post

【留学レポート】 北京語言大学 山本菜摘 2017年12月

こんにちは!北京語言大学に留学中の中国学科3年山本菜摘です。

11月に入り気温が一気に下がり、毎日コートとヒートテックとマフラーが欠かせません(笑)冬になると暖房を使い始めるため、大気汚染が心配でしたが、思ったより空気が澄んでいてちょっとホッとしています。先生やクラスメイトから聞くところによると、年々大気汚染は改善されていっているようです。

 後期に入ってから私は高級のクラスで授業を受けています。前期のクラスと比べるとかなりレベルが高いです。毎回授業時に先生から当てられて意見を求められたり、教科書の本文を一つ読み終わるごとにPPTを使ってのプレゼンテーションがあったりして、積極性が問われることが多いです。また周りの留学生のレベルも高く、中国人と同じように流暢に話せる方がたくさんいます。最初はレベルの高さに圧倒こそされましたが、このクラスで勉強すれば絶対進歩できると感じたので、日々努力を重ね、今では慣れてとても楽しく勉強できています。

 11月は私にとって特別なイベントがたくさんありました。中国では「独身の日」と呼ばれる11月11日にネットショッピングで大規模の割引セールがあります。そのため、毎年この時期になるとネットショッピングがいつも以上に栄えるそうです。私も“入乡随俗”(郷に入っては郷に従え)ということで11日にセーターやブーツなどを買いました。寮の近くのボックスに荷物が届くスペースがあるのですが、その日から約一週間、毎日山のように荷物が届いていて印象深かったです。これは中国ならではの体験ですね!

11月の終わりに、中国人のランゲージパートナー(言語交換のパートナー)の日本語スピーチ大会に行ってきました。テーマは「中日交流のために私がやってきたこと」というもので、彼女のスピーチの内容はなんと私たちの相互学習について発表してくれました!内容は知らされていなかったので、スピーチを聞いた時はとても感動しました。スピーチの最後に彼女が私にありがとうと言ってくれた時には、本当にいいランゲージパートナーに巡り合えてよかったと改めて実感しました。

これが私の最後の留学レポートとなります。これまでレポートを読んでくださった方、どうもありがとうございました。今度は日本でお会いしましょう!谢谢大家!

IMG_1360

↑ 北京の紅葉と青空

IMG_1685

↑ 日本語スピーチ大会の様子

カテゴリー: 2017春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー