトナムやらの友達と一緒に過ごしました。お正月はどうしても年越しそばが食べたかったので自分で作りました。ホストブラザーにおすすめしたのですが断られました。(泣) 冬休みのことばかり書くと怒られますので次はこのプログラムの魅力について書きます。そもそも私はタコマに来る前、タコマは日本人多いから甘えてしまうとかいう話を聞いたことがあったので、タコマに行っても英語力が上がらなかったらどうしようとか不安を抱いていたのですが、タコマで生活していれば嫌でも英語を話す機会があります。安心してください。費用も馬鹿高いとかどや顔で言っている人がいますが、半年間の留学でホームステイも授業もこんなに充実したプログラムとしては妥当な額だと思います。確かに最初に払う金額は高い気がしますが、そのお金はレートの変動に備えて多めに集めているので後で余剰金がたんまり戻ってくるし、何かしらの奨学金もいただけるので実際は割安なプログラムです。このプログラムが気になるなら、タコマは費用が高いのに英語力はそんなにあがらないなどという噂よりタコマのプログラムに携わっている教授や国センの方に話を聞きに行くべきだと思います。このプログラムは大体20名ほどの北九大生が1年に2回派遣されます。だから日本人で集まろうと思えばいつでも集まれるし家以外のところではずっと一緒にいることも可能です。ですが、このプログラムに含まれるCulture hourというTCCに通う生徒で私たちのお世話係をしてくれるメンターと呼ばれる生徒達とふれあえる時間が毎週あり、そこで仲良くなった仲間や同じホームステイ先のルームメイト、またそのルームメイトの友達など、友好関係を広げるチャンスはいくらでもあります。中には日本語を勉強しているアメリカの生徒もいるのでこの日本語は英語でなんていうのかなどよく質問しています。英語を話せるようになりたいという意欲さえあればそれを叶える機会は山ほどあります。私はベトナム人のルームメイトがいるので一緒に登下校したり休日に遊びに行ったりしています。 最後に私がタコマに来てここに来る前にしとけばよかったと思うことがいくつかあるのでそれを紹介します。まず、日本のこと(政治問題も含め)を知っておくことです。以前香港出身の友達と日本の話をしたときに私より日本の政治問題や外交について詳しく知っていて情けない気持ちになりました。だから日本のニュースや文化(年越しそばはどうして大晦日に食べるのかとか)について学んでおくことをおすすめします。次に、リスニング力をつけておくことです。私はリスニングがとてつもなく苦手だったのでこっちに来て最初の1ヶ月は会話の中で何回も聞き返すことがありとてももどかしい気持ちになりました。ぜひリスニングの勉強を日頃からしておいてください。そして最後に他の国に実際行ってみたり、YouTubeとかで動画を見たりすることをおすすめします。私は以前ISAというサークルのプログラムでインドネシアに2週間行ったのですが、タコマで出会ったインドネシアの友達とそのときの話でとても盛り上がりました。やはり自国のことは話しやすいし、自国のことを知ってくれているのはとても嬉しいです。相手の国の知らないところを聞き合うのも楽しいですが、ぜひある程度他の国の知識も持っておくことをおすすめします。授業のことやホームステイのことタコマの魅力については、私のファンタスティックな仲間達がすでにほかの留学レポートで述べているのでぜひ参考にしてみてください。最後まで読んでくれてありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(23期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科2年 H.K 2019年12月

こんにちは。外国語学部英米学科2年の上永華乃です。12月半ばでタコマに来て3ヶ月が経ち、留学生活の半分が終わろうとしています。私は、留学前はすごく不安だらけで実際何度も留学レポートを読み返していました。しかし皆さんが仰るようにこちらに来てからそんな不安はどこかへ吹っ飛んで、今ではタコマでの生活をすごく楽しんでいます。まだ3ヶ月残っていますが、日本に本当に帰りたくないくらいです。 私はタコマに留学するならFall・Winter Quarterに留学することをおすすめします。大きなイベントがたくさんあり、アメリカ文化をより楽しむことができると思うからです。ハロウィンシーズンでは仮装をなんと三回もしました。(笑) ハロウィン当日は仮装した子供たちがあちこちにいて、私のお家にも数え切れないほどの子供たちがお菓子を貰いに来て驚きました。サンクスギビングではとんでもない量のご飯が出てきてお腹がはち切れそうなほどにご飯を食べました。(笑) 今はクリスマス前でたくさんのお家がカラフルなイルミネーションでキラキラしていて見るだけでワクワクしています。 私は他の北九大生と違う授業を受けているのですが、その授業の中で約10分で100wordほどのエッセイを書くという課題がありました。北九大で100wordのエッセイを書くというような課題はありましたが、そんな短時間で書いたことはなかったですし、私はエッセイを書く時になかなか内容が思い浮かばないのでかなり苦戦しました。しかし、アカデミックなエッセイを書くコツを丁寧に教わった上にそのような課題をたくさんこなしたことで質の良いエッセイを書く力は向上したと思います。Winter Quarterでは社会学のクラスを現地の学生の中にたった一人で混じって受けるので不安でいっぱいですが精一杯頑張りたいと思います。 そしてタコマで得た一番の財産は何と言ってもホストファミリーと出会えたことだと思います。私はホストファミリーのおかげでホームシックを感じていないのではないかと思っています。夜ご飯は家族揃って食べますし、月に二回ほど家族みんなで出掛けています。私のホストファミリーはパパとママと13歳のブラザーと同じくTCCに通う中国人のシスターがいます。パパとママは困ったことがあればすぐに助けてくれて、とても優しく接してくれます。13歳のブラザーとは家の中で鬼ごっこをしたりと本当の弟ができたような感じがして一緒に遊ぶのが楽しいです。(笑)中国人のシスターは日本のアイドルやドラマが好きなので、そのことに関して話すとすごく盛り上がります。家に帰ったら家族がいると思うと幸せな気持ちになりますし、ホストファミリーが今では心の支えとなっています。ホストファミリー・友達と素敵な思い出をたくさん作って、もちろん勉強面でも気を引き締めて残りの留学生活を悔いのないように過ごしていきたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(23期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部国際関係学科3年 A.T 2019年12月

このレポートを読んでくださっている皆様は、とてつもなく暇を持て余している方か、アメリカへの派遣留学に興味を持っている方かのどちらかといったところでしょうか。こんにちは。外国語学部国際関係学科の竹本あかりです。 さて、師走といえば、寒さと今年がもう終わるというどことない淋しさのようなものを感じるのが恒例でしたが、こちらタコマでは10月末頃からすでに日本の冬のような寒さを感じていたため私は四季の感覚というものを忘れてしまいました。聞いたところ、タコマは北海道と同じ緯度だそうでそれを知らずに来た私はそりゃ驚いたというわけです。だから寒いのがどうしても嫌いという方には秋派遣はおすすめできません。学校生活やホームステイについては私のファンタスティックな仲間たちがすでに述べているので、私はタコマという街の魅力について書こうと思います。 私がここにきて一番に魅力に感じたのは大きな自然です。私の家は一歩外に出ると丘の下に広がる海とその先に広がる街並み、そしてマウントレーニアが見えます。この美しい景色を正確に皆さんに伝えることはできませんが、例えていうならば映画魔女の宅急便に出てきそうな風景です。さらに、タコマにはメトロパークという自然を楽しめる場所が至る所にあって、私の家とバス停の間にも一つあります。天気のいい休日にそこをハイクするのは本当に気持ちがいいです。マイナスイオンたっぷりです。たぶんもののけ姫に出てくるこだま(白くて首をカタカタ揺らすやつ)が住んでいます。他にも、Chambers Bayというベイがあって、そこから見渡すサンセットはほんとうにきれいです。感動します。 自然よりもショッピングやシティが好きという方にもタコマは楽しめると思います。私の住むプロクターというところには、かわいい雑貨屋さんがいくつもあって見て回るのはとても楽しいです。こだわりのつまったカフェやホットチョコレートが最高なコーヒーショップもあります。スクリーンが一つしかないヴィンテージ感漂う映画館もあって、それはもう最高です。近くにはダウンタウンやポイントラストンというレストラン、映画、ショッピング、海が楽しめるスポットもあります。まだまだ語り切れませんが、タコマは大量のホームワークに負けないくらい魅力的な場所なので、英語の為だけではなく自分を豊かにする場所として選ぶのもありなのではないでしょうか。 私はきっとこの先何度もタコマに戻りたいと思うはずです。タコマとここに住む人たちがそう思わせてくれます。以上です。最後まで読んでくださりありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(23期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 大連外国語大学 外国語学部中国学科2年 N.O 2019年12月

お久しぶりです。12月の留学レポートを担当する中国学科二年の大城です。 北九州も本格的に冬になってきた頃でしょうか、12月ともなれば中国の東北に位置する大連はすごく寒いです。11月13日に初雪が降ってから大連ではすでに何度か雪が降っています。寒さが苦手な私にとって今学期の一番大きな不安が寒さに耐えられるかだったのですが、結論から言うと意外と大丈夫です。中国では11月11日が双11と呼ばれる一年で一番値下げがされる日なんですが、私はその時に安く買った長めのダウンジャケットでぬくぬく過ごしています。韓国人が着ているような膝丈まであるコートを買ってしまえば冬は悠々と越せると思います。それに外に出ると寒いのですが、教室も寮も暖房の設備が整っているので室内に入ってしまえばこっちのもんです。部屋は暖かいので逆に過ごしやすいかもしれません。さて時間が過ぎるのは早いもので留学も残り一か月となりました。あと少しの時間ですが帰国するまで頑張りたいと思います。 (寒い日に体を温めてくれる火鍋)
カテゴリー: 2018春, 大連外国語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科2年 R.K 2019年12月

こんにちは。9月の留学レポートを担当します、中国学科2年のR.Kです。上海での留学生活も残り1か月となりました。上海に着いたばかりの頃は、初めての留学生活に不安でいっぱいだったのですが、今では日本に帰りたくないほど上海が大好きになりました。  後期のクラスはみんな仲が良く、授業外でも計画を立て食事やカラオケに行くなど、とても楽しく過ごしています。また、同済大学は学期の後半にクラス単位で遊びに行くという活動があり、自分達で目的地を決められるだけでなく、学校側が幾らか費用を出してくれます。今回は、高速鉄道に乗り嘉兴という上海市外に行く予定です。クラスみんなで市外に出るのは初めてなのでとてもワクワクしています! そして話は変わりますが、同済大学への留学かつ中国で携帯の購入を考えている方へ注意してほしいことがあります。大学内には携帯ショップはありますが携帯自体は売っていません。私が中国に来たばかりの頃は、中国語もほとんど聞き取れないうえに知り合いもいなかったのでとても苦労しました。ですが、寮には中国語の話せる日本人も何人かいると思うので、困ったときには相談してみるのもいいと思います。 では、残り一か月、体調管理にも気を付けながら、期末テストに向けて勉強も頑張っていきたいと思います。写真は最近私がはまっている中国のおでん?です。
カテゴリー: 2019春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 外国語学部中国学科2年 北京語言大学 H.K 2019年12月

こんにちは。12月の留学レポートを担当する、中国学科のH.Kです。12月が始まり、あっという間に留学生活も後残りわずかになってきていることに驚いています。北京に留学を考えている方は不安なことの1つとして冬の寒さがあるのではないでしょうか。(実際、私は寒がりなのでとても不安でした笑)今回はこの時期の寒さについて紹介したいと思います。 11月下旬から朝晩の気温はマイナスを下回ることがほとんどで、クラスでも急な気温の変化についていけず体調を崩してしまう人も少なくありません。ちなみに、今日の気温は最高気温4℃、最低気温-4℃ですが、体感的には気温よりも少し暖かく感じます。逆に今日よりも気温が高いのにもっと寒く感じる日もあります。以前、中国人の友達が北京の冬が寒いのは強い風が吹くからだと教えてくれましたが、本当にそのとおりだと実感しています。風がある日は手袋、マフラーをしていても風が吹き抜けて、寒くて顔が痛くて…。これからもっと寒くなるそうなので、外出するときは厚着をして風邪を引かないように気をつけていこうと思います。 ここまで読んで余計に心配になった方もいるかも知れませんが、そこまで心配しなくても大丈夫です。教室や寮には部屋の中だけでなく廊下にもヒーターが設置されているので、室内に入るとどこでも暖かいからです。写真は一昨日に降った北京の初雪です。最近は全く雪の降らない冬もあるらしく、多くの人が外に出て写真を撮っていました。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 済州大学校 経済学部経営情報学科4年 N.K 2019年12月

안녕하세요.済州大学校に留学中の黒﨑菜緒です。早いもので最後のレポートになりました。今回は、私が留学前にしておけばよかったことや留学中にしてよかったことをお伝えします。 まず、留学前にしておけばよかったことはずばり勉強です。韓国語はもちろん、留学に来て英語の必要性を非常に感じています。私は、4年で留学に行ったため就職活動の関係であまり時間がとれなかったのですが(それでも韓国語の授業はとっていました)、これから留学を考えている方は2、3年生が多いと思います。忙しいかとは思いますが、韓国語の勉強はもちろん英語の勉強をすることをおすすめします。以前お話しましたが、オールイングリッシュの授業があります。日本にいるとどうしても英語を使う機会が少ないので、留学前に慣れておきましょう。 続いて、留学中にしてよかったことは積極的に行動することです。留学はあっという間に過ぎます。その中で自分を成長させなければ意味がありません。日本にも十分韓国語の習得は可能です。せっかく現地に行って言語を学ぶのですから、何かしら得ましょう。私は、韓国語も英語もスピーキングに自信がありませんでした。今学期済州大へ交換留学に来た学生は私のみで、韓国語の授業も日本人は一人でした。しかし、そのような環境でも積極的に行動しコミュニケーションをとろうと努力しました。その結果、まだまだ不十分ではありますが会話できるようになりました。授業だけに限らず、サークル活動や留学生の集まりにも参加したことで友達も増えました。みなさんも、留学中は積極的に行動することをおすすめします。短い間でしたが、読んでくださった皆さんありがとうございました。  写真;羊カフェにて羊と(1枚目)、済州には雰囲気のいいおしゃれなカフェがたくさんあります(2枚目)
カテゴリー: 2019秋, 新着情報, 済州大学校, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 外国語学部英米学科3年 K.H 2019年12月

こんにちは、カーディフ大学の堀江です。現在、僕は6つのビジネスに関わる講義を受講しています。6つとも全て正規生の2年生から受講できるクラスで「それなら簡単じゃない?」と思われる方もいるかと思います。でも現実はなかなかハードです。具体的には1コマが約2時間ある事、毎週課されるリーディングの量、チュートリアルと呼ばれる主講義以外で行われる少人数のコース、その他諸々です。講義自体もビジネスに関する事柄で未知の部分が多く、苦労する毎日ですが単位をもらえるように頑張りたいと思います。 生活に関しては、徒歩5分くらいのところにTESCOという大きなスーパーがあり、そこに買い出しに行って簡単な料理を作って食べることが多いです。そしてシティーセンターと呼ばれる市街地に行けば、基本的に生活に必要なものは全て揃うので「これがなくて困った」という事態には陥らないと思います。一方、不満なところがあるとすれば天候でしょうか。ほぼ毎日曇りか雨で、最近は16時ごろから日没が始まってすぐに暗くなるので夜が長い気がします。日本とは環境の違う中の生活なので、体調管理に気をつけないといけません。気分転換もしつつ、今年最後の1ヶ月、駆け抜けていきたいと思います! 写真:先日訪れたカーディフ城から
カテゴリー: 2019秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 文藻外語大学 法学部政策科学科3年 Y.S 2019年12月

皆さんこんにちは、文藻外語大学に留学している政策科学科3年下野雄大です。留学期間も早いことで残り2か月となってしましました。高雄も12月になり、肌寒く感じる日が多くなってきましたが これより日本は寒いので、私はいまから日本に帰ることができるのかとても心配です。  今回は、私が週末の休みによくしていることを紹介します。私は週末よく台湾プロ野球を見に行ったり、台湾のランニング大会に参加したりしています。今回はこの2本立てでいきます。 まず、今日本で話題の台湾プロ野球について紹介します。台湾も日本同様にプロ野球があります。しかし日本と比べてチーム数が少なく5チーム(味全は、2020年に二軍参戦、2021年に一軍参戦の予定)となっています。また日本人選手は、今夏に球界に電撃復帰した川﨑宗則選手が味全龍に所属しています。 チケットは、セブンイレブン・全家(ファミリーマート)の端末、ホームページで試合前日まで買うことができます。ただしセブンと全家で取り扱いのあるチームが違うので注意が必要です。また当日球場で買うこともできます。チケット料金は、内野は平日約300元、休日約500元となっています。日本に比べてチケット代がとても安いので、私のように何回も行ってしまうので注意が必要です。 高雄の場合、試合は基本的に澄清湖棒球場で行われます。しかし現在高雄にあるチームがないため、1軍公式戦はとても少ないのが現状です。しかし二軍公式戦は頻繁に行われるため、来年は高雄で川﨑選手を見られるチャンスがあるかもしれません。 次にランニング大会について紹介します。大会には、運動筆記というサイトから申し込むことができます。文藻外語大学も年に一度マラソン大会があります。そのときには多くの学生が参加します。台湾の大会は、気温関係で朝5時、6時スタートのレースがめずらしくありません。朝のレースは、起きたばかりでなかなか難しいですが、このような早朝レースは日本ではなかなか体験できません。また「台北市民5000公尺挑戰賽」では、2017年のユニバーシアード(大学生のオリンピック)で使用された台北田徑場で走ることができ、トラックレースですがなんとペーサーもいます。週末ランニングレースに参加して、ついでに観光をして帰る小旅行は本当におすすめです。 写真は、台中にある州際棒球場の様子です。
カテゴリー: 2018春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科2年 K.K 2019年12月

こんにちは!12月のレポートを担当します、外国語学部英米学科2年の香月薫です。 あんなに暑かったハワイも、最近ではよく雨が降るようになり、朝方もひんやりしてきて少しだけ季節の移り変わりを感じます。あっという間に秋学期最後の月となりました。今月のレポートでは、ハワイで体験した楽しかったことについて紹介します。私は11月に友達と”SHIMA”というツアーに参加しました。これはKCCで紹介されていたツアーで、誰でも気軽に参加することができます。KCCに通っているネイティブの学生たちと一緒に、ノースショアに観光に行くというもので、バスの中でも英語で場所についてのガイドをしてくれるので、楽しみながら英語を学ぶことができます。このツアーでは、ドールプランテーションやマカダミアナッツのお店を訪れました。試食がたくさん置いてあって、とてもおいしかったです。また、このツアーには“ビーチクリーン“のボランティア活動が含まれていて、みんなでノースショアのビーチのごみ拾いをしました。このような活動によってハワイのきれいなビーチが保たれているのだと分かると、もっとハワイのビーチが好きになりました。このツアーには、たくさんハワイの文化に触れる機会があり、学ぶものもたくさんあるので、皆さんも留学したら、このような機会を大切に、積極的に参加してみてくださいね。 写真はボランティアできれいにしたノースショアのビーチです!
カテゴリー: 2019秋, ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー