posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 Y.K 2018年11月

みなさんこんにちは。11月のレポートを担当する、Y.Kです。最近外は非常に寒く、冷え性の私には厚手のコート、マフラーが手放せません。寒すぎて朝がつらいです。相変わらず授業前にはエレベーター前に長蛇の列ができていて、授業開始時間に間に合わないので息を切らしながら6階まで階段を登っています。 さて今回のレポートでは中国人学生との交流を紹介します。最近、中国結作りに参加してきました。中国人の生徒が外国人に向けて英語で中国結の紹介、作り方を教えてくれるというものでした。私は手先が器用ではないのでほぼ中国人の友達に助けてもらいながらなんとか完成しました。今まで中国人学生と交流して気づいたことがあります。彼らは初対面の時は恥ずかしがりなのですが、仲良くなるとすごく友達思いで人情があります。プレゼントをくれたり、食事する時は割り勘ではなく、おごりです。もちろん私も別のものをおごり返します。これは彼らの文化で、感謝や好意、次もまた会いたい気持ちを表しているそうです。また彼らは年齢に関係なく仲がいいです。日本では先輩に対して後輩は敬語を使わないといけませんが、中国語には敬語がほぼないので年の差関係なく、仲良くなりやすいです。 あとはすごく真面目です。中国は人口が多い競争社会なので小さい頃から毎日毎日勉強していて、授業は朝から晩までぎっしり、私も見習わないと。私はこちらに来た頃は中国人ちょっと怖いな、という偏見を持っていたのですが、実際に接してみると違いました。日本人から見たら礼儀がないなと感じるかもしれませんが、実は彼らはフレンドリーで優しい人が多いです。 どうですか?みなさんが思っている中国人とは違いましたか?
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 外国語学部中国学科3年 北京語言大学 R.A 2018年10月

皆さんこんにちは。北京語言大学に留学中のR・Aです。 北京はだんだん冷えてきて、朝晩は温度が一桁になりコートを着ないと結構寒いです。 さて、最近中国は連休が続いております。中秋節と国慶節です。この期間は大部分の人が帰省したり旅行に行ったりします。この時期のチケットはとても値段が上がるので旅行に行く人は早めにチケットの予約をすることをお勧めします。私も上海旅行に行ってきました。上海はとても暖かくオシャレで車のクラクションが全然聞こえないことにとても感動しました。 国慶節の前半は北京の観光地を巡っていましたが、後半は咳が止まらず、熱も下がらなくてずっと寝込んでいました。 今回はこれから北京語言大学に留学するみなさんに病院について紹介したいと思います。私たち留学生が一番よく利用するのは北京語言大学病院です。ここは大学内にあり、私たちの住む宿舎からはとても近いです。行くには初診から予約が必要です。予約はwechatでEAクリニックを追加してwechat上でできます。行きたい日時と病院名、症状、生年月日を日本語で入力すればオッケーです。北京語言大学病院では日本語の話せる人がそばについていてくれるので、症状などを詳しく説明することができます。国慶節は語言大学病院が開いてなかったので、私は二番目に近いEAクリニックへ行ってきました。ここはバスで2駅のところにあり、年中無休で語言大学病院より診療時間が長く、日本語の話せる医師が診てくれます。私たちは留学に行く前に保険に入るので、この語言大学病院やEAクリニックでは診察費はかからず、お薬も無料でもらえます。また、交通費として毎回200元もらえます。みなさんも体調が悪いときは無理をせずに病院に行ってください。その際はパスポートと保険に入った時にもらう海外保険書を忘れずに持って行ってくださいね!    写真は国慶節の天安門広場です。
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 外国語学部中国学科2年 北京語言大学 G.F 2018年9月

こんにちは、今月のレポートを担当させていただきます、中国学科2年の福留紅美と申します。よろしくお願いします。  今回は、後期の手続き方法を簡単にご紹介したいと思います。次に留学される方に少しでも役にたてれば幸いです。 まずは寮の手続きです。語言大学の寮は夏休みに一旦引き払わないといけないため、後期も大学構内の寮に住みたい場合は必ず6月末に再び寮の手続きをしてください。後期に寮に戻ってきた際、6月の手続きの際に手にした二枚の領収書とパスポート、寮費を渡して手続き完了です。手続き後はフロントの方に黄色い紙(臨時住宿登録票)をもらいましょう。入寮の際は、大変混雑するので早めにフロントに行ってください。 入寮のほかに、後期のクラスを決める手続きもあります。パスポート、居留許可、臨時住宿登録票のコピー、学生証があれば大丈夫です。最悪なことにわたしは夏に帰国した際、実家に学生証を置いてきてしまいました。その場合は焦らずに事務室にいって再発行手続きをしてください。20元を払えば再発行してもらえます。 以上が手続きになります。いろいろとすることが多いですが頑張ってください!! 最後になりますが、わたしのいるここ語言大学は9月10日からさっそく後期にはいりました。新しいクラスになったこともあり、緊張した日々を過ごしています。留学生活もあと半年弱なので、残りの生活も思い残すことないようにしていきたいと思います。以上です。最後までみていただきありがとうございました。 写真は、大学の図書館近くにあった新入生歓迎のオブジェです。
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 S.A 2018年7月

 早くも北京での留学生活も5か月目に突入しました。多くの留学生は昨年の9月から留学に来ているため、あと2週間ほどでみんな帰ってしまいます。来た当初は友達ができるか不安でしたが、今になってみればたくさんの友達ができ、帰ってしまうのが本当に寂しい限りです。北京語言大学では本当にたくさんの外国人がいるので普段使う言語は英語か中国語です。僕は毎日一緒にいる友達とは英語を使って会話しています。来た当初は英語で話すのに慣れず苦戦しましたが、今では言いたいことを英語でも中国語でも以前よりは伝えることができるようになり、成長を感じることがあります。 6月上旬に39度を超える高熱が出て、初めての病院を使う機会がありました。病院は大学内にあり、寮から徒歩2分ほどの距離にあります。最初は不安でいっぱいでしたが、Wechatを通して病院の方に予約を入れると、日本語で全部対応してくれ、病院内でも最初に問診票にいろいろ記入した後は、通訳の方がすべて対応してくれたので何の心配もいりませんでした。処方された薬を飲んだ翌日の昼にはすっかり熱も下がり、その翌日には元気に登校することができ本当によかったです。 6月下旬には端午節という連休があったので、現地でできた友達たちと一緒に大連に旅行に行ってきました。帰りのチケットが予約できていなかったりといろいろハプニングにも見舞われましたが、何とか無事に帰ってこられたので良かったです。日本では体験できないようなことを中国では毎日のように体験することができるので刺激的で毎日が本当に楽しいです。北京語言大学では6月27日に授業も終わり、そのあと4日間のテスト休みを挟み、7月2日からテストが始まります。僕は1500文字のレポート1つと、4つのテストがあります。なので、これから始まるテストに向けて勉強をしっかりと頑張っていきたいと思います。
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 Y.K 2018年6月

こんにちは、北京語言大学に留学中のY.Kです。最近の北京の日差しは強く、30度を超えエアコンが欠かせなくなりました。 月日は早いもので北京に来てあっという間に3ヶ月が経ちました。来たばかりの頃は中国語が聞き取れない、話せない状態で毎日が辛かったですが、3ヶ月も経つと最初に比べると北京生活に慣れてきました。例えばよく中国人に間違えられて道を聞かれることがあるのですが、3ヶ月前は我不知道で返していました。今では片言の中国語で説明できるようになり成長の証だと嬉しく思います。 さて私の生活について説明します。平日は午前授業だけの日は8:30〜12:30で午後授業がある日には15:50に終わります。12:30〜14:00までが昼休みです。お昼は食堂の3階や大学近くの日本料理屋(西郊宾馆の桃屋)で食べています。授業後はカフェで勉強したり、ジムに行ったりしています。休日は友達と北京の名所巡りや美味しいものを食べに行き、充実した毎日です。 最近では、語学パートナーの子とお互い中国語と日本語を教え合うことにはまっています。まず簡単なアニメーションを見て何が起こったのか私は中国語で、相手は日本語で説明します。これが難しくてかなりためになりますし、会話力が鍛えられます。皆さんもぜひやってみてください。 最後に1ヶ月後の期末テストが終わるともうすぐ夏休みです。そして来年の1月には留学が終わります。帰国までまたあっという間だと思うので、限られた残りの日々全力で楽しみたいです。写真は北京オリンピック公園の夜景です。
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 R.A 2018年5月

こんにちは。北京語言大学に留学中のR.Aです。最近北京は暖かくなり、ようやく薄手の服で過ごせるようになりました。空気中には白いふわふわしたものがそこら中に舞っています。これは柳の種子で“柳絮”というそうです。髪にまとわりついて厄介ですが、ずっと見ているとタンポポみたいで面白いです。  さて、北京に来て2か月が過ぎました。本当にあっという間で、今ではだいぶ生活に慣れて落ち着いてきたところです。北京の授業は朝早く、朝8時30分から始まり12時30分まであります。クラスは全員留学生で、すべて中国語で行われます。いろんな国の人が集まっていて日本人が私1人の授業もあります。来たばかりのころに比べて、授業は結構聞き取れるようになりました。授業の雰囲気はとてもにぎやかで、漢字圏でない生徒が文章を流暢に読んでいたり、何回も発言している人を見たりすると、こちらも負けてはいられないなという気持ちになり勉強に力が入ります。まわりから刺激を受けて毎日がとても新鮮です。流暢に話せるようにもっと勉強を頑張りたいと思います。  中国では4月に清明节で4日間連休がありました。なり、中国人は清明节にお墓参りや宴会をするそうです。私は2泊3日の内モンゴルツアーに参加してきました。4月の内モンゴルはまだ寒かったです。砂漠で馬やラクダに乗って散歩したり、世界一長いロープウェイに乗ったりと、初めてすることばかりで貴重な体験ができました。韓国人とノルウェー人、バルバドス人で行ったのでみんなで話すときは中国語か英語を使い、語学の勉強にもなり、とても愉快な旅行でした。北京ではいろんな団体が私たち留学生のために観光名所めぐりなどの企画をしてくれています。留学に来たときは参加してみると貴重な体験ができると思います。      
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 外国語学部中国学科2年 北京語言大学 G.F 2018年4月

みなさんこんにちは。外国語学部中国学科2年の福留紅美と申します。4月の留学レポートを担当させていただきます。よろしくお願いします。 まずは私の学校生活を紹介します。私の所属するクラスは18人いて、全員が日本を含めて12か国の国々からやって来た外国人です。みんな中国語が大好きで、外の空気がとても悪い日や金曜日以外は出席率が非常に高いです。授業は月曜日から金曜日までの午前中に4時間あって、選択科目が午後にあります。わたしは月曜日の午後に芸術科目として水墨画、水曜日の午後にHSKの授業をいれています。どの授業も中国語で行われるので途中で心が折れそうになるのですが、なんとか先生と黒板と教科書にくらいつきながら中国語を楽しんでいます。 次に生活面です。まずは寮のことですが、私たち北九大生は4人全員が留学生宿舎17楼に住んでいます。私の部屋は2人部屋で韓国人のルームメイトと暮らしています。彼女はとても優しくていい子です。お互い自分が知っている中国語と日本語と韓国語と英語を混ぜながら楽しく会話しています。通じなくても、笑顔でなんとか乗り越えています。いまのところトラブルはなく、お互い自由に生活しています。ただ、私たちの部屋の周りの環境があまりよくないです。金曜日や休日の夜になると彼らの部屋にあるカラオケボックスが一斉に悲鳴をあげます。それに、香辛料の香りが部屋に充満してくることも。寮暮らしはいろいろと大変なんだなと感じているところです。 次に食事面ですが、私は基本的に大学にある食堂を利用しています。日本料理や韓国料理、カフェもあるのですが、一番安いのは3階にあるフードコート型の食堂です。多くても20元持っていれば一食ちゃんと食べられます。安いです。食堂のご飯はおいしいのですが少し油っこいのが特徴です。最近あっさりしたワンタン麺を見つけました。生活面では、他にもATMからお金がおろせなくなったり、パソコンが壊れたりとトラブルも書ききれないほどありましたが、周りの方々の支えによってなんとか生き延びています。 まだまだ書きたいことはあるのですが、これで私のレポートを終わらせていただきます。最後まで見ていただきありがとうございました。写真は、先週の土曜日にツアーに参加した時の長城と桃の花の写真です。  
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】北京語言大学 泉佳奈 2018年1月

新年快乐!あけましておめでとうございます。中国学科2年の泉佳奈です。 北京では、朝方は零下まで気温が下がり寒い毎日が続いていますが、大気汚染の心配もなく、空気はとても澄んでいて雲ひとつない青空が続いています。9月からの後期を中心にお話しすると、夏休み間の一時帰国を経て時間があっという間に過ぎたように感じます。クラスもレベルが上がって、前期にはなかった課題や選択授業が増え、辛いと感じたこともありましたが今では達成できたことにホッとしています。勉強面以外では、家族がこちらに遊びに来てくれたり、大型連休である国慶節の際は西安へ旅行に行ったりと充実した過ごし方ができたのではないかと思います。 北京に着いたばかりの頃を思い返すと日本に帰りたい思いでいっぱいでしたが、住めば都だなと今では痛感しています。というのも中国は本当に面白く発展が目まぐるしい国だと感じたからです。例えば、こちらの銀行口座を開設してアプリと連携すれば、現金を持たなくてもQRコードで支払いができ、友達との割り勘もトーク画面で送金すればとても楽チンです。また、これらを利用した小黄车(ofo )や外卖(出前)などもとても便利です。日本でも支付宝(アリペイ)が普及してきていますが、いつか日本でもこのように同じような生活が送れたらなと個人的には願っています。 残すところ2週間ほどで帰国となりますが、その前に期末テストがあり、今はテスト勉強に励んでいるところです。テストが終わってから修了式まで数日間あるので、私は友達と哈尔滨(ハルビン)に旅行に行く予定です。北京よりも更に北に位置していて、ぐんと冷え込む地域なので想像がつかない寒さですが、道中は気を抜かずに最後の最後まで留学生活を楽しみたいと思います。これにて今期最後のレポートを終えたいと思います。お読みいただきありがとうございました。 1枚目:朝陽区にある798艺术区にて。 2枚目:大学東門にて、お正月仕様になっていました。
カテゴリー: 2017春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 山本菜摘 2017年12月

こんにちは!北京語言大学に留学中の中国学科3年山本菜摘です。 11月に入り気温が一気に下がり、毎日コートとヒートテックとマフラーが欠かせません(笑)冬になると暖房を使い始めるため、大気汚染が心配でしたが、思ったより空気が澄んでいてちょっとホッとしています。先生やクラスメイトから聞くところによると、年々大気汚染は改善されていっているようです。  後期に入ってから私は高級のクラスで授業を受けています。前期のクラスと比べるとかなりレベルが高いです。毎回授業時に先生から当てられて意見を求められたり、教科書の本文を一つ読み終わるごとにPPTを使ってのプレゼンテーションがあったりして、積極性が問われることが多いです。また周りの留学生のレベルも高く、中国人と同じように流暢に話せる方がたくさんいます。最初はレベルの高さに圧倒こそされましたが、このクラスで勉強すれば絶対進歩できると感じたので、日々努力を重ね、今では慣れてとても楽しく勉強できています。  11月は私にとって特別なイベントがたくさんありました。中国では「独身の日」と呼ばれる11月11日にネットショッピングで大規模の割引セールがあります。そのため、毎年この時期になるとネットショッピングがいつも以上に栄えるそうです。私も“入乡随俗”(郷に入っては郷に従え)ということで11日にセーターやブーツなどを買いました。寮の近くのボックスに荷物が届くスペースがあるのですが、その日から約一週間、毎日山のように荷物が届いていて印象深かったです。これは中国ならではの体験ですね! 11月の終わりに、中国人のランゲージパートナー(言語交換のパートナー)の日本語スピーチ大会に行ってきました。テーマは「中日交流のために私がやってきたこと」というもので、彼女のスピーチの内容はなんと私たちの相互学習について発表してくれました!内容は知らされていなかったので、スピーチを聞いた時はとても感動しました。スピーチの最後に彼女が私にありがとうと言ってくれた時には、本当にいいランゲージパートナーに巡り合えてよかったと改めて実感しました。 これが私の最後の留学レポートとなります。これまでレポートを読んでくださった方、どうもありがとうございました。今度は日本でお会いしましょう!谢谢大家! ↑ 北京の紅葉と青空 ↑ 日本語スピーチ大会の様子
カテゴリー: 2017春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 福田憧太 2017年11月

みなさんこんにちは。 星野源さんの写真片手に中国の理髪店に行き「このように切ってほしい」と お願いしたところ、良い感じになり毎日が楽しい福田憧太です。   寒いです。すごく寒い。 朝晩は吐く息が白くなり、もう最終兵器のコートを着てしまいました。 私はこのコート1着でかくも寒い北京の冬を乗り越えられるのかが心配です… これは最近知ったのですが、北京の緯度は青森県とおんなじだそうで… 北九州の冬が可愛く感じる寒さも納得出来ますね。   今回のレポートが私の最後のレポートになります。 最後にこの留学プログラム(まだ2ヶ月ほどありますが)を振り返り、 私が考えたことをみなさんにお伝えしたいと思います。   初めて北京の空気を吸った時、私の頭の中には「帰りたい」の4文字が浮かびました。 毎日枕を涙で濡らす日々を送っていましたが、北京で時間を過ごしていく中で 普通の大学生では絶対に出逢えない人、出来事、トラブル、風景に出逢えました。 何億回と日本に帰りたいと思いましたが、今留学を終え、日本に帰国することを想像すると 少し涙が出そうになるのは、私がこの留学生活を満喫している証拠だと思っています。   残りは2ヶ月とあと少しで終わる私の留学プログラムですが 残された期間も全力で私らしく頑張っていきたいと思っています。 目標は「日本に向かう飛行機で号泣するような思い出を作る」です!!!
カテゴリー: 2017春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー