posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 北京語言大学 佐野彰宏(2016年9月)

どうも、北京語言大学に留学中の佐野彰宏といいます。2回目の報告です。北京語言大学では、もうさっそく授業が始まりました。2か月間の夏休みも終わり、これが最後の学期となり、その後、とうとう帰国することとなります 今回の内容なのですが、なんと自分は夏休みを丸々日本で過ごしたので報告する内容がない状態です。何のための留学かわかりませんね。そんな不甲斐ない自分なのですが、夏休みが終わる直前に上海を観光で訪れました。一学期も機会に恵まれ、幾度か旅行を満喫しました。そこで、今回は中国での旅行事情に関する話をレポートしてみようと思います。 中国の領土は広大です。各地方や都市にはその土地特有の文化があり、もちろん方言が存在します。1つ隣の都市へ行くだけでもまた違った中国を目の当たりにします。そんな中国で国内旅行をと言葉にしてみても、日本国内で旅するのはとは全く異なり、行く先々には新しいカルチャーショックが待ち受けています。 中国に留学すれば必ず旅行する機会があると思います。まず1つ目の理由は、金銭的負担の軽さです。良し悪しの差は激しいですが、宿泊料は日本よりも安価です。そして、移動手段として代表的なのが、中国全土を網羅している列車なのですが、これがまた安いです。中国では、ぜひ寝台列車に乗ることをお勧めします、15時間くらいの移動なんて珍しくなくなります。地図で自分の移動ルートを見て、大陸の広さを痛感しましょう。 2つ目の理由は、連休の多さです。中国にも祝日がたくさんあり、そのため大学も毎月のように連休が設けられます。 3つ目の理由は、中国人も旅行に行くのが大好きということです。もちろん、留学生同士でも行けますが、中国人に行きたい場所を告げれば、ホテルやチケットをすべて手配してくれること間違いなしです。そして、一緒に付いて来てくれるくらい、みんな親切でアクティブです。北京語言大学へ留学する場合、北京市内にもたくさんの観光地があるのですが、時間が許す限り、ぜひ他の土地へも足を運んでみてください。 自分も2学期になっても、まだまだ旅行に行く予定です。勉強も大事ですが、各地を巡って新しい体験をするのも留学だと思います。残り4か月という限られた留学期間、勉強も遊びも気合を入れて過ごしたいと思います。      
カテゴリー: 2016春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】北京語言大学 細田峻佑 2016年8月

期末テストも無事に終わり、夏休みに入りました。早いもので、こちらに来てから5ヶ月が過ぎました。ほぼ折り返し地点です。時間が経つのは早いです。 北九大よりも約1ヶ月早く行われた期末テストですが、テスト期間にカフェに大勢の学生がこもり勉強する姿は、どこに居ても変わらないものだと思いました。テストの出来については、実はまだ成績を見に行っていなくてわかりません。 テストの1つに、2人1組になって、先生の前で与えられた題材で(授業でやったことのあるものなのですが)会話するという内容のものがありました。あまり難しい内容ではなかったので、テストの前日に一緒に準備しようとパートナーと約束していたのですが、テスト前日、僕は高熱、もう1人も体調を崩し、朝から病院へ。その日は、結局、準備できず、次の日のテストも朝早くからあったので、準備がほぼできずにこのテストに挑んだのはちょっときついものがありました。 日本では今頃テスト期間だと思いますが、みなさん体調にはお気をつけて。エアコンつけたまま寝ないことです。  さて、僕らは、中国の大学の時期としては“後期”から留学を始めました。他の多くの学生はやはり“前期”から来ている人が多く、本科生でない限り、この夏で帰国するという学生がたくさんいました。北京に来てから、いろいろな国の人と知り合うことができましたが、9月から始まる“前期”に、以前仲良くなった人がいないというのはさびしいです。しかし、(留学開始の)“後期”で  はあまり積極的になれない部分もあったので、9月からの“前期”では、残りの留学期間、精一杯頑張ります。  少しは進歩したであろう中国語ですが、まだまだ中国語の実力に自信を持てていないので、今度、北京でおこなわれる中国人と日本人との合同合宿に参加します。合宿はまだもう少し先なので、少しでも中国人の方々と話せるよう、勉強しようと思います。では、今回のレポートはこの辺で終わります。    
カテゴリー: 2016春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 多田茉莉花(2016年7月)

こんにちは、北京語言大学に留学中の多田茉莉花です。 北京では1カ月半ほど前から、すでに蝉の鳴き声が聞こえ、とても暑い日々が続いています。ですが、もう雨季も終わったようで、日本のムシムシした暑さとは、違った暑さです。 あっという間に1学期が終わり、いつの間にか留学ももうすぐ折り返し地点です。今日、やっとすべてのテストが終わり、夏休みを迎えることができました。このテスト期間の2週間は、毎日、学校のカフェで夜遅くまで勉強していたので、今は非常に寝不足です(笑)  欧米からの留学生や、半期のみの留学生は、自分たちの国に帰る準備で大忙しの様子で、毎日のように大きなトランクをもった人や段ボールをたくさん持った人たちを見かけます。私の今期のクラスメイトのほとんども帰国してしまいます。またまだ留学を終えていない学生も、一時帰国してしまうようで、とてもさみしいです。 さて、すでに色々なことを書きましたが、今回は天津旅行について書きたいと思います。 北京語言大学では、定期的に留学生に向けた様々なイベントを行っています。学院やクラスのレベルによって、違うのですが、例えば、万里の長城へ行くツアーだったり、京劇を見に行ったり。そして、これらは全て参加費無料です。 参加するしかないですよね(笑) というわけで、私もクラスメイトと参加してきました。バスで天津まで行き、遊覧船に乗ったり、庭園を見学したり、天津名物のものを食べたり、とても充実した時間になりました。またクラスの子と、行動を共にするので、以前よりも確実に仲良くなれました。   ただ、やはりこういう時に感じるのが、みんなの時間に対するルーズさや、適当さです。 集合時間をあらかじめ決めていても、その時間に来ない人はたくさんいますし、決められたバスに乗らない人もいます。クラスメイトの一人も、バスの出発する時間に起きて、パジャマ姿に財布だけを持って、走ってやって来ました。 予期せぬことがたくさん起こりますが、旅行はとても楽しいので、来期もまたどこかへ旅行するのが今から楽しみです。 今回のレポートは以上です。
カテゴリー: 2016春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 竹之下葵(2016年6月)

こんにちは、北京語言大学留学中の竹之下です。私たちがこちらに来て、早くも3ヶ月が経ちました。日に日に暑くなり、最近は空調を使い始めました。体調を崩さないように、水分補給も大切ですね。 わたしのクラスは一緒に中国語を学びながらも、授業後や休みの日にみんなで遊んだりご飯を食べたりと、とても雰囲気が良くて、毎日が楽しいです。授業では、質問をすれば先生が分からないところをしっかり教えてくれるので、安心です。毎日の生活でも中国語を使うことがほとんどなので、少しでも多く理解できるように毎日頑張っています。  今回は、北京語言大学で行われた行事を少し紹介したいと思います。4月には、運動会が開催されました。学部ごとに同じTシャツを着て行進から始まり、中国ならではの演目がたくさんありました。私たちのような留学生でも参加できる競技もあって、みんなで楽しめます。わたしは競技には参加しませんでしたが、クラスメイトと一緒に観賞することができて、十分楽しめました。 5月中旬には、学校主催で万里の長城に行きました。他のクラスと一緒に行くので、たくさんの人と交流するいい機会です。万里の長城は、私がイメージしていたより立派で、スケールの大きさに驚かされました。近くに博物館もあるのですが、万里の長城の歴史がよく分かります。ここには、北京語言大学の学生だけではなく、たくさんの観光客も訪れる観光スポットなだけに、レストランも多く並んでいました。中国料理から日本でもよく見かけるお店まで、種類が豊富です。中国では大半のお店でテイクアウトが可能なので、中国料理を食べながら、長城からの眺めを楽しむのもいいかもしれません。  このように、北京語言大学では文化理解の深められる、たくさんの行事があります。どんな行事が行われるのか、これからもとても楽しみです。次回もたくさんの経験をお伝えできるように、頑張っていきたいと思います。                   体育祭にて                              万里の長城でのクラス写真
カテゴリー: 2016春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 佐野彰宏 2016年5月

こんにちは。北京語言大学に留学中の佐野彰宏といいます。北京で生活を始めて2か月弱になりますが、授業にも慣れて最近は安定した毎日を送っています。今回は、僕達が通う北京語言大学の特徴についての話をしたいと思います。 この大学は、少し特殊であることは間違いないです。連日連夜、授業を一緒に受けるクラスメイトは、もちろん全員僕と同じ留学生。しかもルームメイトも留学生。そして、食堂でご飯を食べる人達の会話で聞こえてくるのは英語ばかり。また、キャンパス内を歩く人は、みんな白人か黒人か韓国人。 そうです。はるばる中国までやって来たというのに中国人と全く交流していないことにお気づきでしょうか? この北京語言大学というのは、外国人に中国語を教えるという大学なので、在校生は留学生ばかり、中国人の学生は極少数みたいです。そんなわけで、僕がいつも一緒にいる友達はみんな留学生です。 そんな大学の周辺は非常に賑やかです。というのも、北京語言大学が位置しているエリア一帯にはいろいろな大学がいくつも連なっており、町中、各大学の大学生で溢れています。飲食店の数もとても多く、外食するときは何を食べるか迷うぐらいです。中国で一番有名な北京大学も歩いて30分くらいの距離にあり、世界トップレベルの大学にいつでも見学に行けちゃいます。そういった他大学で勉強している人達の話を聞いても、やはり僕たちの北京語言大学は特殊らしいです。外国人があまりにも多いと。 独特な雰囲気の北京語言大学なのですが、それがこの大学の一つの魅力であると思います。こんなに世界各地の人間が、こんなにたくさん一か所に集まることなんてないでしょう。知らない国の名前や、聞いたことない文化や考えなど、言語以外でも学ぶことがこの大学ではたくさんあります。もちろん授業も立派です。北京に来て初めて漢字の勉強を始め、まだ半年しか経っていないような人達の中国語のレベルが自分と比較にならないほどで、みんな達者に中国語で会話するのでアッパレといった感じです。 中国語の能力の向上はもちろん、他の留学生の話を聞いたり、自分も発信する側になったりして、実りある1年にしたい思いです。 今回のレポートは以上です。また次回報告する頃にはどういう話ができるのか楽しみです。   
カテゴリー: 2016春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 細田峻佑 2016年4月

こんにちは。北京語言大学に留学中の細田です。 北京語言大学に来て約1ヶ月が経ちました。最初に入学する段階でいろいろとトラブルがあり、手続きが大変でしたが、居留許可証も無事取得することができました。 北京の空気はお世辞にもきれいとは言えず、景色が白い日にマスクをつけ忘れると、鼻がとても痛くなりました、その日は夜も眠れませんでした。 北京語言大学の授業ですが、海外から来ている多くの学生は、すでに半年を過ごしている人がたくさんいるように思います。授業はもちろんすべて中国語なのでまだまだ慣れないことはありますが、これから頑張っていきます。授業はたいてい午前中で終わりますが、集中して中国語を聞き取ろうとしている分、午後には疲れ切って寝てしまいます。 クラスは、一緒に留学した北九大の人たちとはばらばらなので他のクラスの様子はわかりませんが、自分のクラスには日本人はほぼいないので少し寂しい気もしています。クラスメートともまだまだこれからといった感じです。しかし、韓国人のルームメイトとはいい関係を築けており、友人は多くできてきています。週末には一緒に観光地を巡ってみたり、日中交流会などの開かれているものには、積極的に参加するようにしています。 以上、4月レポートを終わります。          
カテゴリー: 2016春, News, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】北京語言大学 多田茉莉花(2016年3月)

こんにちは、北京語言大学に留学中の多田茉莉花です。 先日、北京に無事到着しました。北京に着いた日が、ちょうど空気が悪い日で、全体的に白く霧がかかったような状態でしたが、今は視界良好です(笑)  初めは様々な手続きに追われてとても大変で、友達を作る暇もありませんでしたが、今は落ち着いて、少しずつ友達も増えてきています。 今回は、寮について書きたいと思います。  私たちが住んでいる寮は、十七楼という外国人留学生の寮になります。本当にたくさんの外国人がいて、にぎやかです。 一人部屋と二人部屋が選べ、私は二人部屋に住んでいます。ルームメイトはトルコ人の女の子で、お互いにまだ中国語が喋れないので、英語でコミュニケーションをとっています。部屋には勉強机とベット、クローゼットが二つずつあり、その他は共有です。 今のところ、特に生活に困ることはなく過ごせています。 寮の清掃スタッフの方が、一日一回、部屋を掃除して、ごみを捨ててくれるのですが、ルームメイトが非常にきれい好きで、毎日、それとは別に掃除をしてくれるので、常に綺麗な状態を保っています(笑) まだ北京に来て一週間ほどで、まだまだ大学や周辺のことについてわからないので、これから知っていきたいと思っています!  
カテゴリー: 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 秋田佳澄(2016年1月)

みなさん、こんにちは。明けましておめでとうございます。北京語言大学派遣留学生の秋田佳澄です。 なんと、今回で最後の留学レポートとなりました。あと二週間後に帰国します。10ヶ月間北京で生活してきましたが、振り返ると本当にあっという間でした。初めて授業を受けた日、先生の話す中国語が全然聞き取れなくて、頑張って聞き取ろうとして頭フル回転させて、授業が終わって寮に帰ったら頭が痛くなったのを覚えています。でもある時、あれ?先生が言ってることほとんど聞き取れるようになってる!と気づいたのです。これに気づいたのはつい最近のことです。留学生活は大変なことがたくさんありましたが、頑張ってきてよかったなあと思いました。日本に帰っても、せっかく身につけた中国語を忘れないように勉強を続けたいです。 最近は、大気汚染が本当にひどいです。一週間真っ白な空が続いたりします。それに加えて、とても寒いので、後期は前期に比べて遊びに出かけることがすごく少なくなりました。これから北京に留学に行かれる方は、暖かくて空気がきれいな時期に観光名所に行っておくことをおすすめします。あと、インスタントの味噌汁やふりかけは持ってきたほうがいいです。ご飯は売店で買えます。日本食が恋しくなった頃に食べると、インスタントの味噌汁とふりかけをかけたご飯が感動するほどおいしいです。(笑) ということで、北京の留学レポートを終わりたいと思います。一年間ありがとうございました。再见!
カテゴリー: 2015春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 山本きらら(2015年12月)

 みなさん、こんにちは。北京語言大学に派遣留学中の山本 きららです。  12月に入りました。こちらにきて時間が過ぎるのが本当に早いです。また、寂しいことに、今回が私の最後のレポートとなります。最後のレポートというとなんだか書きたいことが色々と溢れ出してきて、さて何から書こうかといったような感じがしますが、ここはいつも通り最近の北京の天気から書き始めたいと思います。  北京では、10月後半から急に冷たい風が吹き出し、気温もぐっと下がり、なんと11月6日に初雪が降りました。朝起きると、ふと雪が積もった日の独特の静けさを感じたので、まさかと思いカーテンを開けて外を見ると、案の定うっすらとでしたが積もっていました。 またその日の登校中、雪を見たことのないタイ人の友人はあらゆるところで立ち止まり、写真を撮り、またビデオも回しながら登校していました。(とても寒い日でしたがなんだか温かい気持ちになりました。笑)今は、さらに気温が下がり、最高気温でさえ零下と言った状況です。  空気については、多くの家庭で暖房器具が作動し始めたせいか、汚染が本当にひどいです。10月頃までは1週間に1,2回は青空が顔を出していたのですが、11月に入ってからは、2週間に1回、青空が見られるかなといった感じです。汚染濃度も日によってはかなり高く、本当に日本に逃げ帰りたくなりますが、一方では「やっと北京らしさがでてきたぞ」といったような感じもします。  さて、私の留学生活ですが、今週、HSK(中国語能力検定)を受験することになっており、また外は汚染もひどいため、週末等は部屋に引きこもって勉強をするか、友人と遊ぶと言っても部屋で過ごすことが多いです。近頃は外にご飯を食べに行くのも空気汚染のせいであまり気が乗らないため、自炊をすることも多々あります。中国は野菜が安いので、カレールーや何か鍋の素のようなものを持って来ているとかなり使えます。私は先週、日本から持ってきていたルーを使ってカレーを作り、友達にふるまいました。    みんな美味しい美味しいといって食べてくれたので、とても嬉しかったです。さらに2日目は余った野菜を使って煮物と雑炊を作りました。   こちらでは脂っこいもの等、胃に負担がかかるものばかりをどうしても食べてしまうので、たまにこういったあっさりしたものが食べたくなります。  私もこちらに来て気づいたのですが、外国人は基本、日本食が大好きです。食堂にある日本食レストランはお昼時、夕飯時いつも満員です。日本から使えそうな調味料等を持って来て(中国で買うととても高いため)、彼らに何か作ってあげるときっと喜んでくれると思います。  最後のレポートということで気合いが入りすぎて、逆に空回りしてしまった気がしますが、留学レポートこれにて終了させていただきます。  拙い文章であったかとは思いますが、ご愛読いただいたみなさま、ありがとうございました。谢谢
カテゴリー: 2015春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 大江晃太郎(2015年11月)

こんにちは。北京語言大学に留学中の大江です。 北京は最近かなり寒く、朝起きるのが辛いです。布団の中にいつまでもいたいと思う今日この頃です。 先月、高級クラスの学生は湖北省に研修に行きました。テーマはとても豊富で、絶滅危惧種の保護、中国の教育、環境エネルギー問題、少数民族との交流など様々でした。絶滅危惧種については中華鯉研究所に行き、教育は黄岗中学、環境問題は三峡ダム、少数民族は三峡人家に行って、各自準備したレポートのテーマの観察などを行いました。一週間の外地実習でしたがこの実習で得たものは多く、私は特に中国の少数民族と自然に感動しました。他にも技術研究所や素材工場などに行きましたが、これといったものが特になく、つまらなかったです。北京に戻ってからは大量のレポート提出が課せられているため、クラスメイトと集まってコツコツとレポートを作成しています。 思えば、帰国までおよそあと2か月ですが、ここでの生活は時間が経つのが早いと思いました。いろいろな国の学生と交流の中で、毎日がとても刺激的で充実しています。もちろん多々トラブルもあります。今まで思ってもみなかったようなクレイジーな人もいくらかいます。ですが、彼らとの交流で改めて自分の性格を見つめなおしたり、これまでの生活を考えなおしたりでき、これはとても貴重な機会だと思います。上手くは言えませんが、こちらに来て、何事もなるようにしかならないのだと思いました。留学前、私はいつも考え事をし、いつも起こっていないことについて悩んでいました。こちらでは毎日の生活が必死であまり考える時間がありません。また、考えても結果は予想してなかったことになる方が多いです。意味のないことを考える意味がなくなりました。その日その日を精一杯やりきることが大切だと感じました。いい友達と勉強する中で自分の未熟さも感じました。 残りの時間は限られていますが、毎日を楽しく過ごしていきたいと思います。  三峡人家        黄鶴楼    中華鯉
カテゴリー: 2015春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー