posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 仁川大学校 外国語学部英米学科3年 A.N 2019年12月

こんにちは。12月の留学レポートを担当する英米学科3年の中村あかりです。最近の韓国はとても寒く、11月にも関わらず仁川では初雪が振りました。韓国に来る前はPM2.5を心配していたのですが、今のところPM2.5が原因で体調が悪くなったことはないので、冬の間は大丈夫そうです。 今回のレポートでは、韓国の銀行での口座の作り方や、留学生をサポートしてくれるサークルについて書いていきたいと思います。まず、口座開設についてですが、その際にパスポートと外国人登録証カードが必要になります。今学期は10月末に大学の職員の方と外国人登録の申請に行き、申請をして1週間ほどで受け取ることができました。大学の中に新韓銀行の窓口があるので、そこに上記の2点をもっていくと10分ほどで口座を作ることができ、その日のうちにキャッシュカードと通帳を受け取ることができます。口座を作らなくても問題はありませんが、キャッシュカードに交通カード機能がついていたり、アプリでお金を送金できるようになるので作ったほうが便利だと思います。次に、留学生をサポートしてくれるISSCというサークルについてですが、様々な言語を話せる韓国人学生の方たちが留学生の為のイベントを行ってくれます。部室のようなものもあるのですが、10時~18時の間は2人以上の韓国人学生の方が常在してくれており、1人で口座開設に行くのが心細かったり困ったことがあれば、ぜひ遊びに行ってみてください。実は先日、クレジットカードをなくしてしまったのですが、その際もISSCの方が助けてくださり、無事に再発行することができました。また、他国からの留学生と交流したい方にもおすすめです。 写真は、韓国語の課外授業で博物館と遊園地に行ったときのものです。
カテゴリー: 2019秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 仁川大学校 外国語学部国際関係学科3年 N.U 2019年11月

11月のレポートを担当する宇治野です。10月下旬に韓国で初めての中間試験を受けました。私は寮では勉強が捗らないので、学校内のカフェや図書館、休みの日はいつもと違うカフェなど気分転換をしながら中間試験を乗り越えました。個人的に学校内のカフェはコーヒーの値段も安く夜になると雰囲気も良いのでおすすめです。 次に時間割の組み立て方についてお話したいと思います。私は2年生で留学に来たので時間割を組むのがとても大変でした。まず韓国に来る前に自分が卒業に必要な単位と先輩たちが留学から帰ってきて交換した単位(国センに行けば見せてもらえます)とを見比べて予定表を作ります。そして留学が始まる10日前に授業の申請をネットでしなければなりません。その詳細は前もってバディーの方が教えてくれます。この時にはまだ韓国語のレベル分けテストを受けていないため、その他の授業のみ申請をします。人気のある授業はすぐに定員に達してしまい、もう一度授業を組み立てました。その後、仁川大学に来て韓国語の級が決まると修正期間の間に韓国語の授業を申請します。ちなみに今学期は韓国語の授業の受ける場合、基本3時間1コマのものを週に4つ取らなければなりませんでした。この時に最初に申請していた授業が韓国語の授業とほとんど被ってしまい、また一から考え直しました。3月から仁川大学に来ている他の日本人留学生やバディーの方がおすすめの授業やシラバスの見方などを教えてくださりとてもありがたかったです。写真は学校のプログラムで遊園地に行った時の写真です。最近朝晩がとても冷え込むので体調管理に気をつけたいです。
カテゴリー: 2019秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 仁川大学校 外国語学部英米学科3年 R.T 2019年10月

こんにちは。10月の留学レポートを担当する英米学科3年の筒井莉菜です。私が韓国に来て早くも1ヶ月が経ち、留学生活にも慣れてきました。今回のレポートは韓国での支払い方法について書きたいと思います。 韓国に来る前までは現金をたくさん使うと思っていたのですが、1ヶ月こちらで生活してみたところ8割ぐらいカードを使っているように感じます。現金で支払うのは寮費と交通カードにチャージする際ぐらいで、その他は全てカードを使っています。カードを使うと手数料がかかるので損をすると思っていたのですが、今はレートがいいため手数料を含めてもあまり大差はありません。私が個人的にオススメしたいのは日本でデビットカードを作っておき、韓国ではそのカードを使うということです。 最後に仁川大学では9月25日、26日に秋の学祭が行われました。日本とは違い学祭中も授業はあるので、私たちも授業が終わった後に参加しました。今年はチョンハやクラッシュなどの歌手が来ました。ちなみに学祭当日はフードトラックが来るのですが、日本のカードが使えなかったので、現金を少し持って行くと良いと思います。  
カテゴリー: 2019秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 仁川大学校 外国語学部国際関係学科3年 H.S 2019年9月

こんにちは。九月の留学レポートを担当する国際関係学科3年の坂川柊呂です。僕が韓国に到着してから一週間ほど経ちましたが、今回のレポートでは生活する上で最低限必要なものの揃え方について書きたいと思います。 まず一番大切なのは携帯ですが、韓国で携帯を使うためには色々な方法があります。僕がその中でも一番オススメするのは韓国のSIMカードを買うことです。SIMカードは学校の中にある携帯屋さんでも買うことができ、毎月3000円から4000円ほどで10GBまで使うことができます。学校や寮の中はほとんど全ての場所でwi-fiが繋がるので、データ量を心配することなく使えます。 次に日用品の揃え方について紹介します。留学をする人の中にはドライヤーやシャンプーなどを持っていかず、現地で購入する人が多いと思いますが、学校から一番近いロッテマートに行くのが便利です。布団カバーや枕などの大きなものも買わなければならないので、到着した日にそのままバディと一緒に買い物に行くことをオススメします。(僕たちのお古で良ければドライヤーや延長コードなどを差し上げますので、仁川に留学を考えている方は連絡ください。) 添付した写真は学校のケータイ屋さんと仁川大学の風景です。  
カテゴリー: 2019秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 仁川大学校 文学部比較文化学科3年 A.I 2019年6月

遂に今期の仁川大学レポート最後の月、6月を書く日がやってきました。文学部比較文化3年市島采華です。今回は交通・遊び関係について紹介します。 やはり韓国に来たからにはソウルに行きたい人がほとんどだと思います。仁川大からソウルに行くにはバスと地下鉄の二つの方法があり、①バス(1時間40分程度):大学最寄りのバス停からバスに乗る→5分ほどで着くバス停で乗り換え→ホンデ(ホンデから帰る時はホンデから1本で大学最寄りのバス停まで帰ることが出来る。)②地下鉄(1時間20分程度):バスに乗り「仁川大入口駅」に向かう→地下鉄に乗る→1度乗り換え→ホンデ(帰りも同様、)…といった感じです。私は少し時間は掛かりますがよくバスを利用します。バスは乗っておけばホンデまで行ってくれるので楽です。色々行ってみたいけど地理が…という人は「カカオマップ」がおすすめです。バスの乗り換えなども教えてくれます。(私の場合、Googleマップは韓国では対応していませんでした…。)地下鉄の時刻表や所要時間が知りたい場合は「Subway Korea」というアプリです。これはオフラインでも使えるのでかなり便利です。韓国の良いところは交通費が安いことです。距離が長いと20円30円ほどはかかりますが、ほとんどは乗り換えが無料です!地下鉄→地下鉄はもちろん、地下鉄→バスも無料です。特にバスは一回乗る=125円(普通のバス)なのでいくら遠くに行っても125円です。韓国に慣れたらバスを沢山利用してみてください! 次に仁川大生がよく遊びに行く場所についてです。仁川大の周りには何も、何もありません…。なのでバスに乗り10分くらいしたところに「ヘギョン」というところがあるのですが、そこでよく外食をしたり飲み会をします。あとは地下鉄に乗り「仁川ターミナル駅」で降り、「クウォルトン」という場所にもよく行き、食べたり飲んだりします。私のおすすめは「プピョン」です。地下鉄で「プピョン駅」まで行き、駅に到着したら地下街が有ります。そこは世界1大きい地下街で、「これぞ韓国!」という雰囲気が感じられると思います。ホンデやイデに行かずとも服や化粧品、雑貨が買え、そしてネイルまででき、価格もソウルより安いものが多いのでとてもおすすめです。地上に出ると、ご飯屋さんが多いのでぜひ行ってみてください! これから仁川に来る方々に、役立つ情報をシェア出来るようなレポートを今まで書いてきましたがどうだったでしょうか?ぜひ参考になったら嬉しいです。ではこんな感じで6月のレポートを終わりたいと思います。ありがとうございました。  
カテゴリー: 2018秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 仁川大学校 外国語学部英米学科4年 M.W 2019年5月

こんにちは。5月のレポートを担当する英米学科4年の渡辺です。韓国でも満開の桜が咲いていましたがもう緑の葉に変わりました。 今回のレポートでは仁川大学で生活するうえで便利なアプリを紹介させていただきます。 一つ目は、「인천대학교」というアプリです。このアプリでログインすると自分の成績や時間割などがすぐ見ることが出来たり、図書館の席の予約が出来たり学校や寮の食堂のメニューがみれたり、学校生活を送るうえで一番便利だと思います。 二つ目は、「コースモス2」というアプリです。このアプリでログインすると自分の受講している講義のシラバスや、授業のタイムスケジュールなどをみることができます。また、教授によってはこのアプリ上に授業で使うPPTを載せたりする方もいたり、そこで連絡を取る方もいました。 この二つが、私が仁川大学で学生生活を送るうえで便利なアプリだったので是非仁川大学に留学する方は使ってみて下さい。  仁川大学では一週間前に中間テストが終わりました。 この中間テストは仁川大学で受ける最後の中間テストでした。帰国までの残りの二か月弱悔いのないように一所懸命勉強して、遊びたいです。 写真は仁川にEd Sheeranが来たのでライブに行った時の写真と 友人の誕生日に食べたサーティーワンのアイスケーキです。
カテゴリー: 2018秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】仁川大学校 外国語学部国際関係学科3年 N.K 2019年4月

 こんにちは、4月の留学レポートを担当する古閑です。韓国は寒さはやわらぎましたが、まだ朝夕は冷え込むことも多いです。なによりこの3月はミセモンジ(PM2.5のような微細塵)が本当にひどく、前が見えないほどに多い日もありました。特に3月4月など春はミセモンジの量が多くなるそうなので、韓国に来られる方はマスクが必須です!   仁川大は新学期が始まり既に一か月が経とうとしています。春休み明けの学校は新入生も入ってきて人も多く賑やかです。お昼の時間になると食堂は学生でいっぱいになり席を取るのに苦労しますが、仁川大の学食は個人的に安くて美味しいと思います!今学期も大変な受講申請を終えて、私は韓国語の授業と英語で行われる授業を聞いています。英語の授業は専門的な内容も多く、リスニングが難しいこともあり授業に付いていこうと必死です。韓国は一学期に中間試験と期末試験の2回試験が行われるのでしっかり復習をしながら、最後の学期をいい形で終わらせたいと思います。  いよいよ留学生活も残り3か月をきりました。思い残すことがないように勉強も遊びも満喫して、有意義な留学生活にしたいです。     写真は私が韓国に来て一番ミセモンジがひどかった日の写真と、私が一番好きなシンジョントッポキのデリバリーです!
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】仁川大学校 外国語学部英米学科2年 A.S 2019年3月

 今日で2月も終わり、明日からは3月とあっという間に冬も終わりに近づいてきました。冬に外へ出かける時、韓国では欠かせないペディンというダウンコートをほぼ毎日着ていましたが、最近は暖かくなりペディンを着る必要もなくなってきて、とても気持ちがいいので外に出て遊びに行くことが多くなりました。  ここ韓国では12月の後半から3月の初めまで長い長い冬休みがありますが、もうその冬休みも終わろうとしています。  私は友人と遊びに行ったり、寮で韓国語の勉強をしたりしてこの休みの期間を過ごしています。休みの間の食事についてですが、寮の食堂が開いておらず、近くのコンビニか学校の食堂を利用してご飯を食べました。学校の食堂は終わる時間が早いので夜は少しお腹が空きます。  もう少しで新学期も始まるので、気持ちを切り替えて新しいことをたくさん学びたいと思います。また、韓国留学が終わるまで毎日充実した日々を送りたいです。  写真は、ソウルに友人達とユッケを食べに行った時の写真です。初めて食べてみましたが、とても美味しかったです!
カテゴリー: 2018秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】仁川大学校 文学部比較文化学科3年 A.I 2019年2月

 2月のレポートを担当する文・比文の市島采華です。今回私はこれから仁川大に留学したい人の為に寮生活について書こうと思います。これもまた留学希望生必見ですよ!  仁川大には学校の敷地に寮がある為、楽に授業に行くことが出来ます。更に4人部屋を選べば学期中は5万円の寮費で生活することが出来、本当に安価で生活することが出来ます。ルームメイトはランダムですが、多分最初は同じ国同士でルームメイトになれるように配慮されているようです。(今回北九大は留学に来た4人共同じ部屋でした。)部屋にはシャワー、トイレ、クローゼット、机付きベッド、靴箱、wifiがあります。部屋には冷房、オンドルという床暖房があり、寒暖に関しては心配いりません。ハンガーはないので必要な人は持ってくるのが適当です。ベッドは、マットしかないので枕、シーツ、布団は自分で買ってください。トイレットペーパー、ドライヤーはありません。そして注意として、ドライヤーは変電気を使っても使えないのでこれはこちらで買うのがいいです。アドバイスとしては最初に同居人同士で部屋のルールを決めるといいでしょう。私達はシャワーの度に髪の毛を取る、水回り掃除は月交代など規則を決めています。そのおかげで快適な寮生活です。  施設としては2階には自習スペースがあり、普段でも多くの学生が勉強をしていますが、テスト期間は席の取り合いになるほどです。1階にはジム(無料)、洗濯室、キッチン、コンビニ、食堂があります。冷蔵庫は共同です。洗濯は洗濯に一回90円、乾燥に90円かかるので溜めて洗濯するのがおすすめです。アイロンもありますがこれも時間制限でお金がかかります。寮の門限は深夜2時なのですが12時になったら正門は閉まってしまうので寮生を証明するカードキーを見せないと寮に入れないので気をつけてください。食堂は食べ放題(想像している食べ放題ではない)で自分でつぐ形式です。1食330円なので自炊するか食堂で食べるか、コンビニ生活をするかはあなた次第です。寮の催し物はテスト期間は間食(ハンバーガー、コーヒー等)の無料配布、メイク、アロマ作り、ヨガ講座があります。  寮生活では長期休みに入る前、部屋間の引っ越しをしないといけません。それがとてつもなく大変です。ですので、あまり物を増やさないことが大事です。(私はそれで大変な思いをしました。)春学期が始まる前にまた引っ越さなければならないので今から憂鬱です…。  1人暮らしもできますが私は寮生活もいいなと感じています。私は2階の自習室で勉強をしながら友人もできたりして良いことが多かったです。心配に思っている人はあまり気を負わないでもいいですよ。ではこれで今月のレポートを終わろうと思います。ありがとうございました。(写真は洗濯室の写真)  
カテゴリー: 2018秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 仁川大学校 外国語学部英米学科3年 M.W 2019年1月

こんにちは、あけましておめでとうございます。1月のレポートを担当する渡辺です。 12月に期末テストを終え、2か月間の冬休みが始まりました。今回は冬休みの過ごし方、韓国での新年の迎え方についてレポートを書かせていただきます。 冬休み中だけソウルに家を借りて住む人や、日本に帰る人など冬休みの過ごし方はいろいろありますが、私は冬休み中、仁川大学の語学堂に通っています。 私もソウルの語学堂に行こうか悩みましたが仁川大学の生徒が仁川大学の語学堂に通うと、学費が半額(12万円から6万円)になるので仁川大の語学堂で勉強することを決めました。 平日の9時から13時まで毎日4時間の授業があります。同じクラスの人たちと楽しく授業を受けることができ韓国語を使う力も少しずる伸びてきているなと実感できます。 毎朝早起きするのが大変ですが、せっかくの長期休みをだらだら過ごすよりは語学堂にかようことで充実した毎日を送れています。 次は新年の迎え方です。年越しの瞬間に花火が大量に打ちあがると聞いた晋信閣(ポシンガ)というところで新年を迎えました。しかし、年越しの瞬間を迎えても花火はあがらず、ただただ人の多さに疲れるだけでした。韓国では1月1日よりも2月4,5,6日の旧正月でお祝いするらしく、元日は日本より盛り上がりがないように感じました。なので語学堂の休みも1月1日のみで、あまり年末年始を感じることなく2019年を迎えました。しかし日本とは違う年越しを味わうことが出来たので貴重な体験になりました。 今年も健康に気を付け、残りの留学生活楽しんでいきたいです。 写真は全て新年を迎えた晋信閣での写真です。 毎年15万人以上の人がここで新年を迎えるらしく、今年も人であふれていました。
カテゴリー: 2018秋
{z[
カテゴリー