posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科2年 S.A 2019年7月

こんにちは。7月の留学レポートを担当する、中国学科2年のS.Aです。最近の気温は40度近くになる日もあり、注意が必要な暑さです。 7月に入りテストも終わり、友達が続々と帰国し始め、また夏休み期間中の留学生たちが新しくやってきました。私のルームメイトも変わり、時間の速さを感じます。夏休み前のこの時期は、寮の手続きをしなければいけません。夏休みもそのまま住む人は、この時期に夏休み分と次の学期の分のお金を用意しなければいけないので大金になります。この時、私は日本で作ったキャッシュ付きのクレジットカードでお金お引き出そうとしましたが、エラーになり、結局キャッシュパスポートというカードで引き出すことができました。日本のカードでも引き出せる場所はあるみたいですが、留学前にきちんと確認しなければいけなかったなと思いました。着いてからも確認することはたくさんあり大変ですが、誰かに聞けば何かは教えてくれるので、なんでも聞くことが大切だと思います。 今年は2月下旬から授業が始まり4月に中間テスト、5月には1泊2日の研修、6月には文化祭、連休は旅行に行ったりと、あっという間に今学期が過ぎ、信じられませんが時間を大切に引き続き留学生活を楽しみます。 写真は、羊肉のしゃぶしゃぶを大勢で食べている写真です。特別美味しいです。では。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科2年 H.K 2019年6月

こんにちは。6月の留学レポートを担当します、中国学科2年のH.Kです。北京での留学生活もあっという間に3か月がたとうとしており、時間の流れの早さを実感しています。今月の後半からは期末テストが始まり、その後すぐに夏休みに入り、あっという間に今学期が終わろうとしています。今回は北京語言大学での時間割について紹介しようと思います。 1回(1教科)の授業は途中10分の休憩をはさみ2コマに分けて行われます。私は必修の授業のほかにいくつか自由選択の授業をとっています。毎日同じ時間に始まるのではなく、早いときは8時半から始まりますが、最初の授業が10時半から始まる曜日もあります。午後にも授業があるときは、4時に終了します。そのため、授業のない空き時間を復習や予習のために使っています。時間割はそれぞれのクラスなどによって違うので、すべての人がこのような時間割というわけではありません。毎朝8時半から始まり、午後からは全く授業が無いという方もいるようです。 最近は最高気温が37度など、暑くなってきているので体調管理に気を付けながら、期末テストに向けて勉強にもしっかりと力を入れていきたいと思います。 写真は、5月に行われた文化祭での1枚です。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 K.K 2019年5月

こんにちは。北京語言大学に現在留学している、中国学科3年のK.Kです。 4月に入りだいぶ暖かくなりました。気温が30度を超え、日中は半袖で過ごすことができる日もあります。しかし寒い日も多く、朝と昼の気温差があるので薄めの上着は必要です。今回は校内外を簡単に紹介します。 まずは寮についてです。学17寮の1階には小さなコンビニのようなお店があり、朝ごはんは毎日そこで買っています。またカフェもあり勉強スペースにも使えます。写真は寮の1階のカフェです。勉強をするなら食堂の4階のカフェのほうが比較的静かでおすすめです。1階毎に共同の洗濯スペースとキッチンが2つあり、洗濯機は7時から22時まで使えます。1階にある機械で洗濯カードを買ってお金をチャージするシステムです。 校内には体育館や図書館の他に銀行やスーパー、ヘアサロン、眼鏡屋さんなどいろいろな施設があります。寮から歩いて10分のところにショッピングモールがあり、そこの地下一階に大きなスーパーが入っています。必要なものは基本的にそこで揃えることができます。ショッピングモールのすぐそばに駅もあり交通の便も良いです。中国では自転車やバイクが多い上に車優先なので、日本にいる時より気をつけた方がいいと思います。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 H.H 2019年4月

こんにちは。4月のレポートを担当するH・Hです。3月は暖かい日もありましたが、まだ冬物のコートが必要な日もあります。写真は大学内のコート場でバスケをしている様子です。 入国から約1か月半が経ちましたが、中国の生活にもだんだんと慣れてきました。今日は金銭面をメインに北京の生活を紹介します。 授業は朝8時半から始まり、火曜日を除き12時半に終わります。昼は外に食べに行くか、「饿了么」という宅配サービスのアプリを使いテイクアウトしています。これは非常に便利で、100円程度の送料で頼んでから2,30分でバイクの配達員の方が届けに来てくれます。また、「淘宝」というアプリもとても便利で、これは所謂Amazonのようなものです。洋服などは店舗で購入すると高いのですが、淘宝だとだいたいが1000円以下で買うことができ、デザインも良いです。私は靴を600円程度で買いました。淘宝は生活用品なども安く、水やトイレットペーパーなどもこのアプリを利用して購入しています。 ネット環境はあまり良いとはいえず、Wi-Fiはお金を払わないと利用できません。4か月約5000円で利用できます。しかし元々の通信料が安く、そこまで負担にはなっていません。中国のSIMカードを購入したのですが、1年で4000円程度しかかからず、1か月で20GBも使うことができるので、友人はWi-Fiを利用していません。交通費もとても安く、5㎞バスにのっても日本円で15円ほどしかかからず、基本的に食費、交通費を含め生活費はとても安く済みます。QRコード決済もほとんどのお店で普及しているので中国での生活はとても快適です。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 A.A 2019年3月

こんにちは。外国語学部中国学科3年のA.Aです。 3月2日、今日の北京は空気が少し悪くて、注意が必要な日だそうです。 今回は私が中国に入国してから今までにあったことをおおまかに書いていこうと思います。 私が中国に入国したのは2月19日で、次の日の朝入寮手続きをしに行きました。入寮手続きに並んでいる人は少なかったのにそこで4時間くらいはかかりました。それから銀行口座を作るにも、寮費を払うのにも、とても時間がかかって、最低でも3時間は並んだ気がします。  授業が始まる前に日にちがあったので、王府井や奥林匹克公园に行きました。そのほかにも大学の近くの様々な場所を開拓して周りました。北京語言大学の近くには他にも大学がたくさんあって、周辺は飲食店やショッピングモールがあります。必要なものは揃うし、不便なことはトイレか空気ぐらいです。 25日に授業が始まって、私は木曜日以外午前中で授業が終わるので、午後の時間を自由に使うことができます。授業の雰囲気はとても良くて、外国人が積極的なのに比べて日本人が消極的な印象です。先生によっては日本人を積極的に当ててくる先生もいらっしゃいます。でも、どの科目の先生も優しくて、質問にも丁寧に答えてくださるので気がすむまで問題解決しやすいと思います。北京で生活して2週間ほど経ちましたが、もう生活にも慣れました。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 S.A 2018年12月

 みなさんこんにちは、北京語言大学に留学中のS.Aです。早くも北京での留学生活も残すところ2ヶ月となりました。新学期に入り、新しい友達もたくさんでき毎日を楽しく過ごしています。私は後期からは新しいことを始めようと、中国人と日本人の会社員の方達が属している社会人サッカーチームに参加することに決めました。毎週末リーグ戦やカップ戦が開かれ、試合の後に毎回開かれる飲み会では社会人の方たちの仕事の話や北京での生活など日本では経験することができなかったような経験をさせてもらえています。 さらに、北京に住んでいる大学生と会社員の方達の合計80人くらいの方達が集まり交流することができる会にも属し、就活についてのアドバイスや、色々な業界の話を一度にたくさん聞ける貴重な体験もすることができました。北京では色々な企業の説明会があったり、その説明会の後にすぐ面接をしてくれ、その場で内定が出たりする機会もあったり、他にも日本人学生を集めて、中国でできる就活の手引きをしてくれる会もあり、来年に就活を迎えるわたしにとってはありがたい機会がたくさんあります。このような機会は中国の首都である北京でないと経験できないことだと思うので北京にきて本当によかったなと思います。 留学に行くと就活に支障がでるのではと迷っている学生にも本当にお勧めできる留学先だと思います。
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 Y.K 2018年11月

みなさんこんにちは。11月のレポートを担当する、Y.Kです。最近外は非常に寒く、冷え性の私には厚手のコート、マフラーが手放せません。寒すぎて朝がつらいです。相変わらず授業前にはエレベーター前に長蛇の列ができていて、授業開始時間に間に合わないので息を切らしながら6階まで階段を登っています。 さて今回のレポートでは中国人学生との交流を紹介します。最近、中国結作りに参加してきました。中国人の生徒が外国人に向けて英語で中国結の紹介、作り方を教えてくれるというものでした。私は手先が器用ではないのでほぼ中国人の友達に助けてもらいながらなんとか完成しました。今まで中国人学生と交流して気づいたことがあります。彼らは初対面の時は恥ずかしがりなのですが、仲良くなるとすごく友達思いで人情があります。プレゼントをくれたり、食事する時は割り勘ではなく、おごりです。もちろん私も別のものをおごり返します。これは彼らの文化で、感謝や好意、次もまた会いたい気持ちを表しているそうです。また彼らは年齢に関係なく仲がいいです。日本では先輩に対して後輩は敬語を使わないといけませんが、中国語には敬語がほぼないので年の差関係なく、仲良くなりやすいです。 あとはすごく真面目です。中国は人口が多い競争社会なので小さい頃から毎日毎日勉強していて、授業は朝から晩までぎっしり、私も見習わないと。私はこちらに来た頃は中国人ちょっと怖いな、という偏見を持っていたのですが、実際に接してみると違いました。日本人から見たら礼儀がないなと感じるかもしれませんが、実は彼らはフレンドリーで優しい人が多いです。 どうですか?みなさんが思っている中国人とは違いましたか?
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 外国語学部中国学科3年 北京語言大学 R.A 2018年10月

皆さんこんにちは。北京語言大学に留学中のR・Aです。 北京はだんだん冷えてきて、朝晩は温度が一桁になりコートを着ないと結構寒いです。 さて、最近中国は連休が続いております。中秋節と国慶節です。この期間は大部分の人が帰省したり旅行に行ったりします。この時期のチケットはとても値段が上がるので旅行に行く人は早めにチケットの予約をすることをお勧めします。私も上海旅行に行ってきました。上海はとても暖かくオシャレで車のクラクションが全然聞こえないことにとても感動しました。 国慶節の前半は北京の観光地を巡っていましたが、後半は咳が止まらず、熱も下がらなくてずっと寝込んでいました。 今回はこれから北京語言大学に留学するみなさんに病院について紹介したいと思います。私たち留学生が一番よく利用するのは北京語言大学病院です。ここは大学内にあり、私たちの住む宿舎からはとても近いです。行くには初診から予約が必要です。予約はwechatでEAクリニックを追加してwechat上でできます。行きたい日時と病院名、症状、生年月日を日本語で入力すればオッケーです。北京語言大学病院では日本語の話せる人がそばについていてくれるので、症状などを詳しく説明することができます。国慶節は語言大学病院が開いてなかったので、私は二番目に近いEAクリニックへ行ってきました。ここはバスで2駅のところにあり、年中無休で語言大学病院より診療時間が長く、日本語の話せる医師が診てくれます。私たちは留学に行く前に保険に入るので、この語言大学病院やEAクリニックでは診察費はかからず、お薬も無料でもらえます。また、交通費として毎回200元もらえます。みなさんも体調が悪いときは無理をせずに病院に行ってください。その際はパスポートと保険に入った時にもらう海外保険書を忘れずに持って行ってくださいね!    写真は国慶節の天安門広場です。
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 外国語学部中国学科2年 北京語言大学 G.F 2018年9月

こんにちは、今月のレポートを担当させていただきます、中国学科2年の福留紅美と申します。よろしくお願いします。  今回は、後期の手続き方法を簡単にご紹介したいと思います。次に留学される方に少しでも役にたてれば幸いです。 まずは寮の手続きです。語言大学の寮は夏休みに一旦引き払わないといけないため、後期も大学構内の寮に住みたい場合は必ず6月末に再び寮の手続きをしてください。後期に寮に戻ってきた際、6月の手続きの際に手にした二枚の領収書とパスポート、寮費を渡して手続き完了です。手続き後はフロントの方に黄色い紙(臨時住宿登録票)をもらいましょう。入寮の際は、大変混雑するので早めにフロントに行ってください。 入寮のほかに、後期のクラスを決める手続きもあります。パスポート、居留許可、臨時住宿登録票のコピー、学生証があれば大丈夫です。最悪なことにわたしは夏に帰国した際、実家に学生証を置いてきてしまいました。その場合は焦らずに事務室にいって再発行手続きをしてください。20元を払えば再発行してもらえます。 以上が手続きになります。いろいろとすることが多いですが頑張ってください!! 最後になりますが、わたしのいるここ語言大学は9月10日からさっそく後期にはいりました。新しいクラスになったこともあり、緊張した日々を過ごしています。留学生活もあと半年弱なので、残りの生活も思い残すことないようにしていきたいと思います。以上です。最後までみていただきありがとうございました。 写真は、大学の図書館近くにあった新入生歓迎のオブジェです。
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 S.A 2018年7月

 早くも北京での留学生活も5か月目に突入しました。多くの留学生は昨年の9月から留学に来ているため、あと2週間ほどでみんな帰ってしまいます。来た当初は友達ができるか不安でしたが、今になってみればたくさんの友達ができ、帰ってしまうのが本当に寂しい限りです。北京語言大学では本当にたくさんの外国人がいるので普段使う言語は英語か中国語です。僕は毎日一緒にいる友達とは英語を使って会話しています。来た当初は英語で話すのに慣れず苦戦しましたが、今では言いたいことを英語でも中国語でも以前よりは伝えることができるようになり、成長を感じることがあります。 6月上旬に39度を超える高熱が出て、初めての病院を使う機会がありました。病院は大学内にあり、寮から徒歩2分ほどの距離にあります。最初は不安でいっぱいでしたが、Wechatを通して病院の方に予約を入れると、日本語で全部対応してくれ、病院内でも最初に問診票にいろいろ記入した後は、通訳の方がすべて対応してくれたので何の心配もいりませんでした。処方された薬を飲んだ翌日の昼にはすっかり熱も下がり、その翌日には元気に登校することができ本当によかったです。 6月下旬には端午節という連休があったので、現地でできた友達たちと一緒に大連に旅行に行ってきました。帰りのチケットが予約できていなかったりといろいろハプニングにも見舞われましたが、何とか無事に帰ってこられたので良かったです。日本では体験できないようなことを中国では毎日のように体験することができるので刺激的で毎日が本当に楽しいです。北京語言大学では6月27日に授業も終わり、そのあと4日間のテスト休みを挟み、7月2日からテストが始まります。僕は1500文字のレポート1つと、4つのテストがあります。なので、これから始まるテストに向けて勉強をしっかりと頑張っていきたいと思います。
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー